働くほとんどの人が「もう働きたくない」「ニートになりたい」という思いを抱えているのではないでしょうか。

ニートというと、働かず、好きな事を一日ずっとしているイメージがありますよね。

客先や社内でのストレスから解放され、なんと素敵な事だとうと思うのも頷けます。

しかし、本当にただ楽なだけなのでしょうか?

今回は、ニートになりたい理由とデメリットを調査していきます!

ニートとは?

元々、「ニート」という言葉はイギリスの労働政策で出てきた言葉なんですね。

その後、日本ではだんだんとメディアで悪い表現として扱われるようになりました。

テレビで取材を受けたニートの人が「働いたら負け」と言った事も関係し、日本ではいつしか「ニート」というのはネガティブな言葉に変わってしまったんですね。

現在では、ニートは「求職活動をしていない人」という捉え方になっていて、「引きこもり」とも違う意味合いになっています。

簡単に言えば「学校に行かない、仕事をしていない、求職活動もしていない人」という事です。

なので、家から出ない事もあるという事ですね。

ニートになりたい・ニートでいたい理由とは?

人と話す事が苦手だから

人間関係の構築が苦手な人は、ニートになりたいと思う気持ちが強いのではないでしょうか。

学校でのクラスメイトや先生との付き合い、仕事上での上司や同僚、客先との付き合い。

それが、ニートになれば基本的には家族や友達等、慣れ親しんだ人としか接触しなくて済みます。

人間関係が苦手な人は、「なんて気楽なんだろう」ときっと思いますよね。

きっと、ニートになりたい・ニートでいたい理由の一番大きな理由なのではないかと思います。

時間にも心にも余裕がないから

現在、社会人として働いている人の中でも「会社を辞めてニートになりたい」と思う人は大勢居るでしょう。

特に残業続きで、家と会社の往復しかなく、時間にも心にも余裕がないという人は特に思うのではないでしょうか。

「何の為に働いているのか分からない」という人も少なくないでしょう。

ニートは真逆で、全て自分の時間であり、心にも余裕が持てるように思えてしまい、「ニートになりたい」と思ってしまうパターンですね。

他にも、給料に見合わない仕事をさせられている等、今の職場に不満がある場合も「ニートになりたい」と思ってしまう事も多いようです。

学生の場合は、将来に希望がないから

「ニートになりたい」と思うのは、何も社会人だけではありません。

学生だって、思う事は多々あるでしょう。

特に「やりたい事が分からない、見つからない」「就活しても結局内定取れない」等、将来に希望がない事を理由に思う事が多いようです。

就活は特に自分の心を擦り減らす時期でもありますからね。

学生でも、心に余裕が無くなる事があるのは当然あるでしょう。

ニートであることのデメリットとは?

