一度ニートになってしまうと、再就職の際に履歴書に空白がある事で採用担当者に勘繰られてしまったり、不利な待遇を受けてしまう事が多々あります。

しかし、ニートになってしまったからと言って、就職が出来ないわけではありません。

適切な方法で仕事を探せば、好待遇の会社(ホワイト企業)に就職をする事も十分可能です。

ニートが就職を成功させる方法とおすすめの求職支援と利用の際のポイントをご紹介します。

ニートって良いの?悪いの?

実家住まいならある程度の衣食住は確保されているので、就職(仕事)をしていなくても生活をする事は出来ます。

しかし、問題は自分を養ってくれている両親が高齢になった時に訪れます。

両親が定年を迎え、年金生活が始まると金銭的な問題が必ず出てきます。

また、両親が亡くなってしまったら収入源は一切無くなってしまいます。

そしてその時には自分自身も歳を重ねてしまい、社会復帰はかなり難しい状態になります。

両親が元気な内はニートをしていても良いのかもしれませんが、長い目で見ると将来的に必ず問題が生じるので「悪い」と言えます。

仕方が無くニートになってしまった人や自堕落な生活の結果、ニートになった人などその背景は様々ではありますが、いつか必ず取り返しの付かない大きな問題に直面するのは明らかです。

ニートから脱出するのって大変なの?

一度ニートになってしまうと様々な要素が負の連鎖を作り出してしまうので、脱出をしようと行動してもなかなか上手く進める事が出来なくなります。

何の準備もせずに面接ばかりを受けても不採用通知が溜まるだけです。

まずはニートを脱出するのはなぜ大変なのか、どんな要素が負の連鎖を作り出しているのかを理解する必要があります。

ここでは、なぜニートが就職を成功させる事が出来ないのか、なにが自分の行動の妨げになっているのかをご紹介します。

現実逃避

理屈的に考えるとニートになってしまうと社会的立場も悪くなり、将来的な不安などがあるのは当然ですが、一度ニートになってしまうと自己防衛や自己肯定感から「現実逃避」をする様になってしまいます。

その結果、部屋から出ない引きこもりになってしまったり、「いつか自分は大きな事を成し遂げる」と一発逆転をする妄想をして「危機感」すらも薄れてしまいます。

現実逃避をしてしまうと「明日やれば良い」「来週には面接を受ける」「まだ時間はあるし、全然間に合う」と時間的な感覚までも麻痺させてしまいます。

その悪循環の渦に巻き込まれてしまうとなかなかニートから脱出する事が出来ずに年齢だけを重ねてしまい、益々立場は悪くなっていきます。

履歴書の空白

一度、就職をした経験やアルバイトの経験があったとしても一度でもニートの経験をしてしまうと、履歴書に空白期間が生まれてしまいます。

面接官はその空白期間について必ず「空白期間がありますが、この期間は何をされていたのですか?」と質問をされます。

その際にネガティブな印象を与えずに説明をする事が出来ないと、どうしてもマイナス評価を受けてしまう事があります。

多くの人はニートに対してネガティブイメージを持っているので当然の事なのかもしれません。

しかし、空白期間があったとしても「資格取得のための勉強をしていた」「家業の手伝いをしていた」「海外に行っていた」という場合はポジティブな印象を与える事が出来ます。

勿論、嘘をついてもいつか必ずボロが出てしまうので、今ニートをしているなら自堕落な生活を続けるのは辞めて、ポジティブな印象を与えられるような行動を始めると再就職の際に空白期間が高評価の対象にする事が出来ます。

自信の喪失

面接の基本は「笑顔でハキハキと自信を持って挑む」事です。

しかし、ニートを経験した人は空白期間から来る後ろめたさや、卑屈さ、不規則な生活から来る不健康で不潔なオーラのせいで自信を失ってしまい、面接というコミュニケーションが上手く取れない人も多くいます。

