夏や冬、観光地の繁盛時に短期間だけ働くリゾートバイトは、給料が良く自然の中で働け、休日は遊べて良いこと尽くしです。

人によってはバイト期間後も残りたくなるでしょう。

しかし人には向き不向きはあるもので、せっかくリゾートバイトを始めたのに、些細な気持ちの動きから「辞めたい」と感じることもあります。

自分に合っていなかったかもしれないし、その原因は様々です。

もしリゾートバイトを辞めたいと思ったらどうすればいいか、辞めた後のことも含めて見ていきます。

リゾートバイトの大まかな仕事内容

リゾートバイトは観光地や遊興施設など、人々が遊ぶ目的で訪れる場所で働く短期バイトです。

募集店舗は様々で、飲食店、お土産屋、スキー場、海の家、自然の中の管理事務所など広範囲に渡ります。

主な業務はそれらの雑務や簡単な手伝い、接客です。

具体的にはレジ打ちや接客応対、商品補充や清掃、倉庫整理などです。

リゾートバイトの仕事内容は、こちらの記事を参考に!

リゾートバイトを辞めたいと感じる4個の理由と乗り越え方

リゾートバイトは実際に現地に行ったり出来ず、バイト開始数日前に初めて雇用主に会う、未知の状態から始まるバイトです。

全く何も知らない状況から始まるので現地のことも人間も知りません。

そこで自分に合っていればいいのですが、合っていないことも十分可能性としてあります。

そんな時に「辞めたい」とチラッと思ってしまう事もあるでしょう。

リゾートバイトで「辞めたい」と思ってしまう時と、簡単な乗り越え方を一例として紹介します。

環境が良くない

仕事場の環境に加えて、仕事場以外の環境も含めます。

その地方の特性や海沿いの塩っ気、山の寒さや害虫の多さなど、実際に体験してみないと解らないことです。

人間には予測できない自然がやっていることなので仕方ありませんが、実際に体験してみて想像以上だった、と愕然とすることもあるかもしれません。

乗り越え方

自分に合わないならそもそも「ここで働こう」などと思わないはずです。

そんなマイナス面さえ凌駕する、リゾートバイトをするための決定打があったはずです。

それをもう一度見直してみましょう。

給料面なのか、友達が一緒だからなのか、元々その魅力に惹かれてきたのですから、他のことなんでちっぽけな悩みでしかないはずです。

人間が合わない

育ってきた環境、見てきた景色や人間が違うのですから、他人同士相容れないのは当たり前のことです。

しかし短期間のバイトだからといってこき使ったり、自分の足がわりにする人がいるのも残念ながら事実です。

ただ「生理的に無理」なのではなく、その人が嫌になるような性格の不一致やストレスなど、どこに居ても耐え難いものです。

乗り越え方

結局リゾートバイトなんて1ヶ月半くらいで終わってしまいます。

自分の長い人生のほんの一瞬でしかないのですから、耐えられるのならば一ヶ月だけ耐えるのが一番です。

休みの日に思い切り遊んで忘れられてしまえば、それだけのことということです。

もしそれでもダメなら、遠慮なく上の人間に相談すべきです。

短期間とはいえ自分が責任を持っている従業員です。

懇切丁寧とは言えませんが、必ず対応してくれます。

理想と違った

広い青い海を臨むオシャレなカフェで、海を眺めながらゆったり働いて、休みの日は海に毎日遊びに行って、素敵な出会いも体験して・・・と夢見がちな例は出しましたが、実際ゼロではありません。

そうして甘い夢を見た状態で働き出し、「思っていたのと違う」と思う人も必ず居ます。

現実は海は見えるものの毎日バタバタ忙しく、お客さんはワガママでイライラさせられるし、休みの日に遊びに行く気力なんて出やしない、そうなってしまったらモチベーションが下がるのは当たり前です。

