コンピュータゲームには画面に表示するグラフィックが必要です。

ジャンルを問わず、例えば単純なルールのパズルゲームであってもグラフィックというビジュアル要素がなければゲームとして成立しません。

時にはゲーム全体の面白さを左右するほど重要なファクターであるビジュアル部分を担う仕事である「ゲームグラフィックデザイナー」の詳細や内情に経験者が迫ります。

尚ゲーム開発の職種やその役割、開発体制は、会社やゲームタイトルごとに大きく異なります。

あくまで筆者が体験した一例として読んで頂ければと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ゲームグラフィックデザイナーの仕事は大きく3個の役割に分けられる

キャラクターデザイン

昔は「手書きのイラストやマンガは得意だけれどPCが使えないのでCG化はできない」といったスキルの人も、ゲーム業界のデザイナー職としてはキャラクターの元デザインを制作する「キャラクターデザイナー」として専任化して雇用されていた経緯がありました。

しかし現在は、ラフは紙とペンをベースに描くことはあっても、企画として正式に提出する際にはPCで描く人がほとんどです。

ゲームグラフィックデザイナーの仕事の範疇には、他の人間がデザインの素案を作って描くだけでななくキャラクター自体を一から生み出すキャラクターデザインの要素も含まれてきます。

ゲームグラフィックデザイナーがゲームに登場するキャラクターを考案する役割を担うことも、当たり前に多くなってきているのです。

フリッカー

フリッカーとは、画面構成やキャラクターデザイナーの指示に従って絵やテクスチャを描くことに専念するセクションです。

こちらの業務も近年シームレス化が進み、専属のスタッフを置かない制作会社も増えてきていると思います。

アートディレクター

テレビゲームを取り巻く技術が向上し映像面での演出においても非常に凝ったものが作れるようになり、映像面でのアートディレクションやゲーム内のCGムービーのデイレクションをゲームグラフィックデザイナーが手掛ける場合も多くなってきています。

キャラクターデザインの2個の業務

ゲーム内容の企画

キャラデザインができるゲームグラフィックデザイナーがゲームの企画やストーリーの制作にどれだけ関わるかは、そのゲームの組織編成などによっても変わってきます。

少なくともそこに登場するキャラクターを創造するわけですから、企画面でも制作プロジェクトの中核を担う位置にいてゲーム内容をよく理解した上でデザインする必要があります。

またコンセプトによってはキャラクターありき、もっと言えば絵柄の雰囲気ありきでゲーム性が変わる場合もありますから、絵やデザインの制作を専任するスタッフであってもキャラクターデザインをするのであれば企画への関与は発生します。

実際のキャラクターデザイン

ゲームのコンセプトや世界観に合ったキャラクターを実際に生み出していく工程です。

性格などの内面的なキャラクター設定についても、絵やデザインで表現する必要があります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

フリッカーの2個の業務

ブリーフィング

自分ではキャラクター設定やデザインには関与せずデザインや設定が決まったキャラクターや舞台を実際にゲーム画面に表示される「絵」に起こすフリッカーの仕事も、まず最初は作るゲームがどんなもので、どんなことをコンセプトとしているのかを知ることから始まります。

企画陣の立てたコンセプトをしっかり理解するため、ブリーフィングや打ち合わせで内容をしっかり理解することを最初に行う必要があります。

制作実務

全体のコンセプトや仕事内容を理解したら、実際にプレイ画面に表示されるグラフィックやキャラクターをCGで描いていきます。

余談ではありますが、CG全盛の昨今、リメイクなどで見かける「ドット絵」のゲームグラフィックデザインはある種の職人芸のような趣きすらあります。

アートディレクターの2個の業務

ブリーフィングと企画業務

アートディレクターは、ゲーム中に使われるビジュアルやムービーのディレクションをするお仕事です。

当然のことながら、作るゲームのコンセプトや企画をしっかり理解しておく必要があります。

また昨今、アートディレクターがゲームの企画やストーリー自体に大きく関与するタイトルも出てきています。

アートディレクション実務

人材のアサイン、企画に沿ったビジュアルができているか、設定・世界観は守られているか、スケジュール通りに進んでいるかなど、マネジメントを含めたディレクションを実際に制作現場で行います。

時にはゲーム全体をディレクションする総監督的な立場をとる場合もあります。

通常のグラフィックデザイナーとの仕事内容の違い

同じ「グラフィックデザイナー」という肩書きながら、印刷物や出版物のビジュアル作りを担うグラフィックデザイナーと、ゲームグラフィックデザイナーは必要スキルもやっていることも全く違います。

