求人で見かけることはあっても、実際どんなことをしているのかわかりづらいDTPオペレーター。

どんな場所で、どんな作業をしているのか、印刷所勤務のDTPオペレーターが仕事内容をご案内します。

印刷業界に限らず、活躍の場が多い仕事ですし、業界や会社によって担当する作業にも差が大きいので、共通しそうな部分を中心にしていきます。

DTPオペレーターとは?

DTPオペレーターは言葉のとおり、DTPを担当するオペレーターです。

では、DTPとは?

デスクトップパブリッシングの略で、卓上出版と訳されます。

今でこそパソコンでの印刷物の制作は珍しくなくなりましたが、印刷業界などにコンピュータが導入されソフトによる制作が行われるようになってから、それまでの手作業と区別して、このように呼ばれるようになりました。

出力にあたる印刷の工程はプリンタではなく、従来の印刷であることも多いです。

主に使用するのはIllustratorですが、はめこむ写真をPhotoshopで加工したり、冊子についてはInDesignを使用したりと、広くソフトを扱います。

DTPオペレーターの3個の業務

企業規模や業務形態によって作業の内容は異なりますが、概ね「デザイナーが通してきたラフを元に完成データを作る」仕事です。

もしくは「既存のデータを元に、新規のデータを制作する」仕事になります。

現在の勤務先は、チームによって担当する業界が異なり、自分がいるチームは主に食品スーパーのチラシを扱っています。

そんなこともあって偏りが大きいのですが、業務が異なっても概ね変わりがなさそうな部分をご紹介します。

デザイナーが作成したラフからPOPやポスターを作成する

デザイナーがデザインし、提案が通ったラフをもとに、実際に印刷されるデータを作ります。

1枚のラフから、まったく異なるパーツで複数のパターンを作成することもままあります。

「原型をとどめていないのでは?」と感じても、仕上げていくのがDTPオペレーターです。

1枚のラフから7パターン、さらにそれぞれが10種類、ということも商品POPでは起きることがあります。

定型ものと呼ばれるチラシなどの作成

ひと目見ただけで「○○のチラシだ」と見分けられる、印象が毎回変わらない、デザインが統一されたチラシを目にしませんか。

配置のルールや、レイアウト、商品数などが決まっているチラシは、DTPオペレーターが直接担当する仕事です。

現在の職場も以前の職場も、デザイナーを通さずに営業から直接受ける仕事は、概ね形の決まったチラシ類でした。

形が決まっているという点では、毎回、表紙の写真が変わるだけでタイトルも変更のない社内報や週報、株主総会で配布される決算書類なども、DTPオペレーターが直接関わることが多いです。

表紙のみデザイナーがデザインをし、本文はDTPオペレーターが直接作業をする、ということもあります。

冊子類、特に本文テキストを流し込むだけで作成できる機関紙などは、それが専門という方も多くいらっしゃるのではなでしょうか。

お客様からいただいたテキスト、写真などを既存のイメージを壊さないように配置します。

デザイン要素が少ないことについては、他の業務も変わりません。

既存データの修正

毎年、決まった季節に行われるイベントが、同じようなデザインで告知されることがあるのを見かけませんか。

変更箇所の少ない告知用の配布物や展示物も、DTPオペレーターが担当しています。

写真の変更をして、イベントの日程と地区を変更します。

そういった小さな変更は、デザイナーの手を通ることなく、既存のデータを直接修正して、次の工程に回ります。

同様に、名刺や伝票、値段と商品名が変わるだけの店内POPなどもDTPオペレーターが担当していることが多いです。

グラフィックデザイナーとの仕事内容の違い

会社の業態にもよりますし、ソフトの機能上、デザイナーがDTPオペレーターを兼任していることもありますが、ざっくり分類するなら、グラフィックデザイナーはデザインをする人、DTPオペレーターはデザイナーの仕上げたデザインをもとにデータを作る人です。