乗り越え方

実際に自分が働きたいと選んで来た場所なのですから、「思っていたのと違う」という事こそ違うはずです。

自分がしたいことをしているのですから、欲望は満たされています。

深い欲は出さず、モチベーションを下げないことです。

休みの日だけではなく、仕事終わりに少し足を伸ばして風に当たれば、意外とどうでもよく思えてきます。

聞いていた話と違った

ホールだと聞いてそういう約束で入ったのにキッチンに入れられた、レジはやらなくていいと言われたのにレジばっかりやっている等です。

リゾートバイトは『履歴書不要』『雇用契約書へのサイン不要』なことが多いので、それを逆手に取って当初の説明と違う仕事を任せるところも、残念ながらあります。

契約内容自体を形に残していないところも多いです。

乗り越え方

これは正直に申し出ましょう。

短期アルバイトとは言え、聞いていた話と違うのは違反であり違法です。

求人内容と違うならばその旨も申し出るべきです。

もし辛くないと感じるのであれば、1ヶ月半我慢するという手もあります。

しかしこれは泣き寝入りであり、給料すら出てこない可能性もあります。

ここは自分の事を優先にするべきです。

実際の事例

最後に実際にあるリゾートバイトを辞めた理由、辞めたくなった理由を紹介します。

1つはアルバイト中に店に来た友達とイザコザがあり、それを引きずってしまった場合です。

この事例では結局辞めてしまいました。

観光地に来れば誰でもテンションは上がるもの。

そこで行動に際限が無くなってしまい、悪い方向に働いた例です。

仕事にも影響が出てしまうので、双方とも泣く泣くの決断となってしまいました。

もう1つはアルバイト先に来て初日に虫が出て辞めた、というものです。

こちらはアルバイト先の環境や地方の慣習が好きで、最初から旅行気分でアルバイトを始めてしまったパターンです。

いざ暮らしてみれば窓を閉めていても虫が入ってくるし、店にもスズメバチが入ってきたり、虫が元々苦手な人には恐怖でしかありません。

リゾートバイトにはクビも存在します。

お客さんの居る場所や下宿先で、近所迷惑なレベルで大騒ぎをしたのがその例です。

当人達は辞めるつもりは全く無かったのですが、大騒ぎを注意されてアルバイト自体のモチベーションが下がってしまった例です。

「辞めろ」と言われて「解りました」と辞めていきました。

こういった仕事に関係ない場面での心境の変化も、リゾートバイトを辞める原因になります。

いくら出先で開放的になっても、節度を持って行動することを心がけ、辞めるということはできるだけ避けたいものです。

辞めるときの注意点、その後スムーズに就職、転職する方法とは?

