リゾートバイトは若い人のアルバイトだと思われがちですが、年齢制限はないので大学生・専門学校生だけでなく、既婚者、40代も働けます。

若い人には出来ないようなこと、人生経験があるからこそ出来る事もあります。

経験を重ねたからこそ、リゾートバイトで出来ることを見ていきましょう。

リゾートバイトの大まかな仕事内容

観光地、旅行地などで飲食店やお土産屋さんで短期間だけ働くアルバイトです。

雇用元によって仕事内容は異なりますが、町の飲食店や商店と同じようなことをします。

具体的には飲食店ではキッチンやホール、土産物屋ならレジや品出しなど、簡単な業務の手伝いをします。

レジ打ち

職種がどこでもほとんど必ずやることです。

町での仕事の経験がある人には慣れたことかもしれませんが、アルバイト先によってはレジがかなり古いものなこともあります。

自動のレジはほとんど無く、手計算が多いです。

場所によってはレジすら無いこともあります。

簡単な計算さえ出来ればいいのですが、それなりの心構えは要ります。

清掃

簡単な業務と言えば清掃です。

開店前と閉店前、空いた時間に細かい場所も含めて隅々まで清掃します。

掃除機は使いません。

ホウキや雑巾で、小学校の掃除の時間と同じようなものです。

接客

あらゆるリゾートバイトの全体数として多い業種は接客です。

観光客や旅行客相手に接客します。

圧倒的に女性が多い職場でもあり、仕事の中心は接客と言っていいでしょう。

リゾートバイトでの40代の働き方

リゾートバイトで任される仕事は、男性なら裏方、女性なら接客業が多いです。

それは年代関係なく任されます。

仕事の内容は誰がやっても同じですが、お客さんから見て店員への信頼感がまるで違います。

人生を経験した40代だからこそ活きる特徴を挙げていきます。

レジ係は信頼感が大切

若いレジ係と40代のレジ係では、40代の方が落ち着いてお客さんをさばくことが出来ます。

いろんな人間と出会って来た人は、いろんなお客さんへの接し方が解っているからです。

それにどっしり落ち着いている方が、お客さんは安心してレジを任せられるものです。

接客は優しく穏やかに

観光地は大きな声で元気よくご挨拶、はあまり必要ありません。

それは街の居酒屋だけで十分です。

観光や旅行は落ち着いて過ごしたいものなので、活発で居るよりはゆっくりしたいお客さんには、こちらもゆっくりゆったり構えるべきです。

それには40代以上の方が向いています。

家事が仕事になる

店舗の清掃、布類の洗濯など、主婦や主夫なら普段家でしていることが仕事になります。

もし苦手でもそれなりのスキルが身につけられるので、地元に戻った時、近い未来に役に立ちます。

パートさんと仲良く

観光地の観光客対象の店舗にも、地元のパートのおばさんは居ます。

町のスーパーのパートくらいの年齢の女性が殆どです。

若い人なら自分の子供のように、歳が近ければ仲間が増えたと思って接してくれます。

仕事以外にも、円満な人付き合いも忘れずに。

リゾートバイトが向いている40代とは

実際のところあまりおすすめは出来ません。

求人自体若者を対象としていることも多いし、短期間だけ働く人には安定感・安心感共に求められていないからです。

しかしリゾートバイトを始めたい40代も居ます。

そんな方のために、リゾートバイトに向いているか否かのポイントをお伝えします。

人付き合いのいい人

友達が多い、職場や学校でも明るくて人懐っこい人が向いています。

若い内なら新しい環境にも柔軟に慣れていけますが、年齢を重ねると先入観が生まれてしまうものです。

その先入観を持たない性格の人は、新しい環境にも溶け込んでいけます。

おじさんおばさんの図々しさとはわけが違うので、相手も快く迎えてくれます。

器用な人

人付き合い、手先、何にでも器用な人です。

どんな業務でも器用にこなすことができて、誰とでも、どんなお客さんとでも上手くやっていけるのがベストな状態での始業の必須条件です。

