わたしたちが暮らす街には、雑誌やチラシ、看板やパンフレットなど、身近なところにたくさんの印刷物で溢れています。

どんな職業に就こうか考えた時に、DTPオペレーターという職業に興味を持つ方もいると思います。

印刷業界などにいない限りは、あまり聞きなれない「 DTPオペレーター」。

DTPオペレーターになるにはどんな方法があるのでしょうか?

さらに勉強しておいた方がいいことなど経験談も交えて、詳しくお伝えしていきたいと思いますのでご覧ください。

「DTPオペレーターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

DTPオペレーターの仕事とは?

DTPオペレーターの仕事はざっくりと説明すると、パソコンを使用し、あらゆるソフトで印刷ができる状態まで仕上げていくお仕事です。

デザイナーやクライアントが作成したデザインデータを見て、誤字脱字がないかや、イラストや写真などに不備がないかなど、細かいところを全てチェックしていきます。

チェックが終わると、ようやく印刷ができます。

DTPオペレーターになるために勉強しておくべきことは?

未経験で仕事に就く人も中にはいるので、勉強しておかなければいけない!

というようなことはありません。

しかし、少し触る程度の簡単な知識は、会社が決まった方は特に、身につけておきましょう。

DTPオペレーターになるためには、まずパソコンが使えることが1番の条件です。

また、簡単なDTPソフトは使えていた方がいいです。

DTPソフトには何種類かあり、それらを使い分けて作業をしていきます。

それでは、具体的なソフトや勉強しておいた方が良いことをご紹介していきます。

DTPオペレーターになるために勉強しておくべきこと1:MachintoshのOS・Illustrator・PhotoshopなどのDTPソフト

DTPオペレーターやデザイナーなどデザイン関連の仕事に携わっている人たちの多くは、Machintoshを使っています。

そのため、まずはMachintoshのパソコンはある程度使用できることが好ましいです。

他社のOSが使えても、Machintoshは使い勝手が違うので最初は操作に慣れることから始める必要もあります。

そのため、早めに習得しておきましょう。

さらに、IllustratorやPhotoshopは、ちょっとしたイラストや画像の修正などに頻繁に使用します。

ソフトが高くて練習ができないという方は、30日間の無料お試しでレンタルしています。

また、月額で支払っていくという方法もあるため、ほんの少しでもDTPソフトを触ってみてください。

DTPソフトを触ったことがあれば、仕事に取り掛かるときにとても役に立ちます。

DTPオペレーターになるために勉強しておくべきこと2:デザイン関連

パソコンスキルはもちろんですが、その他にも、感覚的にデザインがどんなものなのかを知っておくと、仕事にとても役立ちます。

例えば、文字と文字の間が狭かったり広かったりというのは、予めパソコン上でテキストを打った際には均等で綺麗な状態というわけではありません。

そういうところも含めて、文字の感覚がおかしいのか、正しいのかの判断をしっかりとできる必要があります。

しかし、未経験ですと、なかなか感覚的に掴める掴めないは個人差もあり、仕事をする上で成長していく人が多いです。

その前に少しでも勉強をしておきたいという方は、自分の身の回りの印刷物やデザインをひたすら研究してみてみましょう。

だいたいのデザインの構成などが、だいたいの感覚でもわかってくると、仕事を始めたときにとても役立てることができます。

DTPオペレーターになるために勉強しておくべきこと3:InDesigne

DTPオペレーターで最も使うソフトがInDesigneです。

これまでIllustratorは使ったことがあっても、案外InDesigneは使ったことがないというかたも少なくありません。

なぜかというと、IllustratorでもDTP作業ができるというのも1つの理由かもしれません。

看板や1枚もののチラシであると、InDesigneを使わなくても、Illustratorのソフトを使えば、簡単に印刷できる状態まで作成することができます。

しかし、それならなぜInDesigneのソフトが必要なのでしょうか。

Illustratorは主にデザイン作業をするのにとても役立つのに対し、InDesigneはDTP作業をするために作られたソフトです。

2つの違いはこれでわかると思いますが、なんといっても効率の良さが全く違うのです。

何枚もの写真や雑誌などのページ数が多いデータであると、Illustratorは配置は1度にできても微調整は1枚1枚しなくてはいけません。

しかし、InDesigneはそれが1度にできます。

こういった効率の良さから、DTPオペレータを必要とする業界の人たちはInDesigneを必要不可欠としていて、使えることを必須科目としています。

「DTPオペレーターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

DTPオペレーターになるのに必要な資格は?

