クリエイティブで、将来性もありそうな広告デザインの業界に憧れを抱いている人も多いと思います。

しかし、普段広告物を目にすることはあっても、それを作ったり企画したりしている現場に触れる機会は少ないでしょう。

そこで今回は、広告デザイン業界で働いたことのある経験者に広告デザインの仕事の詳細を教えてもらいました。

「広告デザインの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「広告デザイン」の仕事例をチェック

広告デザインはどんな仕事?

様々なデザインの仕事がある中で、広告デザインは世間一般の人がデザインの仕事としてイメージしやすい業界ではないでしょうか。

ただ、仕事の実際は業界にいる人以外にはあまり理解されていないように思います。

広告デザインとは、文字通り世の中に出回る広告物をデザインする仕事です。

昔はポスターやチラシ、パンフレット、DM(ダイレクトメール)などの印刷物が広告物の主流でしたが、昨今はwebやSNSを広告に使ったり、あるいはテレビCMを作る予算がない場合にYoutubeなどでの公開を前提に動画を作ったりと使用する媒体が多様化し、それだけデザインの仕事が拡がってきています。

それら全てを包括して、広告デザインの仕事ということになります。

広告デザインの大まかな仕事内容

まずは、印刷物を主体とした広告物の紙面デザインをするグラフィックデザイナーです。

そこには、ディレクター職も含まれます。

また、webサイトを広告媒体として使う場合はwebデザイナーがデザイン面のクリエイションを担当します。

昨今、動画サイトに投稿する目的で広告動画を作成する事例が増えていますが、そうした動画をディレクションする人の仕事も広告デザインの仕事に含まれるでしょう。

仕事上の役割とは?

広告デザインの仕事上の役割は、一言で言うと「良い広告を作る」ことです。

では、良い広告とはどういったものかというと、まずオリジナリティーがあり人目を引くことであると言えます。

そして、分かりやすくもないといけません。

巷に溢れる多種多様な広告物に埋もれてしまわないような独自性を出しながら、一方で広告対象の魅力や情報を的確に分かりやすく伝えるのが優れた広告デザインの仕事です。

これはwebデザインであっても動画制作であっても、目的がモノを広告することである以上、変わることはありません。

広告デザインの仕事はどんな人に向いている?

憧れる人も多い広告デザインの仕事ですが、長く良い仕事を続けていくためには、適性が大きく影響します。

広告デザインの業界に向いている人の特性を挙げてみました。

情報の取りまとめが上手い人

印刷物の広告やwebページにはスペースの制限や読んでもらいやすい文字数などの決まりごとがあり、時には広告として打ち出したい要素全てが盛り込めない場合も多くあります。

そんな時、その時に作る広告物の施策上の意義などを考慮し、どれを盛り込みどれを省くのかを判断しながらデザインを構築していく必要があります。

そういう時の情報の取りまとめや取捨選択のセンスは、経験の要素もありますが、生まれ持った特性が大きく影響します。

色彩感覚やデザインの感性に優れた人

広告デザインの仕事は、ビジュアル作りの仕事なので、当然ながら色彩感覚やデザインに関する感性が高い方が適性があると言えます。

制作環境が進化しても、そこはやは人間のセンスに拠るところが大きいのです。

しかし、これらは個人の生まれ持ったセンスであると同時に、人のデザインを普段から注意深く見たり業界紙やデザイン本をよく見るなど、日常の努力である程度高められる能力でもあると言えるでしょう。

