最近大人気のリゾートバイトですが、システムがよくわからないといった点で、いまひとつ勇気が出ない人もいます。

高い時給で食事もついて泊まるところもタダ?って本当?と疑いたくなるほど。

でもこのリゾートバイトは、いい点と悪い点を十分理解した上で働くと大きなメリットがあり、普通のバイトでは得ることのできないものまで得られます。

リゾートバイトのおすすめを紹介するので、自分に合ったリゾートバイトを探してみてください。

リゾートバイトとは?

正月、お盆、ゴールデンウィークなどの超短期間や、1か月またはワンシーズンなどの決まった期間、リゾート地と呼ばれる場所で住み込みでバイトする働き方があります。

蔓延する人手不足から求人はどんどん増え、「リゾートバイト」と呼ばれ、高収入が見込めることから人気のアルバイトとなっています。

派遣会社には全国のリゾート地から求人が出されていますので、行きたい土地、得たい収入、やりたい職種、働きたい期間を選ぶことができます。

リゾートバイトはどんな場所がある?

国内で多いのは人気のリゾート地でもある沖縄、北海道があります。

首都圏や大都市からも離れているので、宿泊施設を伴っているところが多く、リゾートホテルや旅館からの求人が一番多くなっています。

マリンスポーツや海水浴などの観光客用に海が近い場所では、監視員、マリンスポーツのインストラクター、海の家、駐車場の誘導などの仕事があります。

スキー場

東北、北海道では冬のシーズンに入ると、スキー場ごとにリゾートバイトの求人が出されます。

スキー場でのリフト管理、チケット販売、レンタル用品の貸し出し、駐車場係、レストランのサービス、スキー教室のインストラクターなどの仕事があります。

スキー場の仕事がおすすめな理由は、こちらの記事を参考に!

レジャー施設

テーマパークや遊園地にも仕事があります。

チケット販売ブースやアトラクションへの誘導係、清掃、売店での販売などが主な仕事になります。

温泉

冬場の温泉地は観光客が大勢訪れるので、各旅館やホテルごとに大規模な求人が行われます。

内容はレストランのサービススタッフ、調理、清掃など多岐にわたって募集されます。

山小屋

登山シーズンには、人気の山で登山家向けの宿泊や休憩場所として山小屋がにぎわいます。

そのお客様の食事の準備、清掃、荷物の搬入などがありますが、比較的小規模なチームでのお仕事ですのでアットホームな雰囲気があります。

ロッジ・ペンション

避暑地ではロッジ・ペンションがにぎわいますが、小規模な建物のため調理やサービスに分けて考えられるのではなく、お客様が来られてから帰られるまでの間にやることすべてをみんなですすめていきます。