「もし自分が面接官だったら自分を採用しない」と感じる様だったら、自信を持って面接を受ける事は出来ません。

まずは自分に自信が持てるように面接で有利になるような資格を取得したり、勉強をしたり、具体的な目標を定める事をおすすめします。

変化を拒否しない

なんとなくニートでも生活が出来ていると、その生活を変化させるのが怖くなってきます。

自分の知っているコミュニティの中でだけ生活を送る事が出来れば精神的な平穏は保たれてしまうからです。

しかし、それは適切な社会参加、活動とは言えません。

どんな形であったとしてもニートを脱出し、就職をする、仕事をする事が出来るのは「好転」と捉える事が出来ます。

ヤバいと思った時にはもう遅いかも

両親が定年を迎えたり、亡くなってしまったり、家を追い出されてしまい「そろそろ就職しないとヤバい」と思っても時すでに遅しという場合があります。

ニートだとしても就職をする事は可能ですが、就職先は年齢を重ねる毎に狭まっていきます。

就業経験のないまま年齢を重ねてしまうと「未経験者歓迎」「年齢不問」だとしても選択肢は大幅に減ってしまいます。

若さは仕事をする上でこの上ない武器になります。

取り返しの付かない事態に陥ってしまう前に早い段階でニートから脱出出来る様に早めの行動を心掛けましょう。

ニートが就職を成功させるためには、どんな方法で探せばいい?

ニートがいざ就職をしようと決心しても「なにから始めれば良いか分からない」「きついのは嫌だ」「安いのは嫌だ」と悩んでいる内に決意が薄れてしまい、ニートをダラダラと続けてしまうという事があります。

まずは、ニートが就職を成功させるにはどんな方法で探せば良いのか、どんな事から始めたら良いのかをご紹介します。

とにかく職歴を積む

ニートからいきなり大企業などに就職するのはやはり現実的に考えて難しいです。

それは企業からすると「ニートをしていた人」は「何らかの問題を抱えているのではないか」と考える事が多いからです。

当然、新卒者や職歴に問題の無い人を雇った方がリスクが低いと考えています。

「もし就職をするなら一流企業じゃないと入らない」と高望みせずに、まずは職歴を積むためにアルバイトでも仕事を始めるのが得策です。

「今更アルバイトは出来ない」「そんなんじゃ同級生にバカにされる」と考えずに今できる事をひとつひとつ確実にこなしていく事をおすすめします。

インターネットで情報収集

仕事、アルバイト、派遣などどんな仕事であってもインターネットを使って探すのが現代では主流になっています。

実際、インターネット上には絶えず求人情報が発信、更新されています。

情報の鮮度(情報の新しさ)を考慮してもオススメの仕事探しの方法です。

中には実際に働いている人の声などを掲載している場合もあり、比較検討がしやすいのもオススメの理由です。

親や友人の紹介

就職の際に最も有利なのは今も昔も変わらず「紹介」です。

採用する側も誰かの紹介なら安心して雇う事が出来ます。

親や友人に「仕事を探している」と言うのは心苦しかったり「惨めな想いをするのでは」と考えて躊躇してしまいますが、その見栄のせいでせっかくのコネを利用できずにニートを続けてしまうようだと元も子もありません。

著者の経験上、友人の中には「人手不足で悩んでいるから誰かいないかな」と考えている人もかなり多くいます。

全く知らない会社に就職するよりも誰かの紹介で入社した方がプライベートな事情も理解して受け入れてくれる事があるので、最初は様々な面でも安心感があるのでオススメです。

未経験歓迎は狙い目だけど落とし穴も・・・

「未経験者歓迎」「年齢不問」「学歴不問」「ブランクある方も歓迎」と書かれている求人はニートにとっては有難い文言であり、その企業の間口の広さ(条件の緩さ)を感じる事が出来ます。

もちろんニートを脱出するには間口の広い企業に行くのがベターです。

しかし求人には「未経験歓迎」と書かれていて面接の際に「全く経験も知識もありませんが、これから頑張って勉強をします」と言ったのに苦笑いをされたり、不採用にされてしまうと言った経験がある人もいるかと思います。

