デザイン関係の勉強をしたことがないという方には、DTPオペレーターという言葉自体が聞き慣れないものかもしれません。

DTPオペレーターは、皆さんがいつも目にしているチラシやポスター、冊子類などの印刷物の作成に携わっています。

どのような仕事なのか、よくある疑問別にご紹介していきたいと思います!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「DTPオペレーター」の仕事例をチェック

DTPオペレーターとは?

DTPオペレーターは、デザイナーがデザインした原案を「印刷できるデータへと仕上げる」という役割を担っています。

会社によっては小さな印刷媒体である「名刺」「年賀状」などのデザインを任されることもありますが、基本的には印刷用データの作成が主な仕事です。

おおまかな作業内容

原案を基に、様々なDTPソフト(イラストレーター・フォトショップなど)を駆使してデータを作成します。

クライアントからの指示に基づいて、レイアウトの調整や流し込んだ文字の校正と修正を繰り返し、完成させていくのです。

DTPオペレーターにはどんな勤務先があるの?

大きく分けて、「デザイン事務所」「広告代理店」「印刷会社」があります。

担当する印刷物自体に差はありませんが、仕事内容の違いについてご紹介しましょう。

デザイン事務所

デザインの立案と制作が業務の中心です。

それ故に、実績を見ると会社の特色や得意分野が分かりやすいでしょう。

企業から直接受注する場合と、広告代理店を経由して受注する場合があります。

広告代理店

広告物の販売促進をサポートすることが目的です。

企画立案から制作までを一貫して引き受ける会社であるため、コンセプトやアイデアの提案から携わる機会が多く、デザイナーを兼ねているところも多いでしょう。

発注先の業界が多岐にわたるので、様々なデザインを見て勉強することができます。

印刷会社

上記2ヶ所と違い、作ったデータの印刷までを社内で行うため、細かい部分や注意点などについて、印刷担当者とその場で直接擦り合わせることができます。

また、完成品を確認することが可能であることと、印刷の各工程や出荷準備など一連の流れを知ることができるのは、印刷会社のメリットです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

DTPオペレーターの求人でよくある募集内容とは?

DTPソフトを使用した組版業務での募集が多いでしょう。

未経験でもOKな会社が多く、積極的に企業も採用しています。

給与相場

新卒者や未経験者であれば、大体月に18万円前後からのスタートです。

最初は年収が200万円代でも、勤続年数とキャリアを重ねるにつれて上がっていきます。

ベテランになると、100万円以上の差が出ることもあるようです。

勤務時間や休日、残業

アルバイトや派遣社員はその限りではありませんが、他業界に比べると休日や定時退社が少なめです。

完成間近に一部分を丸ごと差し替える指示がきたり、不足していたデータが納品日の当日に到着したりといったことがよくあるので、残業や休日出勤などの時間外勤務は当たり前といって良いでしょう。

諸手当

よく目にするのは役職手当や出張手当などですが、注意して確認しておきたいのは残業手当です。

有りと表記してあっても、上限が決まっている場合があります。

また、先述したように残業が当たり前の世界なので、実務労働時間と釣り合わない、などということも起き得るでしょう。

勤務場所

支店や関連会社を複数持つ企業もあり、必ずしも自分が希望する場所へ出向出来るとは限りません。

応募する際はよく注意して見ておきましょう。

求められる人物像

DTPオペレーターはとにかく集中力が大事です。

一字一句間違えることがないように作成する必要があるので、根気と責任感を持って作業できる人が求められます。

黙々と作業をするのが好きな人

基本的に制作が作業の中心で、接客することはほぼありません。

単純作業を繰り返すことも少なくないので、一人でコツコツと集中して取り組むことが苦にならない方にぴったりのお仕事です。

溜め込まない前向きな人

印刷業界は納期が重要な仕事です。

締め切りに日々追われている中でも上手に休息を取りストレスを溜め込まないようにコントロールできる、前向きな人が向いています。

ミスをしてしまっても自分なりの発散法でリフレッシュして、挫けずく取り組み続けることができる人が良いでしょう。

理解力がある人

クライアントからの指示を正確に理解できる人、更に、その裏にある意向や希望を読み取って、ワンランク上の提案できる力を持つ人は重宝されます。

気配りができる人

一ヶ所のケアレスミスで全て刷り直し、ということが起きる仕事です。

大変な損失になってしまうため、間違いがないかを確認することはとても重要となってきます。

普段からよく気をきかせることができる方は、この仕事に向いているでしょう。

必要なスキルや資格、経験

スキルにしろ資格にしろ必須なものはありませんが、代表的なDTPソフト(イラストレーター、フォトショップ、インデザイン)を使えると、採用される確率がグンと上がります。

または校正スキルがあると良いでしょう。

なにもない!という方は、研修期間を設けている会社を探してみるか、DTP関連の資格である「DTPエキスパート」「DTP検定」の取得を目指してみることをおすすめします。