収入がゼロになる

言わずもがなですが、ニートであれば収入はありません。

人が生活していくには、何をするにもお金が掛かります。

ニートの中には「親のお金で」という人も居ますが、そういう人ばかりではないでしょう。

自分一人でニートになった場合、食べる事すらままならなくなる事もあります。

ニートになる上で最大のデメリットであると言っても過言ではない問題ですね。

再就職の幅が狭くなる

一度ニートになり、お金が無くなり、また働かなくてはならなくなった場合。

ニートは当然職業ではないので、履歴書には記載しません。

ただし、なぜそこが空白の期間なのか、その期間に何をしていたのかと面接の際には多くの場合聞かれるでしょう。

そして、面接官によっては「人間関係で揉めるかもしれない」「長く続かないかもしれない」という理由で不採用にされてしまう可能性もあります。

一時的には魅力的に思えても、後々に大きなデメリットとなります。

孤独を感じやすい

初めこそ、ストレスから解放され「ニートってなんていいんだろう」と思うかもしれません。

しかし、時間が経つにつれ、誰かと会話する事が減り、ライフスタイルの違いから友達や家族と話が合わなくなったりするでしょう。

そうした時に、社会との繋がりが薄れている事に孤独感を抱くようになります。

顔も知らない、SNSやネット世界での友達しか居ないという状況に陥る可能性は十分にあり得ます。

会話するという事もどんどん苦手になっていってしまうでしょう。

将来への不安感がつきまとう

仮に親のお金でニートになった場合でも、経済面での不安はずっとつきまといます。

親が一生面倒を見てくれる訳ではありません。

そう考えると、将来への不安はかなり大きな物になるでしょう。

更には、ニート期間が長くなればなるほど、社会にも戻りづらくなります。

将来への様々な不安は、ニートにとって最大のデメリットかもしれません。

不健康になる

ニートになると、運動から遠ざかり、パソコンやスマートフォンを常に操作しているという事態になる事も多いですよね。

それにより、目や足腰に不具合を来したり、動かない事でとても太ってしまったりします。

規則正しく、適度な運動が出来るのならば、ニートを辞めて働く方が向いているでしょう。

多くのニートは、不規則な生活がたたり不健康になる場合が多いです。

不健康になり、病気になってしまう事もあるのでデメリットとしては大きい部分ですね。

恋愛や結婚は難しい

ニートになる人でも、恋愛や結婚をしたいと思う人も居ると思います。

しかし、そもそもニートであった場合、出会いはほぼ皆無ですよね。

仮に出会いがあったとしても、普段の会話量が少ないので、何を話していいか分からず、結局その後発展しないというパターンも多いでしょう。

ましてや、結婚となった時「ニート」とは言いにくいですよね。

もしも、恋愛や結婚をしたいと思うのであれば、ニートである事は障害以外の何物でもありません。

ニートを脱する方法とは?

学生になる

大人になっても、大学や専門学校は通っている人も多いですよね。

「いきなりまた働くのは無理かも」という方は、まずは学生になってみても良いかもしれません。

学生からニートになった方は、心機一転のつもりで学生に戻るという事ですね。

ニートになった当時は、やりたい事が見つからなかったけど、ニートになってから見つかった物ももしかしたらあるかもしれません。

自分で興味を持った事というのは、案外長続きするものです。

仕事をする

仕事と一口に言っても、最近では様々な仕事の形態があります。

会社に行かずとも出来る仕事というのはあります。

いわゆる在宅ワークですね。

内容によっては、生活していくだけの収入を得るのが難しい物もありますが、リハビリという意味合いであれば、まずはそこから始めてみるのもいいかもしれません。

やり取りもメールや、専用のフォームで済む事がほとんどですし、人間関係が苦手という方も安心出来るのではないでしょうか。

規則正しい生活をしてみる

ニートにとって、規則正しい生活というのは案外難しい事かもしれません。

しかし、朝起きて、夜寝るという人間らしい生活を送る事で、見えて来る物もあるのではないでしょうか。

「こんな生活を続けていていいのだろうか」と思った時こそ、ニートの脱し時です。

規則正しい生活が癖になれば、働くのもそこまで苦にはならないでしょう。

難しいけれど、将来に不安を持った時の第一歩としてはすぐに始められる方法ですね。

ニート願望のある人におすすめのアルバイトとは?

