現在ではニートという言葉を自然に使用するまでになっています。

いつの間にか市民権を得ているようにも感じます。

学生生活を終え、社会人になっている年齢に仕事をしていないことに対して、自らのことを「今、俺ニートなんだよね」と自虐的に利用することもあります。

時事ニュースやドキュメンタリーなどで「ニート」に対しての特集が組まれることがあり、若者だけでなく、中高年層で働かずに家にずっとこもってしまっていることなど問題になっているようです。

ニートが暇と感じている方がいれば、ぜひチャレンジしてほしい仕事を紹介していきたいと思います。

ニート生活ってどうなの?暇なものなの?!

実は暇という実感がない

周囲からみると何もしていないように見えていますが、本人自身は暇と感じていないことがあります。

一日の中で多くをしてみているのはスマホやパソコンの利用時間が比較的長いことが挙げられていますが、その他にも漫画を読んだりすることで一日の大半を過ごしています。

一見暇そうに見えますが、本人は暇だからその行為をしているわけではないので、毎日同じことをしているようで、集中しているのでいつのまにか一日が過ぎていた何てことも普通にあります。

そもそも活動時間が短い

ニートと自認している人が生活は暇だと答えることもありますし、それをみている外部の人が暇なように見える場合とありますが、実は暇な時間自体が少ないということもあるのです。

それはそもそも睡眠時間が長いというものです。

他の学生や会社で働いているであろう時間に寝ていて夕方と夜だけが活動時間となる方もいらっしゃいます。

一日の半分以上を寝ていれば起きている時間が少ないので、食事を摂取する、テレビやネットを見るなどをしていたらいつの間にか寝る時間に・・・ということもあるようです。

就職までの壁が高い

一度ニートになってしまうと、そこから就職するためのハードルが一気に上がってしまうと言います。

気持ちの面で面倒になってしまうということもありますが、実は金銭的な問題があるのです。

ニートでしばらく過ごしていると金銭を稼ぐ手段がない状態が続きます。

ですので就職活動をすることすらできなくなってしまうのです。

就職活動は誰でもできるじゃないかと、不思議に感じる方もいるかもしれませんが、就職するにもお金がかかるのです。

各種書類や、証明書の発行、身だしなみを整えるために、床屋や美容院に行く必要があったり、正装としてスーツやシャツ、バックが必要。

希望する会社の面接に行くにも交通費がかかるのです。

様々な面で「困っていない」

ニートの人は働いていない人も多いし、そもそも表に出る機会も少なそうだし。

どうやって生きているんだろう?

食事はどうしているのか、着る服は、金銭はどうしているのかと疑問に思う方がいると思います。

当面経済的な心配がない

もともとは普通には働いていて、その際に自身である程度生活できる蓄えがあることから多少の余裕がある。

不労所得など働かなくても収入があるので働かなくて良い場合など「すぐ働かないとまずい!」という面がないために、働かないという選択をしている方います。

食べ物に困らない

実家住まいや、家族と同居しているなどの理由から、食事は自分以外が毎回用意してくれるので食べ物に困らないのです。

もしくはそもそも食に関しては関心があまりないために、必要最低限の食事しか摂らない場合や、毎回同じものを食べれば十分だと考えている。

欲が周囲と比較してとても少ない

生きていくために必要最低限のものがあれば満足できる方がいます。

別の言い方をすると欲が少ないのかもしれません。

これといった趣味というものがなかったり、友人などと出かける機会も少ないために、いつも着ている服は同じ。

流行りの服を着たい、格好いい、かわいい服を着たいなど「衣」の部分の欲求がなく、親が買ってきた服を着ている。

スマホやパソコンやテレビなどがあれば娯楽的にも満足してしまうなどです。

ですので、これが欲しい!

あれが買いたいという欲求が生まれないために、働いてお金を稼ぐという部分につながらないのかもしれません。

ニートをやめようと思うきっかけにはどんな理由がある?

怖れからニートを離れようと思う

メディアで他のニートに触れた時に感じた怖れなどからニートをやめようと思うきっかけを得る方がいます。

自分以外のニートをメディアなどで見かけたり、直接他のニートと出会ったりした中でも、ドキュメンタリーなどの特集ででニートの現実に迫った映像を見かけた際に、何も考えずにニートの生活をしていた自分も、もしかしたらあのような末路を辿ってしまう!