最新の技術やトレンドに敏感で興味の持てる人

デザインの仕事は、昨今ではほぼデジタルのツールを使ってパソコンで制作を進める場合がほどんどです。

そして、そのソフトやツールの進化も日進月歩です。

それに加えて、デザインの手法やトレンドに新しい要素が登場したり、webデザインの世界ではwebサイトの機能の進化という要素もあります。

デザイナーは当然、新しくより見栄えのする広告をクライアントに提供するために、それらに充分精通しておく必要があります。

広告デザイナーは、指示に従って広告を作るだけでなく、日々の総合的な勉強も必要です。

それが苦にならずトレンドや最新技術に好奇心を持てる人は、広告デザインの仕事に適性があると言えるでしょう。

コミュニケーション能力の高い人

広告デザインの仕事は一人で完結することはほとんどありません。

仕事を発注するクライアント、営業、ディレクター等々との共同作業になります。

特にwebや動画を作る場合は、関わる人数は多くなる傾向があります。

そんな中で、やはり人とのコミュニケーションが上手く取れないと業務が滞る原因となります。

また、デザイナーはデザイン実務だけでなく人の管理も含めたディレクターのポジションに就く場合もありますので、人とのコミュニケーション能力が高い人ほどスムーズに仕事ができるようになります。

「広告デザインの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

広告デザインの仕事をするために活かせる、今までの経験は?

広告デザインの業界に転職する場合、有利に活かせるスキルや経験はあるのでしょうか?

転職時、特に新しく広告デザインの業界に飛び込む際には、かなり気になるところです。

活かせる経験やスキルを以下に幾つか挙げてみました。

デザイナー目線からマーケティングリサーチをした経験がある

作りっぱなしで済ませる、ラフデザインをただデータ化する、指示書通りのものを作るだけといったデザイナーというよりオペレーターに近い仕事の仕方でも、広告業界ではデザイナーと定義する場合があります。

ただ昨今の広告業界は、印刷物の広告にしてもターゲットや施策する時期や地区によって戦略的にビジュアルを変えていったりと、非常にキメの細かい企画が盛り込まれています。

従って、実際に広告物のビジュアルを作るデザイナーにもそうした謂わばマーケティングリサーチに基づいた企画の意図を充分理解して仕事に取り組んでもらうようオーダーされたり、デザイナーの目線から企画のネタ出しを求められたりします。

新しい広告メディアであるwebサイトやSNSを利用した広告、動画配信サイトを使った広告などは、特にその傾向が顕著です。

そうした戦略寄り、企画寄りの業務に携わった経験が少しでもあれば、面接や職務経歴書でしっかりとアピールしましょう。

「見る人」ではなく「使う人」という考えを基にした企画を立てた経験

webサイトでは、見たい情報の項目を「クリックする」、長い文章を読むのに「画面をスクロール」させるなど、。見た人が実際に手を使って「画面操作」をすることによって閲覧し情報収集します。

つまり、見るだけではなく、そのサイトに盛り込まれた機能を「使う」ことになるわけです。

webサイトを広告目的で利用する場合、初見でのインパクトを与えるビジュアルデザインの技量の高さはもちろん、それに興味を持ったユーザーに更に深い情報にアクセスしてもらえるような巧みな仕掛けが要求されます。

それが上手くいくかどうかは、情報が分かりやすく配置されているか、ボタンや項目がクリックしやすいか、記事を読むのに煩雑でないかなど機能面の問題にも波及していきます。

広告デザインの業界でも特にwebデザイン関係を希望する場合、過去の経験としてビジュアルデザインだけでなくサイト構造の仕様作りなどにも関わった経験があれば、しっかりとアピールしましょう。

「受注者」ではなく「企画者」としての経験

アナログメディア、デジタルメディアの両方に共通することですが、昨今、ほとんど手を動かすだけのオペレーター的なデザインの仕事は、広告業界においては待遇面でも分が悪い部類となります。

広告に利用できるメディアが多様化し、様々な方法で広告が作れ、また分業化で一プロジェクトに多くの人が関わるので、デザイナーの分野においても「提案型」の人材を求める潮流が押し寄せています。

広告デザインの仕事で、ディレクターとして働いた経験があるなら職務経歴としてしっかりアピールしましょう。

また、入社後もそうした経験やスキルをしっかり発揮することで、待遇向上がかなり期待できます。

広告デザインで働く魅力とは?

