夏の間だけ、観光地や緑地で短期アルバイトするリゾートバイトは、普通の毎日の暮らしでは体験できないものです。

競争率も高く数もあまり多くないですが、出来るだけ若い内に経験しておきたいものです。

そこには体験しておくべき事と、体感するべきメリットがたくさんあるからです。

勿論大人になってもリゾートバイトは出来ます。

筆者は20代前半のある年の一ヶ月半、軽井沢でリゾートバイトをしたことがあります。

そこで感じた、リゾートバイトをするメリットや、見てきたもの、思ったことをありのまま紹介します。

前提として、筆者のアルバイト先は軽井沢の峠にある、個人経営の軽食店で住み込みです。

メリットや特徴は勤務地によって変わりますが、基本的な部分は共通です。

リゾートバイトはどんな仕事?

観光地や旅行地の店舗で短期間だけ働くアルバイトです。

簡単ですぐに覚えられる仕事を任されます。

具体的には飲食店のホール、土産物屋のレジや品出し、旅館や民宿の掃除や配膳をします。

リゾートバイトで働くメリットとは?

リゾートバイトはメリットがたくさんあります。

挙げられるだけのメリットを大まかに分けて7個紹介します。

細分化すればもっと挙げることも出来ます。

給料が高いこと

街や都会の飲食店やショップのアルバイトに比べて、給料が高いことがまず最初のメリットです。

筆者の場合、一ヶ月と半月で20万円以上もらいました。

気前のいい個人店だと時給2000円近いところもあります。

短期間だけではありますが、夏の間だけでもこれだけ稼ぐことが出来るのは大きいです。

残業がないこと

リゾートバイトには残業が絶対といっていいほどありません。

閉店時間にはきっちり閉まるものであり、最後のお客さんが帰り、姿が見えなくなったらすぐ暖簾をたたみます。

観光地ですので、夕方になったら客足はホテルかディナータイムのレストランに向かいます。

店にはお客さん自体来なくなり、仕事が無くなるので閉店するのです。

よって残業も発生しません。

毎日が規則正しいこと

朝起きて夕方のあがりの時間まで、毎日同じ周期の繰り返しです。

いわば、毎日同じ時間にあがれて、同じ時間に休憩に入れるということです。

夏休みの間だけダラダラ過ごしてしまう学生やフリーターも、毎日しっかり働けて、毎日ちゃんと休むことが出来るのです。

接客が楽なこと

働く店舗の格式にはよりますが、ガチガチの一流ホテルのような礼儀は必要ありません。

お客さんもカジュアルに楽しみに来ているので、接客の仕方を気にする人は居ません。

適当にやれとはいいませんが、多少フランクな対応でも、楽しい旅行でテンションが上がっているお客さんは気にしません。

お客さんと一緒に楽しむくらいでも構いません。

リラックスして働けること

筆者は山の上の店舗で、見晴らしのいいテラス席がありました。

テラス席へのドアは、ほとんど毎日開けっ放しでした。

夜間か雨の日くらいしか、テラスのカーテンも閉めません。

それくらい風が気持ちいいし、山の上から見られる景色も抜群でした。

自然の中では毎日リラックスして仕事ができます。

休日は観光できること

アルバイトの休日は自由行動です。

行きたかった場所、食べたかったもの、何をするのも自由です。

好きな観光地で働けて、休日には存分に観光を楽しむことが出来ます。

休日の度に観光が出来てしまう、何とも贅沢なアルバイトなのです。

友達連れが歓迎されること

特に女性は、友達と一緒に応募しています。

一人二人に限られますが、友人と一緒に泊りがけでアルバイトに行けるのです。

人手が欲しい雇用者側としては、友達連れは大歓迎です。

休日が同じ日になったら、友人と一緒に観光も出来てしまう、一石二鳥のアルバイトです。

リゾートバイトの仕事はどんな人に向いている?

わりと誰にでも簡単に出来てしまうリゾートバイトですが、向き不向きはやはりあります。

せっかくアルバイトを始めたのに、数日で帰ってしまう人もたまに居るのです。

せっかくの遠出ですから、一週間もしないで帰るのはもったいないですから、勤務先が自分に適正なのか考えてからアルバイトを始めましょう。

好奇心旺盛な人

新しい場所で、新しい知識を身に着けたい人は、リゾートバイトにとても向いています。

勤務地の地方ならではの慣習や、そこでしか見られない物、地元の人からしか聞けない事などたくさんあります。

柔軟に知識を仕入れ仕事にも活かすことの出来る人は、観光地のお仕事では大変重宝されます。

地理に強い人

観光客は、物凄い有名店や人気店でない限り、何かのついでで店を訪れます。

次の目的地への休息点として利用することも多いです。

そこで観光客が聞きたいのは、次の目的地への行き方や道順です。

ここから何キロ先まで行ってどこを曲がる、という程ではなくても、目的地の最寄り駅や大体の場所が解れば、簡単に案内できます。

地図や案内などよく見る人は、リゾートバイトには重宝されます。

といっても、短期アルバイトだから解らない、とも言えてしまい、それで許されてしまうのもリゾートバイト。

解らなかったら素直に地元の人に聞きましょう。

自然が好きな人

せっかくアルバイトに来たのに帰ってしまう人、その原因の殆どはこれです。

「下宿先に虫が出た」「自然が多すぎてつまらない」など、都会っ子には向いていないようです。

筆者のアルバイト先にも、過去に「退屈」という理由で辞めてしまった人が何人か居るそうです。

また、山の上では蚊など出ませんが、その代りにカマドウマ、コガネムシ、スズメバチ、ナメクジが出ます。

これらが苦手な人は、山よりは海のリゾートバイトのほうがおすすめです。

少し疲れている人

少し意外なことですが、元気でエネルギーが有り余っている人よりは、街の生活に揉まれてクタクタの人が向いています。

そういった時は旅館や施設の監視などに行くといいでしょう。

静かな環境で働き、休日は観光地に出かけて自然に触れると、リゾートバイトが終わって自宅に帰った時、気合を入れ直すことが出来ます。

リゾートバイトはあまりおすすめできない人

上項目とは逆の、あまリゾートバイトに向いていない人も紹介しておきます。

筆者が居たアルバイト先で聞いた人の話から抜粋して紹介します。

超都会っ子

勤務先も下宿先も山の中だったアルバイト先は、主に都会から短期アルバイトを募集していました。

中には観光目的でアルバイトに来た人も居て、休みの度に町まで遊びに行き、門限も守らなかったそうです。

その人は「山の上はつまらない」といって、一週間で辞めてしまいました。

まだ遊び足りない人は長続きしづらいようです。

ノリノリな若い男子学生

筆者のアルバイト先は男性禁止でした。

かつては男子学生も雇っていたそうですが、深夜に酒盛りして大騒ぎしたり、勤務中も真面目にやらずふざけてばかりだったそうです。

こういった人はどこに行っても続きはしません。

超神経質

下宿先で夜、カマドウマが出たことがあります。

筆者は部屋の外に出すなりしたのですが、虫が出てパニックになって怖くて眠れない、という人は居ました。

それからは店舗でも下宿先でも虫が気になり、こんなところは嫌だ、と何も告げずにある日いきなり帰ってしまったそうです。

たとえ短期アルバイトでも、自己都合の契約破棄は厳禁です。

リゾートバイトの仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

リゾートバイトを始めるにあたって、少し勉強しておいたほうが役に立つ事があります。

これらはリゾートバイトが終わった後でも必ず役に立ちます。

絶対に必要、ということはありませんが、知っているのと知らないのでは仕事の充実度が違います。

バイト先周辺の地理

上記と重複するところがありますが、観光地周辺の地理は、知らないより知っているほうが有利です。

お客さんの行きたいところ、おすすめの観光スポットを、何も見ないで紹介できたら理想です。

最初から地図を全て頭に叩き込む必要はありません。

最低限、有名スポットだけおさえておけば大丈夫です。

最低限の礼儀

バイト先は接客業がほとんどです。

お客さんに対して横柄な態度や乱暴な口使いは勿論よくありません。

お客さんが不快に感じない程度の、最低限の接客術は身につけておきましょう。

またお客さんだけでなく、雇用主や地元の人など、関わる人全てに対しても礼儀を忘れてはいけません。

下宿先の清掃をこまめにやり、最終日には特に丁寧に清掃して、お世話になったお礼を伝えたいものです。

地元の知識

これは地理とは違って、勤務先の伝統文化や食文化のことです。

筆者の場合は軽井沢だったので、ワサビや信州味噌、十割そばの事をよく聞かれました。

ただの観光ではなく、旅行先の文化まで知りたい人は少なくありません。

必須ではないですが、少し勉強しておくと役に立ちます。

リゾートバイトの仕事をするために活かせる、今までの経験は?