仕事は簡単には辞められません。

加えてリゾートバイトは地元ではないため、辞めた後に当然ブランクも空いてしまい、最悪の場合、地元に帰るまで寝泊まりする場所すら無くなってしまう事もあります。

それだけに慎重に考えたいものですが、どうしても辞めたいとか、辞める意志が固まっているなら早めに動きましょう。

その時にどういう行動を取るかが、今後の仕事を始めるにあたって大切なことです。

正直に全て話す

一番良い違法にもならない、後腐れもない辞め方です。

現状や自分の心境を正確に、一番上の責任者に伝えます。

元々短期アルバイト、しかも地元ではない地方なのですから、形も残さず辞められます。

辞める時の注意点

顔を見て話をしてから辞める

黙ってある日突然帰るのはスマートとは言えません。

また違法ですので、損害を請求される事もあります。

しっかり顔と顔を合わせて、話をして双方合意の上で辞めましょう。

置き手紙を残して居なくなるのもいただけません。

社会人のマナーだけはしっかり守りましょう。

話すタイミングは終業後

観光地は24時間、どこに観光客が居るか解りません。

店を辞めるなんて重い話は旅行先では聞きたくないもの、お客さんが誰も居ない終業後、時間をもらって話しましょう。

始業前に話すとその後一日の仕事にも差し支えますし、繁盛時期ではその話自体忘れられてしまうこともあります。

全てが落ち着いた時間に、出来れば二人きりの時に伝えましょう。

伝える前に行くべきところ

辞意を伝える前に、一度店の外に出ましょう。

山の景色を眺めたり、自然の風に当たりながら一人でじっと考えてみます。

その時に自ずと『辞めた時の自分へのリスク』と『今後の行動』について考えるものです。

答えが見つからないなら辞めるべきではありません。

勢いで辞めないようにしたいものですので、じっくり考えてみましょう。

友達と一緒ならば友人に相談し、これも自然の風に当たりながらじっくり考えてみるべきです。

次の仕事のために出来ること

別のリゾートバイトを探す場合

時間を置かずに別のリゾートバイトを始める場合、職種は特にこだわりがなければ前職と同じでも構いません。

これを機会に別の職種でもいいでしょう。

いずれにしても前の職場の近くは避けたほうがいいです。

地域にこだわりがなければ、近辺にとどまる必要はありません。

気まずいこともありますが、観光地などはネットワークが強いです。

どこのお店を辞めたのかすぐに解ってしまい「ウチも辞められてしまうのではないか」と思われてしまいます。

他のアルバイトの場合

地元に帰ってアルバイトをする分には、職種も場所も好きなところでいいでしょう。

前職のことを聞くこともありますが、リゾートバイトは職歴に含まないという会社もあります。

もし聞かれた場合は正直に何故辞めたのかを話しましょう。

会社が見たいのは「辞めた理由」ではなく「そこで得た経験」です。

転職は短期間の内に

次の面接にて空白期間を聞かれた時対策です。

ただそれだけですが、リゾートバイトは元々短期間なだけあり、隙間が空きやすいものです。

「リゾートバイトさえ辞められればいい」というならば、すぐに次の場所に移れるように準備をしておけばスムーズです。

リゾートバイトを辞めるということ

リゾートバイトは夏休みやお盆休み、夏季の繁盛時に人手を補充するためのものです。

雇う側も長く居てくれる人だとは思っていません。

なので最初から「すぐに居なくなってしまう人」と考えています。

しかし辞めることに抵抗がないといったら、そんなことは全くありません。

「短期間でも居てくれてありがとう」と、そんな気持ちでアルバイトを受け入れています。

人間関係で迷っているなら無理強いはしませんが、自分が辞めることで困る人も居る、自分を必要としている人が居る、ということを忘れずに。

リゾートバイトの経験を活かせる仕事とは?

リゾートバイトは非日常短期アルバイトです。

経験する人もそんなに多くありません。

なのでそんな貴重な体験をした人は、会社としては欲しいもの。

働いた人から見てもせっかく働くのですから、リゾートバイトでの経験を活かせる仕事を探しましょう。

リゾートバイトと同じ職種

リゾートバイト先と同じ職種です。

飲食店なら飲食店、施設の受付なら同じような施設のスタッフなど、そっくりそのまま経験が活きます。

特に観光地という繁盛地を経験したのなら、その経験は確実に有利です。

接客業ではほぼ最強

観光地はほとんど接客業ということもありますが、一日に来る人数が格段に多く、いろんな地方、いろんな価値観を持ったお客様に一度に出会えるのはリゾートバイトだけです。

いろんな種類のたくさんの人間と接することの出来るリゾートバイト経験者は、接客業に関しては向かうところ敵なしでおすすめです。

裏方仕事にも強み

リゾートバイトは飲食店のホールであっても、仕事の殆どは裏方作業です。

掃除も含めて店舗の仕事は表から裏まで一通りのことは経験するので、あらかたの知識は身につきます。

リゾートバイト先で経験した雑用は地元でもどこに行ってもやることで、経験があると無いとでは大違いです。

接客業はやりたくないという人は、倉庫作業やキッチンなどがいいでしょう。

まとめ

リゾートバイトは一度辞めたくなったらズルズル引きずる事はそうありません。

閉鎖的な都会と違って、心を癒やしてくれるものがたくさんあるからです。

非日常に触れることで、軽いストレスなら癒やされてしまうからです。

しかし考え込んでしまったり、疲れを感じてしまうなら「辞めたい」と思ってしまうものです。

もし辞めるにしても『社会のマナー』だけはきちんと守り、自分も相手も納得できるようなすっきりした辞め方をしたいものです。

辞めた後の長い人生で、どういう風に今まで立ち回ってきたかはとても大切です。

リゾートバイトを始めることも、辞めることも立派な経験です。

自分のためになるように、無理なく行動しましょう。


関連キーワード

リゾートバイト求人

リゾートバイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

リゾートバイトの仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴や仕事の探し方について解説します

「日本各地で仕事をしたい」「日本のリゾート地で仕事をしたい」「短期間で多くのお金を稼ぎたい」そんな要望を叶える手段として、「リゾートバイト」が有名です。今回は、実際に働いている私が、経験者目線で解説致します。新しく始める人が、事前に知っておきたいと感じることをまとめました。これからリゾートバイトを始めたいと考えている人は、必見です。リゾートバイトはどんな仕事?リゾートバイトは、日本各地にあるリゾート地で働く制度のことです。基本的にはホテルや旅館の仕事がほとんどです。しかし、中にはフットネスジムトレーナー、北海道でのジャム作りなどのレア職種も多くあります。冬季にはスキー場の仕事など、期間限定の求

リゾートバイトはスキー場がオススメ!求人でよくある募集内容やおすすめの理由を解説します

普通のバイトではなく、冬休みや春休み、夏休みなどの長期休みを利用してリゾートバイトをされている、もしくはしてみたいという方は多いかと思います。しかし、周りに経験したことがある人がいなかったりして、リゾートバイトは実際どんなことをするのかや、どんなメリットがあるのかが分からなかったりします。そこで、代表的なリゾートバイトの種類や、その中でもオススメなスキー場について詳しく書いていきます。リゾートバイトにはどんな種類があるの?リゾートバイトには沢山種類があり、どのバイトがどんな仕事をするのかあまり分からないという方もいるかもしれません。代表的なリゾートバイトを例に挙げて、少し解説していきます。スキ


リゾートバイト求人に関するコラム

リゾートバイトのアルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった5個のことやそこで身に付く力とは?

リゾートバイトは夏季休暇や冬期休暇中、観光地やリゾート地に下宿しながら働くアルバイトです。働けてお金を稼げてしかも遊べる、友人同士での仕事も大歓迎の、とても魅力的なアルバイトです。そこでこのリゾートバイトの『魅力』と『給料』『やりがい』と『大変なこと』という、リゾートバイトについてまずは知っておきたい事を、リゾートバイトを経験した筆者がお教えします。リゾートバイトを検討している、経験者に話を聞いてみたい、そんな方にありのままの事をありのままに教えます。私はこんなところでリゾートバイトをやりました筆者のアルバイト先は軽井沢の峠にある茶屋でした。メニューは蕎麦やお餅がメインの和風な軽食屋で、テラス

リゾートバイトならスキーの仕事がおすすめ!実際に働いた私がおすすめする仕事ややりがいを紹介します

夏休みや春休みなど長期休暇の学生、またはフリーターの方に人気のリゾートバイト。非日常的な環境の中で、働くことは様々な刺激がありそうで何だかワクワクしますよね。色々な人との新しい出会いもありそうです。未知なることに興味深々の方には、きっとたくさんの気づきや学びを与えてくれるでしょう。今回はリゾートバイトならスキーがおすすめの理由や、実際に働いた私がおすすめする仕事ややりがいをご紹介します。スキーのリゾートバイトの仕事内容とおすすめする理由とは?まずは、冬のリゾートバイトとして大変オススメのスキーのリゾートバイトですが、肝心の仕事内容と、何故そこまでおすすめするかの理由をご紹介します。リフト係求人

リゾートバイトの7個のメリット。軽井沢でリゾバをやっていた私が解説します!

夏の間だけ、観光地や緑地で短期アルバイトするリゾートバイトは、普通の毎日の暮らしでは体験できないものです。競争率も高く数もあまり多くないですが、出来るだけ若い内に経験しておきたいものです。そこには体験しておくべき事と、体感するべきメリットがたくさんあるからです。勿論大人になってもリゾートバイトは出来ます。筆者は20代前半のある年の一ヶ月半、軽井沢でリゾートバイトをしたことがあります。そこで感じた、リゾートバイトをするメリットや、見てきたもの、思ったことをありのまま紹介します。前提として、筆者のアルバイト先は軽井沢の峠にある、個人経営の軽食店で住み込みです。メリットや特徴は勤務地によって変わりま

リゾートバイトは40代でも出来る!私がリゾバをやっていた時にいた40代の人の働き方

リゾートバイトは若い人のアルバイトだと思われがちですが、年齢制限はないので大学生・専門学校生だけでなく、既婚者、40代も働けます。若い人には出来ないようなこと、人生経験があるからこそ出来る事もあります。経験を重ねたからこそ、リゾートバイトで出来ることを見ていきましょう。リゾートバイトの大まかな仕事内容観光地、旅行地などで飲食店やお土産屋さんで短期間だけ働くアルバイトです。雇用元によって仕事内容は異なりますが、町の飲食店や商店と同じようなことをします。具体的には飲食店ではキッチンやホール、土産物屋ならレジや品出しなど、簡単な業務の手伝いをします。レジ打ち職種がどこでもほとんど必ずやることです。町

リゾートバイトがつらい仕事だと感じる人の6個の理由と乗り越え方。これで頑張ってみて!

リゾート地で短期間アルバイトとして雇用されるリゾートバイトは、普段の生活では出来ない新鮮で斬新な体験がたくさん出来ます。何よりも元来「遊ぶ場所」で働くわけですから、楽しいのは当たり前です。しかし慣れない環境がストレスになったり、今まで知らなかったからこそ負担に感じてしまうことが多いのも現実です。普段の生活では体験できない良いこと悪いこと、どちらもあるのがリゾートバイトなのです。しかも辛いと感じるものは、自分の住んでいる場所ではそうは感じない事ばかりです。この事態を迎えてしまった場合の対処法も控えておいて、楽しいアルバイトを過ごせるように、実体験も交えてご紹介します。リゾートバイトがつらい仕事だ