広告デザインの現場で働く魅力はどんなところでしょうか。

同じ業界内での転職なら問題ありませんが、他業種からの転職ですと、憧れて入ったものの、期待していたことと大きなズレを感じて働き続ける目的も意義も見つからないといったこともあり得ます。

ここで、広告デザインを職業にする魅力を挙げてみますので、ぜひ、目標設定の参考にしてみてください。

取得が義務付けられた資格等がないので、誰でもデザイナーになれる

色彩に関することや印刷のクオリティーに関することなどの資格、webの場合はアクセス解析士などデザインや広告の分野に関連する資格は幾つかありますが、必ずしもそれらを取得しなければこの業界に就職できないということはありません。

ただし、デザイナーという技術専門職としての技能は一般の人が独学で身につけられるほど簡単なものではありません。

プロの広告デザイナーとして就職するには、やはり広告デザイナー養成のための専門学校や美術大学で専門の技能や知識を修得する必要があります。

全てがオーダーメイドの仕事でクリエイティブ

広告物を作る広告デザインで面白いのは、何と言っても広告対象によって作るたびに全く違うモノを作れることでしょう。

時には和風であったり、ヨーロッパ風であったり、あるいは女性向け、子供向け、シニア向け・・・等々、広告対象に対してふさわしいテイストで様々なスタイルのデザインにチャレンジできます。

また、その一つ一つが貴重な経験となり、デザインの幅を広げていくことになります。

「広告デザインの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

広告デザインの仕事に就いた後のキャリアアップの道は?

広告デザインの分野では、媒体が紙であれwebであれ配信用の動画制作であれ、一定の経験を積めばディレクター職に就くのが一般的です。

アートディレクターやクリエイティブディレクターとなって、実作業だけでなく協働する際のスタッフ及び外注先の管理やスケジューリング、デザインの方向性が企画とぶれていないかなどの全体的なマネジメントを行うのです。

広告デザインの世界は一つの案件に様々な要素が絡むため、実際のデザインの実務を知っている人がディレクションに関わる場合が多いようです。

また、企画を提案できるようになることもキャリアップのポイントです。

広告デザインの世界、とりわけ紙媒体を主体とするグラフィックデザイナーは、デザイナーのレベルによってその給与水準が全く違うことが知られれています。

それはラフ通り、作業指示通りに機械的に制作作業をするだけのオペレーター型のデザイナーか、面白い広告に仕上げるためにデザイナー目線で企画提案ができるデザイナーかの違いに拠るところも大きいでしょう。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

広告デザイナーとして現場を経験した人が広告代理店業務を行う事例があります。

業界のことはもちろん、デザインという技術職の現場にも精通した人が企画や営業に携わることは、クライアントにとっては非常に心強く、安心して仕事を任せられるので、そうした広告会社は規模に関わらず信頼を勝ち得ています。

その意味では、他業界で役に立つスキルや経験が身につくというよりは、広告デザインひいては広告業界の中でフリーランスになったり独立して事務所を立ち上げる際に役立つ経験が積み重ねられると言えるでしょう。

実際に売れっ子のフリーランスの広告デザイナーやディレクターは、キャリアのスタートから広告デザインの現場に身を置いていた方がほとんどです。

まとめ

いかがでしたか。

一見、華やかそうに見える広告デザインの仕事ですが、時代や業界の変化についていくためには、日頃から地道な勉強や情報収集が必要だということがお分かりでしょう。

ビジュアルを作る仕事ではあっても、広告である以上、純粋なアート作品ではなく宣伝するモノとターゲット、そして仕事を発注するクライアントの意向というものを取り込まなくてはならないのです。

つまり広告デザインの仕事は、紙であれ、webであれ、動画であれ、自分の趣味や趣向を表現するだけでは務まらないのです。

それら様々な要素を絶妙なバランスで調整し、オリジナリティーを保ちながら情報を整理し、分かりやすく見せるデザインを作るところに広告デザイナーの責任があります。

そうした企画面からの関わりは、適性がなければなかなか難しいところかもしれません。

やはり企画提案ができるデザイナーが高評価を得るというのがこの業界の常識ですので、広告デザインの仕事にチャレンジするのであれば、「提案型のデザイン」ができるよう準備をする必要があるでしょう。




デザイン求人についてもっと深堀りした情報を見る

DTPデザインの仕事に向いてる人の特徴は?どんな仕事?活かせる経験についてもご紹介!