リゾートバイトは割と誰でも出来るものですが、いきなり初めてのアルバイトで飛び込むよりは、なにかしら人生経験があったほうが始めやすいです。

ではどんな経験をすると活きるのか、こんな経験があれば活かせるかを紹介します。

アルバイト経験

一ヶ月でも一週間でも構いません。

アルバイトを何かしら経験しておくと役に立ちます。

接客業である必要はありません。

要は社会に出て働くだけのスキルが身に付いていることが理想だということです。

初めてのアルバイトがリゾートバイトというのもいいですが、雇用主も自分も気軽に一緒に仕事ができればベターなので、何でもいいので経験しておくといいでしょう。

ボランティア経験

絶対ではありませんが、ボランティア経験は絶対に活きます。

特に他人との交流が主な目的のボランティアなら尚良いです。

若者に人気の観光地ではない限り、観光客の年齢層は案外高いものです。

家族連れやお年寄りが特に多いので、高齢者と関わった経験は大いに役に立ちます。

旅行経験

勤務地でなくても構いません。

宿泊していなくても構いません。

日帰り旅行でもいいので、自分の住んでいる都道府県以外に行った経験があるかです。

旅行先の店舗や雰囲気、品物やその土地の自然などを体験しておくと、仕事に入りやすくなります。

また「何となく解る」程度の地理も身につきます。

リゾートバイトの種類はどれくらい?

リゾートバイトと一口に言っても、業種も業態も様々です。

大まかな分類ではありますが、大体こういったところで、簡単な手伝いをすることになります。

街や都会と業務の内容はあまり変わらないのに、何故かワクワクしてしまうのがリゾートバイトの魅力です。

飲食店

筆者も居た飲食形態です。

この業種が一番多く、和食屋、イタリアンレストラン、喫茶店、ディナーレストランなど種類も様々です。

全国チェーンの店舗よりは、個人経営やその地方だけに展開している小規模展開の店舗が多いです。

仕事内容はホールかキッチンで、簡単な業務をします。

レジ打ちもするのですが、レジ打ちが苦手な筆者はこれが大変でした。

明朗会計で計算は簡単だったのですが、先払いのシステムで昼時には行列になります。

旅館、宿泊施設

旅行会社のパンフレットに載るようなところではなく、そこそこ大きい旅館か個人経営の民宿・旅館がほとんどです。

仕事先がそのまま下宿先になり、雑用や業務の手伝いをします。

朝が早いのも大きな特徴ですが、終わるのも早いので、夕方や午後は自由行動を取れます。

物販、土産物店

屋台での販売やお土産屋さんです。

ここでの業務はコンビニに近く、レジ打ちや品出しをします。

開店・閉店時間が固定でやることはあまり多くないので、初めてのアルバイトにはいいかもしれません。

ほぼ100%個人経営の小さい店で、募集人員は一人か二人程です。

レジャー施設

これは夏も冬も募集しているところです。

特にスキー場やスケート場などのスポーツ施設、プールの監視員や海のライフセーバーなど、その期間だけ開いていたり人が多く集まる場所です。

監視や物品販売、清掃を行います。

まとめ

いかがでしょうか。

今回は軽井沢でのケースが中心でしたが、特に変わった事業でなければ、大体どこでも仕事内容は同じです。

昨今はアルバイト求人サイトでもリゾートバイト特集が組まれたりしているので、探しやすくなっています。

まずは気になるものがあるかどうか、求人情報を見てみるといいでしょう。


関連キーワード

リゾートバイト求人

リゾートバイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

リゾートバイトの仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴や仕事の探し方について解説します

「日本各地で仕事をしたい」「日本のリゾート地で仕事をしたい」「短期間で多くのお金を稼ぎたい」そんな要望を叶える手段として、「リゾートバイト」が有名です。今回は、実際に働いている私が、経験者目線で解説致します。新しく始める人が、事前に知っておきたいと感じることをまとめました。これからリゾートバイトを始めたいと考えている人は、必見です。リゾートバイトはどんな仕事?リゾートバイトは、日本各地にあるリゾート地で働く制度のことです。基本的にはホテルや旅館の仕事がほとんどです。しかし、中にはフットネスジムトレーナー、北海道でのジャム作りなどのレア職種も多くあります。冬季にはスキー場の仕事など、期間限定の求

リゾートバイトはスキー場がオススメ!求人でよくある募集内容やおすすめの理由を解説します

普通のバイトではなく、冬休みや春休み、夏休みなどの長期休みを利用してリゾートバイトをされている、もしくはしてみたいという方は多いかと思います。しかし、周りに経験したことがある人がいなかったりして、リゾートバイトは実際どんなことをするのかや、どんなメリットがあるのかが分からなかったりします。そこで、代表的なリゾートバイトの種類や、その中でもオススメなスキー場について詳しく書いていきます。リゾートバイトにはどんな種類があるの?リゾートバイトには沢山種類があり、どのバイトがどんな仕事をするのかあまり分からないという方もいるかもしれません。代表的なリゾートバイトを例に挙げて、少し解説していきます。スキ


リゾートバイト求人に関するコラム

リゾートバイトのアルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった5個のことやそこで身に付く力とは?

