ニートってみなさん、ご存知ですか?

無職の人や家に引きこもっている人などのイメージがあるかと思います。

そもそもニートってなんだろう?とかニートは何でニートになったのか、今までに疑問に思った人は少なくないことでしょう。

ただ、今、現在ニートである人の中でもまったく働く意思がなかったり、外に出たくないと思っていたりする人ばかりではなく、社会復帰したいと考えている人もいます。

今回は、ニートについて紹介してきます。

この記事では、ニートとは何か、ニートになった原因や脱出方法などについて紹介していきます。

ニートって何?

ニートって言葉は皆さんご存知かと思いますが、そもそもニートって何なのかご存知ですか?

ニートって和製英語とか作った言葉みたいに思っているかもしれませんが、実はこれ英語なんです。

ニートとはNEETの日本語で、正式にはNot in Education, Employment or Trainingを略してNEETとなり、日本ではニートとして浸透しています。

また、ニートに実は定義があります。

日本では15歳~34歳までの仕事をしたことがない、していない、学校にいっていない等の人を示しています。

まさにNot in Education, Employment or Trainingです。

つまり、この定義からいくと35歳以上はニートではなく、無職のひきこもりということになります。

さらによく世間から混同されがちなのはフリーターとニートですが、フリーターはあくまでも仕事を多かれ少なかれしていて、ニートは完全無職であるため、実は違った人をそれぞれ意味しています。

ニートになる人は、ニートになる何かきっかけがあってのことですが、どんなきっかけがあってニートになったのか具体的に紹介していきます。

なぜニートになってしまうのか?

ニートをしている人のほとんどは、最初からひきこもりたいとか何もしたくないと思ってニートになった人というわけではありません。

何かがきっかけでたまたまニートになってしまった人ばかりです。

例えば、学校でいじめにあってしまい、人と会うのが怖くなったとか人格を否定されて精神的ショックが大きかったから社会に必要とされてないと思い、ひきこもってしまったとか色々な理由があります。

つまり、ニートになりたくてニートになる人はほとんどいないということです。

それでもニートになる人がいるのは、たまたまその人がニートになるきっかけに遭遇してしまったからです。

言い換えると誰にでもニートになるきっかけや機会があり、ニートになっていない人は、たまたまニートになるきっかけがなかった、もしくはネガティブな出来事、いじめや人格否定などを跳ね返す強いエネルギーがあっただけということです。

昨今のメディア報道は、ニートがダメ人間であるやニートが負け組になると伝えることがありますが、決してそういうわけではありません。

あくまでもたまたまが重なってしまったからニートになっただけなのです。

ニートを脱出できない7個の原因とは?

ニートになった人は、始めからずっとニート希望でニートになったわけではありません。

多くは何かしらのきっかけなどがあり、ニートになってしまった、またはニートにならざるをえなかったのです。

つまり、ニートの人の中には、いつかニートを脱出したい、社会に復帰したい、みんなと遊びたいなど外の世界に戻りたいと考えている人は少なくありません。

ここではまず、ニートになった人がなぜニートから脱出できないのかについて書き出してみました。

見た目へのコンプレックス

ニートから脱出できない人は、自分の見た目にコンプレックスを持っている人が多くいます。

太っている、気持ちが悪いと思われている、不細工だから、挙動不審だから、まともにコミュニケーションがとれないからなどの理由で外の世界をシャットアウトしていることがあります。

そのため、駅などで人の目にさらされることを避け続けた結果、家から出ることもできなくなったもしくは家から出たくなくなったなどの理由でニートからますます抜け出せなくなっています。

コミュニケーション能力への不安

ニートの人は基本的に外の世界をシャットアウトしているため、家族以外の人と話すことはあまりありません。

そのため、通常の人が当たり前と思っているコミュニケーションスキルがなかったり、挨拶の仕方やマナーがわからなかったりします。

人とどう接していいのかわからないと悩むことで人と接することがますます怖くなり、話すと相手が何を考えているか怖くなってしまい、さらに人との接触を避けてしまいます。

自分を卑下しすぎる

コンプレックスや見た目から自分を卑下しすぎてしまい、外に出れないケースもあります。

周りの人からしたら何も思わないのにニート本人からすると過剰に反応してしまうため、外部との接触をさらにシャットアウトしてひきこもり、ニートから抜け出せなくなってしまいます。