資格がなくてもなることは可能です。

ただ、しっかりとした知識があると、仕事に大いに役立ちます。

DTPオペレーターの仕事は、特に自分でデザインを起こして実現させるということがないので、いざ転職!といっても、自分がどのくらいできるのか、ポートフォリオにして実績を紹介できるデザイナーとは違い、ありません。

転職をする際には、どのくらいの知識や経験があるのかを資格をもっていることが唯一の証明となるのでとっておくととても優位になる資格です。

どんな資格があるのかというと、「DTP検定」「DTPエキスパート」があります。

具体的に説明をしていきますと、DTP検定は技術的なことから実務的な内容まで、仕事をするときに必要な内容が出題されます。

これからDTPオペレーターになりたいという人はこちらを受験すると良いでしょう。

またDTPエキスパートの受験者の多くは、実際に既にDTPオペレーターとして働いている人が受験しているのも大きな特徴です。

パソコンを始めとした、デザインから印刷工程だけでなく、印刷後の加工まで広範囲の内容が出題されます。

実際に受験者の方をみてみると、印刷業界で働いている方が多く受験されています。

DTPオペレーターに就職するときのポイント

DTPオペレータに興味を持ち、就職をする際によく注意してみてもらいたいところがあります。

それは、会社がどんな事業展開をしているのかということです。

DTPオペレーターといっても行なっている内容は会社によって全く異なるため、チラシだったり看板であったり種類はさまざまです。

入社してからこんなはずじゃなかったとならないためにも、入社を希望する会社がどういった会社なのか、またどんな仕事を行なっているのかよく勉強をし観察することが就職する際には必要です。

それではDTPオペレーターになる時のポイントをまとめたのでご覧ください。

DTPオペレーターに就職するときのポイント1:安定した取引先のいる会社を選ぶ

応募する企業については、よく調べておくことが大きなポイントです。

調べ方としては、会社のホームページなどに実績と書かれた項目があったり、有名どころの印刷物だと、大きく表示されている会社もあります。

いつもこの会社はこの仕事を手がけているということは、常に仕事が回っているということに繋がります。

常に仕事が回っている会社というのは、安定した会社といえるので、将来も安定できるといってもいいでしょう。

将来だけでなく、自分のスキルアップが早くなることも期待できるといえるでしょう。

DTPオペレーターに就職するときのポイント2:DTPとWEBの両方とも行っている会社

DTPは主にパソコンで行いますが、それと並行して、WEB事業を行っている会社があります。

紙媒体を扱うDTPに対して、WEBはインターネット上で閲覧できるサイトを制作しています。

DTPができるなら、WEBもできるのかというと、仕組みが違っていたりと、最初は手こずると思います。

しかし、両方の事業を展開している会社であれば、DTPオペレーターとして入社し、いずれはWEBデザイナーへと転身したいといった願いが、1つの会社で叶います。

そういったメリットも含めて、幅広く事業を展開している会社は大きな刺激となるので、常に新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができるのでオススメです。

DTPオペレーターに就職するときのポイント3:残業時間を確認し、残業代がきちんと払われるのか確認

DTPオペレーターといったら、残業が当たり前!

と言われるくらい、残業が多いです。

ただDTPオペレーターになりたいから、雇ってくれる会社ならどこへでも応募してしまうのも1つの手ですが、実際働いてみると、残業代があるかないかで、この先自分が辞めるか辞めないかが大きく左右されるので、よく確認しておいた方が良いです。

昨今では残業代が支払われず、労働時間が長すぎることで労働基準法に引っかかってしまう会社もあります。

印刷業界はそういったことも含めて理解した上で働いているので、自分のモチベーションを保つためにも是非チェックしておいてください。

転職するときのポイント

転職をしたいと考えたときは、よく考えてみてください。

自分は今現在就いている仕事に関連する仕事をしたいのか、または全く異なった仕事をしてみたいのか。

勤続期間が長くても短くても、転職したいと思ったきっかけがあると思います。

DTPオペレーターになるには、まずパソコンを扱うスキルを持っていることが第一前提としてあります。

そういった未経験の場合と同業者から他者のDTPオペレーターとして働きたい場合のポイントをそれぞれご紹介します。

転職するときのポイント1:未経験の場合

求人募集をみてみると、多くの企業が未経験でもオッケー!

という謳い文句で募集しているのをよく見かけます。

それは未経験でも、研修期間などを経て、少しずつ学びながらDTPオペレーターへと成長できる教育過程がきちんと整っている会社であるということなので、未経験の方はまず応募をしてしまいましょう!

また、研修期間は設けていないものの、まずは上司について助手のような形で少しずつスキルアップしていくという会社もあります。

よって、未経験だから、どのようにDTPオペレータへの道に突き進んでいいのかわからないという心配は必要ありません。

未経験の場合は、DTPソフトが使えるか否かはもちろん問われますが、できないからといって落とされるというよりも、どのくらいの熱意でその仕事に就きたいのかを問われることが多いのでしっかりと気持ちを伝えましょう。

未経験でDTPオペレーターの仕事を探すときは、こちらの記事も参考に!

