現在、年々高齢者が増えていく中、介護の人手不足が問題視されていますね。

私が介護の仕事を始めた8年前もそうでした。

今回は、ハローワークで介護の資格を取り、実際に働くまでの流れをお伝えさせて頂きます。

ハローワークで介護職と出会う

私はハローワークに行くことになった8年前まで営業の仕事をしていました。

当時勤務していた会社が業務停止命令を受け退職し、今まで全国いろいろ飛び回っていましたが、一度少し休もうと地元に戻りました。

私が営業の仕事を辞めたのは会社都合にあたるため、すぐに失業手当が出て、半年間ゆっくりする事ができました。

ただ、失業手当を頂くためには、ある程度就職活動することは必須条件でした。

その休職中に、営業職や警備会社、テレフォンセンター等の仕事しかしなく、面接にいったものの採用にならなかったり、自分から辞退する事が続きました。

そんな中、ハローワークで、今ならヘルパー2級の資格が無料で取得できる、というチラシを発見したことが介護職との出会いの始まりでした。

介護職に魅かれた理由は?

介護職に初めて魅かれたのは、私が大学生の時になります。

当時介護の仕事には一切興味なく、ただただ死にゆく人を極力穏やかに死へいざなう仕事のように思っていました。

ですから、大学で人文学部に所属していましたが、私は福祉でなく、心理学に興味があったので、人間科学学科というのを専攻し、心理学や哲学を勉強しておりました。

ただ学生生活の中で、たまたま行きつけの個人経営の蕎麦屋さんに行った時、店主のおばちゃんから「少し時間あれば手伝ってほしい事があるんだけど」と声を掛けて下さったのがきっかけです。

そのおばちゃんからは「あのね、実は私、筋ジストロフィーという病気を抱えている方のボランティアしているの、その人本当は病院生活していなきゃいけない重い状態なんだけど、どうしても自分らしい生活がしたいから、在宅でボランティアだけで生活すると言って、それに感銘受けて微力ながら手伝っているんだけど、人がいなくて、よかったら見に来るだけ一度見に来てくれないかい?」と言われました。

このおばちゃんからの声掛けから、私は亡くなるまでの半年間ですがボランティアさせて頂く事になり、私を介護の道へ誘ってくれた大きな要因です。

このボランティアをさせて頂いた方の生き様が介護職に魅かれた理由です。

人工呼吸器をつけ、体が自由に動けないのもかかわらず、タバコを吸い、ファーストフードでフィレオフィッシュを喰らう、そんな彼の姿は私の心を大きく揺さぶりました。

同じ人間で、自分は五体満足にも心は何か縛られている感じがしていましたが、彼は、体がどうであれ、今その瞬間を生きていて、素直にボランティアにやってほしい事を言い、かなりの部分実現していた最高の生活を送っていたと思います。

大学時代にそういうボランティア経験を通して介護も面白いなぁと思っていた反面、もともとは心理カウンセラーにあこがれていました。

ただ、大学院に行くには莫大なお金が必要で、その頃の自分にそこまでやりたいという強い思いもなく、ただ、なんか面白そうな仕事ないかな~、給料が良い仕事をしてゆっくり休みたいな~と思っていました。

結果、大学時代は、4年間続けたアルバイトと半年間のボランティア、そして彼女との生活で大半を過ごし、大学は卒業という名前を得るだけの目的で過ごし、就職活動はパチンコ店と商品先物取引の営業4社から内定を頂き、一番自分は、商品先物って何?という未知の世界の憧れと期待感で、すぐに介護の仕事をせず、約7年間営業の仕事をしていました。

ただ、将来的には、ボランティアを通して、自分には排泄介助に対する抵抗もないですし、彼の姿や他のボランティアの方々の姿を見て、介護って面白そうだなと思っていたので、いずれ年を重ねて自分が特にやりたい事なくなったらやろうと思っていました。

それが、私にとっては8年前でした。

取得した資格は?