例えるなら、ファッションデザイナーの描いたデザイン画をもとに縫製をする職人が、DTPオペレーターといったところでしょうか。

デザインをしないといっても、チラシの隅にある企画コーナーのタイトルや枠などは、DTPオペレーターが直接作り込むことも多いです。

DTPオペレーターの仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

ここでは、DTPオペレーターはデザインをしないという前提で考えてみても、これだけは外せないということを挙げてみました。

印刷の基礎知識

たとえば、RGBとCMYKの違い。

単色のデータと、4色の違い。

CM2色でと依頼されたデータを4色のデータで制作したり、RGBで制作したりといったことは、たとえデザインの技量があったとしても、印刷物を扱う者としては問題があります。

印刷用のデータを作るのがDTPオペレーターの仕事です。

印刷用のデータの知識は必須です。

ソフトの基本操作

Adobe社のIllustrator、Photoshopが一般的に使用されているソフトです。

データの修正だけではなく、まったく何もないところから、依頼されたサイズのデータを作る能力は最低限求められます。

デザインをしないかわりに「印刷用のデータを仕上げる能力」がなければなりません。

また、ソフトの知識は時間の短縮にも繋がります。

少しずつでも、機能を覚えていくことは、自分の実務作業に大きな影響を与えます。

実務に関する知識

実際の作業に携わるようになれば自然に身について行くことですが、クライアントごとの原稿や進行のパターンも、覚えていかなければならないものです。

与えられた原稿通りでは、完成データとしては不完全になるクライアントも、現実には存在します。

既存のスペースに対して、原稿の量が多すぎる、少なすぎるということもよくあります。

原稿の抜けを補ったり、言い回しを補完したりといったことが必要になることもあります。

イメージを壊さず、アレンジする能力が必要です。

また、イメージカラー、レイアウト、基本のフォントなど、決められたルールの中で制作をすることも求められます。

決められたルールを覚えること、そのルールを守ることも必要です。

DTPオペレーターの仕事の良いところ

デザインが苦手でも、制作に携わることができることは大きいと思います。

ソフトが使いこなせれば、仕事はできるからです。

そして仕事をしながら、スキルを磨ける点もメリットです。

DTPオペレーターのやりがい

制作に直接携わった商品を手にできる

たとえばチラシ、ポスター、POP、パッケージなど、いろいろな印刷物が世に溢れていますが、自分が制作したものを直接目にすることができます。

自分自身の成果を、製品として手に取る機会がとても多いです。

制作部門の縁の下の力持ち

大きな仕事も小さな仕事も、印刷物にするためには、印刷のための条件を満たしたデータでなければなりません。

自分の知識と工夫で、担当するデータを成果物として完成させてゆく必要があります。

必要なことを確認し、足りないものを補い、ラフから製品へと完成させてゆく。

人を支えることが好きなら、やりがいは十分にあります。

面白いポイント

データを扱うなんでも屋になりがちですが、そんな作業の中だからこそ、楽しめることがあります。

ラフから現物への「少しの工夫」

ラフに実際の原稿量が反映されていることはほとんどありません。

ラフのままでは溢れてしまう原稿のために、または足らない原稿のためのアレンジなど、ひと手間がラフを引き立たせたときの達成感は、DTPオペレーターならではないでしょうか。

知識の広がり

扱うデータの種類によって、的確にソフトを選ぶ必要があります。

これしか使えないとか、こだわりすぎていると仕事の効率を極端に落とす場面も多いです。

ソフトの知識も、データの種類も、悪く言えばごまかす方法も、あらゆる知識を得ることができます。

環境にもよりますが、一番、データに関する実務の知識を得られるのではないでしょうか。

DTPオペレーターのココが大変!!