DTPデザインに限らず「デザイン」という言葉を聞いただけで、私には無理だ。やっぱりセンスがないと務まらないなど。自分がいきている世界とは別の世界の仕事のように捉える人がいます。本当にそうでしょうか。ここではなんだかちょっと敷居が高いイメージのDTPデザインの仕事を紹介しながら、どんな人が向いているのかを紹介していきます。DTPデザインの仕事はどんな仕事?DTPデザインは主に、クライアント様から依頼のあった広告やチラシなどの印刷物から、企業の商品のパッケージやディスプレイ、パンフレットなどの販促物まで印刷物の分野で幅広く活躍できる仕事です。仕事のどの段階で関わるかによっても業務内容が異なります。

DTPデザイン求人の募集内容は?仕事内容や種類についてもご紹介!就職・転職の参考に!

「DTP」という言葉を聞いたことがありますか。DTPというのはデスクトップパブリッシングの略語で、Desk Top Publishingの頭文字をとった言葉になります。日本語に訳すと「机上出版」「卓上出版」という仕事です。皆さんが普段手にしている、スーパーなどのチラシから、書店で売っている本や企業のパンフレットなど、印刷物と呼ばれる者はほとんどがDTPデザイナーが関わっているのです。ここでは、DTPデザイン求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて紹介していきたいと思います。DTPデザインのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容まずクライアント(依頼主)がいて、本などの出版物や、広告

デザインアシスタント求人の募集内容は?おすすめ求人のポイントを求人選びの前にチェック

「デザインをする」仕事には様々なジャンルがあります。一言でデザインをするといっても、それがWebサイトなのか、アパレルなのか、あるいは印刷物やプロダクトデザインか、などジャンルによっても仕事の内容が異なります。そして一足飛びにプロのデザイナーにはなれないのも現実です。プロのデザイナーを目指す人は、まずはデザイナーの下でアシスタントとして従事しながらスキルアップしていくことをおすすめします。今回はデザインアシスタントを経験した筆者が、デザインアシスタント求人の仕事についてご紹介いたします。デザインアシスタントのおおまかな仕事内容デザインアシスタントの仕事は、プロのデザイナーの補助業務を行う仕事で

Webデザインの給料はどのくらい?正社員やフリーランスなどそれぞれの相場もご紹介!

Webデザインの仕事したいと考えている人は数多くいるかと思います。Webサイト作成の仕事は需要が多く、良質なWebサイトを作成するためには、Webデザイナーの専門的な技術や知識に頼り仕事を依頼する企業も数多いです。今回は、これから勉強してWebデザイナーになりたいと考えている人向けに、Webデザイナーの仕事内容や収入などを紹介してまいります。Webデザイナーの仕事とはWebデザイナーの仕事は、企業や個人のWebサイトを作成する仕事です。TwitterやFacebookなど、SNSで情報発信する企業や個人は増えてきています。自社のWebサイトを持っているという企業も多いですが、情報発信には自社の

WEBデザイン求人でよくある募集内容をご紹介!働き先の種類は?就職・転職の参考に!

WEB業界で活躍したい人や、WEB業界に転職したいとお考えの人は多くいます。その中でも特に、WEBデザインへの求職者が多いようです。WEBの仕事にはWEBコーダーやWEBプログラミング、WEBディレクションなど他の分野もある中で、知名度もあり人気もあるのがWEBデザイナーです。今回はWEBデザインの求人についてとその魅力に、現役WEBデザイナーである筆者が迫ってみたいと思います。WEBデザイン求人のおおまかな仕事内容WEBデザイナーの主な仕事は、その名の通りWEBサイトのデザインをすることです。紙面デザインと違うルールもあり、印刷業界から転職された人は戸惑うこともあるようです。では、実際にどん

WEBデザインの仕事に向いてる人の特徴をご紹介!自分に合った求人の選び方も教えます!