8年前ハローワークで、介護職養成のため、資格取得のため本来ならば十数万円かかる受講費が一切かからず取得できる事ができました。

それが、ホームヘルパー2級とガイドヘルパーです。

ちなみに、ホームヘルパー2級だけではできない、視覚障害や全身性障害の方に対しても外出支援できる資格がガイドヘルパーになります。

ホームヘルパー2級とはどんな資格?

ホームヘルパー2級は、8年前当時介護する人が最低限覚えておく必要がある知識や技術を学んだ事を証明する資格になります。

もともと、在宅の訪問介護をするために時間の比重をかけていた資格だったようですが、私が資格取得するための受講内容としては、決して訪問介護に偏ったものではなかったです。

現在ホームヘルパー2級は名前も改め、初任者研修となっています。

ただ、ホームヘルパー2級では、施設研修が30時間ありましたが、初任者研修では、施設研修がなくなり、その分、通学の勉強時間が増えました。

ホームヘルパー2級の講義内容の中には、例えば自分で実際にオムツを履き、寝ながら排泄するという経験し、レポートを提出するというのもありました。

他の同級生や講師の先生によると、ほとんどの人が実際にはオムツの中で排泄しようと思っても排泄できないのが現状との事でした。

ただ、私は変人なのか、比較的すぐオムツの中で排泄できました。

ただ、その当時オムツをさせていれば漏れないイメージがあり、排尿すると、横からモレ布団が濡れてしまって慌てた事を今でも覚えています。

車椅子介助においては、外で車椅子を操作する練習はもちろんの事、自分が車椅子にのり、他の同級生に車椅子を押して頂くという事も経験しました。

実際車椅子に乗ると、見た目以上に怖い感じがしたのを覚えています。

また、施設実習の中では、老人保健施設で実習させて頂きました。

ここでは、嫌がる方にただ、生命を保持するために食事を口の中に入れるという食事介助や入浴では、大浴場で数十人とイモ洗いのように次から次へと流れ作業のような介護を経験しました。

私は、この介護実習を通して、一度介護ってやっぱりこんなもんなのかな?と思い、少し仕事として選ぶのに躊躇した記憶があります。

ただ、訪問介護の実習では、本人らしい生活が維持されており、とても良いなぁと思う反面、あとから講師の先生に話しを伺うと、料理に関しては、皆さんそれぞれの好みがあり、料理は作れるようになっておくのは必要だという事を聞き、やりたいなぁと思った反面、今の料理ができない自分じゃ無理だなと思っていました。

ホームヘルパー2級の受験資格

ホームヘルパー2級は中学校卒業し、16歳以上であれば誰でも取れる資格です。

ホームヘルパー2級の勉強法は?

ホームヘルパー2級は試験がなく、ただ定められた授業を受けるだけで取れます。

具体的には、講義聞くのが58時間、実技の勉強が42時間、実習が30時間、これを欠席せず受講すれば資格がもらえます。

合格率はどれくらい?

受講すれば良いだけですので合格率はほぼ100%です。

資格が貰えない人は、講義に出席しない人や、実習先でよっぽど酷い態度で参加する人くらいです。

1発で合格した?

はい、合格といいますが、無事資格を頂きました。

ホームヘルパー2級に加えて、ガイドヘルパーも授業と実技講義するだけで頂ける資格なので、それも同時に取得させて頂きました。

ガイドヘルパーの実習は大型スーパーに行き、エスカレーター等の乗り方等実際に経験して、学びました。

また、介助される気持ちを知るため目隠しした状態でガイドして頂く事をしたのを覚えています。

グループホームで働き出すまでの流れ

ハローワークの紹介でホームヘルパー2級の資格を取得してから、私が現在勤めているグループホームに働くまでの流れを説明させて頂きます。

就職先を探す

同じヘルパー2級を受講していた同級生の中には、受講しながら就職先を探していた方もいましたが、私は、資格取得してから就職活動を始めました。

はじめに、地元で開かれる介護関連の就職説明会に参加しましたが、あまりにも給料が低すぎると思い介護の仕事は本当に他に働き先が見つからなかった時にしようかな、とも思いました。