なんでもできるということは、なんでもくるということです。

小さな仕事から大きな仕事まであるので、周囲に振り回されがちな人には大変仕事になるかもしれません。

ラフが来ない

クライアントも、デザイナーも、良いものを作りたいですし、ギリギリまで悩みたいものです。

しわ寄せは、当然その後ろの工程にやってきます。

印刷の工程を削れないなら、あとは制作の時間がどんどん削られていくのです。

印刷予定日の前日にラフが上がってきても、納期に間に合わせなければならないのがDTPオペレーターです。

原稿とラフの乖離

これは本来なら、DTPオペレーターに回ってくるまでに解決しているべき問題なのかもしれません。

先に書いたとおり、原稿とラフの文字量、チラシならばアイテム数がまったく一致しないということがよくあります。

3コマしか用意されていない枠に10品分の原稿が届くのが当たり前のクライアントも、珍しくはありません。

そこをどのように見た目よく仕上げるかは、DTPオペレーターの腕の見せ所です。

DTPオペレーターについてよくある疑問

DTPオペレーターという仕事に関する疑問に答えていきます。

DTPオペレーターは、どんな会社から求人があるの?

主に、印刷、広告代理店、自社で印刷部門を持っている会社などです。

店内POPは店内で作るという食品スーパーさんもありますし、店舗のカタログは自社で制作するというブランドもあります。

どんな業種にいても最終的に「印刷用データを作る」という業務の目的には変わりません。

未経験でも応募できる?

できないことはありません。

何か印刷物を制作した実績があれば、入社が叶うこともあります。

同人誌をポートフォリオ代わりに提出して採用された、という話を2件以上知っています。

とはいえ、Illustrator、Photoshop、それに類するソフトを使いこなせていることが、前提になります。

Illustrator、Photoshopを使ったことがなくても、印刷物を作るために必要な知識があれば、希望はあります。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

よく聞かれることといえば、経験、残業の可否、自身の作った成果物、ソフトのスキルなどです。

参考にできるものは、多い方が喜ばれます。

クライアントが守秘義務からわかりづらくなっている会社も多いので、身近な広告などのうち、このレベルのものを作ったことがある、このレベルのものならこのソフトを使って作ることができる、などと具体的に説明できるとわかりやすいです。

DTPオペレーターをやるなら、最低限、使えないといけないソフトは?

おおむね求人に明記されていますが、Illistratorはまず必須です。

Photoshopも使えるに越したことはなく、冊子やカタログがメインの会社であれば、InDesignが使えるとなお良いでしょう。

会社によっては専用システムを使っていることもあるので、どんなソフトでも習得する意志があることは必須です。

Pohotoshopについては、他の画像加工ソフトなどを使ったことがあり、印刷用のデータがCMYKの4色であることや、印刷に必要な解像度が理解できていれば、必ず習得していなければならないものではありません。

切り抜き、トリミング、マスク、といった用語が理解できて、操作方法を自分で調べてすぐに反映できるのであれば、よほど実務に問題はありません。

今は、インターネットに接続されていることがほとんどなので、すぐに調べてすぐに行動できますし、すぐに質問して、解決できるのであれば大丈夫です。

必要な資格は?

デザイン、印刷に関する知識はあったほうが断然いいです。

DTPエキスパートも、取れるなら取ると知識の幅は広がります。

ただ、実務に反映できなければ意味はないので、ソフトを覚えることも忘れずに。

資格より、使える技術を見られることが多いです。

まとめ

DTPオペレーターは、会社によっては社内下請けのような存在になりがちです。

後ろの工程で帳尻を合わせるような、締切に余裕のない仕事も舞い込みます。

デザイナーやディレクターのように、直接クライアントとやりとりをしながら作り上げていく仕事でもありません。

人から与えられた作業を、より良く仕上げていくことに力を注ぐ仕事です。

新しいものを作り上げることにしか興味がない人には辛い仕事になりそうですが、何かを作ることが好き、少し工夫を加えることが好き、出来上がった印刷物を見るのが好き、という方には大変楽しめる仕事ではないでしょうか。


関連キーワード

DTPオペレーター仕事