と、怖れを感じた時に「あんな風になる前に自分から動き出さなければ」という気持ちが湧き上がることがあります。

ニートから離れると良いことがありそうだ

ニートだった人が紆余曲折を経て、社会に復帰し、普通の生活を送っている、楽しそうにしている、事業で成功を掴んでいるなど話題に触れた時に「自分のあのようになりたいな」「自分もニートから離れて自立をしたい」と前向きな気持ちに振れることがあります。

「実は昔は自分もニートだったんです」ということをメディアを通じて有名人や、企業の社長さんなどが話している姿をみて「あの人でもニートから離れられたのだから、自分もニートから離れることができる!」と確信した時に自らニートを卒業すると決め動き出す方もいます。

経済的理由

実はニートのほとんどの人が、自分以外の方からの援助を受けて生活しています。

その多くは家族であったり、パートナーであったりと様々ですが。

その援助を受けているという前提が崩れる時に、自ら動かなければ!とならざるを得ません。

人間には切っても話せない「衣食住」が満たすことができない。

また自分の意思とは関係なく税金の催促があなたを悩ませます。

初めのうちは見過ごすことができていても、いざこれまで通りの生活ができないと感じた時にようやく重たい腰を上げて動き出す人もいるようです。

周囲からの応援から

学生時代の友人や会社で同僚だった人、家族からの後押しを受けてニートをやめようと思う方もいます。

周囲の人たちはあなたには活躍の場があると言って就職先を紹介、斡旋してくれることがあると思います。

能力があるのにもったいないと自ら働いている会社に誘ってくれたり、とりあえずアルバイトしてみない?といった勧誘などに、半ば押される形で試しに働いてみたら以外と一日、二日。

一週間、一ヶ月と継続して働くことができて、さらにもっと仕事ができるようになりたい、仕事が楽しい、もっと稼ぎたいといったような欲求が生まれるなどの好循環が生まれて、いつの間にかニートから卒業できていたなんてこともあります。

ニートにチャレンジしてほしい7個の仕事とは?

チャレンジというと、一気にハードルが上がってしまうので「チャレンジできそう」な目線で仕事を探してみましょう。

ポスティング

ポスティングの仕事は、主には企業から依頼されたチラシやダイレクトメールと直接郵便受けに投函する仕事になります。

アルバイト形式、登録派遣型のものが一般的ではありますが、自分の好きな地域または登録した地域で、働ける日程を申請することによって週に何回働くのか、一日にどの程度働くかを決めることができます。

自分の都合で時間なども決めることができます。

直接人に営業をするわけでないので、ただ黙々と歩きながら作業をすることが一般的なので、敷居が低い仕事といえそうです。

そのおすすめ理由とは?

一見地味に見える仕事でも、ある効用があります。

それは外に出て、外の空気を吸いながら歩くことができるということです。

ニートの方のほとんどが外出はおろか家の外に出ないので、自然と屋内で過ごすことになりがちです。

まずは働くこと、なによりも動くことが引きこもりから離れる為の準備体操にもなると思います。

歩きながらポスティングをしていく中で「いつのまにかこんな建物が建っている」「ここにあったお店がなくなっている」など、昔見た街並みや景色が変わっていることを感じたりすることができて、新たな発見があるかもしれません。

アフェリエイト

アフェリエイトとは成功報酬型広告というものです。

webページを見ていると、いつの間にか自分の関心のある商品が紹介されていることに気がつき、その広告をタッチして進んでみたら、気になっていた商品、欲しかった商品で買ってしまったということはありませんか?

また著名人や自分がフォローしている方のホームページやブログなどで紹介されていた商品がとても魅力的で、リンク先から販売サイトへ飛んで、そのまま購入した。

こうして誰かが紹介している商品を、紹介されているページのリンクを通じて、購入に至った場合。

紹介者に報酬が支払われています。

そのおすすめ理由とは?