未経験可で単発のバイト

ニート願望があったり、ニートからバイトをしようと思う近道はもしかしたらこれかもしれません。

未経験可であればスキルを必要以上に求められる事もありませんし、単発であれば人間関係にも苦しみません。

一つの所で長期的にバイトをしていると飽きてしまうという人にはうってつけですね。

更に、こういった単発バイトはほとんどの場合、日払いなのですぐにお金を手にできるのも良い所です。

面接がない仕事が多いというのもポイントの一つですね。

様々なバイトをするうちに、自分に合う仕事も見つかる可能性もありますよね。

警備員

主に男性ニートメインになってしまうかもしれませんが、警備員は結構オススメです。

というのも、警備員は基本的に仕事中の行動は一人という場合が多いんですね。

その為、人間関係にも気を遣わなくていいのでコミュニケーション能力に自信がなくても始められます。

更に夜間警備員とかだと、時給が高めなのも嬉しいポイントですよね。

ただ、立ち仕事である事や巡回等を考えると肉体的には少々大変なバイトかもしれませんね。

ゲームデバッカー

こちらは、ゲーム好きさんにおすすめのバイトです。

ゲーム好きであれば、一度は聞いた事があるかもしれませんね。

実際にゲームをプレイしながら、バグを見つけたり、操作性や難易度のチェックをするバイトです。

同じ作業を繰り返す事も多いですが、ゲーム好きには向いているバイトでしょう。

発売前のゲームで実施される場合もありますので、そういった魅力は高いかもしれません。

データ入力

与えられた資料をエクセルや指定されたソフトにデータを打ち込んでいくバイトです。

体力的にはかなり楽なバイトと言えるのではないでしょうか。

また、特殊なスキルも必要なく、キーボードがある程度扱えれば難しい仕事ではありません。

パソコンの作業が主なので、人間関係が苦手という方も、一人黙々と作業するので気持ち的にも楽でしょう。

注意点としては、よく確認をしないとデータ入力だけでなく、電話対応や書類管理等、通常の事務仕事がある場合もあります。

倉庫作業

流通拠点での、倉庫作業やピッキング作業をするバイトです。

倉庫内の商品を仕分けしたり、梱包や検品をしたりするという単純作業が多い仕事ですね。

内容的に難しいものはほとんどなく、黙々と作業が出来るのがポイントです。

ただし、求人によっては、商品が大きかったり、重かったりする物を扱っていると体力的にはキツいかもしれません。

そこは、応募前に求人情報をしっかりとチェックしておきたいですね。

アルバイトをするメリット

社会との接点が持てる

ニートとして仕事をしていない場合、基本拠点は家になりますよね。

そうなると、家族や友達等、狭い範囲での交流が主となり、社会からは遠のいてしまう事がほとんどでしょう。

しかし、バイトをしていれば、通勤等が発生したり、外に出るという意味では何となく社会との繋がりが持てますよね。

生きていく上では、何だかんだ社会との繋がりというのは大事です。

コミュニケーションが苦手な人でも、少しずつ改善出来る可能性もありますよね。

会社員と違って辞めやすい

アルバイトの最大のメリットは、辞めやすいという点です。

だからと言って、「嫌だからバックレ」というのは無しですが。

アルバイトは、雇う側からしても、責任ある仕事をそこまで任せないというのが多いです。

なので、もし仮に入った後で自分に合わなかった等の理由があっても、社員よりかは断然辞めやすいです。

特に単発や短期のバイトは、特にそういったメリットが大きいですね。

生活リズムが作れる

ニートをしていると特に時間に余裕があるので、昼まで寝て、夜起きていて、また昼に寝るという生活リズムになってしまったりしますよね。

その点、バイトをしていれば時間が決まっている為、自分の中での生活リズムが形成されます。

昼間のバイトであれば、朝起きて、夜寝るという健康的な生活リズムも作れますよね。

時間に余裕も欲しいけど、健康的な生活もしたいというニートにはバイトは丁度良いと思います。

収入がある

言わずもがなな事かもしれませんが、バイトをすれば働いた分だけ収入を得る事が出来ます。

多少、不安定な収入ではあるかもしれませんが、ニートで収入ゼロよりかは良いのではないでしょうか。

自分の好きなように使えるお金があるのは、やはり良い事ですよね。

生活していくのには、絶対お金が必要になります。

正社員はハードルが高い、という方はバイトから始めるのがいいですね。

求人数が多い

正社員と違って、今はアルバイトの方が求人が多いです。

それも、短期や単発、様々な職種等、選びたい放題と言っても過言ではないかもしれません。

また、未経験OKという求人も多いので、脱ニートの一歩にはうってつけですね。

仮にバイトを辞めたとしても、次の求人を探すのにも困りません。

アルバイトをするにあたって必要なこと

心構え

バイトとは言え、働いてお金をもらうという点では「社会人」と同じです。