ゲームグラフィックデザイナーはゲーム画面に表示されるキャラクターやビジュアル、UIのデザインが主な業務です。

例えばデザインと言っても印刷DTPのような平面的なデザインスキルではなく、イラストやコミックを描く立体的な感覚が必要なイメージです。

ゲームグラフィックデザイナーの仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

ゲームグラフィックデザインに携わっていてやりがいを感じるのはどういったところでしょうか。

経験上感じたことを挙げてみました。

世間で広くプレイされるゲームの制作に関われる

ゲームがおもちゃの殻を破り一種のエンターテインメントとなっている今、ゲームの制作に関わるということは工業製品を開発するというより映画監督が映画、ミュージシャンが楽曲を発表することに似ています。

世界中で自分が関わった作品がプレイされる喜びは、何ものにも代え難いやりがいポイントです。

面白いポイント

ゲームグラフィックデザインの仕事の面白いところはどんなポイントでしょうか。

やりがいとは別に仕事をする上での面白いところを挙げてみました。

一大エンターテインメントを生み出す現場に身を置ける

やりがいのポイントでも書きましたが、今やゲームは一大エンターテインメントです。

その世界であなたの描いたイラストや創造したキャラが大活躍する…そんな貴重な体験ができる現場であるのも、ゲームに関わっていて面白いところです。

まとめ

いかがでしたか。

技術者というより今やクリエイターやアーティストの一面もあるゲームグラフィックデザインの世界。

ゲーム好きが多く憧れる職場であるだけに入社には技量的な条件はありますが、ゲーム好きなら一度チャレンジする価値のある仕事です。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




デザイン求人についてもっと深堀りした情報を見る

DTPデザインの仕事に向いてる人の特徴は?どんな仕事?活かせる経験についてもご紹介!

DTPデザインの仕事に興味のある方は必見です。DTPデザインに限らず、「デザイン」という言葉を聞いただけで、「私には無理だ」「センスがないと務まらない」などと自分が生きている世界とは別の世界の仕事のように捉えています。果たして本当にそうでしょうか。ここでは、何だか敷居が高いイメージのあるDTPデザインとはどのような仕事なのかを紹介しながら、向いている人の特徴なども詳しく紹介していきます。DTPデザインをより詳しく知っていただき、様々な方に働いてみたいと思っていただけたら幸いです。DTPデザインの仕事はどんな仕事?DTPデザインの仕事は主にクライアント様から依頼のあった広告やチラシなどの印刷物か

DTPデザイン求人の募集内容は?仕事内容や種類についてもご紹介!就職・転職の参考に!

「DTP」という言葉を聞いたことがありますか?DTPというのはデスクトップパブリッシングの略語で、Desk Top Publishingの頭文字をとった言葉になります。日本語に訳すと「机上出版」「卓上出版」という仕事です。皆さんが普段手にしているスーパーなどのチラシから書店で売っている本や企業のパンフレットなど印刷物と呼ばれる物の大半は、DTPデザイナーが関わっているのです。ここでは、DTPデザイン求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて紹介していきたいと思います。DTPデザインのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容まずクライアント(依頼主)がいて、本などの出版物や広告のなどの企

デザインアシスタント求人の募集内容は?おすすめ求人のポイントを求人選びの前にチェック

「デザインをする」仕事には様々なジャンルがあります。一言でデザインをするといっても、それがWebサイトなのか、アパレルなのか、あるいは印刷物やプロダクトデザインか、などジャンルによっても仕事の内容が異なります。そして一足飛びにプロのデザイナーにはなれないのも現実です。プロのデザイナーを目指す人は、まずはデザイナーの下でアシスタントとして従事しながらスキルアップしていくことをおすすめします。今回はデザインアシスタントを経験した筆者が、デザインアシスタント求人の仕事についてご紹介いたします。デザインアシスタントのおおまかな仕事内容デザインアシスタントの仕事は、プロのデザイナーの補助業務を行う仕事で

Webデザインの給料はどのくらい?正社員やフリーランスなどそれぞれの相場もご紹介!

webデザインの給料事情についてここでご紹介していきたいと思います。クリエイティブな「Webデザイン」という職業に就きたいと考えている人は数多くいるかと思います。今やWebサイト作成は需要が多く、良質なWebサイトを作成するためには、Webデザイナーの専門的な技術や知識に頼り、仕事を依頼する企業も数多いです。今回は、これから勉強してWebデザイナーになりたいと考えている人向けに、Webデザイナーの給料についてや業務内容などを紹介してまいります。Webデザイナーの仕事とはWebデザイナーの仕事は、企業や個人のWebサイトを作成する仕事です。TwitterやFacebookなど、SNSで情報発信す

WEBデザイン求人でよくある募集内容をご紹介!働き先の種類は?就職・転職の参考に!

