巷にあふれる量販店のチラシや広告。

主に紙媒体の印刷用データを制作するDTPオペレーターとはどのような職業なのでしょうか。

その業務や目指し方など、詳しく解説します。

DTPオペレーターとはどんな仕事?

まず、DTPとはDesktop Publishing(デスクトップ・パブリッシング)の略称です。

簡単に言えば、チラシや雑誌などの紙媒体を作る際に色彩バランスなどを考慮しながら図形や写真をバランス良く配置し、印刷用データを作るプロのことです。

ウェブデザインと異なる点は、ネットなどのデータ上のものではなく、実際に印刷・出版するものを指します。

必要なスキルは、まずパソコンが使えること。

エクセルやワードなどの事務関連のソフトが使えることはもちろん、DTPに欠かせないイラストレーターやフォトショップ、インデザインなどのアプリケーションを一通り使えることが必須条件となります。

DTPオペレーターの役割とは?

DTPオペレーターの役割は、それぞれの会社やデザイン事務所によって扱いが異なる場合があります。

例えば、デザイナーとDTPオペレーターをしっかりと分けている場合もあれば、デザイナー=DTPオペレーターとして一括で扱っている会社もあります。

それでは、それぞれの場合の役割を詳しく見ていきましょう。

印刷物データ制作の職人としてのDTPオペレーター

この場合のDTPオペレーターの役割は、DTP専用アプリケーションを使って、デザイナーやクライアントの指示通りに写真や図形をレイアウトしていく作業が主になります。

デザイナーが指示した色合いやレイアウトのラフ通りに、写真を切り抜いたり、色合いを調整したりしながら、専門的な知識をもとに印刷用データを丁寧に作っていきます。

ここでいう専門的知識とは、色彩表現に関する基本知識や、文字の詰めや禁則処理などのルールに基づいた文書作成能力などです。

例えば、パソコン上のディスプレイを主としたウェブデザインの色彩表現はRGBの3色で構成されますが、それとは異なり、印刷で使う色彩表現はCMYKの4色での構成となります。

クライアントは印刷物に関する知識が少ないことが多いですし、デザイナーが行うラフ上の指示は、文字詰めやホワイト(余白)の支持がそれほど厳密ではないことが多いです。

そのため、DTPオペレーターと言っても、ある程度の色彩構成や、ホワイトの取り方、文字詰めのバランスなど、細かい部分を調整するセンスが求められます。

デザイナーも兼ねたDTPオペレーター

比較的小さな規模の会社やデザイン事務所に多く見られる形態です。

自らデザインや構成を考えながらラフを作成し、そのラフに沿って自ら印刷用データを作っていく作業になります。

この場合に求められるスキルは、とにかく細かな要望をクライアントや営業から聞き出すコミュニケーション能力です。

自らデザイナーを兼務する上で、クライアントがどのような目的で、どのように印刷物を使っていきたいのかなどを総合して聞き出し、構成なども踏まえた提案力が必要になってきます。

このように、編集に関する知識も求められるところが、デザイナーの指示通りにデータ制作を行うDTPオペレーターと異なる点です。

細かな要望を聞き出し、クライアント側の頭の中のイメージを、目に見える形として具現化することがデザイナー兼DTPオペレーターの役割となります。

DTPオペレーターの具体的な仕事内容とは?

DTPオペレーターと一口に言っても、先述のようにデータ制作を主にしたDTPオペレーターと、デザイナーを兼ねたDTPオペレーターでは業務内容も違ってきます。

こちらもそれぞれに分けて、各業務内容を詳しく見ていきましょう。

印刷物データ制作を主にしたDTPオペレーターの具体的な業務

デザイナーからのラフ・指示通りに制作を進めること。

制作作業を主にするDTPオペレーターの場合、物件の方向性やデザインなどは、すでにクライアント・営業・デザイナーがすべてまとめている場合が多くなります。

そのため、制作する上での主な業務は、実際の紙面でのポジションなどの当たりを正確に割り出す、使う写真の色調整や加工、禁則処理を駆使して文章を読みやすく整えるなどの設計面での作業がメインになります。

