DTPオペレーターは未経験でも可能なのか皆さんはご存知でしょうか?

DTPオペレーターという仕事には専門的知識や経験が必須と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

今回はDTP求人は未経験でもできるのかを分かりやすく解説していきたいと思いますので、参考にしていただければ幸いです。

また、経験者の私が向いている人の特徴についてお教えしますので、興味のある方必見です。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「DTPオペレーター」の仕事例をチェック

DTPオペレーターが手掛ける印刷物の種類

仕事内容は勤め先によっても変わりますが、印刷物の種類としては以下のように大きく分けられます。

それぞれの特徴について詳しく紹介します。

量販店のチラシや広告などの制作

広告業界で大半を占めるのが、スーパーやドラッグストアなどの量販店から依頼されるチラシ制作です。

食品販売店などは週刊でチラシを発行している場合が多いので、かなり早い作業スピードを求められます。

更に、年末年始やお盆などの売り出し期間には号外が発行されることも珍しくないため、2本〜3本、時にはそれ以上の案件を同時進行することもあるでしょう。

チラシ制作においては、とにかく他社のチラシよりも目立つことがポイントです。

それに加えて、見やすいこと、企画内容が購買層に伝わりやすいことなどが求められます。

沢山の商品を扱う上で、目玉商品はどれなのか、メリハリをつけつつ全体のバランスを考えた紙面構成にする必要があります。

適切な書体や色の使い方、写真と文字のバランスなどを総合して調整できるセンスも必要です。

また、クライアントからは膨大な商品写真や情報などが送られてくるため、それらを整理する能力も重要と言えるでしょう。

ポスター、パンフレット、イベント告知のフライヤーなどの制作

昨今はレアアウトやデザインを指示するデザイナーとの境界線が曖昧になっており、比較的デザイン要素が高い作業内容の傾向にあるようです。

基本的4色展開のものが多いため写真の色分解などの技術も必要になりますし、ものによっては印刷後の色の再現などを実際に見て調整する「色校正」という工程が発生する場合もあります。

また、書体に関する知識も必要です。

インパクトがあるものやデザインに適したものを取捨選択し、その使い方や整え方などに細かな配慮を行わなければなりません。

必要な情報を分かりやすくまとめ、全体のバランスを見ながら文字組を調整する作業には、高いセンスと経験値が必要になります。

量販店のチラシや単色が多い書籍の制作などと異なり、色合い、レイアウト、文字サイズなどにフォーマットがないため、能力の差が出やすい仕事と言えるでしょう。

予めフォーマットが決まった出版物などの制作

書籍やフリーペーパー、雑誌、写真集など、予めレイアウトが決まっているフォーマットの場合、出版元の会社から文字や画像のデータが送られてきます。

それらを所定のフォーマットに流し込み、組版のルールに則って、見やすく且つ読みやすく整える作業です。

一見簡単なように聞こえますが、字間や行間を微調整しながら誰が見ても読みやすくスッキリと整えられた文字組にしていく作業は、想像以上に集中力と体力を必要とします。

また、書籍などのように複数のページで構成される出版物の場合、デザインやレイアウトに一貫性が求められることが多いため、几帳面でコツコツと作業を進められる根気強さが求められます。

未経験からDTPオペレーターになるには?

多くの印刷会社やデザイン会社では、即戦力になる経験者を優遇する傾向にあります。

しかし、印刷業界は多忙なことが多く、常に人材が不足していると言っても過言ではありません。

DTPオペレーターを目指す人は、美術系の大学や短大、専門学校を出ていることが多いのですが、全くの未経験者がDTPオペレーターになるにはどうしたらよいのでしょうか。

DTP関連のアプリケーションをある程度使えること

DTP関連のアプリケーション(イラストレーター、フォトショップ等)について全く知識がない状態であるより、最低限の基本操作だけでも覚えていることは、かなりの強みとなります。

基本的な文字組や文字の詰め、行間などは実経験を通してレベルアップできますし、それぞれの会社で微妙に異なることが多いデータの作り方に関しては、実務を通して身につけることが望ましいでしょう。

独学でDTP関連のアプリケーションを使えるようになるには

現在、王道と言われるイラストレーターやフォトショップに関しては沢山のマニュアルが出版されており、書店などで簡単に手に入ります。

ネット上でも丁寧に説明してくれているサイトがあるので、これらを活用しましょう。

可能であれば、簡単なチラシや印刷物を作ってみて下さい。

デザイン性が高いものでなくても、希望する就職先へのアピール材料になります。

未経験でもやる気や、将来のビジョンをしっかりと持っていること

未経験でDTP関連のアプリケーションを全く使えない状態でも、採用される事例はあります。

実際にDTPオペレーターとして働いている人の中には、未経験から採用された人が少なくありません。

全くの未経験からDTPオペレーターになるには

DTP関連のアプリケーションをある程度使えることが好ましいと述べましたが、やる気や将来のビジョンをしっかりと持っており、将来的に企業の戦力になる人材であれば、未経験でも採用される可能性は充分にあります。

その場合、とにかく自身のやる気と、なぜDTPオペレーターになりたいのかという動機をしっかり説明し、自己PRできるかどうかが鍵になるでしょう。

また、とにかく勤勉であることが大切です。

しっかりとした研修や勉強会を設けている会社もありますが、多忙を極める印刷業界では稀なため、実務から得る知識や技術を自ら吸収していこうとするアグレッシブさが必要なのです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

DTPオペレーター未経験の場合の就職先や募集状況は?