自分にあったDTPオペレーターの求人の選び方や注意点

人それぞれ事情は違うもの。

自分に合った条件の会社を選ぶことは、長く働くためにも重要なことなので、よく注意して選んでいきましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

収入面で安定して働けるのが正社員です。

残業が多いのはネックですが、保証面がしっかりしていますので生活の心配をせずにキャリアを磨いていきたい人におすすめです。

アルバイトや派遣の場合、労働時間や出勤日数の融通がききやすいでしょう。

残業もほぼありません。

いくつかの会社を掛け持ちして様々な経験を積みたい人などにピッタリです。

フリーランスや在宅ワークであれば、時間や曜日に関係なく自分のペースで作業に取り組めます。

納品日の厳守が絶対なので、自分でタスク管理ができる方に良いでしょう。

【選び方②】会社の業態から考える

将来はどんなDTPオペレーターになりたいかで、選ぶ会社が少し違ってきます。

今後どんなことをやっていきたいか、どんな風に成長していきたいのかをよく考えましょう。

その上で、どんな会社がどんな事業を展開しているのかを勉強してみてください。

例えば、自分の興味がある記事やチラシ、本などを担当している会社から辿ってみるのも良いでしょう。

その際に気をつけてほしいのが、デザイナーとの混同視です。

DTPオペレーターは、基本的にデザインをすることがありません。

デザインにも興味がある場合は、広告代理店や、デザイナーの兼業を謳っている会社の募集を探しましょう。

【選び方③】勤務地から考える

残業が多い業界なので、自宅が近い方が無難でしょう。

終電に間に合わなかったりすることもあるため、車通勤が可能な職場かどうかを条件にするという手もあります。

注意点

自分に合っているのかが、よく分からない方もいるかもしれません。

実際に働いてみないと分からない部分はもちろんありますが、こんなはずじゃなかった!ということを防ぐためにも、確認しておきたいことは面接で訊けるように、事前にまとめておきましょう。

DTPオペレーターの求人についてよくある疑問

DTPオペレーターは、今後も多様な場で活躍していける可能性がある職種なので、会社も率先して採用していく姿勢を見せています。

以下は応募する際の極意や秘訣です。

応募方法は?

求人情報誌や転職サイトに多く募集されているので、希望条件をもとにアプローチしましょう。

働きたい会社があるのに採用情報が見当たらない場合は、その会社のホームページも探してみた上で、直接電話やメールをしてみてください。

掲載していないだけで、常時募集している会社かもしれません。

応募する際には、いつでも面接に行ける準備を済ませておくことを忘れずに。

面接でよく訊かれることは?面接合格の秘訣!

イラストレーターやフォトショップ、インデザインなど、DTPソフトのオペレーションスキルがどの程度であるかはよく訊かれます。

もし学校の部活や趣味の一環として、そういったスキルを使って作ったという作品があれば持参すると良いでしょう。

併せて、やる気や志望動機具体的に話すことができると好印象を持たれます。

また、複数の支店がある企業の場合は遠方へ配属される可能性もあるため、その可否を確認されることがあります。

未経験でも応募できる?

未経験者でも募集しているところはあります。

研修期間を設けている会社や、アシスタントとして簡単な作業から一つずつ任せてもらえる会社もあります。

未経験でDTPオペレーターの仕事を探すときは、こちらの記事も参考に!

会社の雰囲気は?

作業自体は個々で黙々と進めますが、大きな案件を手分けして完成させることが多いため連帯感が生まれます。

締め切りが近付いたり残業が続くとピリピリした空気が流れることもありますが、無事納品できたときの達成感と解放感も皆で一緒に味わえるでしょう。

社内での作業がほとんどのため、服装や髪型については自由なところも多いです。

残業が多いって本当?シフトの自由度は?

正社員の場合、残業は当たり前と言って良いほど多いです。

ただ、残業手当がしっかりと出るところに勤めると、頑張った分だけ給料も増えます。

残業はしたくない!という方は正社員以外の雇用形態で求人を探してみると良いでしょう。

時間は応相談というところもあるようなので確認してみましょう。

アルバイトや派遣であればシフト制である会社も多く、働ける日のみでOKという条件のところもあります。

担当するデータが違っても作業自体は変わらないため、仕事に付いていけなくなるような心配はありません。

資格って必要なの?

DTP検定やDTPエキスパートなどの資格がありますが、それらの取得や保持を必須とする会社は少ないでしょう。

自分の知識を深めたり、スキルを証明する手立てとして受験する人が多い印象です。

資格支援制度として会社側が支援してくれる会社もあります。

まとめ

DTPオペレーターはデータを作成することが主な業務でありデザイン自体は行わないため、一からモノ作りに携わりたいという方には向いていないかもしれません。

しかし、デザイン関係の仕事であれば、どの分野であってもDTPの基礎的な技術や知識は大いに役立ちます。

職種を模索している途中の方や、将来的に在宅ワークを目指している方には最適でしょう。

そして何よりも、

「パソコンの作業をすることが好き」

「印刷物に興味がある」

「物づくりがしたい」

「仕事を通して達成感を得たい」

そんな方におすすめの仕事です。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

DTP求人

DTPオペレーター求人についてもっと深堀りした情報を見る

DTPオペレーターは未経験でもできる?未経験から仕事に就く方法をご紹介します!

