広告物、出版物制作の現場で欠かすことのできない業種、グラフィックデザイナー。

そんなグラフィックデザインの仕事の現場の実情、グラフィックデザイナーになるために必要な特性やスキルをご説明します。

「グラフィックデザインの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

グラフィックデザインはどんな仕事?

グラフィックデザイナーは出版物や広告物のレイアウトをデザインする職業です。

その守備範囲は一般的なチラシやDMハガキなどから雑誌、書籍のページデザインなど主に印刷物を中心に多岐に渡ります。

グラフィックデザインの大まかな仕事内容

所属する会社の仕事の進め方や企画、作るアイテムによって違いますが各要素のサイズや使用する書体などがラフデザインで細かく指示されているものを実際のデザインに組み立てるオペレーター的な仕事から、デザイナー自らがデザインコンセプトからラフデザイン考案まで一貫して企画・提案をする必要がある案件まで幅広い仕事の進め方があります。

現在では前者をDTPオペレーター、後者をグラフィックデザイナーの仕事と位置付けて区別することが多いです。

グラフィックデザイナーの仕事内容は、こちらの記事を参考に!

仕事上の役割とは?

チラシやDM、フライヤーやカタログなどの広告物、雑誌など主に印刷物のデザイン企画と制作を担います。

アートディレクター的な役割に回り、実際に制作をする人に指示をする立場になることもありますが、逆にディレクターがいない案件はグラフィックデザイナーがディレクションまで行います。

グラフィックデザインの年収は、こちらの記事を参考に!

グラフィックデザインの仕事はどんな人に向いている?

グラフィックデザイナーの一般的な適性は以下の項目に当てはまるような人です。

人目に触れる物のデザインをするわけですから、バランス感覚や美的センスは必要です。

  • アイデアが豊富で発想力のある人
  • 美的センスがある人
  • 個性的な人
  • コミュニケーション能力のある人

まず広告物にしろ書籍や雑誌にしろ印刷物として広く人目に触れるもののデザインに関わるわけですから、全体のバランスや見やすさについて最適な判断が下せる美的センスは必要です。

また、世の中に溢れる広告物や出版物の中に埋もれることなく魅力的で人目をひくデザインを作る必要がありますから発想力や個性的な考えを企画、デザインとしてまとめられる能力も求められます。

また、グラフィックデザインの現場では自分のデザインの意図をクライアントに理解していただく必要もありますし、複数人でプロジェクトを動かす場合にも、デザイン意図の共有は重要です。

そういった意味ではコミュニケーション能力の高さも必要になるでしょう。

「グラフィックデザインの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

グラフィックデザインの仕事で活かせる経験

グラフィックデザインの現場では実務的な制作スキルはもちろん、企画や折衝、プロジェクトを動かしていく能力なども大いに活かせるスキルとなるでしょう。

Illustrator、Photo shopなどの専門ソフトの操作スキル

昨今のグラフィックデザインは、ほぼPCソフトを用いてデザインを制作していきます。

業界ではAdobe社のIllustratorとPhoto shop、一部In Designがほぼスタンダードな制作環境となっており、それらの操作スキルは今や必須と言えます。

主にデザインレイアウトを作成するソフトと、画像原稿をレタッチできる画像処理ソフトの知識は大いに活用できます。

プランナーとしての経験

より魅力的な紙面とするためのアイデア出し、そしてそれを実際のデザインに落とし込んでいく能力はデザイナーとしての幅を広げます。

印刷物以外のデザインに関わったことがある経験

グラフィックデザインは構成のスマートさ以外にも色彩感覚やフォント(書体)選びのセンス、紙面全体のバランスにも気を配る必要がありますので、印刷物以外のデザインに関わった経験も活用できるでしょう。

印刷業務に関わった経験

広告物、出版物の最終工程である印刷の仕組みについての知識や経験は、フィニッシュワークである印刷を意識したデザインを作れるというグラフィックデザイナーにとって非常に有益なスキルに繋がります。

印刷のことを知っていれば、単純にミスを減らすことにも繋がります。

グラフィックデザインで働くメリットとは?

転職してもスキルを活かせる

制作の進め方は会社ごとに違っても、良いデザインを仕上げるスキルはデザイナー個人の財産として蓄積されます。

ステップアップを目指し、会社や環境を変えても基礎から覚え直しということがありません。

自分の感性で生み出したものが世に出る

クリエイティブ関連職の最大のやりがい、自分が考え作ったものが世の中に印刷物や書籍となって広く出回るという満足感が感じられやすいのもメリット。

独立も見込める

非常に高いスキルが求められますが、頑張って経験を積み、スキルとセンスを養えば独立して仕事ができます。

「グラフィックデザインの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

雑誌や広告のアートディレクター、フリーでデザイン事務所を起業するなど。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

昨今、webメディアのデザインとの共通性が高くなっており、紙メディアでの経験をwebメディアで活用するパターンも増えています。

またデザイン制作の実務から離れ、広告の企画業務に携わる際にも、現場での実務経験が非常に活かせる状況になるでしょう。

自分にあったグラフィックデザインの求人の選び方

グラフィックデザインの仕事は「手に職がつけられる」職業ですから、勤務形態にも選択肢が多い職業です。

【選び方①】雇用形態から探す

納期のある仕事なので残業等のことを考慮し、フレックスタイム制を導入している企業や、一定のスキルがすでにあるのなら在宅勤務が可能な企業を探すのも選択肢の一つです。

【選び方②】会社の業態から考える

デザインのセクションのある印刷会社や、広告会社、雑誌などの編集を請け負う編集プロダクション会社などの求人が多くなります。

印刷会社ではデザイン実務だけを受け持つDTPオペレーターの求人となる可能性がありますが、他はデザイン企画も受け持つパターンが一般的です。

まとめ

実務で身につけたノウハウは職種を変えない限り個人のスキルとして蓄積されるのでステップアップや独立に非常に有利な職種の一つです。

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。