インターネットが広く普及した現代において、WEBデザイン、いわゆるホームページ作成に関する仕事は、時代の後押しもあって非常に人気があり、今後も安定した需要の見込める職種の一つです。その反面、ひと言で「WEBデザイン」と言っても、求人では業界の専門用語が多用されがちだったり、少し規模の大きな企業ともなると更に細かな職種の分類がされていたりと、自分のやりたいことや得手不得手に悩まれる方も多いのではないでしょうか。この記事では、WEBデザイナーを目指して今勉強中の方や、あまりに多すぎる求人を前に不安を感じてしまっている方へ、少しでもこの記事の内容がお役に立てばと、WEBデザインの仕事の概要やどんな人

ゲームグラフィックデザイナーの仕事内容をご紹介!ゲーム好きならチェックしよう!

コンピュータゲームには画面に表示するグラフィックが必要です。それはゲームのジャンルに問わず、例えば単純なルールのパズルゲームでもグラフィックというビジュアル要素がなければプレイもままなりません。そんな時にはゲーム全体の面白さを左右するぐらい重要なファクターであるゲームのビジュアル部分を担う仕事、ゲームグラフィックデザイナーの仕事の詳細や内情に経験者が迫ります。ゲームグラフィックデザイナーの仕事は大きく3個の役割に分けられるキャラクターデザイン昔はイラストやマンガは得意だけれど、PCが使えないのでCG化はできないといったスキルの人もゲーム業界のデザイナー職では「キャラクターデザイナー」として専任

WEBデザイナーの仕事内容は?役割に分けて業務内容をご紹介!興味のある方はチェック!

インターネットの普及により、どの企業にも当たり前のようにホームページがある時代になりました。ただホームページも時代の流行があり、10年前に制作したホームページ等は古く感じられてしまい閲覧されにくくなり、やがては競合サイトに抜かれてしまうことになります。そのため、ホームページは3年~5年を目処にリニューアルする必要があります。そして、そんな時に役立つのがWEBデザイナーの仕事です。今回は人気のWEBデザイナーの仕事内容について現役でもある筆者がご紹介いたします!WEBデザイナーの仕事は大きく5個の役割に分けられるWEBディレクション本来、WEBディレクション業務は、専属の担当者を立てるのが最良で

グラフィックデザインとはどういう仕事?大変なことは何?やりがいについてもお話しします

グラフィックデザインとはクリエイティブな職業として、とても人気が高いと言われています。憧れている人も多いと思いますが、業界関係者以外で現場の実情を知ってる方は少ないと思います。そこで、この記事ではグラフィックデザインの具体的な業務内容や給料事情、向いている人の特徴についてを業界経験者がお話しさせていただきます。グラフィックデザイナーを目指して、就職・転職活動中の方はぜひ参考にしていただければと思います。グラフィックデザインとはどんな仕事?グラフィックデザインの仕事とは、簡単に言えばデザインを通して広告等の情報を発信、伝達する仕事です。一般にはポスターやチラシなどの広告物、雑誌や新聞などの誌面の

印刷物デザインの仕事に向いてる人の特徴は?活かせる経験や働くメリットもご紹介します!

印刷物デザインの仕事に興味はあるけれど、自分に合っているのかな?と不安に思う人もいると思います。デザイン業は誰もがかっこいい職業と思えるので、憧れが強い分、スキルやセンスが必須で、自分に自信がないとなかなか踏み込めないと思ってしまいますよね。そこで、今回は印刷物デザインの仕事内容やメリット、向いてる人の特徴など気になる内容について詳しく解説していきたいと思います。印刷物デザインはどんな仕事?IllustratorやPhotoshop、DTPソフトを用いて印刷物のデザインをする仕事です。印刷に適した色味であったり、画像のレイアウトなど細かいところまでしっかりとデザインしていきます。印刷物デザイン

印刷デザイン求人の募集内容は?働き先の種類もご紹介!求人探しの参考にご覧下さい!