DTPオペレーターは未経験でも可能なのか皆さんはご存知でしょうか?DTPオペレーターという仕事には専門的知識や経験が必須と考えている方もいらっしゃるかもしれません。今回はDTP求人は未経験でもできるのかを分かりやすく解説していきたいと思いますので、参考にしていただければ幸いです。また、経験者の私が向いている人の特徴についてお教えしますので、興味のある方必見です。DTPオペレーターが手掛ける印刷物の種類仕事内容は勤め先によっても変わりますが、印刷物の種類としては以下のように大きく分けられます。それぞれの特徴について詳しく紹介します。量販店のチラシや広告などの制作広告業界で大半を占めるのが、スーパ

DTPオペレーターとはどんな仕事?仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

DTPオペレーターとはどのような職業かご存知でしょうか?簡単に言うと、巷にあふれる量販店のチラシや広告、主に紙媒体の印刷用データを制作する職業なんですが、具体的な業務内容ってなかなか知る機会がないですよね。そこで今回は、DTPオペレーターの業務や役割、やりがいや大変な点まで、気になる疑問を詳しく解説していきたいと思います。なりたい職業を探している方に「DTPオペレーター」という職種が少しでも興味を持っていただければと思います。DTPオペレーターとはどんな仕事?まず、DTPとはDesktop Publishing(デスクトップ・パブリッシング)の略称です。簡単に言えば、チラシや雑誌などの紙媒体を

DTPオペレーターの仕事内容3個の業務・向いている人の特徴・活かせる経験

求人で見かけることはあっても、実際にはどんなことをしているのか分かりづらいDTPオペレーター。印刷業界に限らず活躍の場が多い仕事ですし、業界や会社によって担当する作業にも差があります。どんな場所でどんな作業をしているのか、印刷所勤務のDTPオペレーターである私が、どんな印刷物でも共通しそうな部分を中心にご紹介します。DTPオペレーターとは?DTPオペレーターとは、言葉のとおりDTPを操作する者という意味です。DTPとはデスクトップパブリッシングの略で、卓上出版と訳されます。今でこそパソコンで制作される印刷物は珍しくなくなりましたが、それまでの手作業と区別して、このように呼ばれるようになりました

DTPオペレーターの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

DTPオペレーターという仕事は、印刷業界を目指している方でないと、あまり聞き慣れない職業かもしれません。興味があったとしても、給与の相場がどのくらいなのか、よく分からない方は多いと思います。今回は収入面について詳しくお伝えしていきたいと思いますので、参考にしてみてください。DTPオペレーターの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合のDTPオペレーターの給料相場勤め先や地域にもよりますが、新卒入社で月給18万円前後です。ある程度の経験を積んだ者であれば月20万円~25万円前後、経験豊富なベテランになるとそれ以上になることもあるでしょう。派遣社員の場合のDTPオペレーターの給料相場月給に

DTPオペレーターになるには?資格や勉強すべきことは何?就職の際のポイントもご紹介!

私たちが暮らす街には、雑誌やチラシ、看板やパンフレットなど、身近なところに沢山の印刷物で溢れています。どんな職業に就こうかと考えた際に、DTPオペレーターという職業に興味を持つ方もいるでしょう。印刷業界などにいない限りは、あまり聞き慣れない「 DTPオペレーター」。DTPオペレーターになるにはどんな方法があるのでしょうか?更に、勉強しておいた方が良いことなど、経験談も交えて詳しくお伝えしていきたいと思います。DTPオペレーターの仕事とは?デザイナーやクライアントが作成したデザインデータを、あらゆるソフトを使いながら印刷ができる状態のデータにまで仕上げる作業です。誤字脱字がないか、イラストや写真

DTPオペレーターの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

DTPオペレーターが転職する際に気をつけるべき点は、いったいなんなのでしょうか?いざ転職をしようと求人サイトを開いても、求人を見極めるポイントを知らなければ、自分が本当に働きたい職場を探すことはとても難しいかと思います。そこで、今回はDTPオペレーターへの転職で気を付けるべき注意点や、転職を成功させる方法や心構え、求人の上手な選び方までしっかりご紹介していきたいと思います。これを読んで、あなたの転職を成功に導きましょう。DTPオペレーターの転職で注意したほうが良い3個のこと職場環境頑張った分だけ評価してもらえるか自分がどれだけ仕事に熱心に取り組み働いていても、上司や上の人からの評価がされないと