みなさんは美容外科にどのようなイメージをお持ちですか?

美容外科といえば怖い・敷居が高いというイメージを持つ方もいるかもしれませんが 、最近では、二重の埋没法やヒアルロン酸注入などのプチ整形やレーザー脱毛、美肌治療など身近な存在になってきたように感じます。

美容外科カウンセラーは、「美容外科に興味がある」「整形に興味がある」「美容が好き」という人に人気の職種です。

実は、離職率が低いので求人数は多くありませんし、クリニックによっては倍率も高めです。

筆者が勤務していた美容外科では1人の募集に対して200人以上の応募が来ていたこともありました。

美容外科カウンセラーになりたくても、実際の仕事内容はどんな感じなのか不安もあると思います。

そんな不安や疑問を美容外科カウンセラー経験者が詳しく解説します。

疑問や不安を少しでも取り除くことができ、美容外科カウンセラーになりたいと思っていただけたら嬉しいです。

美容外科カウンセラーの仕事は大きく3個の役割に分けられる

事務・会計

カルテの管理やお金の管理も行いますし、手術や施術の見積書を作成したり、お支払いのお客様に領収書を作り、会計も行います。

お客様の中には分割払いが希望の人もいらっしゃいますのでメディカルローンの手続きを行うこともあります。

また、カウンセラーが顧客管理を行い、DMを送ったり、一日の集計や売り上げなどの会計表などの作成を行います。

また、クリニックによっては、1ヶ月の広告媒体やオペや美肌治療の金額などの集計などを行うこともあります。

接客

来院されたお客様や通院中のお客様の受付業務や接客を行います。

お客様をカウンセリングルームや施術室などへご案内したり、着替えや洗顔が必要な場合は準備をしておきます。

営業・クロージング

医師のカウンセリング・診察の前に問診を行い、お客様の希望の手術や施術を伺います。

そしてお客様の希望をもとにお客様にに合った手術や施術はどのようなものがあるのかを提案します。

事務や会計の3個の業務

レジ・会計業務

レジ操作や会計、金庫の管理など受付がいるクリニックでは受付の業務となりますが、受付がいない場合はカウンセラーが主に行います。

また、一日の売り上げの集計や売上金の管理なども行います。

金庫やお金の管理をするのも業務の一つで、銀行へ記帳や入金・振り込みなどを行うこともあります。

クレジットカードやメディカルローンの手続き

支払金額が高額なことが多いので、クレジットカードやローンなどの取り扱いがあります。

取り扱っているローン会社もいくつかあり、それぞれのローン会社で金利や支払い方法などが異なっています。

お客様に適したメディカルローンをご紹介し、手続きを行いますので多少の知識が必要となります。

カルテ管理・顧客管理

お客様のカルテを作成し、医師の診察やカウンセリング内容や手術や施術内容の記入がされているか確認をします。

また、お客様と話したことや勧めたたこと、興味があることなど情報を記入します。

また、手術や施術の料金や支払い方法なども記入します。

顧客管理を行い、DMなを作成したり、SNSなどを利用してご案内のメッセージを配信したりします。

接客の4個の業務

受付

来院されたお客様の受付業務を行います。

クリニックの作りによっては入ってすぐに受付兼デスクがあり、他の作業をしていることもありますがお客様が来院されるとすぐに対応ができるようになっています。

受付が独立した作りになっているクリニックでは、受付で待っている間に予約の確認やカルテのチェックなどを行っています。

お客様のご案内

来院されたお客様をカウンセリングルームや施術室へ案内したり、お茶やコーヒーなどを出したりもします。

手術や施術の内容によっては洗顔や着替えが必要なお客様を化粧室や個室へ案内します。

その際に必要なタオルやガウン、手術着などを前もって準備しておきます。

お帰りの際には、次回の予約日時などをお伝えします。

電話やメールの対応

電話やメールで美容整形や脱毛、美肌などに関する相談を行ったり、予約を承ります。

また、電話でクレーム対応を受けることもありますが、マニュアルに沿って対応したり、場合によっては上司に指示を仰ぐこともあります。

予約管理

手術や施術が終わったお客様と看護師が予約を入れる場合もありますありますが、電話やメールで予約を承ることがほとんどです。

また、医師が数人在籍している場合などは、お客様の担当の医師の勤務日を案内することもあります。

営業・クロージングの3個の業務

前カウンセリング

医師との診察・カウンセリングの前に、カウンセラーがお客様のご希望やどのようになりたいか、問診なども行い、お客様の希望に合った手術や施術を提供できるのか提案します。

お客様の希望に合った手術や施術がどんなものか、価格などの説明を医師の診察・カウンセリング前に行い、医師にお客様の希望やどのようになりたいか、どんな手術や施術をすすめたかを引き継ぎます。

前カウンセリングでは、知識や営業力が必要です。

このカウンセリングの為に覚えなければいけないことはたくさんありますし、勉強をしなくてはいけません。

クロージング

クロージングとは、営業活動を行いお客様に契約をしていただくことです。

施術や手術の内容によってはかなりの高額になりますが、契約していただくためにはクロージング力が必要となります。

化粧品やサプリなどの販売

クリニックで販売しているメディカルコスメや美顔器、サプリなどをお客様に合わせて選び、おすすめして購入していただきます。

クリニックによってはインセンティブが付くこともあります。

美容外科カウンセラーの仕事の良いところ

美容外科カウンセラーは、時として高額な手術や施術をクロージングしたりと営業の一種でもあり、受付や会計などの仕事だけではありません。

しかし、給料は一般の事務などの比べると良いと思いますし、インセンティブが入るクリニックもあります。

その他にも美容外科カウンセラーとして働くことでやりがいを感じるポイントや良いところはどんなことなのでしょうか?

お客様に喜んで頂けたとき

美容外科には、いろいろな悩みやコンプレックスを抱えた方がたくさん来られます。

その悩みやコンプレックスが解消され、「人生が変わった」「感謝しています」などのお言葉をいただくことがあります。

お客様の笑顔などを見ることでとてもやりがいを感じることができます。

お客様の悩みや希望を聞いて、お客様の希望を叶えるためにお手伝いをするのが美容外科カウンセラーの仕事ですので、最も近くでお客様の気持ちのわかるやりがいのあるお仕事です。

美意識が高くなる

クリニックのスタッフ全員が美容大好きで実年齢より若く見られるキレイな人ばかりで、新しい治療や手術、コスメやサプリなどに興味深々です。

自分自身もキレイにしていたいのでいろいろ試してみたり、看護師の練習台として美肌治療の施術を無料でしてもらったり、スタッフ価格でプチ整形を行ったりすることができます。

美容外科カウンセラーの仕事の大変なところ

常に勉強をしていないといけない

手術や施術、美容機器、メディカルコスメ、サプリなど新しいものがどんどん出てきますし、美容整形にも流行りはあります。

その情報のアンテナを張り、勉強をして知識を持っておかなくてはなりません。

新しいものはほとんどが応用ですので基礎の知識をしっかり身につけておけば、それほど苦労することはありません。

売り上げのストレス

毎月、売り上げ目標の金額があり、それに向けて頑張りますが美容外科のカウンセラーは、ある意味営業職でもありますので、施術やメディカルコスメなどの売り込みをしなくてはいけません。

ノルマがないクリニックでも売り上げに対するプレッシャーなどでストレスになる場合があります。

美容外科カウンセラーに向いているのはこんな人!

美容外科カウンセラーの仕事に興味はあるけれど、向き不向きな人はいるのでしょうか?