リゾートバイトは夏季休暇や冬期休暇中、観光地やリゾート地に下宿しながら働くアルバイトです。働けてお金を稼げてしかも遊べる、友人同士での仕事も大歓迎の、とても魅力的なアルバイトです。そこでこのリゾートバイトの『魅力』と『給料』『やりがい』と『大変なこと』という、リゾートバイトについてまずは知っておきたい事を、リゾートバイトを経験した筆者がお教えします。リゾートバイトを検討している、経験者に話を聞いてみたい、そんな方にありのままの事をありのままに教えます。私はこんなところでリゾートバイトをやりました筆者のアルバイト先は軽井沢の峠にある茶屋でした。メニューは蕎麦やお餅がメインの和風な軽食屋で、テラス

リゾートバイトを辞めたい…と感じる人の4個の理由と乗り越え方とは?

夏や冬、観光地の繁盛時に短期間だけ働くリゾートバイトは、給料が良く自然の中で働け、休日は遊べて良いこと尽くしです。人によってはバイト期間後も残りたくなるでしょう。しかし人には向き不向きはあるもので、せっかくリゾートバイトを始めたのに、些細な気持ちの動きから「辞めたい」と感じることもあります。自分に合っていなかったかもしれないし、その原因は様々です。もしリゾートバイトを辞めたいと思ったらどうすればいいか、辞めた後のことも含めて見ていきます。リゾートバイトの大まかな仕事内容リゾートバイトは観光地や遊興施設など、人々が遊ぶ目的で訪れる場所で働く短期バイトです。募集店舗は様々で、飲食店、お土産屋、スキ

リゾートバイトならスキーの仕事がおすすめ!実際に働いた私がおすすめする仕事ややりがいを紹介します

夏休みや春休みなど長期休暇の学生、またはフリーターの方に人気のリゾートバイト。非日常的な環境の中で、働くことは様々な刺激がありそうで何だかワクワクしますよね。色々な人との新しい出会いもありそうです。未知なることに興味深々の方には、きっとたくさんの気づきや学びを与えてくれるでしょう。今回はリゾートバイトならスキーがおすすめの理由や、実際に働いた私がおすすめする仕事ややりがいをご紹介します。スキーのリゾートバイトの仕事内容とおすすめする理由とは?まずは、冬のリゾートバイトとして大変オススメのスキーのリゾートバイトですが、肝心の仕事内容と、何故そこまでおすすめするかの理由をご紹介します。リフト係求人

リゾートバイトは40代でも出来る!私がリゾバをやっていた時にいた40代の人の働き方

リゾートバイトは若い人のアルバイトだと思われがちですが、年齢制限はないので大学生・専門学校生だけでなく、既婚者、40代も働けます。若い人には出来ないようなこと、人生経験があるからこそ出来る事もあります。経験を重ねたからこそ、リゾートバイトで出来ることを見ていきましょう。リゾートバイトの大まかな仕事内容観光地、旅行地などで飲食店やお土産屋さんで短期間だけ働くアルバイトです。雇用元によって仕事内容は異なりますが、町の飲食店や商店と同じようなことをします。具体的には飲食店ではキッチンやホール、土産物屋ならレジや品出しなど、簡単な業務の手伝いをします。レジ打ち職種がどこでもほとんど必ずやることです。町

リゾートバイトがつらい仕事だと感じる人の6個の理由と乗り越え方。これで頑張ってみて!

リゾート地で短期間アルバイトとして雇用されるリゾートバイトは、普段の生活では出来ない新鮮で斬新な体験がたくさん出来ます。何よりも元来「遊ぶ場所」で働くわけですから、楽しいのは当たり前です。しかし慣れない環境がストレスになったり、今まで知らなかったからこそ負担に感じてしまうことが多いのも現実です。普段の生活では体験できない良いこと悪いこと、どちらもあるのがリゾートバイトなのです。しかも辛いと感じるものは、自分の住んでいる場所ではそうは感じない事ばかりです。この事態を迎えてしまった場合の対処法も控えておいて、楽しいアルバイトを過ごせるように、実体験も交えてご紹介します。リゾートバイトがつらい仕事だ