WEB業界で活躍したい人や、WEB業界に転職したいとお考えの人は多くいます。その中でも特に、WEBデザインへの求職者が多いようです。WEBの仕事にはWEBコーダーやWEBプログラミング、WEBディレクションなど他の分野もある中で、知名度もあり人気もあるのがWEBデザイナーです。今回はWEBデザインの求人についてとその魅力に、現役WEBデザイナーである筆者が迫ってみたいと思います。WEBデザイン求人のおおまかな仕事内容WEBデザイナーの主な仕事は、その名の通りWEBサイトのデザインをすることです。紙面デザインと違うルールもあり、印刷業界から転職された人は戸惑うこともあるようです。では、実際にどん

WEBデザインの仕事に向いてる人の特徴をご紹介!自分に合った求人の選び方も教えます!

インターネットが広く普及した現代において、WEBデザイン、いわゆるホームページ作成に関する仕事は、時代の後押しもあって非常に人気があり、今後も安定した需要の見込める職種の一つです。その反面、ひと言で「WEBデザイン」と言っても、求人では業界の専門用語が多用されがちだったり、少し規模の大きな企業ともなると更に細かな職種の分類がされていたりと、自分のやりたいことや得手不得手に悩まれる方も多いのではないでしょうか。この記事では、WEBデザイナーを目指して今勉強中の方や、あまりに多すぎる求人を前に不安を感じてしまっている方へ、少しでもこの記事の内容がお役に立てばと、WEBデザインの仕事の概要やどんな人

WEBデザイナーの仕事内容は?役割に分けて業務内容をご紹介!興味のある方はチェック!

インターネットの普及により、どの企業にも当たり前のようにホームページがある時代になりました。ただホームページも時代の流行があり、10年前に制作したホームページ等は古く感じられてしまい閲覧されにくくなり、やがては競合サイトに抜かれてしまうことになります。そのため、ホームページは3年~5年を目処にリニューアルする必要があります。そして、そんな時に役立つのがWEBデザイナーの仕事です。今回は人気のWEBデザイナーの仕事内容について現役でもある筆者がご紹介いたします!WEBデザイナーの仕事は大きく5個の役割に分けられるWEBディレクション本来、WEBディレクション業務は、専属の担当者を立てるのが最良で

広告デザインの仕事は自分にもできる?向いている人の特徴を知って挑戦してみよう!

広告デザインの仕事に興味のある方は必見です。クリエイティブで、将来性もありそうな広告デザイン業界に憧れを抱いている人も多いと思います。でも、普段広告物を目にすることはあっても、それを作ったり企画したりしている現場を知る機会は少ないでしょう。そこで今回は、広告デザイナー経験をもとに、広告デザインとは具体的にどんなことをする職業なのかを私が詳しくご紹介させていただきます。広告デザインはどんな仕事?様々なデザインの仕事がある中で、広告デザインは世間一般の人がデザインの仕事としてイメージしやすい業界ではないでしょうか。ただ、仕事の実際は業界にいる人以外にはあまり理解されていないように思います。広告デザ

グラフィックデザインとはどういう仕事?大変なことは何?やりがいについてもお話しします

グラフィックデザインとはクリエイティブな職業として、とても人気が高いと言われています。憧れている人も多いと思いますが、業界関係者以外で現場の実情を知ってる方は少ないと思います。そこで、この記事ではグラフィックデザインの具体的な業務内容や給料事情、向いている人の特徴についてを業界経験者がお話しさせていただきます。グラフィックデザイナーを目指して、就職・転職活動中の方はぜひ参考にしていただければと思います。グラフィックデザインとはどんな仕事?グラフィックデザインの仕事とは、簡単に言えばデザインを通して広告等の情報を発信、伝達する仕事です。一般にはポスターやチラシなどの広告物、雑誌や新聞などの誌面の

印刷物デザインの仕事に向いてる人の特徴は?活かせる経験や働くメリットもご紹介します!

