「DTP」という言葉を聞いたことがありますか。

DTPというのはデスクトップパブリッシングの略語で、Desk Top Publishingの頭文字をとった言葉になります。

日本語に訳すと「机上出版」「卓上出版」という仕事です。

皆さんが普段手にしている、スーパーなどのチラシから、書店で売っている本や企業のパンフレットなど、印刷物と呼ばれる者はほとんどがDTPデザイナーが関わっているのです。

ここでは、DTPデザイン求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて紹介していきたいと思います。

DTPデザインのおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

まずクライアント(依頼主)がいて、本などの出版物や、広告のなどの企画が持ち上がった際に、選択の一つとしての印刷物が選ばれたときに、DTPデザインの出番がやってきます。

ここでは仕事の依頼がきた際のDTPデザインの役割ば別に紹介していきます。

DTPデザイナー

DTPデザイナーの仕事はパソコンのソフトを利用して、実際に文章や写真から外部のデザイナーさんに依頼したイラストなどをレイアウトを行う仕事です。

人によっては、デザインに必要な素材を自分で製作する方もいらっしゃいます。

写真撮影の技術を持っている、イラストを描ける、ライティングをすることができるなど、それぞれの分野で強みを持ったDTPデザイナーさんがいらっしゃいます。

最終データを作成する際には、実際にプリントアウトして、モニター上内容を確認します。

確認する内容は様々ですが、写真の色味の確認をしたり、文章について誤字脱字から、レイアウトの組み直し、使用している色の変更など細かい調整も多い仕事です。

DTPオペレーター

DTPオペレーターの仕事は、主にディレクター、デザイナーから集まってきたデザインデータや素材をディレクターの指示書に従って、実際に印刷できるデータに編集、調整する仕事をします。

DTPデザイナー比べて、デザイン要素が少ないののが特徴かもしれません。

しかしクライアントの企業様が入稿されたデータを調整する場合がありますので、この時点で調整を誤ってしまうと印刷物にも反映されていまします。

また一つの依頼に対して数人で担当が分かれている場合もあり、最終の文字の構成などを専門に行う人、写真の画像処理を行う人、各印刷用のデータに編集する人、印刷物の色を調整する人などと様々です。

ディレクター

企画に対して、司令塔ととしてデザイナーやオペレーターに指示を出します。

営業部との架け橋になって、内容を整理した上で社内での締め切りやスケジュールなどの調整を行います。

場合によっては、依頼主の元へ打ち合わせに出向いて、要望や訂正、変更などを利用する媒体や印刷方法など詰めていく仕事もします。

初めからディレクターとして働くことは稀です。

ディレクター自身もデザイナーなオペレーターで経験を積んだのちに、ディレクターへと進まれていく例がほとんどです。

初めのうちはデザイナーとしても現場で作業を行いますが、徐々に現場での作業は減っていくでしょう。

DTPデザインは会社でどういう役割を求められる?

DTPデザインは良くも悪くも企画を印刷物にして納品するまでの仕事です。

ですのでその印刷物のによって目的の効果が得られたかでしか評価を頂くことができません。

ですのでいくら最終製品の出来が良かったとしても、依頼をしてくれたクライアント様が目的としていた効果が得られなければ意味がありません。

要望を取り入れる、アイデアを形にするのはもちろんですが、さらにしっかりと情報を整理して、本当に伝えるべき情報を明確にして伝えることも大切な役割といえるでしょう。

DTPデザイン求人にはどんな種類があるの?

DTPデザインには川上と川下の仕事があります。

川上の企画の立ち上げに関わる仕事から、川下の最終の印刷を行う仕事と関わる場所によって働く場所が異なります。

デザイン事務所

DTPにかかわらず、デザインの仕事を生業としています。

大半は小規模の事務所を構えていたり、個人で事務所を運営している場合と様々です。

ここでは、クライアント様から依頼を受けて、アイデアをまとめて提案したり、コンペにて企画を提案して仕事を受注する場合もあります。

デザインを製作しますが実際の印刷は行いません。

印刷会社

各資材に印刷するための機械を保有している会社です。

保有している印刷機器を利用して、個人のお客様から、各企業からのデザインデータを受け取り、実際に指示を受けた資材に印刷をして、お客様のもとへ送り届けるまでの業務を行っています。

印刷会社のなかに、デザイン室などを設けている場合も多く、デザイン事務所と同様にデザインを行う場合もあります。

デザインを製作してから、印刷に至るまでのリードタイムを短くすることができるのが強みと言えそうです。

インハウスデザイナー

インハウスデザイナーというのは、それぞれの業種・分野の企業に直接雇われて仕事をしていると言ったらわかりやすいでしょうか。

車や電化製品などの工業製品を製造している企業に雇われた場合には、製品に付随するロゴマークにはじまり、各種取扱説明書などの製作などをします。

また、販売店などで販促に利用するパンフレットやチラシのデザインを行います。

現在ではデザイナーのなり手の多くは都市圏に集中していることが多いために、新卒のデザイン関連の学校を卒業した生徒を採用したくても、なかなかうまくいっていないのが現状のようです。

地方の中小企業では社内のデザインを任せられる人を探しています。

DTPデザイン求人でよくある募集内容とは?