それは「未経験者歓迎」には2パターンあるからです。

それは「全く知識の無い未経験者歓迎」と「ある程度のスキルや知識はあるけど業界未経験者歓迎」というパターンです。

「未経験者歓迎」と書かれているからと言って、全く知識が無いのにIT企業の開発担当に応募するのは無謀である事をイメージすると分かりやすいかと思います。

仕事を探す際には「未経験者歓迎」であってもある程度の知識とスキルが必要な場合があるので、見極めが必要です。

また、自分がどんな事が出来るのかを自己分析する必要があります。

パソコンを使って受注型の仕事をする

引きこもりでも出来る仕事として人気があるのが在宅ワークです。

プログラミング、デザイン、ホームページの作成などスキルと知識はあるけど就職が出来ない人は家で仕事をするのも一つの手です。

クラウドソーシングを利用してクライアントから仕事を受注したり、自分のホームページを作成して仕事を受注して個人事業主として仕事をする事も出来ます。

家にいるという状況は変えなくてもパソコンを使って仕事をする事が出来れば収入を得る事が出来ます。

また、メールやチャットのみで仕事のやり取りをする様に出来れば人と話す必要も無いのでコミュニケーションを取るのが苦手な人にもオススメです。

公共・民間の求職支援を利用する

求職支援には厚生労働省が主体となって運営している公共の求職支援と、民間の企業が主体となって運営している求職支援があります。

公共の求職支援は国が主体なので給付金を受ける事が出来たり、無料で授業を受ける事が出来たりします。

反対に民間企業が主体となっている求職支援及び職業紹介は営利目的で行っているため、サービス性に富み、幅広い分野への就職が可能になります。

おすすめの求職支援とは??

給付金をもらいながら、職業訓練を受けて就職を支援してくれる制度が日本にはあります。

とても人気も高いものではありますが、この制度を利用した人の半数を超える人が安定した企業(収入、勤務時間、保険の観点から)に就職する事に成功しています。

職業訓練とはいくつかの職種からコースが用意されており、3か月から6か月の授業を無料で受ける事が出来ます。

職業訓練には「基礎コース」と「実践コース」があり、基礎コースはビジネスマナーなどの社会人として基本を学ぶ事が出来ます。

実践コースは更に就職に有利になるような専門的な知識やスキルを身に付ける事が出来ます。(通常、授業を受けるためには多額の費用が必要ですが、求職支援制度を利用すると無料で受ける事が出来ます。)

ここでは、厚生労働省が主体となって運営をしている求職支援制度の実践コースでオススメの職業訓練をご紹介します。

パソコンインストラクター養成

パソコンの使い方から、オフィスソフトの使用方法と応用、ホームページの作成方法などを学ぶ事が出来ます。

パソコンを使った企業に就職が有利になるのはもちろんの事、パソコンインストラクターとしてパソコン教室で指導を行えるレベルまで学ぶ事が出来ます。

ある程度のパソコンスキルは社会人にとって当たり前のスキルにもなりつつありますが、専門的なスキルを身に付ける事が出来れば就職の際に選択肢が増えます。

また、就職をする事が出来なくても、パソコンスキルを身に付けておけば、在宅ワークや個人事業主として仕事を受注する事も出来る様になるので、とてもオススメのコースです。

介護スタッフ養成

介護スタッフとしての知識やスキルを身に付ける事が出来る実践的なコースです。

介護業界は少子高齢化により慢性的な人手不足に陥っています。

また、介護スタッフは今後も益々需要の高まる事が予想されている仕事なので、将来的な安定を求める人にはオススメです。

介護業界は国からも注目され、様々な施策が実験的に行われているので今後、介護士の待遇も良くなると言われています。

介護スタッフ養成コースは特に高い就職率にあるのも特徴です。

グラフィックデザイナー養成

パソコンを使ったグラフィックデザインの基礎から応用までを学ぶ事が出来ます。

イラストレーターやフォトショップのスキルを身に付ける事が出来ます。

IT企業はもちろんですが、出版業界への就職も期待できます。

作業的な要素の少ない仕事なので、絵や写真などが好きでクリエイティブ志向な人にはオススメのコースです。

宅建業・不動産業就職課

職業訓練コースで最も人気の高いコースです。

難易度の高い事で有名な「宅建(宅地建物取引士)」ですが、資格を取得する事が出来れば不動産業界への就職にはとても有利になります。

また、不動産業は永久に無くならない仕事のひとつでもあります。

不動産業はのれん分けや独立をする人の多い業界でもあるので、夢のある職業としても人気があります。

住環境リノベーションコース

新築が最も多く建てられたバブル期から30年になり、その頃に建てられた物件はリノベーション、リフォーム、建て替えの時期を迎えていて、需要が伸びる事が予想されています。