わずか短期間でも、「また働きに来てほしい」「またここで働きたい」、そう思えるような、双方にとって嬉しいアルバイトになります。

頭のいい人

頭の回転が早い人、飲み込みの早い人、という意味です。

仕事を覚えられるのは勿論、早く土地勘を得ることが出来るからです。

40代の人が観光地で働いていると、地元の人であってもなくても、お客さんには地元のパートさんに見えます。

行き先を聞かれたり住所を聞かれたり、「この地方を知っている」という前提で話しかけられたりします。

素直に「地元の人間ではない」と前提した上で、簡単な道や最寄り駅だけでも教えられると、お客さんも自分もスマートにコミュニケーションを取れます。

リゾートバイトが向いていない40代とは?

せっかくの経験なのですから、失敗しないようにしたいものです。

では貴重な体験が失敗に終わってしまう人の特徴を挙げていきます。

初めての仕事の人

学生時代からアルバイトをしたことのない、パートもあまり経験のない人は、リゾートバイトを初めてのお仕事にするのはあまりお勧めできません。

リゾートバイトとその他の場所での仕事は、同じようで違います。

プライドの高い人

アルバイトですから、雇用形態は一番下です。

しかも新人なので、周りの人は全員土地勘も仕事慣れも圧倒的に知識のある中で、仕事が始まります。

人の下に付きたくない、なるべく一人で仕事したい人は向いていません。

リゾートバイトのほとんどは人間と人間との仕事だからです。

子育て中の人

論外ですが、子育て中なのにリゾートバイトで家を離れてしまうのは勿論よくありません。

もし子供が居るならば、子供が小学生のうちは避けておいたほうが無難です。

「育児ストレスから離れたい」というのもわかりますが、子供が小さい間は子供が人生の基盤です。

リゾートバイトの仕事をするために活かせる、今までの経験は?

リゾートバイトはそのための下準備・用意など必要ありません。

必要なのは知識より経験です。

どんな経験でも役に立つのですが、特に役に立つ経験をピックアップしてみます。

仕事経験

どこでもいいので仕事をした経験を持っていることです。

事務作業でもいいですが、接客が最も最適です。

人と話すこと、お金を扱うこと、これらはどちらもリゾートバイトの中心業務なので、経験があるだけでも仕事への入りやすさは違います。

旅行経験

目的地でも他のところでも、客として訪れたことがある、ということです。

自分が観光地や旅行地を行き、接客をされたことがあるかどうか、という体験です。

自分がされた良い接客なら手本にし、嫌な接客なら反面教師に出来ます。

また店の雰囲気も知ることが出来ます。

家事の経験

料理、洗濯、掃除など、日常生活で必ず体験する家事の経験は、仕事場でも生きてきます。

アルバイトの業務内容は家事をそのまま仕事内容にする事が多いです。

またリゾートバイトは自宅からは通わないので、洗濯も掃除も全て自分一人でやります。

主婦がお小遣い稼ぎでリゾートバイトするならば、何も困ることはありません。

その後のキャリアについて

リゾートバイトを終えたらしばらく休むか、また別の仕事を始めるか、それは学生とは違う40代らしい選択です。

主婦ならばそのまままた家事に戻れますが、せっかくならリゾートバイトの経験をいかしたいものです。

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

キャリアに関してはこれといったプラスな影響はありません。

就業した経験は増えます。

身に付くスキルがレジ打ち、接客の姿勢などです。

リゾートバイトで経験したからといっても、都市部の同業種とは異なるので、そこは理解しておきましょう。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