アフェリエイトは、手軽に始められることが魅力です。

いくつかスタートする前に登録などの作業が必要になりますが、その後はいたって簡単です。

自分がいつも利用しているSNSやネットのサービス上で商品やサービスを手順通りに紹介すればいいのです。

実際にアフェリエイトを調べてみると、あまり稼げないなどの情報が目に入ってきますが、まずは稼ぐ云々の前に一度やってみることがとても大きな一歩になります。

小さくても良いので一度でも報酬を頂くことができると、そこからもう少し報酬を得るためにはどうしたらいいだろうか、もっとこうしていこうという欲が生まれてくるかもしれません。

工場勤務

勤務する工場によって仕事様々ですが、まずは製造しているもので好きなものでも良いですし、その他、体力的に自分の負担にならない業務であること、職場が自分の家から近い、周囲の人に会わない時間帯で働くことができるなど、自分が働くために抵抗のない仕事を探してみると、条件に合うものがあったりします。

全ての条件が満たされなくても、この部分は譲れない条件というものを満たしているものであれば試しに働いてみるのもよいかもしれません。

そのおすすめ理由とは?

年間を通じて募集があるために「働こうかな?」と思いたった時に、比較的仕事につきやすいと言えます。

仕事にもよりますが、しっかりとした社内マニュアルのある会社であれば、指示された業務を淡々とこなすことが性に合うかもしれません。

ただ載せるだけ、はめるだけ、テープで留めるだけといった単純作業がメインの仕事であれば、もくもくと作業をすることができます。

休憩以外では特に周囲と話す機会も少ないので、精神的な負担、身体的な負担やなく一日の一定の生産数量を満たすことができれば、残業することもないと思います。

土木工事の現場仕事(日雇い)

一見すると、日雇い労働のイメージや、とても肉体的に辛そうな仕事をしなければならないように感じます。

日雇い労働には安定性はありませんが、反対を言えば一日ずつで仕事が完結していくために、少しばかり大変なことがあったとしても、一日約8時間やりきれば良いということになります。

仕事に関しても急に大変な仕事を任されることはなく、現場での資材や部品などの分別や、現場の清掃、準備など誰でもできる仕事となっています。

そのおすすめ理由とは?

一度働いたらしばらく努めなければならない、少しだけお金が欲しい時に働くと言った選び方がしやすい業種でもあります。

始めたばかりの時には緊張して思うように仕事ができないこともあるかもしれませんが、言われたことを守って、丁寧に仕事をしていることがわかれば皆が受け入れてくれ、な

運送業

何か欲しいものがあったら、スマートフォンやタブレットからショップページを開いて、画面をタッチするだけで簡単に商品を注文できて、早ければ注文をした次の日、もしくは指定した日に商品が自宅に届いている。

とても便利な時代になりました。

運送業者の仕事は企業からお客様へ、会社から会社へと依頼を受けた荷物を無事に送り届けるのが仕事になります。

注文を受け商品は運送業者を通じてお客様の元へと荷物を持って向かいます。

日荷物の取扱量は日に日に増えており、需要が高まっています。

会社によっては運送業務に必要なフォークリフトの講習などを受けされてくれる会社もありますので、以後仕事を変えたとしても、アピールポイントとして残ります。

そのおすすめ理由とは?

何と言っても運送業は、未経験から始めた場合でも平均より高い給料をいただけるのが魅力かもしれません。

現在は人手不足の流れがあり、採用されやすい環境にあります。

また、一昔前までの大変なイメージとは裏腹に、労働環境も改善されてきています。

せっかく働くのだったら少しでも給料が高い方がいいという人にはオススメです。

肉体労働の面もありますが、体を動かすことで心身を鍛えることができるので、精神的な面でもプラスに働く面がありそうです。

仕事の種類によっては長距離運転が必要にはなりますが、様々な場所へ訪れることができることと、トラックに一度乗れば一人の空間ですので人との煩わしさもないので気が楽かもしれません。

IT業界(プログラマー、エンジニア)

ソフトウェアやハードウェアの開発から、近年ではスマートフォンなどにおけるアプリの開発などが仕事です。

仕事をするためには、開発に利用しているプログラミング言語について勉強をする必要がありますが、近年は人手不足から社内研修の制度が充実してきています。

オンラインで言語を学べるスクールなどもありますので、自宅にパソコンとインターネットをする環境があれば勉強を始まることができます。

そのおすすめ理由とは?