そこにはやはり、心構えというか、人として守るべき点が存在しています。

時間を守る、無断欠勤はしない、報告・連絡・相談をする等、本当に基本的な事ですね。

「アルバイトだから」と、人として守るべき点をおろそかにするのは違いますよね。

「社会で働く」という心構えは、アルバイトであっても持っておくべき物だと思います。

履歴書

単発や短期のバイト以外はほとんどの場合、アルバイトでも履歴書が必要になるでしょう。

最近はパソコンで履歴書を作る人も多いかもしれませんね。

ただ、面接する人によっては「熱意が感じられるから」と手書きが好きな人も居ます。

可能であれば、手書きが良いかもしれません。

また、他にもアルバイトをしていた場合は、その事も「職歴」の欄に書いておくと良いでしょう。

体調管理

アルバイトに限らずですが、社会人になったのなら体調管理も仕事の一環です。

当然人間なので、体調管理不良になる事もあるでしょう。

しかし、自分で予防出来る部分はしておく、というのが大事です。

その分、同じシフトに入っていた人に迷惑が掛かりますからね。

基本はバイトを始めたら、生活リズムを整えて、健康的な生活をしていくのが理想です。

向上心

絶対必要という物ではないかもしれませんが、絶対的に無いよりもあった方がいいのが向上心です。

向上心があれば、「こうすればもっと良くなるかもしれない」というアイデアが浮かんだり、仕事にも積極的に取り組めます。

また、その向上心を買われ、時給アップする事もあるかもしれません。

店長や同僚からの評価も上がるでしょう。

人間、何をするにも向上心があると良い方向に進む事が多いですよ。

アルバイト探しのポイント

時給から探す

「とにかくお金が欲しい」という人であれば、まずは時給から探すというのが手です。

最近は、様々なアルバイトがあり、高時給という所も増えてきています。

更に、早朝や夜間だと時給アップという所も多いですね。

「体力的に楽だけど高時給がいい」という人でも、バイトなら見つかる可能性が高いです。

求人情報をチェックして、一度自分で計算してみるのも良いですね。

エリアから探す

「とにかく家から近い所がいい」という人であれば、エリアから探してみましょう。

バイトの求人というのは、本当に数が多いので、自宅近くでもバイト募集している所は一つや二つあるはずです。

もしくは、「知り合いに会いたくないから」という理由で自宅からちょっと離れる場所を探すというのも手ですね。

他にも「オシャレな所で働きたい」等、エリアから探す利点は多くあります。

興味のあることから探す

もしも、やってみたい事があるのなら職種を絞って探すのが良いでしょう。

アルバイトの求人情報は多く存在していますので、自分の働きたい職種もきっとある事でしょう。

また、興味のある事ならば長続きもしやすいです。

長続きして、結果も残せているならば社員になる事も可能になるかもしれません。

期間から探す

単発や短期から探すのか、それとも長期で働けるのか、期間で区分けされた物から探すという手もあります。

「長期で働けるかまだ分からない」という事であれば、単発のバイトをいくつか経験してみると良いでしょう。

色んなジャンルのバイトをする事によって、自分が働きたいジャンルが見つかるかもしれません。

もしくは、やりたいバイトが決まっているのであれば「長期歓迎」という所が良いですね。

とは言え、やはり最初の一歩であるならば、期間の決まっている短期バイトがオススメです。

フリーペーパーから探してみる

駅やコンビニにある、フリーペーパーを見てみるというのもオススメです。

フリーペーパーに載っているのは、地域密着の求人が多く、ネットには載せていないという求人もあるからです。

実はネットではなかったけど、フリーペーパーで自分の希望に合う求人が載っていたという事もあります。

最近はネットが主流にはなってきていますが、フリーペーパーにも良い求人は載っていますので目を通してみてもいいと思いますよ。

アルバイトを探す上での注意点

募集時間をチェックする

「条件がいいから」という理由だけでバイトを決めてしまうのは実は危険です。

募集時間も併せてチェックするのを忘れないようにしましょう。

というのも、「時給は高いけど、働ける時間が短い」と言った場合、結局のところあまり稼げないという事になりかねません。

もちろん、「短期間でちょっとの稼ぎがあればいい」という人はそれでもいいですよね。

しかし、「少しでもお金は稼いでおきたい」という人は時間のチェックも重要です。

ブラックバイトにご注意

最近はニュースでもよく目にするようになった「ブラックバイト」。

バイトを始めたくても、「ブラックかもしれない」という思いで一歩を踏み出せない人も居るかもしれません。

なかなかバイトを始める前からブラックかどうかを見極めるのは難しいですよね。

ポイントとしては、「時給や労働時間が求人情報通りなのか」という所でしょうか。

面接の時に聞いてみると良いかもしれませんね。