牧場

牧場はその飼育されている動物などにもよりますが、高温多湿に弱い動物のために高原地帯にあることが多いです。

北海道が最も多いので、リゾート地とも近いのですが、仕事の内容は遊び半分とはいきません。

生き物相手の仕事ですので、勤務時間はあってないようなもの、よほど目的がはっきりしている人でないと続かないかもしれません。

農場

大規模な農業を会社組織でやっていたり、個人でもバーベキュー場を併設していたりと多角経営をすすめる農場があります。

収穫や植え付け作業の時は人手がたくさんいるため、バイトが募集されます。

リゾートバイトがおすすめな理由

スキルが身につく

リゾートバイトでは短期間の雇用のため、雇う方としては即戦力になってくれることを期待しています。

そのため教えてくれることは、未経験者にとっては少し厳しめですが本当に役に立つことを率先して指導してくれます。

そこで学んだことは、プロとしての第一歩になりえる財産になります。

短期に集中して働ける

1週間程度から長くて3カ月の期間が多いのですが、その間は雇用先にとっても繁忙期なために、一日に8時間以上、時には残業もあり効率よく集中して働くことができます。

自宅から離れて住み込みで働くので友人との遊びや用事をいれることなく、その期間はバイトに専念して働けるというメリットもあります。

時給が良い

長期の雇用だと社会保険が発生したり、福利厚生面を考えないといけないのですが、短期だとその時給分だけの支払いになることが多いので、時給が比較的高めに設定されます。

また忙しくて夜遅くまで残業になると、労働基準法では二割五分の割り増し賃金になるため、深夜料金とあわせると、五割増の時給になります。

かき入れ時のリゾート地では、人を集めることが重要ですので、人気が集まるように高い時給で求人してくれるところが多くなります。

出会える

バイト先で出会った友だちは、苦楽を共にしているので、短期間で仲良くなることが多いです。

年齢層も自分よりはるか上の年配の人と一緒に働いたり、外国人の友だちができることもあります。

普段の生活では考えられないような人と親交ができるのも魅力のひとつです。

リゾートで働ける

リゾート地は大自然が満喫できて、開放的な気分になることができます。

マリンスポーツやスキー・スノボ、登山などができるリゾート地では、まさにバイト先が趣味の場所になることもできます。

休みの日には一歩外に出れば楽しむことができ、仕事中も常にふれあうことができるのは、一石二鳥どころか三鳥にも四鳥にもなります。

宿泊や食事が出る

宿泊は寮を借りれたり、ホテルの場合は客室をそのまま与えられたりします。

もちろん、光熱費や水道代を請求されることはないので、支出を極力抑えることができます。

食事も、従業員食堂の利用ができたり、まかない料理を出してくれたりするところが多いです。

レジャーの雰囲気が楽しい

ピリピリとした雰囲気のオフィスで仕事をするのとは違って、リゾートではお客様を楽しませることが仕事になってきます。

もちろん遊びではありませんが、自分も楽しむことが接客の第一歩になります。

リゾートバイトの大変なところ

僻地でのバイトには不便もある

リゾート地にたまに行くと自然が気持ちいいと感じられますが、実際暮らすとなると僻地では交通の便も悪く、不便を感じることが出てきます。

現地で暮らす人は、たいていが自家用車を持っているので生活には支障ないのですが、バイトでいく人はほとんどが公共交通機関で行きます。

そのため近くにコンビニがない、スーパーが遠い、カラオケなどの遊興施設がないなどといった不便がじわじわと効いてくるようになります。

移動手段は歩きが多くなるので、その覚悟は必要です。

早く仕事を覚えないと迷惑をかける

チームで仕事をすることが多いリゾートバイトでは、個々の力量がみんなに影響を及ぼすことが考えられます。

繁忙期であることがその影響を増大させたりもするので、いつまでも仕事が覚えられない・ミスが多いといったことがほかの人に迷惑をかけることがあるのです。

即戦力をもとめられる仕事なので、真剣に取り組むことが必要です。

忙しい

繁忙期のリゾート地はお客様であふれかえり、その施設のキャパを超えるようなこともしばしばあります。

そこで働くのですから時間的にはみっちり、時には休憩時間もなかったといったようなことも起こります。

ぼうっとする時間が長い仕事よりは、早く時間が過ぎていいというくらい前向きにとらえる方がいいかもしれません。

体力的に辛い

リゾート地では観光客が朝早くから行動するので、それにあわせて早朝から仕事に入り、夜も遅くまで続きます。

長い時間働けるのは効率よくお金を稼げることなのですが、それが1か月も続くと体力的にも辛くなってきます。

立ち仕事も多いので、自室に戻るともう動けないといったことも起こるくらいなので、体力に自信がないと続かないかもしれません。

最初は1週間程度の仕事から考える方がいいかもしれません。

プライベートな時間が取りづらい

寮がバイト先のすぐ目の前にあったり、ホテルの場合だと客室が宿泊場にあてられている場合があります。

そんなとき休みの日だからといっても、同僚に遭遇する可能性は大きく、仕事中のスタッフにも会うこともあります。

忙しそうにしている同僚の前で遊びに出ていくのはちょっと気が引けたり、ひどいときは、休みだけど忙しいからと呼び出されたりとプライベートと仕事の区分けがはっきりしません。

休みが少ない

忙しすぎたり人手不足だったりして、休みがあまりとれない場合もあります。

そんな中仕事をしていると疲れたと思ってはいても、「休日出勤」を頼まれると断れなかったり、気が付けば休憩時間さえもなくなってしまって一日ぶっ続けで働いたなんてことが起こりえます。

人間関係が複雑

リゾートバイトでは、同じように求人を見て全国から人が集まってきます。

楽しい仲間に出会える半面、気が合わない、会話が続かないなどと、その付き合い方が難しく悩む場合もあります。

仕事中だけでなく寮に帰っても一緒という場合もあって、一日のほとんどを一緒に過ごすわけですからこれが一番きついかもしれません。

リゾートバイトがつらいと感じる理由と乗り越え方は、こちらの記事を参考に!

リゾートバイトに向いている人はどんな人?