転職するときのポイント2:同業種、近い業種からの転職

次に、前回も同じ業種やそれに近い仕事に就いていた場合です。

同じ業界にいるのに、なぜ他者へ移ろうと思うのかをよく自己分析してみましょう。

次へのスキルアップのためなのか、また人間関係や社内環境などの仕事以外の理由なのか。

その答えによって選んでいく会社が絞られてきます。

そして、自分がいきたい会社への転職を成功するコツは、自分の強みをしっかりと持っている、伝えられるということです。

DTPオペレーターには、いくつか資格があります。

デザイナーと違い、自分でデザインをするということはないので、自分がどんなことができて、どのくらいの知識があるのかを証明するものがありません。

そんなときに役立つのが、DTPオペレータに関する資格です。

DTP検定やDTPエキスパートという資格こそがDTPオペレーターとしてどのくらいできるのかの証明になりますので、転職を考えている方は、まずは資格取得を目指しましょう。

面接時に口頭でわたしはこんなことができますと伝えても、実際はどうなのかわからない職種でもあるので、履歴書をみたときに、パッとDTPオペレーターに関する資格を持っていることがわかると、興味を引くことが出来ます。

「DTPオペレーターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがだったでしょうか。

DTPオペレーターという職業は入社する前から勉強しておかなくてはならない知識というものがあるわけではありません。

ただ、どういったことをする仕事なのかを予め知っておくと、入った時に慌てる必要がなくなります。

そして、1番重要なのが、その会社を知っておくことです。

入る前にその会社がどんな事業を展開しているのか、残業代はでるのか、未経験でも大丈夫なのか、そういった細かいところはずっと働いていくにはとても重要です。

いざ働いてみると、社内環境が悪かったり、仕事が大量に送られてきて、毎日残業だらけといったことがあります。

そんなときに辞めようかと考えてしまっては、入社した意味がありません。

そうならないためにも、事前にその会社の情報をしっかり確認しておくことが重要です。



DTPオペレーター求人についてもっと深堀りした情報を見る

DTPオペレーターの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

DTPオペレーターという仕事は、印刷業界を目指している方でないと、あまり聞きなれない職業かもしれません。また、目指していてもどのくらい稼げるのか、年収は相場でいうとどのくらいであるのかなど、よくわからない方も多いと思います。今回は詳しくお伝えしていきたいと思います。DTPオペレーターの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合会社にもよりますが、私の周りの給料だとだいたい15万から20万ほどです。正社員で転職した場合元々同じ業界でその仕事に就いていた人は、経験者として扱われるので、20万前後が多いようです。パート・アルバイト働く頻度にもよりますが、毎日働いて18万くらいでしょう。年収にも

DTPオペレーターの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

DTPオペレーターが転職する際に気をつけるべき点はなにか?いくつか注意点も含めてご紹介していきたいと思います。DTPオペレーターの転職で注意したほうが良い3個のこと職場環境頑張った分だけ評価してもらえるか自分がどれだけ仕事に熱心に取り組み働いていても、上司や上の人からの評価がされないと、モチベーションも下がってしまいます。評価されればされるほど、自分は成長を日々しているんだという実感も湧くので、会社での評価というものはとても重要となってきます。給与はしっかりもらえるか確実に残業ばかりしているのに、残業代が出ないなどブラックな一面が出て来ると、精神的にも体力的にもキツイです。しっかりと給与以外に

DTPオペレーターの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

DTPオペレーターは根気の必要な、地道ですがとてもやりがいのある仕事です。どんな人が向いているのか?またどういう経験や知識があるといいのかなど、詳しくご紹介していきたいと思います。DTPオペレーターはどんな仕事?デザイナーやお客様から頂いたデータを、印刷できる状態まで仕上げる仕事のことをいいます。文字の誤字脱字や文章に誤りがないか、おかしいところがないかなどのチェックも含めて行います。DTPオペレーターの大まかな仕事内容DTPソフトを使って文字や写真、イラストなど印刷できるかどうかチェックをして、修正箇所があれば修正や加工を施します。文字の間隔であったりズレを細かく修正して読みやすくしていき、


DTPオペレーター求人に関するコラム

DTPオペレーターは未経験でも出来る?経験者が教える、未経験でも仕事に就く方法

DTPオペレーターという仕事には専門的知識や経験が必須と考えている方もいらっしゃるかもしれません。未経験でもできるのか、わかりやすく解説していきたいと思いますので、参考にしていただければ嬉しいです。DTPオペレーターの大まかな仕事内容DTPオペレーターの仕事内容は、勤め先によっても大きく変わりますが、主な印刷物は大きく以下のように分けられます。それぞれの特徴について詳しく紹介します。量販店のチラシや広告などの制作広告業界で大半を占めるのがスーパーやドラッグストアなどの量販店のチラシ制作です。食品販売店の場合、週刊でチラシを発行していることが多く、作業はかなりのスピード勝負となります。年末年始や

DTPオペレーターとはどんな仕事?仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

巷にあふれる量販店のチラシや広告。主に紙媒体の印刷用データを制作するDTPオペレーターとはどのような職業なのでしょうか。その業務や目指し方など、詳しく解説します。DTPオペレーターとはどんな仕事?まず、DTPとはDesktop Publishing(デスクトップ・パブリッシング)の略称です。簡単に言えば、チラシや雑誌などの紙媒体を作る際に色彩バランスなどを考慮しながら図形や写真をバランス良く配置し、印刷用データを作るプロのことです。ウェブデザインと異なる点は、ネットなどのデータ上のものではなく、実際に印刷・出版するものを指します。必要なスキルは、まずパソコンが使えること。エクセルやワードなどの