グラフィックデザインの仕事ってクリエイティブでかっこいい職業ですよね。

自分にセンスがあればグラフィックデザイナーになってみたいという方も多いはず。

そもそもグラフィックデザイナーとは、広告物、出版物制作の現場で欠かすことのできない業種ですが、今回はそんなグラフィックデザイナーの仕事内容の実情についてご紹介させていただきます。

グラフィックデザイナーに向いている人の特徴や、必要な特性・スキルについても詳しく説明させていただきますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

「グラフィックデザインの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「グラフィックデザイン」の仕事例をチェック

グラフィックデザインはどんな仕事?

グラフィックデザイナーは出版物や広告物のレイアウトをデザインする職業です。

その守備範囲は一般的なチラシやDMハガキなどから雑誌、書籍のページデザインなど主に印刷物を中心に多岐に渡ります。

グラフィックデザインの仕事は大きく3個の役割に分けられる

1.チラシやDMなど広告物のデザイン

いわゆる広告物のデザインです。

もちろん奇麗で華やかなモノのほうが見栄えがするし広告として目立ちますが、ただ広告内容が情報として見にくいものは広告物としては失格。

広告物のデザインはビジュアルセンスというより情報整理をしてより判りやすく見せる役割を担っています。

2.書籍・冊子のページデザイン

いわゆる書籍や雑誌のビジュアルデザインもグラフィックデザイナーの仕事です。

こちらもアートな感覚より読みやすさや書籍・冊子の全体的な編集スタイルや流れに合わせたデザインをすることが要求されます。

雑誌のエディトリアル(編集)については、そこにデザインとしての格好よさや精錬されたセンスも求められます。

3.パッケージデザイン

一般にグラフィックデザインというと、こういったものを作る役割を思い浮かべるかもしれませんね。

この業務については、パッと見てユニークで、格好良かったり可愛かったりといったイメージを表現しながら、それでいて商品自体のイメージを崩さないアート感覚と実用性のバランスが必要。

デザイナーの役割としてはかなり高度なカテゴリーと言えます。

広告物デザインの3個の業務

1.情報整理

紙面に入る文字情報や写真原稿を精査して、レイアウトを組み立てます。

この業務につくデザイナーはラフデザインや下書きを起こさない方も多くいます。

とにかく内容が判りやすく、それでいて目を引くデザインを組み立てます。

2.デザイン制作

内容の組み立てができたら、実際にデザイン制作です。

現在、グラフィックデザインの現場ではほぼ100%デジタル、PCとIllustratorやPhotoshop等のソフトで制作しますので、それらの操作スキルは必須です。

3.訂正・修正・出稿

クライアントと「校正」をやりとりし、間違いを訂正したり意向に添ってデザイン修正をして、最終的にOKとなったデータを印刷に回します。

書籍・冊子の3個の業務

1.コンセプト打ち合わせ

まずは関係者と打ち合わせ、擦り合わせをして書籍・雑誌の内容に紐づいたデザインのコンセプトを決めます。

文字がただ並んでいるだけの書籍にはデザイン要素は薄いですが、雑誌などは記事内容によってデザインも大きく変わります。

これを受けて、ラフスケッチや下書きなどをしていきます。

2.制作

この業務においてのデザインもいまではほぼデジタルで作業します。

使うソフト的には広告を作る際のシステムと大差ありません。

出版物を作る際には、こういった制作系ソフトの操作スキルと同時に、業界内の「お約束ルール」についての知識もあったほうがいいでしょう。

3.訂正・修正

広告物と同じく訂正や修正箇所がなく一発でOKという状況はほぼないので、クライアントとのやり取りの中でのデータ訂正には都度対応する必要があります。

パッケージデザインの3個の業務

1.打ち合わせ

商品パッケージや包み紙などのグラフィックデザインは、いわば商品の「顔」ですので、徹底してどんなものが受けるのか、誰をターゲットにするのかを綿密に打ち合わせしてから制作に取りかかります。