体力的不安

ニートから抜け出して仕事をしようと考えたところで今まで外の世界から離れていたがため、体力的についていけるかどうか不安になってしまいます。

体力的な不安は、自分が体力なかったら周りの人に迷惑をかけてしまう、周りの人の評価が悪くなる、仕事にこなければいいのにと思っているなどマイナス思考の悪循環になってしまいます。

会社に縛られることへの圧迫感

ニートはひきこもって誰にも干渉されたり、縛られることのない生活を送ってきました。

そのため、会社員やアルバイトとして働くと会社やお店から縛られる、自由を奪われてしまう圧迫感に耐え切れない人がいます。

例えば会社員として勤め始めた時に会社からの電話が頻繁に入ったり、上司からのメールが定期的に受信すると息苦しさを感じたり、心地悪さを感じて仕事や外の世界に対して嫌気がさしてしまいます。

プライドが高い

ニートの中にはプライドが高く、社会復帰がなかなかできない人がいます。

例えば、仕事をしようと思っても、下積みのような仕事は嫌がり、管理職や自分が主役になれるような仕事を探がしたり、人に使われるのが嫌だから会社員になりたくないと結局何もしない人がいます。

自分はこんなものじゃない、自分はもっとスターなんだと勘違いしてニートから脱却できない人は少なくありません。

諦めがはやい

ニートになる人の共通点として物事に取り組む際にすぐあきらめてしまうことです。

どんな仕事でもすぐには覚えることは難しいですし、社会に順応するにも社会に空白期間のあるニートは時間を要しますが、すぐに結果がでない、すぐに改善できないなど自分で勝手に線引きして諦めてしまう人がいます。

その結果、ニートから脱却できずにニートを続けてしまいます。

ニートから社会復帰するためのステップとは?

先程はニートを脱出できない原因についてまとめました。

ニートから脱出できない原因がわかったら次はどうやったらニートが社会復帰できるのか気になるところです。

ここでは、ニートが社会復帰するためのステップについて紹介していきます。

とりあえず働いてみる

ニートがいきなり正社員として社会に復帰するのは相当の覚悟と決意が必要になりますし、空白期間があるため、企業側も採用するのに躊躇してしまうため、障壁が高くなります。

ただ、ニートのままだといつまでたってもニートのままなので、社会復帰するためには、まずアルバイトでも派遣でも契約社員でもいいのでまず何か仕事を始めることからスタートするのをおすすめします。

もちろん、いきなり8時間働くのではなく、最初は2時間や3時間くらい働けるところから始めて、もっと働けそうなら少しずつ時間が長いアルバイトへシフトしていくことです。