就職説明会では、地元で確か正社員で月総支給13万円スタートの小規模多機能型居宅介護という形態の仕事や過疎地と呼ばれるような場所で特別養護老人ホームにて20万円くらいの仕事もありました。

その中で私は、過疎地と呼ばれるような場所で介護のスタートをしようと思っていましたが、たまたまハローワークで地元の介護求人の中で、介護初心者でも比較的待遇のよい求人を見つけて、面接だけでも受けようとハローワークの担当者に相談させて頂きました。

ハローワークの相談所やヘルパー2級の講座を受けさせて頂いた学校の講師の方等から、その会社に勤めた人がすぐ辞める事があり、離職率が高い事を教えて下さいました。

ただ、同時にあなたにとって良いと思える会社か、悪いと感じる会社かはわからないので、面接は行ってみると良いでしょうとアドバイスを受けました。

そして、ハローワークの相談担当者から、その会社に電話して頂き、面接日を設定してくれました。

その時聞かれて伝えた内容として、年齢・性別・健康状態・資格・運転免許の有無でした。

グループホームに決めた理由

介護の仕事のはじめとして、グループホームに決めた理由はたまたまです。

ヘルパー2級を取得したばかりの当時は施設形態について、受講はしていたものの、いまいちイメージできず、よくわかっていなかったです。

ただ、面接させて頂いた会社がグループホームと障害施設を運営する会社で、率直に介護経験がなく、介護に魅力を感じたきっかけが、大学時代のボランティア経験という事と、介護未経験で何もできませんが一生懸命頑張りますという事を伝えさせて頂きました。

それで、面接してくれた社長が少し迷ったあとに、グループホームへの配属を決めてくれました。

その時に料理はほぼやった事ないは伝えていましたが、それでも良いという事と、他の職員の方に、入居者さんに教えていただく、入居者さんが喜んで教えてくれるという事を教えて頂きました。

何社くらい受けた?

私は、はじめに受けた介護事業所1社だけです。

面接を受けた数日後から働き始めました。

異業種から介護職に転職する人は多い?

異業種から介護職に転職する人は多かったですし、現在も多いです。

私の務め先の場合ですと、例えばもともと保育士さんで本来は子供が好きなのですが、保育士の給与が介護以上に低くて生活の為に、同じ生活を支援するという事で介護に転職された方が多かったです。

また、私のようにもともと営業職でノルマに追われる生活から解放されたい、営業でお客さんに迷惑かけたという自責の念を癒したいという人や、建設関係で理不尽な体育関係特有の指導方法に嫌気がさした方等様々です。

ヘルパー2級の働き口はどの程度あるの?

ヘルパー2級の働き口は山ほどあります。

人不足の介護業界、今でも無資格者歓迎の世界です。

それが、ヘルパー2級持っていれば、最低限の知識や技術があるので充分通用します。

介護方法の基本はありますが、実際はその入居者さんや状態によって、また会社の方針によっても変わりますので、働きはじめてから覚えるくらいでも良いと思います。

逆に他の施設のやり方が身についてしまうと、やりにくい事も多いようです。

就職先の条件は?

基本給は、はじめ13万5千円低いですが、会社の特別手当が数万円ついていたり、夜勤手当は1回当時4千円で月5回の夜勤で2万円、入居者さんと一緒に食事する事が1日1、2回あるのですが、その食事代は月2500円のみです。

休みは月8回、夜勤明けの次の日は必ず休みが貰える、また育児休暇制度もある等あります。

転職して良かったと思う?