単に奇麗とか可愛いとかではなく、アンケートやマーケティングデータをもとに制作会議をする席にグラフィックデザイナーも同席します。

また時としてグラフィックデザイナーがデザイン業務の一つとして立体的な形状まで提案することもあります。

2.ラフ案制作

パッケージデザインなどの分野でのグラフィックデザインは、いきなり作り始めるようなことはぜず、しっかりラフデザイン案をあげて検討します。

3.制作

しっかり形状やコンセプトが決まれば実制作に入ります。

こちらの業務もデジタルでの制作が多くなるでしょう。

グラフィックデザインの仕事はどんな人に向いている?

グラフィックデザイナーの一般的な適性は以下の項目に当てはまるような人です。

人目に触れる物のデザインをするわけですから、バランス感覚や美的センスは必要です。

  • アイデアが豊富で発想力のある人
  • 美的センスがある人
  • 個性的な人
  • コミュニケーション能力のある人

まず広告物にしろ書籍や雑誌にしろ印刷物として広く人目に触れるもののデザインに関わるわけですから、全体のバランスや見やすさについて最適な判断が下せる美的センスは必要です。

また、世の中に溢れる広告物や出版物の中に埋もれることなく魅力的で人目をひくデザインを作る必要がありますから発想力や個性的な考えを企画、デザインとしてまとめられる能力も求められます。

また、グラフィックデザインの現場では自分のデザインの意図をクライアントに理解していただく必要もありますし、複数人でプロジェクトを動かす場合にも、デザイン意図の共有は重要です。

そういった意味ではコミュニケーション能力の高さも必要になるでしょう。

「グラフィックデザインの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

グラフィックデザイナーの仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

デザインソフト・DTPソフトの習得

グラフィックデザイナーとして仕事をするために必要な資格はありませんが、「Photoshop」、「Illustrator」や「InDesign」などのデザインソフト・DTPソフトは使いこなせなければなりません。

資格が全てではありませんが、自分の実力がどのくらいなのかを推し量る材料として、アドビ認定エキスパート試験やPhotoshopクリエイター能力認定試験、Illustratorクリエイター能力認定試験やCGクリエイター検定などがあります。