デザイナーも兼ねたDTPオペレーターの具体的な業務

クライアント・営業から要望を聞き出し、提案をしながら制作を進めること。

デザイナー業務も行うDT Pオペレーターの場合、営業とともにクライアントの元に出向き、クライアントの要望を細かく聞き出すことから作業が始まります。

一般的に、広告などを打ち出す場合、クライアントの要望をそのまま形にしてもなかなか購買者に伝わらない場合が多く、広告代理店や印刷会社の営業が売り手(クライアント)と買い手の間に立ち、クライアント・購買者の双方の立場のから広告の打ち出し方を提案することが大切になってきます。

デザイナーはクライアント側の要望と、営業の提案を目に見える形に仕上げていき、時には自らの意見も加えながら広告を仕上げていくことになります。

そのため、ある程度の経験値のほかに、優れた編集能力も必要になります。

印刷物を作る際の仕事の流れ

データ制作を主にしたDT Pオペレーターと、デザイナーも兼ねたDT Pオペレーターは案件への最初の入り方は異なりますが、仕事の流れとしては大方共通して進んでいきます。

印刷物が仕上がる工程は以下のようになります。

打合せ

クライアントと営業が印刷物の打ち出しについて話し合います。

原稿入稿・制作

クライアントから印刷物制作の材料となる文字原稿や写真などが入稿します。

印刷の規則に則ってデータ制作を行います。

内校・校正(校閲)

出来上がった印刷物をクライアントに確認してもらう前に、自社内で誤字脱字などのミスなどがないかチェックを行うことを「内校」と言います。

その後、クライアントのチェック(校正)を経てOKが出れば印刷データへ、修正が発生した場合は制作・修正・校正をOKが出るまで繰り返します。

誤字脱字のチェックを行う校正とは別に「校閲」という工程を通す場合もあります。

校閲と校正の違いは、「校正」は文字の間違いを主に行う工程で、「校閲」は文章内容そのものの事実確認を主にした工程のことを言います。

校閲については行う案件と行わない案件があり、また、会社の規模によりますが外部に委託する場合が多いので、今回は割愛します。

印刷用データ制作・書き出し

実際に印刷できる形式にデータを書き出します。

面付け・検版・印刷

「面付け」とは、刷版に対して印刷・断裁・製本加工の都合を考慮して、複数のページを配置することを言います。

一般家庭でのプリントと異なり、印刷会社では大きな紙に同じ絵柄の印刷物を印刷し、既定のサイズに断裁して1枚の印刷物として仕上げるのが一般的です。

紙の無駄を極力少なくするように配置したり、紙サイズを選んだりする場合は、沢山の経験と知識が必要になります。

「検版」とは、面付けが正確に行われているか、絵柄の抜けなどがないか、印刷に支障がないかを厳しくチェックする工程です。

以上の工程を経て、問題がなければ印刷の工程へ進みます。

「面付け・検版・印刷」に関しては、印刷会社の場合はDTPオペレーターが直接的にかかわりますが、デザイン会社の場合は印刷を外部の印刷会社に委託する場合が多く、デザイン会社に勤めるDTPオペレーターの主な業務は印刷用データ制作までになります。

DTPオペレーターはどういう人と仕事で関わるの?

営業や接客業のように人に関わる仕事ではないと思われがちなDTPオペレーターですが、デザイナー要素のあるオペレーターの場合はクライアントの要望を聞き出したり、大きな会社になると業務が細分化されたりするため、思いのほか多くの人と関わることになるのがこの仕事の特徴です。

クライアント

デザイナー業務も兼ねるオペレーターの場合、クライアントの話をよく聞き、要望に沿った提案や企画構成が必要になります。

デスクワークが主と思われがちですが、人と人との高いコミュニケーション能力が求められます。

営業

校正や企画構成、紙面構成の上で細かな相談を行わないと、思わぬところで意見の相違があり、制作自体がやり直しになるなど大きな時間ロスに繋がるので、緻密な意思疎通が必要です。

印刷部

制作を行う際はパソコンのディスプレイを見て行うので、実際の印刷の色と相違がある場合もあります。

化粧品メーカーや自動車メーカー、食品などの比較的色に関してシビアな案件の場合は、仕上がり見本と見比べて色校正を行うなど、オペレーター側からの的確な指示が必要になる場合があります。

DTPオペレーターの給料事情は?