このコースでは建築基礎知識から住宅の内装、設備工事などの専門的且つ現場で必要とされるスキルを身に付ける事が出来ます

力仕事が苦手という人でも施工管理者の知識も身に付ける事が出来ます。

他にも多種多様な業種がある

建築関係、IT関係、介護関係以外にもネイリストやエステシャン、ファイナンシャルプランナー、調理師、自動車整備など様々なコースを受講する事が出来ます。

全く知識がない状態でも授業を受ける事が出来るので、興味があるといった動機だけで始めても就職の際に役立ちます。

民間の求職支援

公共の求職支援は給付金を受け取れたり、無料で授業を受ける事が出来ますが、やはり就職率の観点から言うと営利目的で行っている民間の企業の方が上回っています。

就職経験が全くない人や学歴に不安がある人は公共の求職支援がオススメですが、ある程度のスキルを持っている人には民間の求職支援がオススメです。

民間の求職支援で就職を成功させるにはいくつかのポイントがありますので、ご紹介します。

具体的な条件を提示する

民間の求職支援を利用する際にはまずは担当者と面接をする必要があります。

この際に具体的な条件や職種を伝えておけば、担当者も就職先を紹介しやすくなります。

また、希望の職種に関するスキルや資格を持っているのなら、更に条件の良い仕事を紹介してくれるので、必ずそれも伝えるようにしましょう。

いくつかの求職支援を利用する

民間の求職支援を利用するなら同時にいくつかの企業を利用する事をオススメします。

それは公共の求職支援と違い、企業によって特化している職種が違うからです。

取り扱っている量が多かったり、就職率が高いからと言って、自分が希望している職種が少なかったら意味がないので、同時にいくつかの民間の求職支援を利用するのがベターです。

また、多くの求人を紹介される事によって比較検討がしやすくなります。

上手くいかなかったら担当者を変えてもらう

人間ですから、担当者によって気が合う合わないという事もあります。

気が合わずに話がうまくまとまらない、伝えられないといった場合は担当者を変えてもらうように頼んでみましょう。

担当者によっても得意な業界、不得意な業界があり、紹介される仕事の内容にも違いがあります。

ニートが仕事を始めるために、まずは仕事に対してポジティブになる

ニートになってしまうと自己嫌悪に陥ったり、現実逃避から仕事に対してネガティブなイメージを持ってしまいます。

そのネガティブなイメージをポジティブなイメージに変える事で就職の原動力にもなります。

ここでは仕事をする事で得られる様々なメリットをご紹介します。

金銭的余裕が出来る

仕事をすると金銭的な余裕が生まれます。

自分で稼いだお金なら堂々と自分の好きな物を買ったり、食べたりする事が出来ます。

また、金銭的に余裕が出来ると人に贈り物をする事も出来るようになり人生をより豊かにする事が出来ます。

収入が多い、少ないに関わらず、自分が自由に使う事の出来るお金を持っているという事は精神的にも余裕が生まれます。

また、高額な物が欲しいと思ったらそれのために働いて貯金をしたりとモチベーションにも繋がります。

社会的な立場確立される

仕事をして社会活動に参加していると、周りから社会人として認められます。

ニートの立場だと同窓会に参加できなかったり、親戚の集まりでも肩身の狭い想いをしたり、家族や近所から冷たい視線を浴びる事もありますが、ニートを脱出して就職をすると、誰の視線にも怯えずに堂々と過ごす事が出来る様になります。