グラフィックデザイナーとはいえ、文字打ちをする機会も多いです。

ブラインドタッチで高速タイピングができると非常に有利になります。

クライアントに合わせる能力

自分にしか作れないものを表現することが好きな人がこの仕事に向いているのは勿論ですが、芸術家のように好みのものだけを作れるわけではありません。

他の人の意見にも耳を傾け、クライアントの意向に沿わせるのがグラフィックデザイナーです。

クライアントの要望を取り入れた上で、自分だけのデザインを生み出していきます。

自分が好きなものだけを制作したい、オシャレで格好良いものだけを作りたいという偏った考えの人、あるいはこだわりが強い人はこの職種には向きません。

クライアントの意図をきちんと把握し、自分らしいデザインをそこに取り入れていく、というバランスを上手く取りながら仕事を進めていくことが必要でしょう。

ユーザー層を見極めるリサーチ力

グラフィックデザイナーは、クライアントからの依頼に見合ったものを作り上げなければなりません。

またクライアントがなぜその制作物を必要としているのか、誰にどのような商品を購入して欲しいのかを、制作を始める前に考えなければなりません。

購買するユーザー層が異なると、必然的にデザインも変わってきますし、引いては売り上げにも大きな影響が生じるからです。

デザインはそれだけビジュアル的に重要な部分を占めています。

そのため、クライアントと打ち合わせする時に詳細な情報を聞き、それをもとにリサーチをしてから実際にデザインの作業に移ります。

アートディレクター(クリエイティブディレクター)との仕事内容の違い

グラフィックデザイナーとアートディレクター(クリエイティブディレクター)は同じ分野で働く仲間ですが、立場が異なります。

アートディレクターは、企画全体をまとめる役割を担っています。

クライアントやプロジェクトによって、グラフィックデザイナーやカメラマン、コピーライターなどの上に立ち、陣頭指揮を取るのがアートディレクターです。

またスケジュール管理や納期調整、コスト管理なども行います。

そのためグラフィックデザイナーとしてのスキルだけではなく、マネジメント能力も必要なポジションです。

プロジェクトにより広く深く携わることができます。

グラフィックデザインの仕事で活かせる経験

グラフィックデザインの現場では実務的な制作スキルはもちろん、企画や折衝、プロジェクトを動かしていく能力なども大いに活かせるスキルとなるでしょう。

Illustrator、Photo shopなどの専門ソフトの操作スキル

昨今のグラフィックデザインは、ほぼPCソフトを用いてデザインを制作していきます。

業界ではAdobe社のIllustratorとPhoto shop、一部In Designがほぼスタンダードな制作環境となっており、それらの操作スキルは今や必須と言えます。

主にデザインレイアウトを作成するソフトと、画像原稿をレタッチできる画像処理ソフトの知識は大いに活用できます。

プランナーとしての経験

より魅力的な紙面とするためのアイデア出し、そしてそれを実際のデザインに落とし込んでいく能力はデザイナーとしての幅を広げます。

印刷物以外のデザインに関わったことがある経験

グラフィックデザインは構成のスマートさ以外にも色彩感覚やフォント(書体)選びのセンス、紙面全体のバランスにも気を配る必要がありますので、印刷物以外のデザインに関わった経験も活用できるでしょう。

印刷業務に関わった経験

広告物、出版物の最終工程である印刷の仕組みについての知識や経験は、フィニッシュワークである印刷を意識したデザインを作れるというグラフィックデザイナーにとって非常に有益なスキルに繋がります。

印刷のことを知っていれば、単純にミスを減らすことにも繋がります。

グラフィックデザインで働くメリットとは?

転職してもスキルを活かせる

制作の進め方は会社ごとに違っても、良いデザインを仕上げるスキルはデザイナー個人の財産として蓄積されます。

ステップアップを目指し、会社や環境を変えても基礎から覚え直しということがありません。

自分の感性で生み出したものが世に出る

クリエイティブ関連職の最大のやりがい、自分が考え作ったものが世の中に印刷物や書籍となって広く出回るという満足感が感じられやすいのもメリット。

独立も見込める

非常に高いスキルが求められますが、頑張って経験を積み、スキルとセンスを養えば独立して仕事ができます。

「グラフィックデザインの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

雑誌や広告のアートディレクター、フリーでデザイン事務所を起業するなど。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

昨今、webメディアのデザインとの共通性が高くなっており、紙メディアでの経験をwebメディアで活用するパターンも増えています。

またデザイン制作の実務から離れ、広告の企画業務に携わる際にも、現場での実務経験が非常に活かせる状況になるでしょう。

自分にあったグラフィックデザインの求人の選び方

グラフィックデザインの仕事は「手に職がつけられる」職業ですから、勤務形態にも選択肢が多い職業です。

【選び方①】雇用形態から探す

納期のある仕事なので残業等のことを考慮し、フレックスタイム制を導入している企業や、一定のスキルがすでにあるのなら在宅勤務が可能な企業を探すのも選択肢の一つです。

【選び方②】会社の業態から考える

デザインのセクションのある印刷会社や、広告会社、雑誌などの編集を請け負う編集プロダクション会社などの求人が多くなります。

印刷会社ではデザイン実務だけを受け持つDTPオペレーターの求人となる可能性がありますが、他はデザイン企画も受け持つパターンが一般的です。

まとめ

実務で身につけたノウハウは職種を変えない限り個人のスキルとして蓄積されるのでステップアップや独立に非常に有利な職種の一つです。

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。



デザイン求人についてもっと深堀りした情報を見る

DTPデザインの仕事に向いてる人の特徴は?どんな仕事?活かせる経験についてもご紹介!