ITの業界は仕事が大変な面がありますが、実力社会でもあるので上下関係のうっとうしさもなく。

今までの経歴などによって差別を受けることがないのでスタートラインに立った時には、多少の苦労がありますが比較的新しい業界でもあり、チャレンジのしがいがあるのではないでしょうか。

会社に出勤する必要がない場合もあります。

僧侶(お坊さん)

お坊さんの仕事は、亡くなった方を安らかに成仏するように弔うことや、ご先祖様の霊を供養する仕事が主になります。

各周期で執り行われる法事のために檀家さんの元へ尋ねたり、お寺に集まりいただいて読経や説教を行います。

そのほかにもお寺で保有していう土地、墓地の紹介を行ったり、幼稚園などの教育機関を運営している場合には、事務的な仕事を専門にするお坊さんもいます。

そのおすすめ理由とは?

お坊さんになるにはどうしたらいいのだろうと思いますが、実はお坊さんになるために必要な資格や、学歴などはありません。

師匠を探して修行するのが一般的だと言えます。

一部大学などで仏学について学んでからその道に入る方もいらっしゃいますが、仏門に入ってから所属する宗派から援助を受けて出家後に仏門について勉強することもできます。

ニートの人の中でも「特にやりたいことがない」「欲がなくて」という人であったり、人付き合いが面倒である場合には、黙々と修行をすること自体がしっくりとハマる人がいるはずです。

自分に合う仕事を見つけるために

とにかく楽をしたい。

ほんの少しだけ働きたい。

ほとんど何もしないでお金をもらいたい。

働く理由はなんでも大丈夫です。

とにかく「動きたい」「働きたい」「働いてもいいかも」と思った時に行動はキモチが前向きになっていて、ハードルが下がっています。

騙されたと思って行動をしてみましょう。

とにかく楽ができる仕事を探す

なかなか働くことができない理由には「面倒臭さ」を感じることが要因かもしれません。

今いる場所はとても心地がいいかもしれません。

ニートが暇と感じても、なかなか動くまでにはいかないということも多いかもしれません。

しかし「なんか暇だなぁ」と感じた時はニートから抜け出すチャンスかもしれません。

その時の気持ちがあるうちに、その暇を解消するためという理由でいいので「暇つぶし」で働くことを選択をしてもいいかもしれません。

楽な仕事を探すなら、こちらの記事を参考に!

週に一度だけ働いてみる

現代は慢性的な人不足と言われています。

一昔前までは朝から夜まで日勤として働くことが普通でした。

そこから午前中、午後だけ必要がありました。

近年では1時間からでも働ける仕事も徐々に増えてきました。

まずは1時間だけ働いてみる。

もし1時間働くことから「もう少し働くことができるかもしれない」と思ったらまた一時間、2時間と働く時間を積み重ねていくと、いつの間にか他の人と同じように8時間近く働いていたということもあるかもしれません。

