DTPデザインに限らず「デザイン」という言葉を聞いただけで、私には無理だ。

やっぱりセンスがないと務まらないなど。

自分がいきている世界とは別の世界の仕事のように捉える人がいます。

本当にそうでしょうか。

ここではなんだかちょっと敷居が高いイメージのDTPデザインの仕事を紹介しながら、どんな人が向いているのかを紹介していきます。

DTPデザインの仕事はどんな仕事?

DTPデザインは主に、クライアント様から依頼のあった広告やチラシなどの印刷物から、企業の商品のパッケージやディスプレイ、パンフレットなどの販促物まで印刷物の分野で幅広く活躍できる仕事です。

仕事のどの段階で関わるかによっても業務内容が異なります。

クライアント様の依頼についてアイデアをまとめて指示を出す人、アイデアを実際にパソコンの画面上でデザインのデータに落とし込む人、デザインデータを印刷物として形にする人、全ての場面において文字の誤字脱字や、写真がきれいに印刷できるかをチェックする人などと様々です。

普段何気なく目にしている、新聞屋やスーパーのチラシ、お菓子のパッケージの印刷から、本屋さんに並んでいる商品まで。

いたるところでDTPデザイナーが関わったものに囲まれて生活をしていることに驚くかもしれません。

DTPデザインの仕事はどんな人に向いている?

デザインというとイメージで絵が描ける人、上手い人というようなイメージを持つ方が多いようですが、それは一つの要素にしか過ぎません。

デザインや美術系の学校を出ていない人もたくさんいらっしゃいます。

確かに年齢を重ねてから絵を描き始めた人は同じ舞台では勝てないでしょう。

しかしデザインは絵を描くこととは違います。

絵が描ける以外にも必要な要素がたくさんあります。

実はどんな人でも?様々な経験をしてきた人

いつの時代もデザインには新しい表現や、アイデアが求められています。

実は新しいアイデアを思いついた!と思っても、実はすでに過去の人、別の人がやったことのあるアイデアだったということも、度々あります。

ある本の中でこんな言葉があります。

「アイデアとは既存の要素の組み合わせにしか過ぎない」

もしそうだとすると「既存の要素」をどれだけ知っているかによって、表現の幅が変わってくるということです。

これまで小さい頃からずっと絵を描いてきた人で、学校は美術学校を卒業している、そんな人ばかりがDTPのデザインをしていたらどうなるでしょうか。

とても独創的で綺麗な制作物ができるかもしれません。

しかしそれがクライアントが求めているかどうかはわかりません。

だからこそ別業種からの人が入ることで、新たな視点と表現が組み合わさり化学反応が起きて、本当の意味で今までにないものが作られるのです。

だからこそ、どんな分野にせよ生かすことができると思います。

社会人の基礎・基本ができている人

「ホウレンソウ」という言葉を聞いたことはありますか?

そう。野菜のほうれん草ではなく、報告・連絡・相談の頭の感じをとって「報連相」という造語です。

何を今更と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、とても大事なことなのです。

DTPの現場では常に並行して様々な依頼をこなしています。

どの依頼にも当たり前ですが期限が設定されています。

ですので、どこかで手違いが一つ起きてしまっただけで、全体のスケジュールに影響がでて、期限に遅れてしまうという事が往々にしてあります。

お客様から訂正の依頼があったのに、適切に担当に内容を伝える事ができず、また伝達漏れなどは厳禁の世界なのです。

慎重な人

読み合わせ、版下校正といったワードが現場では聞きなれたワードになります。

パソコンのモニター上でデザインを行ったり、編集したデータを実際に印刷物として出力して内容の確認をする作業です。

文字の誤りがないか、載せている写真は適切であるか、イメージ通りの色が出力されているか。

実はデザインをした後の業務の方がとても大変な労力を伴うと言う人がいるくらいです。

締め切りがタイトな依頼に関しては、最短で納品をするためにデザインから印刷をする現場まで、スケジュールを立てて進めていきます。

印刷の段階で訂正があったり、誤字脱字が発見されたとなると、一つの工程だけでなく、後に予定されている工程も遅れて行ってしまいます。

ですので、訂正・修正は初期の段階で見つけられることが大切になってきます。

校正というのものは面白いもので、何度も繰り替えしているとどんなに真剣に、集中して、静かな状況で行っていたとしても見逃してしまう時には大小関わらず見逃してしまうものなのです。

だからこそ物事を慎重に進められる人はとても重宝されるのです。

整理整頓が得意な人

DTPのデザインは整理整頓と似ているかもしれません。

それはDTPデザイン=レイアウトをする仕事とも言えるからです。

レイアウトというのは情報の整理ともいえるかもしれません。

例えば、チラシの例を挙げてみましょう。

チラシの依頼があった時。

クライアント様は「ああしてほしい、こうしてほしい」というはっきりとした要望を伝えてくることもあれば、「◯◯のような感じで作ってもらいたいのだけど」とややぼんやりとしたイメージで依頼をされる場合もあります。