DTPデザインに限らず「デザイン」という言葉を聞いただけで、私には無理だ。やっぱりセンスがないと務まらないなど。自分がいきている世界とは別の世界の仕事のように捉える人がいます。本当にそうでしょうか。ここではなんだかちょっと敷居が高いイメージのDTPデザインの仕事を紹介しながら、どんな人が向いているのかを紹介していきます。DTPデザインの仕事はどんな仕事?DTPデザインは主に、クライアント様から依頼のあった広告やチラシなどの印刷物から、企業の商品のパッケージやディスプレイ、パンフレットなどの販促物まで印刷物の分野で幅広く活躍できる仕事です。仕事のどの段階で関わるかによっても業務内容が異なります。

DTPデザイン求人の募集内容は?仕事内容や種類についてもご紹介!就職・転職の参考に!

「DTP」という言葉を聞いたことがありますか。DTPというのはデスクトップパブリッシングの略語で、Desk Top Publishingの頭文字をとった言葉になります。日本語に訳すと「机上出版」「卓上出版」という仕事です。皆さんが普段手にしている、スーパーなどのチラシから、書店で売っている本や企業のパンフレットなど、印刷物と呼ばれる者はほとんどがDTPデザイナーが関わっているのです。ここでは、DTPデザイン求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて紹介していきたいと思います。DTPデザインのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容まずクライアント(依頼主)がいて、本などの出版物や、広告

デザインアシスタント求人の募集内容は?おすすめ求人のポイントを求人選びの前にチェック

「デザインをする」仕事には様々なジャンルがあります。一言でデザインをするといっても、それがWebサイトなのか、アパレルなのか、あるいは印刷物やプロダクトデザインか、などジャンルによっても仕事の内容が異なります。そして一足飛びにプロのデザイナーにはなれないのも現実です。プロのデザイナーを目指す人は、まずはデザイナーの下でアシスタントとして従事しながらスキルアップしていくことをおすすめします。今回はデザインアシスタントを経験した筆者が、デザインアシスタント求人の仕事についてご紹介いたします。デザインアシスタントのおおまかな仕事内容デザインアシスタントの仕事は、プロのデザイナーの補助業務を行う仕事で

Webデザインの給料はどのくらい?正社員やフリーランスなどそれぞれの相場もご紹介!

Webデザインの仕事したいと考えている人は数多くいるかと思います。Webサイト作成の仕事は需要が多く、良質なWebサイトを作成するためには、Webデザイナーの専門的な技術や知識に頼り仕事を依頼する企業も数多いです。今回は、これから勉強してWebデザイナーになりたいと考えている人向けに、Webデザイナーの仕事内容や収入などを紹介してまいります。Webデザイナーの仕事とはWebデザイナーの仕事は、企業や個人のWebサイトを作成する仕事です。TwitterやFacebookなど、SNSで情報発信する企業や個人は増えてきています。自社のWebサイトを持っているという企業も多いですが、情報発信には自社の

WEBデザイン求人でよくある募集内容をご紹介!働き先の種類は?就職・転職の参考に!

WEB業界で活躍したい人や、WEB業界に転職したいとお考えの人は多くいます。その中でも特に、WEBデザインへの求職者が多いようです。WEBの仕事にはWEBコーダーやWEBプログラミング、WEBディレクションなど他の分野もある中で、知名度もあり人気もあるのがWEBデザイナーです。今回はWEBデザインの求人についてとその魅力に、現役WEBデザイナーである筆者が迫ってみたいと思います。WEBデザイン求人のおおまかな仕事内容WEBデザイナーの主な仕事は、その名の通りWEBサイトのデザインをすることです。紙面デザインと違うルールもあり、印刷業界から転職された人は戸惑うこともあるようです。では、実際にどん

WEBデザインの仕事に向いてる人の特徴をご紹介!自分に合った求人の選び方も教えます!