ニートになったのにはきっかけや原因があったように、社会に復帰するためにも動機を用意することで社会復帰の第一歩を踏み出すことができます。

過去の自分と向き合う

過去に何かきっかけがあり、ニートになり、もしかしたら今は社会復帰を望んでいる自分がいるのであれば、まずは過去の自分と向き合ってみましょう。

何が嫌になって社会から自分を隔離したのか、どうしてそうなってしまったのかなど自分自身と向き合って心の中で自分に語りかけてみて下さい。

ニートを脱出できない原因にもあげましたが見た目やコンプレックスが気になり社会復帰できない、したくないと思う人は少なくありません。

ただ、それはあくまでも自分の妄想であり、意外と世間の目は気にしていないことが多いです。

一度過去の自分と向き合い何がダメだったのかを考えてみましょう。

小さな課題を自分に課し、小さな成功体験をする

ニートを経験すると社会に戻るためにブランクを埋めなければなりません。

ただ、いきなり大きな目標を立てても挫折したり、やり遂げれないことで自分を更に卑下してしまいかねません。

そのため、社会に復帰するためにはまず、小さな目標や課題を自分に与え、クリアすることで小さな成功体験を繰り返します。

最初は簡単なことでもかまいません。

コツコツと小さな成功体験を重ねることで目標をクリアすることに楽しさを覚えたり、少しずつモチベーションや自信を取り戻すきっかけ作りになります。

運動などまずは外に出てみる

ニートは、基本的にひきこもりが多いです。

そのため、いきなり正社員の仕事やアルバイトはハードルが高いと思うなら、まずは外に出てみましょう。

外にでてジョギングなり、ウォーキングなり運動をして外の世界に触れる機会を増やしていきましょう。

最初はしんどいかもしれませんが、少しずつ習慣づけしていき、外に出ることが当たり前であることを自分に認識させましょう。

そうすることで外にでるきっかけができ、運動して外に出るのが当たり前になれば、少しずつ何かをしたい意欲が湧いてくるはずです。

スキルを身につけるために行動を起こしてみる

ニートの中には、学校を途中で行っていないとかスキルや知識があまりないということです。

そんな中、正社員やアルバイトに応募してもなかなか採用の機会を得れず、採用の機会がなければせっかく出てきたやる気がなくなってしまいます。

そうならないためにも若者支援センターや自治体、ハローワークなどが紹介や斡旋してくれる職業訓練学校や養成学校などに通って、仕事に必要な知識やスキルを身に着けるところから始めてみるのも一つの方法です。

ニートになると自分が何もできないから社会から必要とされていないと考える人がいます。

つまり、仕事に必要な知識やスキルを身につけることで仕事に対しての意欲や興味、自分への自信を得ることで社会復帰につながっていきます。

生活習慣を変えてみる

家にひきこもったニートをすると昼夜逆転の生活や不規則な生活を送りがちです。

うつ病や精神的に不安定な人の中には生活習慣の乱れが更に症状を悪化させていることがあります。

そのため、ニートを脱出したいと思ったならまずは生活習慣を朝型に変えてみましょう。

朝起きて太陽の光を浴びて、朝ごはんを食べてと小学校や中学校の頃に当たり前にしていた生活習慣に戻すことで少しポジティブな考えができるようになります。

また、日光をあまり浴びないと人の思考はネガティブになりがちですのでまずは朝早く起きて生活習慣を朝型に変えてネガティブな思考になることを防いでみましょう。

社会復帰するための注意点とは?

さきほどは、ニートが脱出できない原因や社会復帰するためのステップを紹介しました。

一度ニートになると自分を奮い立たせて社会復帰すると強い意志で挑まなければ社会復帰の障壁は高いですが、決して不可能ではありません。

ただ、社会復帰に向けてせっかく上がったモチベーションややる気を落とさないために注意すべき点がいくつかあります。

ここでは、社会復帰に向けて注意する点を紹介します。

すぐに諦めないこと

ニートをするということは堕落した生活をしてしまうこと、何もしないので自分に対して甘やかしてしまうことや社会に対しての後ろめたさがあるため、諦めるくせがついてしまっていることがあります。

それはニート期間が長ければ長いほど自分への評価が低く、すぐに投げ出してしまったり、諦めてしまったりします。

言い換えるとニートをしてから社会復帰するには時間と労力が必要ということです。

ちょっとした失敗や失敗した際の周りの目は他の人に比べたらニートの人はかなり敏感です。

そうなるとすぐに自分の殻に閉じこもってしまい、逃げ出したくなったり、投げやりになったりします。

まずは、自分がニートをしていたことや空白期間があることを自分自身に言い聞かせじっくりと向き合うことが必要です。

そのため、少しの失敗や周囲の目を気にして諦めるのではなく、じっくりと向き合う勇気と姿勢が必要になりますのですぐに諦めないように注意をしましょう。

自分だけでダメなら専門機関へ相談する

ニートから脱却するためには自分の力でまず行動することが大切ですが、ニート期間が長くなると何から始めたらいいのか、何をしたらいいのか、どこから手を付けていいのかわからないやわからないことがわからない状況に陥ってしまいます。