リゾートバイトでは短期間で高収入という好条件でお仕事ができる反面、住まいを変えて仕事に取り組むわけですから、それなりの制約もあります。

不向きな人にとったら、仕事時間のみならず、プライベートな時間まで苦痛を強いられることになります。

向き・不向きを知っておくことが重要です。

まとまった期間に集中して働ける人

「この期間はバイトでお金を稼ぐ!」と決めて、割り切って集中できる人におすすめです。

長期の持続力は苦手でも、短期なら瞬発力があって辛抱強く頑張れるという人にはぴったりのお仕事かもしれません。

体力のある人

短期間ではありますが、一日の労働時間は比較的長めで、休みもあまりとれない場合があります。

気候にも影響されやすい職場環境であることも考えられ、体力が必要な職場が多いです。

人と接するのが好きな人

リゾートバイトではほとんどが接客業になりますので、基本的に仕事には笑顔の接客が必要になります。

また、バイト仲間とのコミュニケーションも密な環境ですので、人と仲良くできると仕事がやりやすくなります。

積極性のある人

知らない人ばかりの環境に身をおくことになりますので、わからないことがあればはっきりと質問できる積極性を備えていなければなりません。

せっかくのリゾートですので、仕事も少しのプライベートの時間も積極的に吸収できるものをみつけて取り組めるといいですね。

出会いが欲しい人

リゾートバイトで知り合った人とお付き合いが始まったというのは、最近よく聞きます。

きつい仕事を一緒にするからこそ生まれる感情もあり、出会いの場としては申し分ない環境です。

新しい出会いが欲しい人には、おすすめです。

まとめ

リゾートバイトの人気が高まり、リゾート地での人手不足も後押しの形になって、わたしもやってみたいとあこがれる人が増えてきました。

確かに、短期間でまとまった収入が得られるバイトとしては、いい仕事ですが、派遣事務所によってはトラブルが絶えないところもあります。

現地に行ってみると、泊まる部屋が汚すぎて無理だったり、食事が三食つくはずが、お客様の残り物を与えられたり、一から丁寧に教えてもらえると思っていたら「経験者じゃないの?」っと怒られたり・・・。

残業が聞いていたより多くて、睡眠時間まで削られる。

こんなトラブルの原因は派遣事務所にあります。

とりあえず登録者を現地に行かせたら何とかなると考えていたり、ひどい時は、最初からわかっていた食い違いを隠して派遣するというところまであります。

うやむやにせず、おかしいと思ったことは現地からでも事務所の担当者に連絡して聞いた方がいいです。

そのままにしておくと結局は自分が辛くなって、仕事が続けられなくなったり、ひとつのトラブルが後を引いてどんどん居づらくなってしまうからです。

派遣事務所は厚生労働省の許可事業なので、「派遣元責任者」という立場の人が置かれています。

労働者の希望や悩みを聞き、よりよいマッチングを目指して派遣先を提案するのが仕事ですので、遠慮することなく相談してください。

短期間なので我慢とあきらめるのではなく、最初の契約と話が違うと感じることがあれば小さなことでもクリアにしていくことが大事です。


関連キーワード

リゾートバイト求人

リゾートバイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

リゾートバイトの仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴や仕事の探し方について解説します

「日本各地で仕事をしたい」「日本のリゾート地で仕事をしたい」「短期間で多くのお金を稼ぎたい」そんな要望を叶える手段として、「リゾートバイト」が有名です。今回は、実際に働いている私が、経験者目線で解説致します。新しく始める人が、事前に知っておきたいと感じることをまとめました。これからリゾートバイトを始めたいと考えている人は、必見です。リゾートバイトはどんな仕事?リゾートバイトは、日本各地にあるリゾート地で働く制度のことです。基本的にはホテルや旅館の仕事がほとんどです。しかし、中にはフットネスジムトレーナー、北海道でのジャム作りなどのレア職種も多くあります。冬季にはスキー場の仕事など、期間限定の求

リゾートバイトはスキー場がオススメ!求人でよくある募集内容やおすすめの理由を解説します

普通のバイトではなく、冬休みや春休み、夏休みなどの長期休みを利用してリゾートバイトをされている、もしくはしてみたいという方は多いかと思います。しかし、周りに経験したことがある人がいなかったりして、リゾートバイトは実際どんなことをするのかや、どんなメリットがあるのかが分からなかったりします。そこで、代表的なリゾートバイトの種類や、その中でもオススメなスキー場について詳しく書いていきます。リゾートバイトにはどんな種類があるの?リゾートバイトには沢山種類があり、どのバイトがどんな仕事をするのかあまり分からないという方もいるかもしれません。代表的なリゾートバイトを例に挙げて、少し解説していきます。スキ


リゾートバイト求人に関するコラム

リゾートバイトのアルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった5個のことやそこで身に付く力とは?

リゾートバイトは夏季休暇や冬期休暇中、観光地やリゾート地に下宿しながら働くアルバイトです。働けてお金を稼げてしかも遊べる、友人同士での仕事も大歓迎の、とても魅力的なアルバイトです。そこでこのリゾートバイトの『魅力』と『給料』『やりがい』と『大変なこと』という、リゾートバイトについてまずは知っておきたい事を、リゾートバイトを経験した筆者がお教えします。リゾートバイトを検討している、経験者に話を聞いてみたい、そんな方にありのままの事をありのままに教えます。私はこんなところでリゾートバイトをやりました筆者のアルバイト先は軽井沢の峠にある茶屋でした。メニューは蕎麦やお餅がメインの和風な軽食屋で、テラス

リゾートバイトを辞めたい…と感じる人の4個の理由と乗り越え方とは?

夏や冬、観光地の繁盛時に短期間だけ働くリゾートバイトは、給料が良く自然の中で働け、休日は遊べて良いこと尽くしです。人によってはバイト期間後も残りたくなるでしょう。しかし人には向き不向きはあるもので、せっかくリゾートバイトを始めたのに、些細な気持ちの動きから「辞めたい」と感じることもあります。自分に合っていなかったかもしれないし、その原因は様々です。もしリゾートバイトを辞めたいと思ったらどうすればいいか、辞めた後のことも含めて見ていきます。リゾートバイトの大まかな仕事内容リゾートバイトは観光地や遊興施設など、人々が遊ぶ目的で訪れる場所で働く短期バイトです。募集店舗は様々で、飲食店、お土産屋、スキ

リゾートバイトならスキーの仕事がおすすめ!実際に働いた私がおすすめする仕事ややりがいを紹介します

夏休みや春休みなど長期休暇の学生、またはフリーターの方に人気のリゾートバイト。非日常的な環境の中で、働くことは様々な刺激がありそうで何だかワクワクしますよね。色々な人との新しい出会いもありそうです。未知なることに興味深々の方には、きっとたくさんの気づきや学びを与えてくれるでしょう。今回はリゾートバイトならスキーがおすすめの理由や、実際に働いた私がおすすめする仕事ややりがいをご紹介します。スキーのリゾートバイトの仕事内容とおすすめする理由とは?まずは、冬のリゾートバイトとして大変オススメのスキーのリゾートバイトですが、肝心の仕事内容と、何故そこまでおすすめするかの理由をご紹介します。リフト係求人

リゾートバイトの7個のメリット。軽井沢でリゾバをやっていた私が解説します!

夏の間だけ、観光地や緑地で短期アルバイトするリゾートバイトは、普通の毎日の暮らしでは体験できないものです。競争率も高く数もあまり多くないですが、出来るだけ若い内に経験しておきたいものです。そこには体験しておくべき事と、体感するべきメリットがたくさんあるからです。勿論大人になってもリゾートバイトは出来ます。筆者は20代前半のある年の一ヶ月半、軽井沢でリゾートバイトをしたことがあります。そこで感じた、リゾートバイトをするメリットや、見てきたもの、思ったことをありのまま紹介します。前提として、筆者のアルバイト先は軽井沢の峠にある、個人経営の軽食店で住み込みです。メリットや特徴は勤務地によって変わりま

リゾートバイトは40代でも出来る!私がリゾバをやっていた時にいた40代の人の働き方

リゾートバイトは若い人のアルバイトだと思われがちですが、年齢制限はないので大学生・専門学校生だけでなく、既婚者、40代も働けます。若い人には出来ないようなこと、人生経験があるからこそ出来る事もあります。経験を重ねたからこそ、リゾートバイトで出来ることを見ていきましょう。リゾートバイトの大まかな仕事内容観光地、旅行地などで飲食店やお土産屋さんで短期間だけ働くアルバイトです。雇用元によって仕事内容は異なりますが、町の飲食店や商店と同じようなことをします。具体的には飲食店ではキッチンやホール、土産物屋ならレジや品出しなど、簡単な業務の手伝いをします。レジ打ち職種がどこでもほとんど必ずやることです。町