インターネットが広く普及した現代において、WEBデザイン、いわゆるホームページ作成に関する仕事は、時代の後押しもあって非常に人気があり、今後も安定した需要の見込める職種の一つです。その反面、ひと言で「WEBデザイン」と言っても、求人では業界の専門用語が多用されがちだったり、少し規模の大きな企業ともなると更に細かな職種の分類がされていたりと、自分のやりたいことや得手不得手に悩まれる方も多いのではないでしょうか。この記事では、WEBデザイナーを目指して今勉強中の方や、あまりに多すぎる求人を前に不安を感じてしまっている方へ、少しでもこの記事の内容がお役に立てばと、WEBデザインの仕事の概要やどんな人

ゲームグラフィックデザイナーの仕事内容をご紹介!ゲーム好きならチェックしよう!

コンピュータゲームには画面に表示するグラフィックが必要です。それはゲームのジャンルに問わず、例えば単純なルールのパズルゲームでもグラフィックというビジュアル要素がなければプレイもままなりません。そんな時にはゲーム全体の面白さを左右するぐらい重要なファクターであるゲームのビジュアル部分を担う仕事、ゲームグラフィックデザイナーの仕事の詳細や内情に経験者が迫ります。ゲームグラフィックデザイナーの仕事は大きく3個の役割に分けられるキャラクターデザイン昔はイラストやマンガは得意だけれど、PCが使えないのでCG化はできないといったスキルの人もゲーム業界のデザイナー職では「キャラクターデザイナー」として専任

WEBデザイナーの仕事内容は?役割に分けて業務内容をご紹介!興味のある方はチェック!

インターネットの普及により、どの企業にも当たり前のようにホームページがある時代になりました。ただホームページも時代の流行があり、10年前に制作したホームページ等は古く感じられてしまい閲覧されにくくなり、やがては競合サイトに抜かれてしまうことになります。そのため、ホームページは3年~5年を目処にリニューアルする必要があります。そして、そんな時に役立つのがWEBデザイナーの仕事です。今回は人気のWEBデザイナーの仕事内容について現役でもある筆者がご紹介いたします!WEBデザイナーの仕事は大きく5個の役割に分けられるWEBディレクション本来、WEBディレクション業務は、専属の担当者を立てるのが最良で

広告デザインの仕事は自分にもできる?向いている人の特徴を知って挑戦してみよう!

クリエイティブで、将来性もありそうな広告デザインの業界に憧れを抱いている人も多いと思います。しかし、普段広告物を目にすることはあっても、それを作ったり企画したりしている現場に触れる機会は少ないでしょう。そこで今回は、広告デザイン業界で働いたことのある経験者に広告デザインの仕事の詳細を教えてもらいました。広告デザインはどんな仕事?様々なデザインの仕事がある中で、広告デザインは世間一般の人がデザインの仕事としてイメージしやすい業界ではないでしょうか。ただ、仕事の実際は業界にいる人以外にはあまり理解されていないように思います。広告デザインとは、文字通り世の中に出回る広告物をデザインする仕事です。昔は

グラフィックデザインとはどういう仕事?大変なことは何?やりがいについてもお話しします

グラフィックデザインとはクリエイティブな職業として、とても人気が高いと言われています。憧れている人も多いと思いますが、業界関係者以外で現場の実情を知ってる方は少ないと思います。そこで、この記事ではグラフィックデザインの具体的な業務内容や給料事情、向いている人の特徴についてを業界経験者がお話しさせていただきます。グラフィックデザイナーを目指して、就職・転職活動中の方はぜひ参考にしていただければと思います。グラフィックデザインとはどんな仕事?グラフィックデザインの仕事とは、簡単に言えばデザインを通して広告等の情報を発信、伝達する仕事です。一般にはポスターやチラシなどの広告物、雑誌や新聞などの誌面の

印刷物デザインの仕事に向いてる人の特徴は?活かせる経験や働くメリットもご紹介します!