どちらしても、まずはターゲットとなるチラシを読む人はどんな人なのかを想像して、クライアント様の要望を取り入れつつ、伝えたいことがきちんと伝わるようにするにはどうしたらいいかを検討します。

そこからようやく文章、画像、写真などをレイアウトしていきます。

あれもこれも伝えたいからといって、クライアントの要望のままにレイアウトをしていくといくら紙面があっても入りきりませんし、たくさんの情報が詰め込まれたチラシは、一瞬眺めただけで見るのが嫌になってしまいます。

だからこそ、情報の整理が必要なのです。

整理の方法として、紙面に乗せる要素を減らしたり、大きさや色などに強弱をつけて視線を誘導して読みやすくしたり、その逆にインパクトのある表現で大きく情報を載せて目を惹き付けるなど、様々な表現をするためにも情報の整理がベースになってきます。

新聞や雑誌を読む習慣のある人

皆さんのお宅のポストに入ったチラシを眺めたことがありますか?

いつもチェックするチラシがある人もいれば、もしかすると興味がないものはそのままゴミ箱へ直行という方もいらっしゃると思います。

しかし、手にとって眺めたことがあるチラシには、何かしら気になる要素があるから手に取ったのでしょう。

普段から新聞や雑誌を購読している人は知らぬ間に目が肥えていたという人が少なくありません。

いつも目に付く広告はよくよく思い出してみると、惹きつけられたキャッチコピーにはあんな表現があったなぁ。

そうそう赤や黄色で装飾された数字をみると必ずチェックしてしまうなどの特徴があるはずです。

そういった小さなこともDTPの仕事に役立てることができます。

DTPデザインの仕事をするために活かせる、今までの経験は?

どんな経験でも活かすことはできると思いますが、ここでは新たにDTPデザイナーとして働く際に「すぐに活かせる」経験を紹介していきます。

主には似た業種での実務経験が役立つ傾向があります。

webデザイナー

現在では、紙媒体のチラシや広告は年々減少傾向にあります。

Webデザイナーの経験を持っていると印刷物と合わせて自社のホームページなどを合わせて一貫した企業の宣伝を行うことが可能になります。

今はどのチラシにもHPのアドレスから、QRコードが埋め込まれていて、チラシをから直接Webにアクセスすることが普通になってきます。

紙のチラシから、ストレスなく自社のホームページなどへ誘導してより高い宣伝を行うことができるなど、組み合わせることでより効果のある広告を製作することができるはずです。

広報

広報の仕事は主にDTPデザインを発注する側の仕事と言えます。

自信が所属している会社の商品やサービスに対する情報の発信主な仕事としているため、どうすれば売り上げをアップさせることができるかや、企業イメージのアップの方法などを熟知しています。

そうした経験から、デザインをする際にクライアントの目線にあったデザインを制作したり、企業側の目線になって提案を考えることができます。

実務を経験している方は他のDTPデザイナーにはない強みとして、活躍することができるでしょう。

カメラマン

DTPの仕事はレイアウトがメインという話は繰り替えしています。

そのレイアウトをするためには、そもそも「素材」が必要になってきます。

文章、画像、写真と様々ですが、その中の「写真」という素材を生み出せる人はとても付加価値が強いといえるでしょう。

写真にもいろいろありますが、実際にカメラマンを手配して、スタジオを手配して、コーディネーターさんに被写体の準備をしてもらうと、一通り依頼をするとたいへんコストがかかってくるのが現状です。

さらに写真を自らが設置して撮影出来ることで細かい調整を行うことができたり、表現の幅が広がっていくでしょう。

編集者・ライター

前述したカメラマンと同様に、文章という素材を生み出す事ができることは、たいへん仕事に活きてきます。

クライアント様の打ち合わせの際では、どのようにPRしたらよりアピールできるかが課題になります。

そのような場面で様々な表現をのキャッチコピーや文章を提案することができたり、使用できる文字数が制限されている中でも、適切な表現を生み出すことができます。

どうしてもなかなかいい表現が思いつかない!

なんかもうちょっとインパクトのあるキャッチにしたい!

などの場面で、アドバイスを求められることも多く頼れる存在です。

DTPデザインで働くメリットとは?