人材会社の紹介によると、2017年のDTP関連の年収は316万円。

しかし、居住地域や雇用形態、業務内容によって大きく変わるので、一概にいくらとは言いがたいのが現状です。

基本的にDTP関連の職業は激務が多く、広告制作をメインで行っている会社の場合、残業も覚悟した方が良いでしょう。

また、DTPに関する知識を増やし、オペレーターからデザイナーに転職する人も多く、現在はオペレーターとデザイナーの境界線もあいまいでです。

デザイナーとしてフリーランスで働けば、平均年収の316万円以上を稼ぐことも可能ですが、紙媒体が減っている昨今、DTP1本で行っている人は少なく、少なくとも今後の需要を見込んでウェブデザインの知識をつけた方が良いでしょう。

DTPオペレーターでやりがいを感じること

自分が手掛けたチラシやポスター、装丁デザインを街中や店頭で見かけると大きな感動ややりがいを感じます。

クライアントともめたり、意見が食い違ったりした場合でもあきらめずに提案を続け、いいものが出来上がった時や、その後思わぬ反響を呼びクライアントに直接感謝された時など、その達成感は言葉では言い表せないほど。

また、チラシの商品の売上げが大幅に上がったり、クライアントの業績アップなどの貢献につながったり、しっかりと目に見える形で現れるので自分自身のモチベーションアップにもつながります。

DTPオペレーターの仕事で大変なこと

印刷会社で働くうえで切っても切れないのが残業の多さです。

また、基本的に納期や締め切りに追われる仕事となるため、時と場合によっては休日出勤もあります。

デザイン会社のように、一つの案件に時間をかけて行う仕事もありますが、印刷会社の仕事の多くは量販店のチラシをいかに効率よく多く制作するかが重要となります。

チラシ制作にはスピードと正確さが要求されます。

また、もしも誤植などがあった際、多額の金額を賠償しなければならない場合もあり、ミスは許されません。

長時間パソコンに向かって行う作業は、肉体的にも精神的にも思いのほか重労働と言えます。

DTPオペレーターになるためにはどうしたらいい?

一口にDTPオペレーターと言っても、デザイン要素や、編集経験、企画提案力を求められたりと、求人内容は会社によって様々です。

基本的にDTPオペレーターになるには特別な資格は必要ありません。

会社によっては未経験でもやる気があれば採用してもらえる場合もあります。

しかし、DTPアプリケーションの使い方や印刷のルールなど、膨大な知識が必要になります。

几帳面でコツコツと作業することが好きな人、また勤勉なこともDTPオペレーターになるには必要な素質になります。

必要なスキルや資格、経験は?

基本的に資格は必要ありませんが、多くの印刷会社やデザイン会社は経験者を優遇する傾向にあります。

採用条件としては、イラストレーターやフォトショップ、インデザインなどのDTPに関するアプリケーションをある程度使えることが重要になります。

印刷に関しての知識などは働いているうちに身につくことではありますが、最低限パソコンなどのディスプレイで使われるRGBと、印刷で使われるCMYKの違いを把握していると有利と言えます。

保有していると有利な資格は「DTPエキスパート」「色彩検定」などです。

この2つの資格は必須ではありませんが、個々人のセンスや能力を図る指標となるので、積極的に取得することをお勧めします。

就職先の探し方は?