印刷物デザインの仕事に興味はあるけれど、自分に合っているのかな?と不安に思う人もいると思います。デザイン業は誰もがかっこいい職業と思えるので、憧れが強い分、スキルやセンスが必須で、自分に自信がないとなかなか踏み込めないと思ってしまいますよね。そこで、今回は印刷物デザインの仕事内容やメリット、向いてる人の特徴など気になる内容について詳しく解説していきたいと思います。印刷物デザインはどんな仕事?IllustratorやPhotoshop、DTPソフトを用いて印刷物のデザインをする仕事です。印刷に適した色味であったり、画像のレイアウトなど細かいところまでしっかりとデザインしていきます。印刷物デザイン

印刷デザイン求人の募集内容は?働き先の種類もご紹介!求人探しの参考にご覧下さい!

印刷デザイン求人について詳しく知りたい方は必見です。印刷物は、わたしたちが普段生活する中でも最も多く目にするものですよね。身の回りを見渡すだけで、カレンダーや手帳、冷蔵庫の中には、調味料や食品にも様々なデザインが印刷された物が存在します。そんな印刷デザイン求人の仕事について、今回は詳しくご紹介していきたいと思います。デザイン求人の主な業務内容や種類、おすすめ求人など気になる情報目白押しです!印刷デザインのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容クライアントやお客様から頂いたラフや注文などを基にデザインを起こしていきます。そして何度かの打ち合わせを経てデザインを完成させる、という仕事です。印刷デザイ

デザインの仕事の種類はどれくらいあるの?自分に合った仕事内容は?向き不向きをチェック

クリエイティブな響きがあり何だか言葉だけで憧れてしまいそうな「デザイナー」という職業。でも、この世の中にはいろいろなモノがあり、それらそれぞれに姿形があって、そこには「デザイン」があります。筆者の経験した印刷・広告・出版の業界だけでもいろいろな「デザイナー」と呼ばれる業態があります。ここでは、それらをできるだけわかりやすくわけて、その業種・業態ごとの仕事内容の詳細をご案内し、業界入りを考えている人に特性的な向き・不向きをご紹介していきましょう。デザインの仕事種類はどれくらいあるの?この世の中にはモノが溢れ、そのモノの形を作る「デザイン」の仕事はモノの数だけあると言えます。ただ、ここでは世の中に

グラフィックデザインの年収はどのくらい?転職・就職の際には給料の相場も知っておこう!

グラフィックデザインの年収事情を詳しくお教えしちゃいます!就職先や転職先を決める時、やはり気になるのがお給料ですよね?グラフィックデザイナーの給料は、いわゆる「手に職」なのでスキルが評価を左右する職業です。今回はそんなグラフィックデザイナーの年収について、お給料の決まり方や昇給、賞与、業界内の相場についてお話しさせていただきます。グラフィックデザイナーに就職や転職をしたい方は必見です。グラフィックデザイン年収の相場はどのくらい?グラフィックデザンの業界の平均年収、相場を経験者談も交えて調べてみました。スキルやキャリアも評価に大きく影響する業種ですので、色々なパータン、キーワードで掘り下げてみま

グラフィックデザインの転職で失敗しないために知っておくべき2個のことや人気な職種や業界を教えます!

グラフィックデザインに転職したいという方は必見です。グラフィックデザイナーはクリエイティブでやりがいがある職業ですので、転職希望者も多いと思います。またグラフィックデザイナーの転職事情には、ステップアップを目指して会社、事務所を変えようと希望される方も多いです。そんな転職で気をつけたいポイントをここでご紹介させていただきます。グラフィックデザインの転職で注意したほうが良い2個のことスキルアップへの努力は常に自発的に!グラフィックデザインの現場において、現場内で教わるのはその会社・事務所独自のルールやワークフローの関することだけと思っておきましょう。制作系のPCソフトの知識や、最新のトレンド、技

グラフィックデザインの仕事内容と向いている人の特徴

グラフィックデザインの仕事ってクリエイティブで格好良いですよね。自分にセンスがあればグラフィックデザイナーになってみたいという方も多いはず。グラフィックデザイナーとは、広告物、出版物制作の現場で欠かすことのできない業種ですが、今回はそんなグラフィックデザイナーの仕事の実情についてご紹介させていただきます。グラフィックデザイナーに向いている人の特徴や、必要な特性・スキルについても詳しく説明させていただきますので、ぜひ参考にしていただければと思います。グラフィックデザインはどんな仕事?グラフィックデザイナーは出版物や広告物のレイアウトをデザインする職業です。その守備範囲は一般的なチラシやDMハガキ