その場合は、思い切って自分の力だけではどうしようもないので、ハローワークや若者支援センターなどの専門機関へ相談し頼りましょう。

自分の力でどうしようもないのに粘っていたら結局ダメだったや、どうしようもないからもういいやと諦めてしまう可能性があります。

せっかく出したやる気を何もせずに諦めてしまうのはもったいないので、わからないならわからないと認めて専門機関へ駆け込むことがポイントです。

要はわからないのに自分だけで抱え込まないように注意しましょう。

嘘をつかない

社会復帰するためにアルバイトや正社員、派遣や契約社員に応募すると当然ですが面接を受ける機会を得ます。

ニートが社会復帰に向けて仕事を始めるためには避けて通れない壁です。

ここで注意しなければならないことは、面接時の質問に対して嘘の回答をしないことです。

例えば、「なぜ就職しなかったのですか?」と聞かれて「事業を起こそうと準備していました」とか「他にやりたいことを模索していました」など本当にそうであるなら答えてもいいのですが、その場しのぎでの回答であるなら嘘をついて逃れてはいけません。

ニートを経験すると当然ですが、空白期間ができます。

空白期間ができると年齢を重ねることに就職する際に採用側は空白期間に何があったかを面接で質問してきます。

ここで正直に答えるのはマイナスだと思い、嘘や適当な回答をすると面接する側には嘘だと伝わってしまい、せっかく真面目な印象や良い印象を与えていたとしたら台無しにしてしまいかねません。

もちろん、正直に答えなければなりませんが、「空白期間何をしていましたか?」や「なぜ就職しなかったのですか?」の質問に対して「やりたくなかったからです。」や「社会に対して不満があったからです。」などというストレートすぎる回答は、マイナスイメージにつながりますので注意しましょう。

世間はみんな敵ではない

ニートになると期間が長ければ長いほど人の視線や周囲の評価にとても敏感になり、ちょっとしたひそひそ話がまるで自分の悪口を言っているかのように思えてきます。

街を歩いていたら人の視線を痛いほど感じたり、電車やバスに乗るとみんなが自分を嫌な目で見ていると、実際はまったく違うのにネガティブな方へ思考が働いてしまいます。

他にも仕事でミスをして怒られると自分の人格を否定されたように思ってしまう人もいます。

そんな時は一度考えをリセットして下さい。

そして、自分へ注意してほしいのが世間や周りの人が全て敵ではないということです。

例えば、家族は、ニートをしていた子供が何か始めたいと自発的に言えば、応援してくれます。

職場などでもニートをしてたけど社会復帰したいと言えば、応援やサポートしてくれる人が現れることがあります。

もちろん中には否定的な人がいたり、仕事のミスを必要以上に怒る人もいますが、そういったばかりが周りにいるわけではなく、頑張ろうとしている自分に対して手を差し伸べてくれる人もいることを理解しましょう。

避けなければならないのは周りは誰も味方してくれない、周りはみんな敵だと認識してしまうことです。

ニートが社会復帰するためにおすすめの仕事

ニートの半分くらいは人と関わることに抵抗や恐怖感があります。

それは過去の経験からきているものなのでまずはこの壁を乗り越えなければなりません。

かといっていきなり正社員の仕事や接客業など人と関わる仕事をするのには障壁が高すぎるため、せっかく社会復帰しようと前向きに行動していても心が折れてしまう可能性があります。

ここでは、ニートが社会復帰するためにおすすめの仕事を紹介します。

清掃員

清掃員の仕事は、人と関わることも少なく、もくもくとホテルの部屋やビル、ショッピングモール等の施設の掃除をすることが主な仕事なのでニートが仕事を始めるにあたってはおすすめの仕事の一つです。

また、清掃員は正社員ではなく、アルバイトや契約社員、派遣社員の雇用形態が多いため、社会復帰したいけどいきなり正社員は無理だとかアルバイトなどから少しずつ社会復帰したいと考えているニートにおすすめです。

