旅行会社の添乗員と聞くとどんな仕事か皆さんイメージはしやすいのではないでしょうか。

修学旅行などで誰しも一度はお世話になったことがあり、団体旅行に参加すれば目にすることもありますよね。

そんな誰もが知っている添乗員ですが、皆さんが旅行を楽しんでいる裏で様々な仕事をしていたんです。

添乗員の仕事内容に興味があるという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

「添乗員の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

添乗員のおおまかな仕事内容

お客様の旅行に同行して旅行が安全でスムーズに進むようにお手伝いするのが添乗員の役割です。

団体でまとまって旅行をする際、幹事さんがお金を管理してホテルや観光地での支払い、時間の管理などを引き受けるのは大変ですよね。

またトラブルで予定の変更や緊急事態が発生したときに的確に対処しなければなりません。

そのような仕事を全て任せられるのが添乗員の存在なのです。

添乗員はどういう役割を求められる?

添乗員が会社から求められる役割

ツアーに同行する添乗員は旅行の企画会社の社員である場合と添乗員派遣会社から派遣された社員の2通り社員がいます。

これらは会社は違えど業務内容は変わらず、担当する旅行を行程通り安全で円滑に進めることが何よりも求められます。

加えてコストを意識した旅行管理も重要な役割です。

旅行には決められた予算がありますから、お客様の満足度を追求しながらも抑えるべき費用は押さえて会社に利益をもたらさなくてはなりません。

具体的には特定のお土産物などの売上金の一部は旅行会社の貴重な収入源になりますし、宴会など食事の場での飲料代に上限を設定するなどの決め事が各社でありますので、現場を仕切る添乗員はしっかりと管理することが大切です。

また旅行会社の社員であれば添乗を行う目的は旅程管理だけでなく、顧客との関係性を深め次の受注につなげることでもあります。

ですのでツアー中はとにかくお客様に自身を売り込み、「個人旅行でも出張のチケットでも私に頼んでください」というくらい徹底する営業マンもいます。

添乗員がツアー客から求められる役割

団体旅行を取り仕切るというのは非常に気苦労の多い役割です。

幹事さんの負担を軽減したいというニーズもありますし、やはりトラブルなど不測の事態に対する対策という意味でリスクヘッジを目的として添乗員を同行させるのが添乗員の存在意義ではないでしょうか。

また知らないところへ行くのでガイド代わりにと考える方もいらっしゃるようですが、基本的にガイドの仕事は添乗員の業務には含まれません。

ですが観光案内は無資格でも行えるため善意でやっている添乗員もいるようです。

「添乗員の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

出発前の準備

事前の打ち合わせ

皆さんが旅行に参加する前日、添乗員の仕事はもう始まっています。

当日にスムーズな旅程管理を行うため集合場所から各観光・宿泊地での段取りや注意点の確認を行います。

また様々なイレギュラーが起こる可能性があるので、あらゆるトラブルを想定して対処法や緊急連絡先などの確認を行います。

大きな団体になるほど添乗員の数も増えますのでお互いの連携が非常に大切です。

旅行先の調査

ツアーの内容によっては事前に旅行先の下見を行うことがあります。

一般的なツアーでは少ないのですが、規模の大きいものや特別なお客様を招待する場合、また撮影旅行のような特殊なツアーでは事前に撮影スポットの確認や料理の味見など必要に応じて行われます。

これは旅行会社の社員だけで行う場合もあればお客様同行のもと行うこともあります。

他にも下見とまではいかなくても全国規模の支店を持つ旅行会社では連携を取り合って、例えば「桜の開花状況」など情報収集は頻繁に行われます。

航空券やツアー客リストの確認

参加者の人数やチケットの確認などは旅行の数日前から行います。

参加者の増減によって宿泊部屋の数が変わったり、キャンセル料が発生する可能性がありますので、ツアーに参加する顧客リストは幹事さんと定期的に連絡を取りながら管理します。