DTPオペレーター未経験でも採用してくれる就職先は、少なくありません。

やる気や志望理由がしっかりしていれば、多くの企業は積極的に採用を考えてくれるはずです。

DTPオペレーター未経験者の主な就職先

DTPオペレーターは、印刷会社や広告代理店、デザイン会社の他、出版社の制作部(DTP部門)などで働きます。

それぞれの会社によって役割は異なり、デザイン要素の高い印刷物を作る仕事から、ひたすら印刷会社に納品するデータを作る仕事、またはその両方をこなさなければいけないなど、業務の幅はかなり広いと言えます。

もし、ゆくゆくはデザイナーに転身して活躍したいと考えるなら、就職先もそのビジョンを見据えて選ばなければなりません。

印刷会社

DTPオペレーターとして最も一般的な就職先です。

規模が大きくなればなるほど制作部署内に沢山のチームが作られ、求人数も増えます。

量販店のチラシ制作、広告・ポスター制作、パンフレットや書籍などの頁物制作などといった具合に仕事が細分化されるため、生涯DTPオペレーターとして働く場合や未経験で働く場合のキャリアアップにはベストな就職先と言えるでしょう。

印刷物が完成するまでの全ての工程に携われる可能性があります。

広告代理店

印刷会社に並ぶ就職先として広告代理店が挙げられます。

こちらも規模が大きくなれば量販店のチラシ制作部門や広告・ポスター・パンフレット制作部門などに分けられている場合が多いです。

業務としては印刷会社の制作部と変わらない部分もありますが、印刷会社と大きく異なる点は、業務は納品用のデータ制作までというところです。

印刷に携わらないため、データ制作上の表現と印刷で可能な表現の誤差に関しての知識は得にくいのですが、その分多くの種類の案件を経験することができるかもしれません。

出版社の制作部

主に書籍や雑誌の制作になります。

ある程度フォーマットの決まった印刷物の制作が多いので、未経験でも採用されるチャンスが高いと言えますが、装飾が少なくなれば少なくなるほど字間や行間、禁則処理などの文字の扱いに関しての知識が必要になってくるので、思いの外センスの問われる職場と言えます。

デザイン会社

この場合、DTPオペレーターというよりはデザイナー要素のほうが高くなるのですが、地方のデザイン会社などは量販店のチラシも請け負う場合が多く、思いのほか人手不足の可能性が高いです。

とは言え、新人はDTPオペレーター要素の高い仕事を回される場合が多いでしょう。

禁則処理をはじめとした文字の扱いを働きながら学べると共に、経験を積めばデザイン要素の高い案件も手掛けることができるので、将来はデザイナーを目指したいという人には最適な就職先と言えます。

未経験可能な募集はどうやって見つける?