印刷物デザインの仕事に興味はあるけれど、自分に合っているのかな?と不安に思う人もいると思います。デザイン業は誰もがかっこいい職業と思えるので、憧れが強い分、スキルやセンスが必須で、自分に自信がないとなかなか踏み込めないと思ってしまいますよね。そこで、今回は印刷物デザインの仕事内容やメリット、向いてる人の特徴など気になる内容について詳しく解説していきたいと思います。印刷物デザインはどんな仕事?IllustratorやPhotoshop、DTPソフトを用いて印刷物のデザインをする仕事です。印刷に適した色味であったり、画像のレイアウトなど細かいところまでしっかりとデザインしていきます。印刷物デザイン

印刷デザイン求人の募集内容は?働き先の種類もご紹介!求人探しの参考にご覧下さい!

印刷物は、わたしたちが普段生活する中で大変多く目にするものです。部屋の中を見渡すだけでも、カレンダーや雑誌など、また冷蔵庫の中を見れば調味料のパッケージなど様々な印刷物が存在します。そんな印刷物の印刷デザイン求人について、今回は詳しくご紹介していきたいと思います。印刷デザインのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容クライアントやお客様から頂いたラフや注文などを基にデザインを起こしていきます。そして何度かの打ち合わせを経てデザインを完成させる、という仕事です。印刷デザインは会社でどういう役割を求められる?印刷物に適した色や分かりやすくて人に伝わりやすいデザインを起こすことができる人が求められます。

デザインの仕事の種類はどれくらいあるの?自分に合った仕事内容は?向き不向きをチェック

クリエイティブな響きがあり何だか言葉だけで憧れてしまいそうな「デザイナー」という職業。でも、この世の中にはいろいろなモノがあり、それらそれぞれに姿形があって、そこには「デザイン」があります。筆者の経験した印刷・広告・出版の業界だけでもいろいろな「デザイナー」と呼ばれる業態があります。ここでは、それらをできるだけわかりやすくわけて、その業種・業態ごとの仕事内容の詳細をご案内し、業界入りを考えている人に特性的な向き・不向きをご紹介していきましょう。デザインの仕事種類はどれくらいあるの?この世の中にはモノが溢れ、そのモノの形を作る「デザイン」の仕事はモノの数だけあると言えます。ただ、ここでは世の中に

グラフィックデザインの年収はどのくらい?転職・就職の際には給料の相場も知っておこう!

就職先や転職先を決める時、やはり気になるのがお給料。グラフィックデザイナーは、いわゆる「手に職」、スキルが評価を左右する職業です。お給料の決まり方や昇給、賞与、業界内の相場も気になりますね。そこで業界経験者の実体験から、グラフィックデザインの年収やその相場、給料の決まり方などをお教え致します!グラフィックデザイン年収の相場はどのくらい?グラフィックデザンの業界の平均年収、相場を経験者談も交えて調べてみました。スキルやキャリアも評価に大きく影響する業種ですので、色々なパータン、キーワードで掘り下げてみましょう。正社員で新卒入社した場合グラフィックデザインの現場で新卒採用といえば、専門学校卒も考え

グラフィックデザインの転職で失敗しないために知っておくべき2個のことや人気な職種や業界を教えます!

グラフィックデザイナーはクリエイティブでやりがいがある仕事ですので、転職希望者も多いと思います。またグラフィックデザイン業界内でもステップアップを目指して会社、事務所を変えようと希望される方も多いです。そんな転職を考えた時、グラフィックデザインの業界だからこそ気をつけたいポイントがあります。それを業界経験者に教えていただきました。グラフィックデザインの転職で注意したほうが良い2個のことスキルアップへの努力は常に自発的に!グラフィックデザインの現場において、現場内で教わるのはその会社・事務所独自のルールやワークフローの関することだけと思っておきましょう。制作系のPCソフトの知識や、最新のトレンド