また航空券についても氏名等に間違いがあれば登場を拒否されてしまいますので、細心の注意を払って確認します。

現地のスタッフに確認

ホテルや観光先など全ての目的地に到着時間・人数など情報を伝えます。

事前に伝達しておくことで駐車場の確保や到着ごのスムーズな誘導など、円滑な旅行を実施するうえで連絡業務は欠かすことができません。

ちなみに旅行会社と施設の間に別の仲介業者(案内所)が入ることもよくあります。

彼らは特定の地域や系列の観光施設とコネクションが強く、予約の際にはその業者を通さなければならないのです。

ですので予約や前日の確認までの作業は仲介業者に連絡を入れ、当日までは直接施設とのやり取りを行わないケースもあります。

ツアー同行

挨拶とツアー客の確認・スケジュールや注意事項の説明

当日はお客様との合流も一苦労です。

一か所に集合で済めばいいのですがバス旅行の場合、お客様のお住まいに合わせて何か所かバスを経由することになります。

多いときは5か所以上になり、全員が集合するまでに1時間以上かかることもしばしばです。

中には集合時間に間に合わない方もいますが置いていくわけにもいかず、ツアー開始の頃にはすでに大きくスケジュールに遅れているのも日常茶飯事です。

なんとか全員がそろったところで添乗員はお客様に挨拶と行程の説明や注意点を説明することになります。

このような大勢の前で話す機会はツアー中に2~3度ありますので、慣れていなくても場数を踏んでいくうちにできるようになっていきます。

ホテルのチェックイン・チェックアウト

個人旅行と違い、団体旅行ではホテルに着くとお客様はその流れでお部屋へ案内することになります。

ですのでホテル到着前に必ずお客様全員に部屋割りや夕食時間・館内の案内を済ませておきます。

一通り落ち着いた後、添乗員はチェックイン手続きを済ませ、ホテル担当者と打ち合わせを行います。

チェックアウトでは基本的な清算は添乗員が行いますが、お客様がお部屋で使用したドリンクやマッサージなどのサービスはたいてい各自の負担になりますのですべてのルームキーと清算が済めばチェックアウトは完了です。

現地でのスタッフ打ち合わせ

スタッフや関係者との打ち合わせは欠かせません。

休憩時間や観光地でのフリータイムを使って添乗員同士で今度の流れを確認したり、スケジュールにズレが生じていれば時間調整を行うなど話し合いをします。

もちろん変更があれば関係施設や乗務員への連絡も忘れてはなりません。

ツアーをまとめる主任添乗となれば休む暇もなく多忙な一日となります。

観光案内

ツアー開始時の挨拶で旅行行程の説明や見どころなど一通りの説明は添乗員が行います。

ですが観光地に着くと添乗員は入場手続きなどを優先で行いますので、現地での案内はバスガイドや現地ガイドが行うことが多いです。

ガイドを伴わない旅行であれば案内をする場合もありますが、添乗員の業務はあくまでも行程管理と安全管理ですので、お客様が危険な目に遭わないよう管理するためついて回りますが、案内業務は経験による差が大きいところです。

ツアー客からの問い合わせやトラブル対応

団体旅行にトラブルはつきものです。

添乗員はツアー中、夜中であってもお客様と連絡を取れる状態にし、問題が起これば必要な措置を講じなければなりません。

そのため、携帯電話などの連絡先や、ホテル滞在中の宿泊部屋などをお客様や乗務員に伝えておくのが一般的です。

ホテル滞在中の体調不良などお客様の身体に関わることが多いので、近隣の病院などは最低限把握しておくといいでしょう。

いつも起こるわけではありませんが、トラブル時の対応がお客様の評価に一番影響を与えますので、最も気を付けなければならない仕事です。

食事中のお客様接遇

お客様が旅行において重視されるのは一番が食事です。

なかでも団体旅行での夕食はイベントやカラオケなどが行われ宴会になります。

添乗員も必ず同席し、一緒に食事をとるケースもあればイベントの進行補助、料理や飲み物がちゃんと行き渡っているかを確認します。

飲み物や追加料理は別料金なので、予算内に収まるよう添乗員がうまくコトントロールしなければツアーが赤字になってしまいます。

また宴会時はお客様とも親しくなりやすいので、添乗員は次の仕事を受注するためにも改めて挨拶回りをしたりとゆっくりしてはいられません。

ツアー終了後

報告書作成

ツアー終了後は上司に報告をしてその日の業務は終了です。

報告書は会社によってフォーマットが異なりますが、参加者や費用、問題の有無など簡潔な報告が一般的です。

精算作業

報告書の作成に加え、清算も速やかに済ませる必要がります。

団体旅行では出発前に申込金を前金として受け取り、終了後に残価を請求することが多いので、当日の参加人数やかかった費用などを計算し、旅行代金の回収を行います。

これらが完了してはじめて旅行会社の利益が確定するのです。

お客様への連絡

旅行終了後、遅くても翌日中には幹事など代表者にお礼の電話や訪問を行います。

これは派遣添乗員の場合、主催した旅行会社が行うことになりますが、旅行が終わったあとで参加者から幹事さんにクレームが入ったり、忘れ物の問い合わせなど連絡が入る可能性があるためです。