販売店など、接客業には最高の経験です。

地元よりいろんな出身地の人に出会うので、様々なタイプのお客さんと出会え、接客のスキルを磨いていけます。

また今までやったことのない業種だった場合、新たにその道の知識を身につけられます。

リゾートバイトの仕事が気に入っていたら、同じような仕事を探すとスムーズに仕事に入れます。

腕次第では即戦力にだってなれます。

40代の自分にあったリゾートバイト求人の選び方や注意点

では、40代がリゾートバイトを始めるにはどうしたらいいのでしょうか。

リゾートバイトは現実として、若い人が優先されます。

猛暑の下の激務なので体力的な問題、元気な人にやってもらいたいという精神的な問題、色々あります。

40代のリゾートバイト探しは簡単ではありません。

少しでも採用されやすい店舗を選ぶべきです。

【選び方①】職種から考える

若い人はなるべく楽な仕事を選びます。

ある程度の敬語さえ使えれば出来てしまう飲食店のホールは、特に若い人に大人気で、歳を重ねると採用されづらくなります。

そこで飲食店ならばキッチン、店舗ならばリゾート施設内の売店、夏季または冬季限定の施設の監視員や警備員もおすすめです。

職種から絞り込んでいくと、40代だからといって、若者の間で目立ってしまうという事を避けられますし、経験したい仕事内容を見つけていけるので、おススメです。

【選び方②】エリアから考える

若者に人気の観光地を避けます。

湘南、横浜、館山、熱海など、海沿いは特に若者が集中するスポットです。

山でも軽井沢や富士山など、有名な所は若者のが多く、採用もされやすいです。

どうしてもそれらの場所を希望する場合は、海や山から少し郷里のある場所が良いでしょう。

海から徒歩20分の距離だと、仕事終わりで遊びに行きたい若い人とかぶりにくくなります。

【選び方③】求人の文句から考える

「20代・学生募集」は勿論アウトですし、「若くて元気な人」もアウトです。

リゾートバイトは若者が楽しく働く事が大義名分になっていることもあり、なるべく若い人を採用したがります。

そんな中でも、落ち着いた店は「誰でも」と掲載します。

求人自体も派手さのない、落ち着いた見た目のものだけを見てみると絞り込みやすいです。

【選び方④】雇用条件から考える

「年齢制限なし」「制服貸与」など、好みの条件で探します。

昨今はリゾートバイト専用ページのあるサイトも多く、検索機能も豊富です。

特に見ておきたいのは、アルバイト中の下宿先の場所です。

勤務先の店舗の敷地内なのか、少し離れた場所なのか、その明記があるか確認しましょう。

大抵は店舗の敷地内やその近所ですが、電車が必要になる距離のこともあります。

【注意点】年齢に気を付ける

応募する前に、一度お店のことを調べてみましょう。

その際見てほしいのが、従業員の情報です。

地元の人間のパートやアルバイトの人数、責任者の年齢を絶対に見ましょう。

もし自分より年下の店長や責任者ならば、避けた方が良い場合もあります。

雇用者側も、年上のアルバイトは扱いづらいと感じる可能性が高いからです。

40代に嬉しい?リゾートバイトに多い特徴

リゾートバイトは普段はなかなか行けない観光地・旅行地が舞台です。

行ってみなければ解らない、初めて気がつくことが多い場所でもあります。

その中でも、40代にはちょっと嬉しい意外な特徴があります。

この特徴に気付いてしまうと、心の敷居は一気に低くなります。

年齢層が高い

雇用主の平均年齢は60代前後です。

短期アルバイトが居なければ、平均年齢は50〜60代です。

アルバイトでも、40代の自分が最年少になることもあります。

首都圏出身者が多い

ここも地方に居て安心できるポイントです。

意外に神奈川県や千葉県など、首都圏出身だったり、冬季だけ首都圏の自宅に戻っているパターンも多いです。

旅行先で思わぬ同郷出身者に会えます。

家族経営が多い

有名な店のチェーン店であることもありますが、大概は家族経営の個人店です。

赤ちゃんくらいの小さな子供が居たり、学生が居たりします。

深く付き合うわけではありませんが、関係者全員と円満に過ごす必要はあります。

まとめ

リゾートバイトの仕事内容は簡単ですが、意外に重労働なので体力に自信をつけてから挑戦すると良いかもしれません。

若い同僚が多く、地元の人間と間違えられて余計な気苦労をすることもありますが、それでも、歳をとってでも経験したいのがリゾートバイトです。

せっかく挑戦するなら、若い人にも地元の人にも負けず、元気に楽しく働いて、重ねてきた経験と元気なパワーを見せつけるくらいの気持ちで働きましょう。

実際にリゾートバイト求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

リゾートバイト求人