クリエイティブな職業として人気のグラフィックデザイン。

憧れている人も多いと思いますが、業界関係者以外で現場の実情を知ってる方は少ないと思います。

そこで、グラフィックデザインの仕事の実際のところを業界経験者に聞いてみました。

グラフィックデザインとはどんな仕事?

グラフィックデザインの仕事とは、簡単に言えばデザインを通して広告等の情報を発信、伝達する仕事です。

一般にはポスターやチラシなどの広告物、雑誌や新聞などの誌面のデザインなどを行います。

これらの企画をするディレクターのポジションにもグラフィックデザイナーが就く場合が多いです。

どれもグラフィックデザインだけでは完結することは少ないので、そのデザインの素材となるイラストを描くイラストレーターや、写真原稿を撮影するカメラマンとの協働となるパターンが多いです。

仕事の依頼元は広告代理店などの広告関連会社です。

もしくは最近では広告会社がデザイン部門を持っていることも多いので、自社案件を営業や広告を作りたいクライアント企業と直接やり取りをするパターンで仕事が進む場合もあります。

グラフィックデザインの役割とは?

グラフィックデザインというものの担うべき役割とは一体どんなことでしょうか。

グラフィックデザインの持つ重要な役割をいくつか挙げてみましょう。

情報を的確に伝える

グラフィックデザインというものの担うべき役割の一つは、企業が施策したい広告の内容をわかりやすくクライアントの意向に沿ってビジュアル化し、それを印刷物や雑誌のページのデザインに落とし込むこと。

一見、芸術的な仕事に見えますが、グラフィックデザイナーが作るのはあくまでも広告物や雑誌の紙面でありアート作品ではありません。

自分勝手な感覚で芸術家気取りのモノを作っても、肝心の「情報伝達」の用を足しません。

デザイン性の良さとわかりやすさの微妙なバランスがしっかり取れていることが優秀なグラフィックデザインの証明とも言えます。

よりオリジナリティーのある広告物を作る

グラフィックデザインの目的は情報伝達ではありますが、例えば単に文字だけを並べた何の面白みもない広告物では、人の目に止まるという面で大きな問題があります。

グラフィックデザインには、ある程度、人目をひく斬新さや企画の練り込みは求められますので、「クライアントや世間の意向を踏まえながら斬新でデザイン的に見栄えがするもの」という非常にバランス感覚が問われるものを作る難しい役割があるものと言えます。

グラフィックデザインの具体的な仕事内容とは?

具体的な業務

打ち合わせへの出席

まずは依頼のあった広告のターゲット商品や施策の内容をしっかりヒアリングします。

クライアントから直接話を聞く場合もありますし、営業やディレクターから指示を聞く場合もあります。

デザイン企画

広告のターゲットや施策にあったデザイン上の企画を考えます。

実際に作り始める前に、クライアントや営業、ディレクターには、この段階でラフスケッチを見せてデザイン意図が、広告主旨とずれていないか確認することもありますので、その場合はデザインラフの制作もグラフィックデザイナーの仕事となります。

制作

デザインの方向性が固まったら、実際にデザインを制作していきます。

現在の現場ではコンピューターで制作するのが一般的になっています。

仕事の流れ

オリエンテーション

営業やディレクター、もしくはクライアントから直接、広告の対象について詳しく話を聞きます。

デザインの方向性について詳細なリクエストが出ることもありますので、しっかりと相手の意向を汲み取れるまで打ち合わせします。

デザイン企画提案

打ち合わせの結果、導き出したデザインコンセプトをざっとラフスケッチに起こします。

方向性がずれていないか、情報がわかりにくくないか、ここで一度チェックします。

スタッフ内だけでなく、クライアントにも提示する例も多いです。

軌道修正の指示が入った際は、それに基づいて企画の方向性の修正を行います。

デザイン制作

ラフデザインにOKが出たら、実際の制作に入っていきます。

必要に応じて、写真原稿の撮影に立ち会ったり、コピーライターやライターなど文言を作ってくれるスタッフなど協働するづタッフ、ディレクターとのディスカッションを挟んだりしながら、紙面を作り進めていきます。

校正・訂正

一通り制作が済んだら、一度、クライアントにゲラ(校正紙)を出します。

クライアントがデザイン上の変更点や要望、文言の訂正などを行います。

この作業はクライアントがOKを出すまで、2回、3回と続きます。

色校正

デザインのOKが出たら、印刷物の場合、写真やデザインで使った色の発色は正確か、色校正を出して確認します。

そこで訂正が入れば、写真の色味の修正などを加えていきます。

校了・出稿

デザインの内容も色味もOKが出ましたら、校了、完成です。

最後にデザインデータを印刷所に回したり、掲載する雑誌に回したりして業務が完了します。

グラフィックデザインどういう人と仕事で関わるの?

グラフィックデザインの現場では、デザイナー以外にどんな人が関わるのでしょう?

グラフィックデザインの現場を取り巻く色々な人々をピックアップしてみましょう。

クライアント

広告を打ちたい広告主です。

営業やディレクターが折衝、打ち合わせに当たる場合、グラフィックデザインの現場で働くデザイナーは直接的に関わり合いはないかもしれませんが、ビジネス上の関係性においては仕事の発注元であるクライアントの存在無くしては始まりません。

営業

クライアントと現場をつなぐ大切なポジション。

ディレクターを置かない場合は、営業がスケジュール管理やデザインのチェックなども行います。

デザインや広告、印刷や出版に広範な知識が必要なポジションです。

アートディレクター

デザインワークの総括をするポジションです。

制作の現場を取りまとめるため、ディレクター自身もデザイン制作についてノウハウがある必要があります。

案件全般のスケジュール管理、デザインの方向性のチェック、クライアントとのやり取り、コピーライターやカメラマンなどとのやり取りも行います。

カメラマンやコピーライター

作る広告物に入れる文言を作ったり、写真を撮ってくれるスタッフ。

社内にこういったスタッフがいることもあれば、外部スタッフへ依頼することもあります。

グラフィックデザインの給料事情は?

グラフィックデザインの世界は技術職ですので、技量や経験に応じて給与のレベルが大きく違います。

また所属する会社の規模によって受注する仕事の種類が違いますので、給与が大きく違う場合があります。

大手広告代理店のデザイン部門の社員なら30歳代で年収で1000万円に届くデザイナーもいますが、中小の会社・事務所の場合は300万円を切る水準の場合もあります。

グラフィックデザインでやりがいを感じること

グラフィックデザインに関わっていて、やりがいを感じるところはどんなところでしょうか。

やりがいのポイントを探ればその仕事の魅力が見えてきます。

自分の作ったデザインが多くの人の目に触れる

グラフィックデザインの仕事の多くがポスターやチラシなどの広告物、雑誌の誌面など人目に触れることの多いものを作るのが仕事です。

自分の仕事が街角のポスターや折込チラシにDMハガキ、雑誌などの形となって自分のデザインが社会の中で多くの人に見てもらえていると実感は非常にやりがいになります。

経験や努力が実感できる

グラフィックデザインは自分が作るデザインによって経験や自分自身の努力によってスキルアップした実感がしっかり感じられる仕事です。

ルーチンワークではなかなか、仕事をしていて自分の成長などは実感できないものです。

その点、デザインワークにおいてのデザイン力やセンスの向上は自分でも成長が実感しやすいので、自分の成長がまたさらにその先へのモチベーションややりがいに繋がります。

グラフィックデザインに向いている人のタイプは?

グラフィックデザインの仕事に向いている人の性格特性、人物タイプはどんなところがポイントとなるのでしょうか。

これからグラフィックデザインの現場に飛び込もうと考えている人には非常に気になるところです。

そこで、いくつかグラフィックデザインに向いている人の傾向を挙げてみましょう。

発想力・想像力がある

多くの広告物、商品やサービスをPRするものがある世の中において、いかに人目をひきつつ、それでいて正確な情報を伝えるデザインを作るのは理論的な知識だけではなかなか難しいところがあります。

そういったデザインにおける発想力などは特性として備わっている人が業界では有利になることは確かでしょう。

コミュニケーション能力が高い

グラフィックデザインの見た目はアート性がありますが、その役割はやはり本質的には広告物であり告知物であります。

どんなに格好が良いデザインでも、クライアントの意向に沿っていなかったり、情報がわかりにくかったりするデザインは優れたものとは言えません。

本当に優れたグラフィックデザインをするためには関係者の意向をしっかりデザインに取り込める他者とのコミュニケーション能力が必要です。

グラフィックデザインの仕事で大変なこと

やりがいのある仕事は、同時に大変なところも多いものです。

グラフィックデザインの仕事の大変なポイントを挙げてみました。

納期仕事であること

グラフィックデザインの仕事は納期との戦いです。

雑誌には締め切り、発行日があり、ポスターやチラシについても告知したいキャンペーンや商品プロモーションにも期間が存在します。

グラフィックデザインはデザインだけができていたら良いという訳ではなく、必ずのちに印刷などの工程が入ります。

いつ、どのタイミングで、どういった広告が欲しいのかはクライアントの意向が最重要視されるべきとことです。

デザインワークを進める上で、色々と想定外のことが起こっても納期は絶対です。

そのため、締め切り間近には深夜残業になってしまうようなことも起こり得ます。

割りに合わない感がある

グラフィックデザインに関わるデザイナーは所属する組織や、経験、技量によってかなり給与面で開きがあります。

やはりそれは、どのようなクライアントのどのような仕事に携わるかによって予算や報酬が大きく変わるからであり、そこはデザイナー自身が自分でしっかりスキルアップ、キャリアアップを重ね、例えば潤沢な予算のある大きな広告案件を扱っている大手の会社・事務所に移るなどしないと、なかなか年功序列で昇給昇格するとは限りません。

グラフィックデザイナーでデザイナーが突き当たる壁は、実は技術的なことより、こういった待遇・給与面の話も多いのです。

グラフィックデザインになるためにはどうしたらいい?

グラフィックデザインの現場で働くにはどうしたら良いのでしょうか。

業界で働く方法を挙げてみます。

まずは基本的な知識・技術は必須

センスや感覚が大切なデザインワークの仕事ですが、しかしそれを評価してもらう前に、基本的な知識は必須です。

いくらセンスがあるといっても鉛筆で描いたラフスケッチが納品物になる訳では決してありません。

昨今のグラフィックデザインはほぼパソコン使用によるDTPが主流。

つまりデザイン的な表現をするにはパソコンと関連ソフトの使い方と、それを使ったデザイン手法はキャリアのスタートにおいてすでに持ち合わせている必要があります。

グラフィックデザインで転職を成功させるために

グラフィックデザインの業界ではキャリアアップのための転職は、当たり前のようになっています。

しかし計画的にキャリアプランニングをしないとなかなか望んだ形にならないのが実情。

この業界で転職を成功させるためのコツを挙げてみました。

しっかりとした実績を作る

闇雲にランクアップした会社に移ろうとしても、それに先立つ評価基準になる実績がなければ受け入れてはもらえないでしょう。

企業は学校ではないので、スキル不足の人間や未経験者を教育する余裕はそうそうありません。

転職で、働く環境をランクアップさせるのであれば、しっかり現状の現場で転職時に「売りになる」実績を作るべきです。