また旅行の感想を聞いておくことで次回への改善につながります。

またしっかりとアフターフォローをすることによって顧客との信頼をえられることもあると思います。

添乗員の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

お客様にとっては非日常を味わえる特別な日ですから、大切な思い出作りのお手伝いをできる点はやりがいの一つです。

旅行が終わってお客様から帰り際に感謝の言葉を言っていただけると、この仕事をやってきてよかったなと感じることができます。

また主催会社の社員であれば、自分が企画した旅行でお客様が喜んでくれるというのは何より達成感を得られる瞬間です。

無事に旅行が終わった時の達成感

一つの添乗業務の中でトラブルの一切ない旅行は珍しいことです。

必ずどこかで添乗員の判断力が問われる場面が出てきます。

時にはお客様や上司から叱られることもありますが、無事に旅行が終了すると大変なことが多い旅行であるほどやりおえた後の達成感は大きいものです。

成長と充実感を味わえたとき

毎回、添乗に行くたびに行先もお客様も違いますし、同じ行先でもその都度違ったことが起こります。

それだけ日々、異なる環境で臨機応変な対応が求められる仕事ですので、知識やコミュニケーション能力だけでなく的確な判断を下す能力も養われていきます。

面白いポイント

旅行という多くの方にとって「楽しこと」を一緒に体験することが仕事になっているので添乗員の仕事は少し特殊かもしれません。

当然、団体の中で自分だけは遊びに行くわけではありませんが、経験を積み、ある程度仕事を覚えてくれば日々に余裕が生まれ楽しいと感じられるようになってきます。

なかでもこの仕事を通して得られるものをいくつか挙げてみたいと思います。

様々な場所に行って旅の知識を深められる

普通の人が生涯に行できる旅行の回数ってどれくらいでしょうか?

年に1度でも80回、年に2回でも200回に満たないでしょう。

しかし添乗員は多ければ人の一生分の旅行体験を一年で味わうことができるのです。

それだけ数多くの世界を知ることができるのですごいスピードで知識が備わってきます。

テレビや雑誌で情報を得ることと、実際自分が行って生の体験をするのとでは後者のほうが記憶に刻まれますよね。

色々な人と出会える

旅行の度に同行するお客様が違うので行先が同じでも常に新鮮な気持ちで仕事に臨むことができます。

担当するお客様は企業やお寺、学校、官公庁などあらゆる団体となるので出会いの数だけ様々な知識や考え方を吸収できますし、さらには人脈の形成にも大きな手助けとなります。

このように仕事を通して自分の知見を広めていくことは今後のキャリアアップを考える際にも非常に役立つものだと思います。

「添乗員の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

旅行会社の添乗員の仕事とその魅力についてまとめてみました。

決して楽しいだけの楽な仕事ではないですが、日々大きなやりがいを感じながら自分自身を成長させていける仕事であることは間違いありません。

これをキッカケに添乗員の仕事に興味を持っていただき、やってみようかなと思う人が増えていけばいいなと思います。


関連キーワード

添乗員仕事

添乗員求人についてもっと深堀りした情報を見る

添乗員の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

団体旅行やパッケージツアーなど、旅行に参加される方々に付き添い日程管理を主に行う添乗員。添乗員はどの位給与を貰っているの?賞与や昇給制度はあるの?などなど、添乗員は一体幾ら貰っているのか、給与状況をぶっちゃけます!「添乗員」が自分に向いているか診断するにはこちら →添乗員の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員として新卒入社した場合、全国的な平均給与は18万円前後と言われています。ですが、そこから保険料や税金など諸々引かれると手取り額は15万円程です。ただし、今お伝えした給与額は基本給ですので、ここに「添乗手当代」や「残業代」を支給してくれる会社は給料に反映されます。さらに正社

添乗員とはどんな仕事?その仕事内容や会社においての役割、なり方など詳しく解説します!

皆様が思う「添乗員」とはどんなイメージでしょうか?実はこれがどんな職業なのかよくわかってる方がすごく多いです。添乗員として勤務していた頃、そのことを人に言うと「右手に富士山が見えます。とか言うやつ?」とか言われることが頻繁にありました。そうです、切ないことにバスガイドと勘違いされやすいんですね・・そんな人たちに、残念ながらバスガイドとは全く別の職業なのですと声を大にして言いたいです。職業名は知られてるけど実際説明できる人は少ない意外とマイナーな職業かも?そんな添乗員の仕事内容・なり方について今日はわかりやすく解説していきたいと思います!「添乗員の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →