DTPオペレーターが転職する際に気をつけるべき点は、いったいなんなのでしょうか?

いざ転職をしようと求人サイトを開いても、求人を見極めるポイントを知らなければ、自分が本当に働きたい職場を探すことはとても難しいかと思います。

そこで、今回はDTPオペレーターへの転職で気を付けるべき注意点や、転職を成功させる方法や心構え、求人の上手な選び方までしっかりご紹介していきたいと思います。

これを読んで、あなたの転職を成功に導きましょう。

「DTPオペレーターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

DTPオペレーターの転職で注意したほうが良い3個のこと

職場環境

頑張った分だけ評価してもらえるか

自分がどれだけ仕事に熱心に取り組み働いていても、上司や上の人からの評価がされないと、モチベーションも下がってしまいます。

評価されればされるほど、自分は成長を日々しているんだという実感も湧くので、会社での評価というものはとても重要となってきます。

給与はしっかりもらえるか

確実に残業ばかりしているのに、残業代が出ないなどブラックな一面が出て来ると、精神的にも体力的にもキツイです。

しっかりと給与以外にも手当はつくのかも確認したいところですね。

社内での人間関係

DTPオペレーターは人と関わるということよりも、1人での作業が多いです。

ただ、会社にはDTPオペレーターだけでなく色々な担当者がいる中で、上手く人間関係を保てるか、または自分にとって居心地がいいか、1日の大半を過ごす場所なので、そこも注意してみてみましょう。

業務過多

未経験でこの仕事を始めるという方ですと、最初は覚えることが多すぎて、仕事についていけない時期があると思います。

ですので、そういった時に上司など先輩にしっかり相談にのってもらえる環境なのか、確認してみると良いでしょう。

仕事量が多すぎて身体を壊してしまってはいけないですからね。

夜勤

この業界は、締め切りや納期が常につきまとってきますので、終わらないと夜勤という形で仕事を終わらせなくてはいけない場合もあります。

夜勤した分もしっかり手当がつくかどうかは確かめておきましょう。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

DTPエキスパートの資格を取る

転職を考えたときに、前も同じような仕事をしていても、実際DTPオペレータという仕事は、文字を修正したり印刷できる状態にまで仕上げるお仕事です。

自分で手がけた作品がないので、転職先にどのくらい自分ができるのかという証明をわかりやすく説明する手段として、DTPエキスパートの資格は持っているとかなり有利になります。

展示会に行く

その会社がどんな内容の仕事をしているのか、または売りにしているのかがよくわかる場所が展示会です。

1度会社選びに迷ったら、展示会に足を運んで、直接社内の人間がどんな人なのか接してみるのもいいですね。

「DTPオペレーターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職するに当たっての必要な心構え

転職の目的を忘れない

自分は今回の転職でどう変化をつけたいのか?

転職先でどのように成長していきたいのか?

よく考えて自分を理解しておくことで、会社選びをする上で重要視するべきところが見えてきます。

今の会社よりもレベルアップするために。

今よりも良い環境で働くために。

人それぞれ理由は様々ありますが、転職する意味をよく考えておきましょう。

譲れないことを決めておく

今までのキャリアの中で自分が貫いてきたことや、これだけは譲れないものがあると思います。

例えば、社内の雰囲気は良くないとやっていけない!黙々と仕事をしたいので、静かな環境で仕事をしたい!など、1つや2つ譲れないことがあると、仕事を選ぶ際のポイントになります。

DTPオペレーターの給与相場

20万円前後です。

DTPオペレーターは、まだ研修期間の人や半人前の人なども含まれているため、給与相場は低めですが、キャリアを積めば積むほど増えていきます。

DTPオペレーターの転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

給料の高い会社に転職する

給料の高い会社に就職するのが手っ取り早いです。

給料が高い会社とは、他の会社と比べて景気が良いということなので、仕事探しをする上で、よく下調べをする必要があります。

また、よく街で見かけていたりテレビCMなんかによくでている会社は景気が良くて給与も良いことがあるので機会があればチェックしておきましょう。

派遣として働く

派遣として働く理由としては、派遣であれば、同じ業界とはいえ、色んな場所や環境で働くことができるので、知識や技術がつきます。

そのためどこへいっても使える人材へと成長でき、サービス残業もほぼないので、自分の時間ができます。

そのため、派遣先の他にも空いた時間に仕事をすることも可能なので、キャリアを積めばどんどん稼ぐことができます。

自分にあったDTPオペレーターの求人の選び方や注意点

自分に合った仕事の条件などをよく確認しておきましょう。

大きくわけると以下の選び方があります。

【選び方①】雇用形態から探す

安定した仕事を探すのであれば、まず正社員として働くことをお勧めします。

仕事を通してキャリアは積みたいけれど、自分の時間も欲しい!という方ですと、派遣や契約社員として働くと、残業もないので自分の時間を自由に使うことができます。

ただ正社員ではないため、生活が安定しないというのが1つの注意点です。

【選び方②】職種から探す

DTPオペレーターは基本的にはデザインをすることがありません。

もらったデータを印刷できる状態までする仕事なので、達成感ややりがいを求めるならこの仕事はオススメです。

【選び方③】会社の業態から考える

会社がどのような仕事をしているのか、だいたいの内容だけでも知っておきましょう。

この仕事でこういうことがしたい!というような考えがまとまっていると、面接でもしっかりとの答えることができますよ。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与が高い方がいいというなら、ある程度有名な企業に勤めると給与に期待できそうです。