多くの印刷会社やデザイン会社は自社のホームページを持っていますし、ハローワークや求人チラシで広告を出しているところがほとんどです。

また、特に求人広告などを出していない場合でも、経験者の場合は積極的に採用する会社が多いので、一度問い合わせしてみるのも良いかもしれません。

まとめ

DTPオペレーターは特別な資格を必要としない専門的な職業です。

そのため、美容師や調理師のように勉強や資格取得にお金をかけることなく、「手に職」をつけることができます。

紙媒体が減りつつありますが、DTPの基礎知識を応用すればウェブデザイナーに転身することもできるなど、比較的将来性のある職業と言えます。


関連キーワード

DTPオペレーター求人

DTPオペレーター求人についてもっと深堀りした情報を見る

DTPオペレーターの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

DTPオペレーターという仕事は、印刷業界を目指している方でないと、あまり聞きなれない職業かもしれません。また、目指していてもどのくらい稼げるのか、年収は相場でいうとどのくらいであるのかなど、よくわからない方も多いと思います。今回は詳しくお伝えしていきたいと思います。DTPオペレーターの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合会社にもよりますが、私の周りの給料だとだいたい15万から20万ほどです。正社員で転職した場合元々同じ業界でその仕事に就いていた人は、経験者として扱われるので、20万前後が多いようです。パート・アルバイト働く頻度にもよりますが、毎日働いて18万くらいでしょう。年収にも

DTPオペレーターの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

DTPオペレーターが転職する際に気をつけるべき点はなにか?いくつか注意点も含めてご紹介していきたいと思います。DTPオペレーターの転職で注意したほうが良い3個のこと職場環境頑張った分だけ評価してもらえるか自分がどれだけ仕事に熱心に取り組み働いていても、上司や上の人からの評価がされないと、モチベーションも下がってしまいます。評価されればされるほど、自分は成長を日々しているんだという実感も湧くので、会社での評価というものはとても重要となってきます。給与はしっかりもらえるか確実に残業ばかりしているのに、残業代が出ないなどブラックな一面が出て来ると、精神的にも体力的にもキツイです。しっかりと給与以外に

DTPオペレーターの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

DTPオペレーターは根気の必要な、地道ですがとてもやりがいのある仕事です。どんな人が向いているのか?またどういう経験や知識があるといいのかなど、詳しくご紹介していきたいと思います。DTPオペレーターはどんな仕事?デザイナーやお客様から頂いたデータを、印刷できる状態まで仕上げる仕事のことをいいます。文字の誤字脱字や文章に誤りがないか、おかしいところがないかなどのチェックも含めて行います。DTPオペレーターの大まかな仕事内容DTPソフトを使って文字や写真、イラストなど印刷できるかどうかチェックをして、修正箇所があれば修正や加工を施します。文字の間隔であったりズレを細かく修正して読みやすくしていき、


DTPオペレーター求人に関するコラム

DTPオペレーターは未経験でも出来る?経験者が教える、未経験でも仕事に就く方法

DTPオペレーターという仕事には専門的知識や経験が必須と考えている方もいらっしゃるかもしれません。未経験でもできるのか、わかりやすく解説していきたいと思いますので、参考にしていただければ嬉しいです。DTPオペレーターの大まかな仕事内容DTPオペレーターの仕事内容は、勤め先によっても大きく変わりますが、主な印刷物は大きく以下のように分けられます。それぞれの特徴について詳しく紹介します。量販店のチラシや広告などの制作広告業界で大半を占めるのがスーパーやドラッグストアなどの量販店のチラシ制作です。食品販売店の場合、週刊でチラシを発行していることが多く、作業はかなりのスピード勝負となります。年末年始や

DTPオペレーターになるには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

わたしたちが暮らす街には、雑誌やチラシ、看板やパンフレットなど、身近なところにたくさんの印刷物で溢れています。どんな職業に就こうか考えた時に、DTPオペレーターという職業に興味を持つ方もいると思います。印刷業界などにいない限りは、あまり聞きなれない「 DTPオペレーター」。DTPオペレーターになるにはどんな方法があるのでしょうか?さらに勉強しておいた方がいいことなど経験談も交えて、詳しくお伝えしていきたいと思いますのでご覧ください。DTPオペレーターの仕事とは?DTPオペレーターの仕事はざっくりと説明すると、パソコンを使用し、あらゆるソフトで印刷ができる状態まで仕上げていくお仕事です。デザイナ