印刷デザイン求人について詳しく知りたい方は必見です。印刷物は、わたしたちが普段生活する中でも最も多く目にするものですよね。身の回りを見渡すだけで、カレンダーや手帳、冷蔵庫の中には、調味料や食品にも様々なデザインが印刷された物が存在します。そんな印刷デザイン求人の仕事について、今回は詳しくご紹介していきたいと思います。デザイン求人の主な業務内容や種類、おすすめ求人など気になる情報目白押しです!印刷デザインのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容クライアントやお客様から頂いたラフや注文などを基にデザインを起こしていきます。そして何度かの打ち合わせを経てデザインを完成させる、という仕事です。印刷デザイ

デザインの仕事の種類はどれくらいあるの?自分に合った仕事内容は?向き不向きをチェック

クリエイティブな響きがあり何だか言葉だけで憧れてしまいそうな「デザイナー」という職業。でも、この世の中にはいろいろなモノがあり、それらそれぞれに姿形があって、そこには「デザイン」があります。筆者の経験した印刷・広告・出版の業界だけでもいろいろな「デザイナー」と呼ばれる業態があります。ここでは、それらをできるだけわかりやすくわけて、その業種・業態ごとの仕事内容の詳細をご案内し、業界入りを考えている人に特性的な向き・不向きをご紹介していきましょう。デザインの仕事種類はどれくらいあるの?この世の中にはモノが溢れ、そのモノの形を作る「デザイン」の仕事はモノの数だけあると言えます。ただ、ここでは世の中に

グラフィックデザインの年収はどのくらい?転職・就職の際には給料の相場も知っておこう!

就職先や転職先を決める時、やはり気になるのがお給料。グラフィックデザイナーは、いわゆる「手に職」、スキルが評価を左右する職業です。お給料の決まり方や昇給、賞与、業界内の相場も気になりますね。そこで業界経験者の実体験から、グラフィックデザインの年収やその相場、給料の決まり方などをお教え致します!グラフィックデザイン年収の相場はどのくらい?グラフィックデザンの業界の平均年収、相場を経験者談も交えて調べてみました。スキルやキャリアも評価に大きく影響する業種ですので、色々なパータン、キーワードで掘り下げてみましょう。正社員で新卒入社した場合グラフィックデザインの現場で新卒採用といえば、専門学校卒も考え

グラフィックデザインの転職で失敗しないために知っておくべき2個のことや人気な職種や業界を教えます!

グラフィックデザイナーはクリエイティブでやりがいがある仕事ですので、転職希望者も多いと思います。またグラフィックデザイン業界内でもステップアップを目指して会社、事務所を変えようと希望される方も多いです。そんな転職を考えた時、グラフィックデザインの業界だからこそ気をつけたいポイントがあります。それを業界経験者に教えていただきました。グラフィックデザインの転職で注意したほうが良い2個のことスキルアップへの努力は常に自発的に!グラフィックデザインの現場において、現場内で教わるのはその会社・事務所独自のルールやワークフローの関することだけと思っておきましょう。制作系のPCソフトの知識や、最新のトレンド

グラフィックデザインの仕事内容と向いている人の特徴

グラフィックデザインの仕事ってクリエイティブでかっこいい職業ですよね。自分にセンスがあればグラフィックデザイナーになってみたいという方も多いはず。そもそもグラフィックデザイナーとは、広告物、出版物制作の現場で欠かすことのできない業種ですが、今回はそんなグラフィックデザイナーの仕事内容の実情についてご紹介させていただきます。グラフィックデザイナーに向いている人の特徴や、必要な特性・スキルについても詳しく説明させていただきますので、ぜひ参考にしていただければと思います。グラフィックデザインはどんな仕事?グラフィックデザイナーは出版物や広告物のレイアウトをデザインする職業です。その守備範囲は一般的な