清掃員の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

倉庫作業員

清掃員同様、もう一つおすすめなのが倉庫作業員です。

体を動かして体力を必要とする仕事ではありますが、自分がやったことが目に見えてわかるため、小さな成功体験を重ねるのに最適な仕事です。

倉庫作業員も清掃員同様、アルバイトや契約社員、派遣社員の雇用形態が多いため、少しずつ社会復帰を目指したい場合はおすすめです。

トラックドライバー

人とあまり関わりたくないけど、正社員として仕事をしたいと考えているなら免許をとらなければなりませんが、トラックドライバーがおすすめです。

昨今のドライバー不足もあり、トラックドライバーは、安定した給料が望める仕事です。

また、運転中は誰とも関わることがなく、自分のペースで仕事をすることができるため、社会復帰を目指すニートにおすすめの仕事です。

まとめ

ニートやひきこもりの人は、誰もが自堕落な生活を望んでいるわけではないことやニートをしていたとしても社会復帰することは可能であるということを理解頂けたかと思います。

ニートをしていた時間を取り戻すことはできませんが将来に向けて自分を変えていくことはできます。

ニートから脱却したい人やニートである自分を変えたいと思っている人は、ぜひ勇気をもってまずは行動して下さい。


関連キーワード

ニート仕事

ニート仕事に関するコラム

ニートが就職を成功させるためには、どんな方法で探せばいい?おすすめの求職支援も紹介します

一度ニートになってしまうと、再就職の際に履歴書に空白がある事で採用担当者に勘繰られてしまったり、不利な待遇を受けてしまう事が多々あります。しかし、ニートになってしまったからと言って、就職が出来ないわけではありません。適切な方法で仕事を探せば、好待遇の会社(ホワイト企業)に就職をする事も十分可能です。ニートが就職を成功させる方法とおすすめの求職支援と利用の際のポイントをご紹介します。ニートって良いの?悪いの?実家住まいならある程度の衣食住は確保されているので、就職(仕事)をしていなくても生活をする事は出来ます。しかし、問題は自分を養ってくれている両親が高齢になった時に訪れます。両親が定年を迎え、

ニートが暇と感じたら、チャレンジしてほしい7つの仕事とは?おすすめの理由も紹介します

現在ではニートという言葉を自然に使用するまでになっています。いつの間にか市民権を得ているようにも感じます。学生生活を終え、社会人になっている年齢に仕事をしていないことに対して、自らのことを「今、俺ニートなんだよね」と自虐的に利用することもあります。時事ニュースやドキュメンタリーなどで「ニート」に対しての特集が組まれることがあり、若者だけでなく、中高年層で働かずに家にずっとこもってしまっていることなど問題になっているようです。ニートが暇と感じている方がいれば、ぜひチャレンジしてほしい仕事を紹介していきたいと思います。ニート生活ってどうなの?暇なものなの?!実は暇という実感がない周囲からみると何も

ニートとは?ニートになってしまうきっかけや原因を詳しく紹介します

今や場面を問わず耳にすることも多いニートという言葉。正しくその言葉の意味を把握せずに、揶揄して使われることも多い表現かもしれません。ニートとは、正確にはどのような状態を指す言葉なのでしょうか?そして、ニートになってしまう理由や遠因は一体何なのでしょう。ニートとは何かということと共に、そのきっかけは一体何なのか、原因はどのようなことなのかを、掘り下げてみたいと思います。ニートとは?現代日本において、一人歩きしてしまっている印象もある、ニートという言葉。元々はNot in Education, Employment or Training, の頭文字をとったNEETという言葉で、イギリスで生まれた

社内ニートの特徴や原因とは?脱出するための3個の方法も紹介します

「社内ニート」という言葉をご存知でしょうか。ニートとはそもそも「Not in Education, Employment or Training」の頭文字をとったもので、つまり教育・雇用・職業訓練下にいない人を指しています。では「社内ニート」とは何なのでしょう。社内にいる以上はニートではないはずなのですが…。社内ニートって何?社内ニートは要するに、出社はしているけど仕事が無い人のことです。以前は窓際と呼ばれていました。給料は出ますが、就業時間中にやることが何もなく、ネットサーフィンをしたり手遊びをして、定刻になれば家に帰ります。それだけ聞くと、何もしないで給料が出るならメチャクチャ羨ましいポジ