頑張らずにできる範囲で継続することが大切です。

好きなとき、好きな時間、好きな場所で働く

我慢をして仕事をするのは嫌だけれど、好きなことならできる。

この時間なら働ける、この場所で働きたい。

普通の人でもこの条件で働くことができたらどんなに働きやすいだろうと考える人もいます。

実際に現在ではインターネットと、パソコンとタブレットなどの機器されあれば好きな時に働くことができる環境が整っています。

今いる自分の環境はそのままにできる仕事がないか考えてみましょう。

内容だったら自分が少しだけ妥協できる部分を見つけて、ここまでだったら我慢出来る、妥協できるという部分を探るのもよいでしょう。

ハローワークで研修を行っているものを選ぶ

ニートを長く続けてしまっていると、どう仕事を探したらいいかわからない。

仕事といってもスキルや資格もないしやりたい仕事を選ぶことができない。

そういった悩みを聞くことがあります。

そういった場合には、ハローワークにいって、各地域に設置されているポリテクセンターや、職業訓練を行っている施設や制度を利用してみましょう。

特にやりたいことがわからないというのであれば、これだったらやれそうかもしれないという理由でもいいので、研修を受けてしまいましょう。

その中で自分に適したものが見つかる場合もありますし、もし自分に合わない研修だったとしても、他の研修の項目を再度紹介してもらって、訓練を受け直すこともできます。

まずは研修でスキルや技術の他に、自信をつけてから仕事をする方法も検討してみましょう。

自由が欲しいか、指示が欲しいか

仕事をする際に、どうしても人から指示を受けるのが不得意な人がいます。

言い方をかえると指図は受けたくないといったことです。

どうしてもそのように気持ちが触れてしまう場合には、完全にマニュアル化されている仕事を選ぶのも良いと思います。

毎日の工程が決まっているので、コツコツやることができます。

この人の下で仕事をしてみたいといった人を探す方法もあります。

まとめ

人間は長い時間同じことを繰り返していると飽きてしまう動物です。

いつも居心地がよかったニートの生活にも、いつか「飽き」がきます。

そうしてニートでいることに対して疑問をもったり、動き出したくなった時。

ふと頭の片隅で確か前に見た記事で、あんな仕事が紹介されていたなぁと思い出してもらえれば嬉しく思います。


関連キーワード

ニート仕事

ニート仕事に関するコラム

ニートが就職を成功させるためには、どんな方法で探せばいい?おすすめの求職支援も紹介します

一度ニートになってしまうと、再就職の際に履歴書に空白がある事で採用担当者に勘繰られてしまったり、不利な待遇を受けてしまう事が多々あります。しかし、ニートになってしまったからと言って、就職が出来ないわけではありません。適切な方法で仕事を探せば、好待遇の会社(ホワイト企業)に就職をする事も十分可能です。ニートが就職を成功させる方法とおすすめの求職支援と利用の際のポイントをご紹介します。ニートって良いの?悪いの?実家住まいならある程度の衣食住は確保されているので、就職(仕事)をしていなくても生活をする事は出来ます。しかし、問題は自分を養ってくれている両親が高齢になった時に訪れます。両親が定年を迎え、

ニートを脱出できない7個の原因と、社会復帰するためのステップや注意点とは?

ニートってみなさん、ご存知ですか?無職の人や家に引きこもっている人などのイメージがあるかと思います。そもそもニートってなんだろう?とかニートは何でニートになったのか、今までに疑問に思った人は少なくないことでしょう。ただ、今、現在ニートである人の中でもまったく働く意思がなかったり、外に出たくないと思っていたりする人ばかりではなく、社会復帰したいと考えている人もいます。今回は、ニートについて紹介してきます。この記事では、ニートとは何か、ニートになった原因や脱出方法などについて紹介していきます。ニートって何?ニートって言葉は皆さんご存知かと思いますが、そもそもニートって何なのかご存知ですか?ニートっ

ニートとは?ニートになってしまうきっかけや原因を詳しく紹介します

今や場面を問わず耳にすることも多いニートという言葉。正しくその言葉の意味を把握せずに、揶揄して使われることも多い表現かもしれません。ニートとは、正確にはどのような状態を指す言葉なのでしょうか?そして、ニートになってしまう理由や遠因は一体何なのでしょう。ニートとは何かということと共に、そのきっかけは一体何なのか、原因はどのようなことなのかを、掘り下げてみたいと思います。ニートとは?現代日本において、一人歩きしてしまっている印象もある、ニートという言葉。元々はNot in Education, Employment or Training, の頭文字をとったNEETという言葉で、イギリスで生まれた

社内ニートの特徴や原因とは?脱出するための3個の方法も紹介します

「社内ニート」という言葉をご存知でしょうか。ニートとはそもそも「Not in Education, Employment or Training」の頭文字をとったもので、つまり教育・雇用・職業訓練下にいない人を指しています。では「社内ニート」とは何なのでしょう。社内にいる以上はニートではないはずなのですが…。社内ニートって何?社内ニートは要するに、出社はしているけど仕事が無い人のことです。以前は窓際と呼ばれていました。給料は出ますが、就業時間中にやることが何もなく、ネットサーフィンをしたり手遊びをして、定刻になれば家に帰ります。それだけ聞くと、何もしないで給料が出るならメチャクチャ羨ましいポジ