楽しい事もたくさんある

残業をしたり、満員電車や渋滞に巻き込まれたり、上司に頭を下げたり、顧客や取引先からクレームを受けたりと、仕事をしていると辛い事は沢山あります。

しかし、仕事をしているとプライベートも含めて楽しい事もとても多くあります。

仕事に対して悪い「偏見」だけを持つのはオススメ出来ません。

時間に対して意識が変わる

ニートをしていると時間はたっぷりとあるはずなのに、一日、一週間、一ヶ月はあっという間に過ぎていきます。

仕事をしていてもあっという間に過ぎていきますが、そこに「充実」がある事によって虚無感は感じなくなります。

また、仕事をしていると休日の過ごし方も変わってきます。

限られた時間の中でいかに過ごすか、どう過ごすかという意識が芽生え、時間を大切にする事が出来る様になります。

時間は有限であり、貴重なものだと感じる事が出来るのは充実度、幸福度が高い証拠でもあります。

まとめ

ニートを脱出し、就職をするためには自分の中にも社会的にも多くの問題や壁があります。

しかし、それに対して適切な方法や手段を用いてポイントを抑えておけば、就職を成功させるのも十分に可能な事です。

「就職をしよう」と決心したら、その決意が薄れてしまう前に自分に合った求職支援を利用したり、まずはアルバイトを始める事をオススメします。

もし、就職をしたくない、仕事が嫌いだと感じているのなら、それは仕事に対してネガティブなイメージを持っているからかもしれません。

自堕落なニート生活に終止符を打ち、充実した生活を送るために「仕事」は必要な要素です。

是非、当ページを参考に就職を成功させて下さい。


関連キーワード

ニート仕事

ニート仕事に関するコラム

ニートを脱出できない7個の原因と、社会復帰するためのステップや注意点とは?

ニートってみなさん、ご存知ですか?無職の人や家に引きこもっている人などのイメージがあるかと思います。そもそもニートってなんだろう?とかニートは何でニートになったのか、今までに疑問に思った人は少なくないことでしょう。ただ、今、現在ニートである人の中でもまったく働く意思がなかったり、外に出たくないと思っていたりする人ばかりではなく、社会復帰したいと考えている人もいます。今回は、ニートについて紹介してきます。この記事では、ニートとは何か、ニートになった原因や脱出方法などについて紹介していきます。ニートって何?ニートって言葉は皆さんご存知かと思いますが、そもそもニートって何なのかご存知ですか?ニートっ

ニートが暇と感じたら、チャレンジしてほしい7つの仕事とは?おすすめの理由も紹介します

現在ではニートという言葉を自然に使用するまでになっています。いつの間にか市民権を得ているようにも感じます。学生生活を終え、社会人になっている年齢に仕事をしていないことに対して、自らのことを「今、俺ニートなんだよね」と自虐的に利用することもあります。時事ニュースやドキュメンタリーなどで「ニート」に対しての特集が組まれることがあり、若者だけでなく、中高年層で働かずに家にずっとこもってしまっていることなど問題になっているようです。ニートが暇と感じている方がいれば、ぜひチャレンジしてほしい仕事を紹介していきたいと思います。ニート生活ってどうなの?暇なものなの?!実は暇という実感がない周囲からみると何も

ニートとは?ニートになってしまうきっかけや原因を詳しく紹介します

今や場面を問わず耳にすることも多いニートという言葉。正しくその言葉の意味を把握せずに、揶揄して使われることも多い表現かもしれません。ニートとは、正確にはどのような状態を指す言葉なのでしょうか?そして、ニートになってしまう理由や遠因は一体何なのでしょう。ニートとは何かということと共に、そのきっかけは一体何なのか、原因はどのようなことなのかを、掘り下げてみたいと思います。ニートとは?現代日本において、一人歩きしてしまっている印象もある、ニートという言葉。元々はNot in Education, Employment or Training, の頭文字をとったNEETという言葉で、イギリスで生まれた

社内ニートの特徴や原因とは?脱出するための3個の方法も紹介します

「社内ニート」という言葉をご存知でしょうか。ニートとはそもそも「Not in Education, Employment or Training」の頭文字をとったもので、つまり教育・雇用・職業訓練下にいない人を指しています。では「社内ニート」とは何なのでしょう。社内にいる以上はニートではないはずなのですが…。社内ニートって何?社内ニートは要するに、出社はしているけど仕事が無い人のことです。以前は窓際と呼ばれていました。給料は出ますが、就業時間中にやることが何もなく、ネットサーフィンをしたり手遊びをして、定刻になれば家に帰ります。それだけ聞くと、何もしないで給料が出るならメチャクチャ羨ましいポジ