また、低くても仕事をどんどん覚えてとにかくキャリアを積んで成長していきたい!というのであれば、とにかく自分の興味のあった会社をひたすら探しましょう。

雇用条件が正社員だと安定した生活が送れる反面、残業はつきものです。

どちらにしてもメリットデメリットはあるので、自分に見合った仕事先をうまく見つけていきましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

募集内容にも残業あり!の文字をよく見かけますが、自宅からあまりに遠いと終電を逃しかねないので、近くに住むようにするか、近場の職場を選ぶのが無難です。

「DTPオペレーターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今いる環境から他の会社へと転職することはとても勇気のいる決断です。

なぜなら、DTPオペレーターとして働いたキャリアがあるないどちらにしても、今までとは全く異なる環境で仕事を始めるということになるからです。

転職に失敗しないためにも自分をしっかりと見つめ直して良い就職先を見定めてみてください。




DTPオペレーター求人についてもっと深堀りした情報を見る

DTPオペレーターは未経験でもできる?未経験から仕事に就く方法をご紹介します!

DTPオペレーターは未経験でも可能なのか皆さんはご存知でしょうか?DTPオペレーターという仕事には専門的知識や経験が必須と考えている方もいらっしゃるかもしれません。今回はDTP求人は未経験でもできるのかを分かりやすく解説していきたいと思いますので、参考にしていただければ幸いです。また、経験者の私が向いている人の特徴についてお教えしますので、興味のある方必見です。DTPオペレーターが手掛ける印刷物の種類仕事内容は勤め先によっても変わりますが、印刷物の種類としては以下のように大きく分けられます。それぞれの特徴について詳しく紹介します。量販店のチラシや広告などの制作広告業界で大半を占めるのが、スーパ

DTPオペレーターとはどんな仕事?仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

DTPオペレーターとはどのような職業かご存知でしょうか?簡単に言うと、巷にあふれる量販店のチラシや広告、主に紙媒体の印刷用データを制作する職業なんですが、具体的な業務内容ってなかなか知る機会がないですよね。そこで今回は、DTPオペレーターの業務や役割、やりがいや大変な点まで、気になる疑問を詳しく解説していきたいと思います。なりたい職業を探している方に「DTPオペレーター」という職種が少しでも興味を持っていただければと思います。DTPオペレーターとはどんな仕事?まず、DTPとはDesktop Publishing(デスクトップ・パブリッシング)の略称です。簡単に言えば、チラシや雑誌などの紙媒体を

DTPオペレーターの仕事内容3個の業務・向いている人の特徴・活かせる経験

求人で見かけることはあっても、実際にはどんなことをしているのか分かりづらいDTPオペレーター。印刷業界に限らず活躍の場が多い仕事ですし、業界や会社によって担当する作業にも差があります。どんな場所でどんな作業をしているのか、印刷所勤務のDTPオペレーターである私が、どんな印刷物でも共通しそうな部分を中心にご紹介します。DTPオペレーターとは?DTPオペレーターとは、言葉のとおりDTPを操作する者という意味です。DTPとはデスクトップパブリッシングの略で、卓上出版と訳されます。今でこそパソコンで制作される印刷物は珍しくなくなりましたが、それまでの手作業と区別して、このように呼ばれるようになりました

DTPオペレーターの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

DTPオペレーターの年収ってどれぐらいもらえてると思いますか?そもそもDTPオペレーターという職業は、印刷業界を目指している方でないと、あまり聞き慣れないかもしれません。興味があったとしても、DTPオペレーターの給与の相場がどのくらいなのか、よく分からない方が多いと思います。今回はそんなDTPオペレーターの収入面について詳しくお伝えしていきたいと思いますので、参考にしてみてください。DTPオペレーターの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合のDTPオペレーターの給料相場勤め先や地域にもよりますが、新卒入社で月給18万円前後です。ある程度の経験を積んだ者であれば月20万円~25万円前後

DTPオペレーターになるには?資格や勉強すべきことは何?就職の際のポイントもご紹介!

私たちが暮らす街には、雑誌やチラシ、看板やパンフレットなど、身近なところに沢山の印刷物で溢れています。どんな職業に就こうかと考えた際に、DTPオペレーターという職業に興味を持つ方もいるでしょう。印刷業界などにいない限りは、あまり聞き慣れない「 DTPオペレーター」。DTPオペレーターになるにはどんな方法があるのでしょうか?更に、勉強しておいた方が良いことなど、経験談も交えて詳しくお伝えしていきたいと思います。DTPオペレーターの仕事とは?デザイナーやクライアントが作成したデザインデータを、あらゆるソフトを使いながら印刷ができる状態のデータにまで仕上げる作業です。誤字脱字がないか、イラストや写真