実際に美容外科で勤務して見てきたカウンセラーには、クールな人、おしゃべりが上手で明るい人、お世話好きなお姉さんタイプの人、知識が豊富な美人、天然な人、フレンドリーな人など様々な人たちばかりでした。

その中でも特に向いていると思った人の特徴を上げてみました。

コンプレックスを持っている人

自分自身がコンプレックスを持っていることで、お客様の悩みやコンプレックスに対して理解することができます。

そのためお客様の気持ちに寄り添うことができ、お客様もそれを感じて、信頼していただくことができます。

美容が好き

これは全員共通しています。

ヘアケア・スキンケア・ネイル・ファッション・ワークアウト・ボディケア・下着・メイク・健康食品・ダイエットなど美容系のことは、ほとんど大好きでみんなで情報交換するほどです。

美容が好きならば、美容外科カウンセラーの仕事は向いていると思います。

美容外科カウンセラーについてよくある疑問

美容外科カウンセラーの仕事は覚えると、とてもやりがいのある仕事だと思いますが、美容外科カウンセラーの仕事を検討している方はまだまだ不安に感じることもあるでしょう。

実際に働いてみないとわからないこともたくさんありますが、実際に筆者が面接前に不安だったことや入職前に感じた疑問を挙げてみます。

スタッフはみんな整形してるの?

これはよく聞かれますし、筆者自身気になっていました。

実際には、ヒアルロン酸注入やボトックス注入などプチ整形の範囲であればほとんどのスタッフが経験済みです。

二重埋没や鼻プロテーゼ、骨切り、脂肪吸引などの手術は、本人の希望で医師に相談し、行ったというスタッフもたくさんいます。

自分自身がたくさん勉強して、安全と分かったうえで手術を受けているので、クリニックのスタッフが受けた手術は安全と言えると思います。

また、お客様に体験談を話せるというメリットもありますので、入職すると周りのスタッフから勧められることもあります。

また、美肌治療や脱毛の施術の練習台になったり、スタッフ価格で施術やメディカルコスメを購入できたりとお得なこともあります。

美容外科カウンセラーになるには容姿などは関係ある?

面接時に、容姿やカウンセラー向きかなどを判断され、関係があります。

清潔感のある人が一番だと思います。

また、実際の話ですが、腕にあざがある人が応募されたのですが、本人はそのあざを気にしておらず治療も希望していないという方でした。

しかし美容外科では、そのようなあざを気にして治療するために来院されるお客様もいらっしゃるところです。

この応募された方は最終選考まで残っていましたが、不合格となってしまいました。

もし、あざの治療を考えていたら筆者は入職できていなかったかもしれません。

人間関係はどんな感じ?

人間関係ってどんな仕事を検討していてもとても気になるところですよね。

美容外科は女性ばかりの職場ですので場合によっては、人間関係が複雑化しており働きにくい環境の場合もありますし、人間関係が良好でスタッフ全員が仲良く、楽しく働くことができる環境の場合もあります。

この問題ばかりは、実際に働いてみないとわかりませんでした。

美容外科の人間関係については、こちらの記事を参考に!

まとめ

美容外科カウンセラーは離職率が低く人気の職種ですが、求人数はあまり多くありませんし、クリニックによっては倍率も高めです。

中にはよく求人が出ているクリニックもありますが、そのような求人は要注意です。

離職率が高いクリニックは、厳しいノルマが合ったり、人間関係が複雑化していて人が続かない環境だったり、悪質な経営を行っている可能性もありますので、よく調べてみる必要があります。

筆者もパワハラな上司がいたり、悪徳な美容外科で働いてしまった経験がありますが、精神的につらく数ヶ月で辞めてしまった経験もありますので、気をつけたほうが良いと思います。

そのようなクリニックには気をつけて「美容が好き」「美容に興味がある」という方人は是非応募してみて下さい。

とても楽しく充実した仕事ができ、やりがいを感じることができると思います。

また、給料の面でも事務などに比べると比較的高いと思いますので、経済的な面でも嬉しいですし、クロージング力を上げることで給料アップを目指すこともできて、とてもやりがいがある仕事だと思いましす。


関連キーワード

美容外科求人