新卒や未経験の場合にはオペレーターから、ある程度の経験を積まれているようでしたら、即戦力としてディレクターやデザイナーとして迎え入れられるでしょう。

給与相場

一般的にDTPデザイナーは年収で250万円~400万円の間となります。

あくまでこれは目安であり、DTPデザイナーからディレクターとなって指揮を取れる立場になることや、各部門の責任者に選出されることで前述以上の給与を得ている人も実際にいます。

またこの業界ではデザイナーとして独立する方も多くいらっしゃいますので、あくまで印刷会社や広告会社などの企業に勤めた場合となります。

勤務時間や休日、残業

勤務時間はどの企業も始業時間は8時〜10時、就業時間は17時〜19時となっています。

休日は週休二日制がほとんどです。

しかし、繁忙期や短納期での依頼が重なってしまった時期に、残業が多くなってしまうのもこの業界の特徴でもあります。

それは平日と休日問わずです。

クライアント様とのやり取りで、多くの訂正や修正、印刷直前の変更などイレギュラーが起きた時には残業となることがほとんどです。

訂正や修正が入ったとしても締め切り・納期は変わらないからです。

しかし現在では働き方改革の流れも手伝って、ひと昔ほど前までのような激務からは少しずつ環境が改善してきているようです。

休日出勤があった場合には、代休をとることもできるようです。

福利厚生

各種社会保険などは一般の企業と同じく、完備しているようです。

休日についてはほとんどが週休二日制となっていますが、締め切りや繁忙期になどには残業が多いのも特徴です。

勤務場所

各印刷会社さん印刷工場があるのは都市圏に近い郊外にあることが多いようです。

本社勤務となる場合には地方での勤務なることが多いようです。

しかしクライアント様の企業が多くある都市では営業所を配置していますので、そちらに配属されることもあります。

広告会社やデザイン会社に勤める場合には、都市圏のビルを間借りするなどして小さなデザイン事務所を構えており。

ある程度のスキルや経験が必要となりますが、入社することができれば都市圏で働くことができます。

求められる人物像

デザイナーはデザイナーであって、示された期限の中でクライアントの要望を最大限応えようとする姿勢が求められます。

自分の好きなものを描きたい、作りたいと人には向いていません。

それは自分が休みの時に趣味でやればいいことです。

あくまでデザイナーの仕事は、クライアントあるということを最低限意識できなければいけません。

新卒や経験の浅いDTPデザイナーですと目線が低く、視野も狭いため、自分がいいなぁと思うものを詰め込んだ結果、提案したものが、全くもって採用されなかった。

なかなか要望に応えられなかった。

ということも多々有ります。

必要なスキルや資格、経験

DTP業界の求人では主にAdobe(アドビ)が提供しているソフトが主流となっており、最低限利用できることが必要です。

その中でも下記の3つが使えると良いでしょう。

Photoshop(フォトショップ)

画像処理といわれる作業を主に行います。

簡単にいうと、画像や写真などを加工することが得意なソフトです。

ここでいう「画像処理」とはその時々の印刷物に合わせた加工を行います。

例を挙げると印刷物に掲載する写真の明るさ・暗さを調整したり、鮮明にすることで元の写真より引き立たせたり、逆に背景をぼかしたりすることで人物を引き立たせたりします。

写真から一部を切り抜いて、別の写真に貼り付けることもできます。

風景や街の写真で掲載したくないものを消すこともできますし、細かいところでは人の顔の皺やシミなどを見えなくしたりすることもできます。

Illustrator(イラストレーター)

Photoshopなどで加工した画像や写真などの素材をレイアウトするソフトです。

素材そのものを加工することには向いていないソフトです。

主にペラもの折り込みチラシや、ポスターなどの一枚で完結するデザインを主に扱います。

その他ラベルやシール、パッケージなどについてもこちらで行います。

Indesign(インデザイン)