私個人的意見ですと、転職して良かったと思います。

こんな事言ってしまうと、他の介護の仕事を苦労して一生懸命されている方々に申し訳ない気持ちもありますが、辛い事は基本何もなく、一般的な仕事というより、趣味の延長上という感じがするくらいの仕事です。

グループホームは家庭的な生活ですから、ただ一緒に生活するだけです。

ただ、相手が認知症という疾患を持っているだけで、その病気とその人の好みを踏まえて考えて、一緒に楽しめる事を探し生活に取り入れ、実践するだけだからです。

その本人らしい生活の実現のために、付随して排泄介助や買い物支援等、ある程度本人の健康が維持できるように促すくらいだからです。

介護の仕事に興味がある方へ(まとめ)

介護の仕事に興味あるが、テレビや新聞の報道なので、必要以上に大変だと思っている方は、グループホームから介護の仕事を始めると良いと思います。

なぜなら、実際他の施設形態では休む暇なく動き続けなければいけない事業所や決まりがやたらと多い施設形態が多いようですが、グループホームでは、家庭的という事が前提で、きまりが曖昧になる分本人らしい追及もできますし、在宅支援の1対1の支援のように入居者さんに嫌われたらすぐ終わりという事でなく、他の職員と協力して支援することもできますし、時にはフロアを変える等の対応もできるからです。

ですから、介護に興味があるが不安もある方は、まずグループホームから勤める事をお勧め致します。

私は入社当初料理が一切できませんでしたが、他の職員や入居者さんに教えて頂き、料理を作れるようになりました。

そのスキルはプライベートでも使えますよ!


関連キーワード

介護求人

介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在日本は高齢化社会で介護についての問題は多く取り上げられていますよね。今回は在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者との関りが好きな方、何か人のためになること、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事です。訪

介護施設の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。一般にいわれているのが「三大介護」というものです。これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には色々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。介護施設の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務もあります。また訪問系ですと調理、入浴、整理整頓などの身の回り

高齢者向け住宅求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

サービス付き高齢者向け住宅でのお仕事について、ご紹介していきます。求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方から、向き不向きややりがいまで解説していきますので、ぜひ参考にしてください!サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行ったり、パット交換や入浴の介助といった身体介護を行います。施設によっては施設内にデイサービスを設けている場所もあり、デイサービスでは事前に決まっている参加者で集まってレクリエーションやリハビリといった活動を行います。

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

生活相談員の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護関連のお仕事を探していると、「生活相談員」という職種の名前を目にすることがあります。名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。実際にどのような仕事なのか、どんな人が向いているのか、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。「生活相談員」が自分に向いているか診断するにはこちら →生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケアマネージャーや医療機

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

特別養護老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。「特別養護老人ホームの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、

居宅介護支援事業所求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

介護業界で働くにあたり、資格はたくさんありますが、その中で一番取得が難しいのがケアマネージャーの資格です。試験や研修も大変ですが、何よりも基礎資格での5年以上の実務経験が必要ですので、受験資格を得るまでも簡単ではありません。それでも、今も根強い人気のあるケアマネージャー。この仕事を目指している人はたくさんいます。そんな方にもわかりやすいように、居宅介護支援事業所でのケアマネージャーの仕事やおすすめ求人のポイントを詳しくお話していきます。居宅介護支援事業所にはどんな仕事があるの?居宅介護支援事業所で居宅ケアマネージャーとして働く場合、その仕事内容は一言では言えない位多岐に渡りますが、基本的な仕事

介護士正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

超高齢化社会となり、介護や福祉の仕事に興味を持っている方も多いと思います。すでに国全体で介護士の需要が高まっており、資格を取得することで職に困らないために介護士を目指すことを検討している方も多くいます。しかし、正社員として介護士で働く場合、どのような勤務先やどのような働き方があるのか良くわからない方も多いのではないでしょうか。また、これまでの世間一般のイメージから、介護士として働くことへの不安や疑問をお持ちの方も多くいらっしゃることと思います。そこで今回は介護士正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、そして最後には多くの方が気になる疑問について解説していきます。介護

静岡介護求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な施設・エリア・年収相場を解説します

静岡県の介護求人選びで後悔しないための見極めポイントを紹介します。ローカルな情報を含めてお届けしますので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。介護職はどんな仕事?介護施設によって仕事内容は大きく異なりますが、基本的には高齢者の生活を支援する事が介護職の仕事内容です。歩くときにフラフラしてしまう人には傍ですぐに支えれるように見守りを行なったり、排泄を失敗してしまう人には定期的にトイレへ行くように声かけを行ったり、それでも上手く排泄できなかった場合はリハビリパンツを着用して、パット交換を行ったりします。また、自立している人がほとんどの施設の場合は生活に刺激を得てもらう為にレクリエーションを企画し