ブラックでなければ、求人情報通りの回答を答えてくれるでしょう。

ネットでの情報を鵜呑みにしない

「このバイトは楽だった」「ここは時給が良かった」等、最近ではちょっと調べればネットでお店の情報が出てきたりしますよね。

しかし、チェーン店のバイトでも立地が違えば、客層も違う、忙しさも違うという事がよくあります。

「ここで働いてみようかな」と思ったら、やはり自分の目で直接見てみる事が良いかもしれません。

ネットでの情報と、実際に見た情報を照らし合わせて考えるのが一番でしょう。

まとめ

ニートになりたい理由とデメリット、オススメのバイトを紹介してみましたが、いかがでしょうか。

ニートに限らずですが、物事には必ずメリット・デメリットが存在しています。

デメリットを見ずに現在の思いだけでニートになるには、あまりにも危険が大きいです。

ニートになりたいと思ったら、必ずデメリットと貯蓄額は確認するようにしましょう。

そして、ニートを脱しようと思った時には、とにかく行動あるのみです。


関連キーワード

ニート仕事

ニート仕事に関するコラム

ニートが就職を成功させるためには、どんな方法で探せばいい?おすすめの求職支援も紹介します

一度ニートになってしまうと、再就職の際に履歴書に空白がある事で採用担当者に勘繰られてしまったり、不利な待遇を受けてしまう事が多々あります。しかし、ニートになってしまったからと言って、就職が出来ないわけではありません。適切な方法で仕事を探せば、好待遇の会社(ホワイト企業)に就職をする事も十分可能です。ニートが就職を成功させる方法とおすすめの求職支援と利用の際のポイントをご紹介します。ニートって良いの?悪いの?実家住まいならある程度の衣食住は確保されているので、就職(仕事)をしていなくても生活をする事は出来ます。しかし、問題は自分を養ってくれている両親が高齢になった時に訪れます。両親が定年を迎え、

ニートを脱出できない7個の原因と、社会復帰するためのステップや注意点とは?

ニートってみなさん、ご存知ですか?無職の人や家に引きこもっている人などのイメージがあるかと思います。そもそもニートってなんだろう?とかニートは何でニートになったのか、今までに疑問に思った人は少なくないことでしょう。ただ、今、現在ニートである人の中でもまったく働く意思がなかったり、外に出たくないと思っていたりする人ばかりではなく、社会復帰したいと考えている人もいます。今回は、ニートについて紹介してきます。この記事では、ニートとは何か、ニートになった原因や脱出方法などについて紹介していきます。ニートって何?ニートって言葉は皆さんご存知かと思いますが、そもそもニートって何なのかご存知ですか?ニートっ

ニートが暇と感じたら、チャレンジしてほしい7つの仕事とは?おすすめの理由も紹介します

現在ではニートという言葉を自然に使用するまでになっています。いつの間にか市民権を得ているようにも感じます。学生生活を終え、社会人になっている年齢に仕事をしていないことに対して、自らのことを「今、俺ニートなんだよね」と自虐的に利用することもあります。時事ニュースやドキュメンタリーなどで「ニート」に対しての特集が組まれることがあり、若者だけでなく、中高年層で働かずに家にずっとこもってしまっていることなど問題になっているようです。ニートが暇と感じている方がいれば、ぜひチャレンジしてほしい仕事を紹介していきたいと思います。ニート生活ってどうなの?暇なものなの?!実は暇という実感がない周囲からみると何も

ニートとは?ニートになってしまうきっかけや原因を詳しく紹介します

今や場面を問わず耳にすることも多いニートという言葉。正しくその言葉の意味を把握せずに、揶揄して使われることも多い表現かもしれません。ニートとは、正確にはどのような状態を指す言葉なのでしょうか?そして、ニートになってしまう理由や遠因は一体何なのでしょう。ニートとは何かということと共に、そのきっかけは一体何なのか、原因はどのようなことなのかを、掘り下げてみたいと思います。ニートとは?現代日本において、一人歩きしてしまっている印象もある、ニートという言葉。元々はNot in Education, Employment or Training, の頭文字をとったNEETという言葉で、イギリスで生まれた

社内ニートの特徴や原因とは?脱出するための3個の方法も紹介します

「社内ニート」という言葉をご存知でしょうか。ニートとはそもそも「Not in Education, Employment or Training」の頭文字をとったもので、つまり教育・雇用・職業訓練下にいない人を指しています。では「社内ニート」とは何なのでしょう。社内にいる以上はニートではないはずなのですが…。社内ニートって何?社内ニートは要するに、出社はしているけど仕事が無い人のことです。以前は窓際と呼ばれていました。給料は出ますが、就業時間中にやることが何もなく、ネットサーフィンをしたり手遊びをして、定刻になれば家に帰ります。それだけ聞くと、何もしないで給料が出るならメチャクチャ羨ましいポジ