即戦力になる人材が採用されやすいのは確かですが、未経験者OKの求人が全くないわけではありません。

それでは、未経験者募集、または未経験者歓迎の求人はどのように探したらよいのでしょうか。

インターネット検索を活用する

インターネット上には沢山の求人情報サイトがあります。

「DTPオペレーター 未経験」のキーワードで検索すると思いの外多くの求人がヒットするでしょう。

中には研修制度を採用している企業もありますので、そのような制度を活用するのも一つの手です。

しかし、実際には経験者が優遇されがちであり、未経験者を採用してくれる企業はそう多くないと覚悟しておきましょう。

ハローワークなどを活用する

地域のハローワークにも、DTP関連の求人情報は多く掲載されています。

こちらも多くは経験者優遇となっていますが、地方の場合はその経験者がそもそも少ないという場合があるので、採用してもらえる可能性は高くなるかもしれません。

やる気や動機がはっきりしていれば、採用を前向きに考えてくれる企業があるでしょう。

応募の際に係の人に一言伝えてもらったり、自作した印刷物を持ち込んだりしてアピールしてみて下さい。

就職したい印刷会社や広告代理店へダイレクトに連絡する

求人は出していなくても、随時募集を行っている企業は沢山あります。

就職したい印刷会社や広告代理店があれば、自ら問い合わせをしてみましょう。

そのような能動的な行動を買ってくれる場合も大いにあり得るので、ぜひ積極的に活動してみて下さい。

経験者が語る!DTPオペレーターに向いているのはこんな人

印刷物制作に誤植や組み間違えは許されません。

特に日付や価格のミスは致命的になることもあって慎重な作業が求められるため、DTPオペレーターにはある程度の向き不向きがあります。

以下ではDTPオペレーターに向いている人の特徴を紹介します。

几帳面な人

印刷物データ制作では細かな約束事やサイズ指定などを守らなければならず、図形や写真は正確に配置する必要があります。

そのため、少し几帳面すぎるくらいの人がDTP作業には向いていると言えます。

また、自分が制作したデータを他の人が修正することも多くあるので、誰が引き継いでも修正しやすいデータ作りや作業方法を考えられる人が求められます。

地道な作業を行うことが得意な人、好きな人

入稿した文字データを印刷用データに作り替える際、特にカタログ製作ではひたすらコピー&ペーストを行う作業なども発生します。

単調な作業でも集中力を切らさず、正確に行える人が求められます。

勤勉な人

未経験でDTPオペレーターになりたいという人は特に勤勉であることが求められます。

沢山の知識を必要とする専門職になるので、疑問に思ったことはどんどん先輩に質問し、知識や経験を増やしていける人が望ましいでしょう。

DTPオペレーターの仕事に興味がある方へ

普段何気なく目にしている広告やスーパーのチラシにも沢山の技術が詰め込まれています。

普段から様々な印刷物へ意識して目を向け、どういう風に作られているのかといったことに興味を持つようにしてみて下さい。

狭き門ではありますが、未経験でもチャンスを求めて行動してみて下さい。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

DTPオペレーター求人

DTPオペレーター求人についてもっと深堀りした情報を見る

DTPオペレーターとはどんな仕事?仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

DTPオペレーターとはどのような職業かご存知でしょうか?簡単に言うと、巷にあふれる量販店のチラシや広告、主に紙媒体の印刷用データを制作する職業なんですが、具体的な業務内容ってなかなか知る機会がないですよね。そこで今回は、DTPオペレーターの業務や役割、やりがいや大変な点まで、気になる疑問を詳しく解説していきたいと思います。なりたい職業を探している方に「DTPオペレーター」という職種が少しでも興味を持っていただければと思います。DTPオペレーターとはどんな仕事?まず、DTPとはDesktop Publishing(デスクトップ・パブリッシング)の略称です。簡単に言えば、チラシや雑誌などの紙媒体を

DTPオペレーターの仕事内容3個の業務・向いている人の特徴・活かせる経験

求人で見かけることはあっても、実際にはどんなことをしているのか分かりづらいDTPオペレーター。印刷業界に限らず活躍の場が多い仕事ですし、業界や会社によって担当する作業にも差があります。どんな場所でどんな作業をしているのか、印刷所勤務のDTPオペレーターである私が、どんな印刷物でも共通しそうな部分を中心にご紹介します。DTPオペレーターとは?DTPオペレーターとは、言葉のとおりDTPを操作する者という意味です。DTPとはデスクトップパブリッシングの略で、卓上出版と訳されます。今でこそパソコンで制作される印刷物は珍しくなくなりましたが、それまでの手作業と区別して、このように呼ばれるようになりました

DTPオペレーターの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

DTPオペレーターという仕事は、印刷業界を目指している方でないと、あまり聞き慣れない職業かもしれません。興味があったとしても、給与の相場がどのくらいなのか、よく分からない方は多いと思います。今回は収入面について詳しくお伝えしていきたいと思いますので、参考にしてみてください。DTPオペレーターの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合のDTPオペレーターの給料相場勤め先や地域にもよりますが、新卒入社で月給18万円前後です。ある程度の経験を積んだ者であれば月20万円~25万円前後、経験豊富なベテランになるとそれ以上になることもあるでしょう。派遣社員の場合のDTPオペレーターの給料相場月給に

DTPオペレーターになるには?資格や勉強すべきことは何?就職の際のポイントもご紹介!

私たちが暮らす街には、雑誌やチラシ、看板やパンフレットなど、身近なところに沢山の印刷物で溢れています。どんな職業に就こうかと考えた際に、DTPオペレーターという職業に興味を持つ方もいるでしょう。印刷業界などにいない限りは、あまり聞き慣れない「 DTPオペレーター」。DTPオペレーターになるにはどんな方法があるのでしょうか?更に、勉強しておいた方が良いことなど、経験談も交えて詳しくお伝えしていきたいと思います。DTPオペレーターの仕事とは?デザイナーやクライアントが作成したデザインデータを、あらゆるソフトを使いながら印刷ができる状態のデータにまで仕上げる作業です。誤字脱字がないか、イラストや写真

DTPオペレーターの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

DTPオペレーターが転職する際に気をつけるべき点は、いったいなんなのでしょうか?いざ転職をしようと求人サイトを開いても、求人を見極めるポイントを知らなければ、自分が本当に働きたい職場を探すことはとても難しいかと思います。そこで、今回はDTPオペレーターへの転職で気を付けるべき注意点や、転職を成功させる方法や心構え、求人の上手な選び方までしっかりご紹介していきたいと思います。これを読んで、あなたの転職を成功に導きましょう。DTPオペレーターの転職で注意したほうが良い3個のこと職場環境頑張った分だけ評価してもらえるか自分がどれだけ仕事に熱心に取り組み働いていても、上司や上の人からの評価がされないと