介護求人に関するコラム

夜勤の介護は大変?経験して気づいた5個のメリット・デメリット

介護の仕事をしていると、3交代勤務があります。特に入所系の施設では夜勤が入ってきます。介護の仕事をしたいと考えている人で、夜勤に対して不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。これまでとは全く違った勤務体制でもあり、夜に働くといったことに対して不安な気持ちがあるのは当然です。「眠らずに働くってできるの?」とか「仕事量はどうなのかな?何をするのかな?」など不安はつきませんよね。夕方から朝まで働くってそんな簡単に考えることってできないですよね。なんとなく大変なイメージしか出て来なくって、なかなか介護の仕事に就くことができずにいる方もいるでしょうね。この記事では、夜勤を経験して介護士だからこそ分

介護が向いてない人の8個の特徴と対策とは?介護業界15年の私が解説します

介護福祉士の仕事をしていると、「自分はこの仕事に向いていないのではないか・・・」と感じてしまう瞬間はありませんか。仕事で失敗をしてしまったり、イライラしてしまったり。体が疲れてしまっているなど、色々なことがありますよね。これは仕事をしている中で、誰もが一度は感じてしまうことだと思います。どんな仕事をしていても必ず失敗してしまうことはあります。そしてそんな時は、「自分に介護は向いてないかも」と感じてしまうものです。本当にそうでしょうか。失敗は必ず誰にでも起こりえます。この記事では、「向いていない」と感じる人のために、本当に介護の仕事に向いていない人の8個の特徴とその対策をお伝えします。また新人育

介護求人サイトを徹底比較!おすすめの6個のサイトを紹介します

介護の仕事を探そうと思ったとき、今の時代はネットから求人サイトを探し、そこから仕事を検索される方が多いと思います。とはいえ、今は求人サイトの数がたくさんあり、介護職に特化したサイトも増えてきています。介護の仕事を探す上で介護求人サイトを比較し、おすすめのものをまとめてみました。介護求人サイトのおすすめ6選私自身、介護職を何回か転職し、そのたびに求人サイトを利用してきました。そんな私のおすすめするサイトをご紹介します。ハローワークインターネットサービスhttps://www.hellowork.go.jp/ご存知の通り、厚生労働省職業安定局が行っているハローワークの求人を見ることができます。介護

介護でホワイトな職場の2個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

最近はブラック企業という言葉を当たり前のように聞いたり言ったりしています。介護施設も例に漏れずブラックな職場はあるようです。今回はブラックな職場やホワイトな職場の特徴に触れながら、どのようにいてホワイトの職場を見つけていくのかご紹介いたします。介護にブラックな職場はまだ多い?ブラックな職場と言っても、その人によっては「まだブラックと呼べるほどではないよ」と思えるものもあるかもしれませんが、一般的なブラックな職場という意味では少なくないのではないかと思います。私自身がブラックな施設と呼べるようなところで仕事の経験はありません。しかし、ブラックな部分と呼べるような経験や見聞きしたことはたくさんあり

介護夜勤辞めたい…と感じる人の2つの理由と乗り越え方。現役で仕事をしている私が解説!

今回は介護の仕事の中で夜勤について書いていきます。夜勤は心身ともにきつい仕事で、正社員の人でも夜勤はしていないという人も珍しくないです。夜勤を辞めたいと思う理由を、現在も夜勤をしている私がいろいろと説明していこうと思います。介護夜勤のおおまかな仕事内容とは?介護職の夜勤は施設によって勤務時間が違いますが、一般的には夕食~翌日の朝食までという所が多いと思います。食事の時間帯はそれぞれ遅出・早出がいますが、利用者様の就寝中から起床までは一人で対応するというところがほとんどでしょう。夜間のナースコール対応・排泄交換が主な仕事となります。施設によってほとんどナースコールが鳴らないという所もあれば、ひっ