こちらもIllustratorと同じように画像や写真、文章などをレイアウトしていきます。

では何が違うのかといえば、こちらは雑誌や書籍、パンフレットなど幾つかのページがあるレイアウトの編集に向いています。

このソフトを使用すれば、ページのレイアウトや段組などを一括して設定することができるのが強みです。

DTPデザインのおすすめ求人のポイント

年齢層をチェックしてみよう

希望する求人をみて年齢層をチェックしてみたり、ディレクターやその他上役の年齢も確認してみましょう。

あまりにも上と下の年齢が離れているようでは若手が中間層へと育つ前に退職が多いということがわかるかもしれません。

またその逆に独立希望の方が多く希望する会社であることもあります。

年齢に限らず、企業について下調べをすることは必須でしょう。

扱っている媒体を見てみよう

現在は紙媒体での本、パンフレット、チラシなどのデザインが減っています。

ですので単に紙だけの印刷を生業にしている印刷会社などは将来仕事が先細ってしまうかもしれません。

できるのであれば、紙に関わらず、商品や食品を守る包材から、商用、建築資材など様々なものや分野で印刷できるようになっています。

新たな分野に挑戦している企業に入社することができれば、DTPに限らず新たなスキルや技術を学ぶことができるでしょう。

DTPデザイン求人についてよくある疑問

私は絵がうまくないのだけれど、仕事に関われますか?

絵やイラストが得意であることや、美術系の学校を卒業していることはプラスに働くことが多いのは事実です。

しかし、DTPデザインは他にもレイアウトの要素がとても強い仕事でもあります。

絵やイラストについては就職した後から学ぶこともできるので研鑽を重ねましょう。

未経験です。DTPのソフトが使えないと就職できないの?

大丈夫です。

現在では市販で各DTPソフト別に専門書が販売されているので、ある程度パソコンを利用したことがあるようであれば独学でも十分に学ぶことができます。

またDTP検定という試験もありますので、検定を受講するしないの有無を問わずにテキストを購入して合わせて勉強することでより効果を得ることができます。

また就職してから半年から一年ほどソフトを利用していれば、個人差はありますが十分ソフトを使いこなすことができるでしょう。

印刷・出版業界の未来はどうなっていきますか?

印刷・出版業界は年々縮小傾向であることは確かです。

インターネットが広まったとき、紙は無くなっていくと言われました。

その数十年後、皆さんの手元には携帯、スマートフォン、タブレットと推移していきました。

実際に数は減っているかもしれませんが、無くなると言われていながらもまだ無くなっていません。

そう考えていくと紙は減りつつも、必要な場所では残っていくのではないでしょうか。

紙にあって、各種電子デバイスにないものをあげてみるとその一つは質感でしょうか。

紙を手で触れているときの食感、本などから感じるインクの香り、見た目の光沢感など勝っている部分が多くあります。

これからは紙じゃなくてもいいものを探すのではなく「紙でなくてはできない表現」を見つけることができた会社が生き残っていくのではないでしょうか。

DTP以外のスキルはあったほうが良いですか?

あくまでDTPというのは手段のひとつとしてのDTPであるとも言えます。

だからこそ依頼者やクライアントさんに対して提案をするときに最善な表現の方法がDTPではない場合も多々あります。

ですのでよりクライアントさんにとって最適な方法を提案できる視野の広さが必要になります。

現在は広告のほとんどがWeb広告であったり、スマホの広告であったりします。

ですので現在ではDTPに限らず他の表現についても学ぶ必要があるでしょう。

例えば、紙の広告とWebやスマホの広告で大きく違うのは情報の追い方です。

紙の媒体では規定の紙の中の情報を集約しているので、読み手が必要な場を探す必要があります。

一方スマホなど画面では基本は指を使って、スワイプや撫でる動作で右方向、下方向へ情報が流れていく特徴があるので、広告の作り方にも違いがでてきます。

今後トレンドがまた変わっていくかもしれません。

その時代にあったスキルは勉強するなどして常にスキルの一つに加えられるようにしましょう。

ポートレートは必要ですか

DTPデザイナーの求人に必ずついて回るのが、ポートレートとなります。

各専門学校や大学での課題をただ提出すればいいというわけではなく、自らのスキルや技術をアピールできるチャンスです。

採用される人は課題以外にもデザインをしていたり、知人や友人のイベントの印刷物を担当したりなどの経験を持っていることが多いようです。

普段からポートレートに作品を充実させることが採用への近道となります。

まとめ

DTPデザインという言葉以外と知られていませんが、様々な場所で、いろいろな人の身近に仕事を見ることができます。

仕事については連日締め切りに追われて、残業続きでとおっしゃる方もいますが、それを乗り越えた時には精神と体力的な強さと、知らぬ間にスキルも身についているはずです。

デザインの仕事は一度経験するだけで、様々な場面であなたを助けてくれるはずです。

DTPデザインの仕事を目指す人の参考になれば幸いです。