自己PRのアイテムを製作することができる

一番のメリットは自分で自分のプロモーションアイテムを製作できるということでしょうか。

現代では企業されたり、スタートアップ企業に勤めている方も多い時代です。

そんな時にネックになってくるのがプロモーションの部分です。

小さな名刺からパンフレット、広告まで。

外部に依頼をすると時間がかかってしまったり、なによりもコストが掛かってしまいます。

しかしデザインの部分を自分で製作することができると、データを印刷会社に依頼するだけなので、最低限の印刷代と紙代だけで済むことが殆どです。

個人が情報を発信できる時代なので、大変役にたつスキルを手に入れることができます。

デザインはいろいろな場所で必要とされている

一度DTPデザイン仕事をすることで、印刷物以外でもデザインおスキルが生かせます。

営業部であればプレゼンの資料を作成するときに、今まではただ既存のテンプレートにベタ打ちだったものが、文字の種類や、挿絵などを工夫するなど情報をしっかりと整理してして、内容以外でも表現方法を変えることによって、より相手に内容を伝わりやすくすることもできるでしょう。

また社内向けの書類に関しても、より見やすく、レイアウトを行って、今まで見にくかったものがとても見やすくすることも。

世の中の流行り廃りを知ることができる

DTPデザインの世界に長くいると、様々な表現の他の業界と同じく表現の流行り廃りがあります。

またお客様のやり取りの中から経済や世の中のトレンドもうかがい知ることができます。

例えば、昨今環境についての関心が高まっている時には、あまり華美な表現や、豪華な包装は好まれず、シンプルでエコな素材を利用した印刷物を制作する機会が増えたりします。

また、著名人を掲載する場合には、やはりイメージの良いモデルさんや俳優さんなどが採用されているので、どんな方が、どのようなイメージを持っているかなどもわかるかもしれません。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

ディレクターを目指す

印刷会社、広告会社に継続して勤めてキャリアアップを目指すのでしたら、やはりその企業で現場を取りまとめ、指示を出す役割へと進むことがキャリアにつながっていきます。

ディレクターへと進むことで、今まで雑誌のあるページだけの担当だったものが、掲載する企画を取りまとめたり、さらに上に行くと雑誌全体の構成から企画までを行うまでになります。

実はDTPデザイナー、オペレーターからディレクターへと進む人は多いですが、成功できる方は半々くらいでしょうか。

周囲の人の進行状況をチェックしながら、期限までのスケジュールを常に更新していく。

いつも期限との戦いなのでプレッシャーはとても大きいですが、できる仕事の幅も、扱える予算も大きくなるのでよりやりがいのある仕事に挑戦することができます。

デザイン事務所を立ち上げる(独立)

企業に所属しているからできる仕事もありますが、独立して自らが得意な分野で勝負してみたいという人は一定数存在しています。

広告やチラシを主に製作したい人もいれば、企業のCIやロゴなどを専門にする人もいます。

最終的に自らが仕事を選んで仕事をすることができるのは、大変な楽しみでもあり、たどり着きたい先の一つではないでしょうか。

専門性を突き詰めることで、他にはないデザインをすることができるようになり、あなた、あなた方に仕事を頼みたいということになります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

DTPデザインを経験した方と親和性が高い仕事は、主に「企画」や「広報」の仕事で活かすことができると思います。

一番の理由は、クライアント企業の中でも企画や広報の方々と一緒に仕事をすることがほとんどだからです。

仕事の内容の多くはチラシ、広告物や書籍などの印刷物です。

実際にデザインの現場で働いた経験があると、様々な企業の印刷物に関わる機会に恵まれます。

デザインの面でも勉強になることはもちろんですが、企業の担当の方との打ち合わせやその他やり取りを重ねることによって、企画の人がどのようなことを考えているかがわかるようになってきます。

また印刷部数や再版や重版などの結果によって、どのようなデザインが今の世の中で受け入れられるのかや、どのような広告がお客様が求めているのかなどが数値として出てくるため、感覚的に理解することができるようになります。

デザインができると引く手数多?

現在ではDTPデザインを含め、デザインができる方は見方によっては引く手あまたの時代といえるかもしれません。

一昔前までは、企業が宣伝・広告などを使って販促活動を行う際には、その地域に根ざしたデザイン事務所や、広告会社、印刷会社などへ企画からデザイン、印刷をするところまでを一貫してお願いしてた時代がありました。

当時はデザインするためには、専用のパソコンや、ソフトウェアが必要だったことにも起因しています。

しかし現在ではパソコンの性能は比較にならないくらいに向上し、デザインをするためのソフトについても価格が下がってきています。

様々なハードルが下がったことで、各会社ごとにデザイナーを雇い入れて、自社の製品のパッケージやポップ、各種広告・冊子などを自前でデザインを行うことが増えてきました。

今までは細かい訂正を行うだけでも、コストがかかっていましたが、自社でデザインの編集を行うことができれば、常に新しい情報で情報を発信することができます。

DTPデザインをすることができれば、会社の印刷物を一手に任される場合もあるので、とてもやりがいがあるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

DTPデザインの仕事については経験やスキルによって向き不向きはありますが、未経験の方でも独学で学ぶこともできますし、未経験でも募集している会社もあります。

この記事を読むことで実際にこの世界興味は持っていても、なかなか踏み出せない人への後押しになれば嬉しいです。


関連キーワード

DTPデザイン求人