新型コロナウイルスの感染拡大により経済活動は低迷。

生活面においても様々な規制が加わり、窮屈だと感じることが増えてしまいました。

以前のような自由な生活ができなくなった今、戸惑いとストレスを抱え込んでいる方も少なくありません。

そんな一人一人の生活を少しでも支援するために、全国各地の自治体では独自の取組みを行っています。

今回は茨木県にスポットをあて、各市町村がコロナ禍の今行っている独自の取組みをご紹介します。

どれもユニークな取組みばかりなので、一度チェックしてみてください♪

コロナ禍で独自の取組みを行っている茨木県の自治体

タクシー買い物代行支援(つくば市)

【詳細情報】https://www.city.tsukuba.lg.jp/jigyosha/oshirase/1012984.html

茨木県つくば市では、新型コロナウイルス感染拡大防止のために買い物支援を実施しています(令和2年8月21日~)。

  • 市民の感染防止
  • タクシー事業者への支援
  • スーパーでの3密を避ける

以上3点を目的としたこの取組みでは、スーパーなどの小売店で購入したいものを電話で注文すると、自宅まで配送してもらうことができるサービスになっています(タクシー事業者・市内小売店と連携)。

1回の利用料金は330円(商品代は別)。

対象エリアは、「カスミつくばスタイル店」から車で約15分以内のエリア、もしくは「カスミライフガーデンみどりみどりの店」から3キロ以内の地域(みどりの、みどりの中央、みどりの東、みどりの南、緑が丘、下萱丸、中野、花島新田、西栗山、片田、飯田、古館、根崎、境田、台町)です。

利用したい方は、タクシー事業者へ電話して商品カタログから注文をするだけでOK!

コロナ禍において、利用者はもちろん小売店、タクシー事業者の三者にメリットがある素晴らしい取組みですね♪

テレワーク移住体験ツアー(土浦市)

【詳細情報】https://www.city.tsuchiura.lg.jp/page/page014840.html

新型コロナウイルスの感染拡大がきっかけとなり、大きな広がりを見せたテレワーク。

「わざわざ勤務先の近くに住居を構える必要性なんてないなぁ」と感じた方も多いのではないでしょうか?

そんな中、茨木県では「ワークライフジャーニー」というこれからの「働く」と「暮らす」を考える機会を積極的に提供するため、支援策をはじめとしたテレワーク体験プログラムを実施しています。

特に土浦市では、新型コロナウイルスの感染拡大により身近になった「テレワーク」に焦点をあてた取組みとして、地方移住に関心がある人を対象にした「テレワーク移住体験ツアー ~自転車のまち土浦おためしWEEK~」を開催予定です!

  • 実施予定:令和3年1月下旬~2月(3泊4日を2回実施予定)
  • 募集時期:12月上旬募集開始予定
  • 募集人数:1回あたり5組(1組1人~4人)
  • 宿泊場所:星野リゾートBEB5土浦

「テレワーク」と「サイクリング」をキーワードにしたこの体験プログラムでは、テレワークの合間に「つくば霞ヶ浦りんりんロード」をはじめとした土浦市の街を楽しくサイクリング♪

移住者の方々との交流を通して、リアル土浦での生活を体験することができるプログラムになっています。

11月中旬以降に詳細が発表される予定なので、「茨木県でのんびりとテレワークをしながら生活したい」という方は是非チェックしてみてください。

かすみエール学生応援ふるさと便事業(かすみがうら市)

【詳細情報】https://www.city.kasumigaura.lg.jp/page/page009062.html

茨木県かすみがうら市では、「コロナで帰省できない」「コロナでバイト先が休業していて生活費が稼げない」など困っている学生に、かすみがうら市の特産品が詰まった「かすみエール学生応援ふるさと便」をプレゼントするという取組を行っています。

対象となるのは、保護者がかすみがうら市に住民登録をしている市外に住む学生(高等専門学校、専修学校、短期大学、大学、大学院などに籍を置いている学生)です。

【届くもの】

  • かすみエールBOX(かすみがうら市の特産品詰合せセット)
  • 3,000円の割引チケット(WEBサイトから購入可能)

申請期間:令和2年10月下旬~令和3年1月29日(必要な書類については詳細情報をご確認ください)

コロナ禍で沈んでいた気持ちがパッと明るくなる!

そんな嬉しいプレゼントが届くので、対象者の方は是非忘れずに申し込んでくださいね♪(1人1回を限度に申し込み可能です)

食べて応援!買ってお得な出前・テイクアウト応援補助(取手市)

【詳細情報】https://www.city.toride.ibaraki.jp/sanshin/kurashi/sekatsushien/kaimono/teikuauto.html

茨木県取手市では、コロナ禍でも気軽に出前やテイクアウトで食事を楽しむことができる「食べて応援!買ってお得な出前・テイクアウト応援補助」事業を実施中です。

出前やテイクアウトを実施している飲食店に対して販売価格の一部を市が補助してくれるので、応援補助に参加している店舗を利用すると格安の「応援価格」で食事を楽しむことができるようになります(登録商品一つにつき最大300円割引を受けることができます)♪

令和2年12月31日(一定数到達次第終了)まで開催されるこの応援補助事業を利用して、美味しいお店を沢山見つけてみてはいかがでしょうか?

応援価格販売をはじめ各種店舗情報など詳細な情報は取手市サイト内に掲載されているので、是非ご確認ください。

水戸美味(みとうま)スタンプラリー(水戸市)

【詳細情報】https://www.city.mito.lg.jp/000271/000273/000286/000352/p022544.html

茨木県水戸市では、コロナ禍における農業生産者や飲食店などを支援するため、地産地消推進店として登録されている「水戸美味(みとうま)」参加店を対象としたスタンプラリーを開催しています!

まずは、「水戸美味(みとうま)」を利用してスタンプラリーの専用冊子(スタンプ台紙付き)を手に入れましょう。

異なる3店舗(「水戸美味(みとうま)」参加店)で食事、もしくは1,000円以上の買い物をすると、次回以降の会計で利用できる1,500円分のクーポン(500円×3枚)が貰えます(5,000名限定)。

  • 開催期間:令和2年10月1日~12月31日
  • クーポンの受け取り方法:各店舗でスタンプ台紙と引き換えにクーポンを受け取る
  • クーポン使用期限:令和3年1月31日

このスタンプラリーにはクーポンだけでなく「Wチャンス」も用意されており、スタンプ台紙を提出した人の中から抽選で選ばれた6名の方に、農産物(5万円相当:1名、1万円相当:5名)が贈られます!

この機会に水戸市を思う存分満喫して、お得なクーポン(ひょっとしたら豪華農産物も?!)を受け取りましょう♪

かみスポ合宿でキャッシュバックキャンペーン(神栖市)

【詳細情報】https://www.city.kamisu.ibaraki.jp/kanko_sports/1003968/1004510/1006598.html

コロナ禍で主要観光事業であるスポーツツーリズムに大きな影響を受けた神栖市では、観光需要を喚起するために合宿者対象のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

  • 対象者:神栖市で合宿を行う団体(10人以上)
  • キャンペーン期間:令和2年8月1日~令和3年3月31日(対象期間内であっても予算の上限に達した場合は終了になります)

このキャッシュバックキャンペーンでは、1人1泊あたり2,000円の支援を受けることができるほか(1団体1回限り、1団体最大20万円まで)、バス料金も1/2を支援してもらうことができるので(1団体10万円まで)かなりお得です!

  • 神栖市での合宿であれば、県外からの利用にも適応できる
  • 上限範囲内であれば、連泊分もキャッシュバックの対象になる
  • ゼミ合宿でもOK
  • 子どももキャッシュバックの対象になる 

など

利用者のメリットが高いキャンペーンとなっているので、10人以上での合宿を検討している方は是非この機会に「かみスポ合宿でキャッシュバックキャンペーン」をご活用ください。

ひたまる飲食券の配布(常陸大宮市)

【詳細情報】https://www.city.hitachiomiya.lg.jp/page/page005504.html

常陸大宮市ではコロナ禍で大きな打撃を受けている市内の飲食店を支援するために、「ひたまる飲食券」を全市民に配布するという取組みを実施しました。

【ひたまる飲食券の目的】

  • 市内飲食店の利用促進
  • 市内経済の活性化

1人2,000円分(500円×4枚)の飲食券が世帯主宛に世帯人数分郵送されてきます。

利用期間は、令和2年10月1日~12月31日。

常陸大宮市飲食券事業の取扱加盟店で利用することができます。

美味しいご飯を食べて、コロナ騒動で疲れた心身を思いっきり癒してみてはいかがでしょうか?!

オンラインによるマラソン大会(古河市)

【詳細情報】https://www.city.ibaraki-koga.lg.jp/lifetop/event/13463.html

新型コロナウイルスの感染拡大により開催が見送られることになった2020年・2021年の「サンスポ古河はなももマラソン」ですが、コロナに負けることなく少しでも大会の雰囲気を味わってもらおうと、古河市では共催企業とオンラインマラソン大会を実施することにしました。

開催時期:2021年3月中旬

参加は簡単♪開催期間中に好きなコースを自分のペースで距離分走るだけ♪(自身のスマホGPS機能とランニングアプリを活用して記録測定を行います)

詳細(スケジュール、申込方法、その他)については未定な部分が多く、決定次第大会公式ページ(http://kogahanamomo.jp/)から確認することができるようになります。

コロナのせいでついつい自宅に籠ってしまいがちだった…という方は、心身に溜まったストレスを思いっきり解消するためにも良い汗をかいてみてはいかがでしょうか?

まとめ

コロナ禍において茨木県の各自治体で行っている独自の取組みをご紹介しました。

一連のコロナ騒動で大きな打撃を受けた飲食店を中心に経済的支援をするため商品券を発行する自治体が目立ちましたが、それぞれの特色を活かしたユニークな取組も多々行われています。

楽しく、上手に活用して、コロナで疲れた心と体を癒してくださいね♪