大変なイメージの強い店舗運営とは、実際にはどんな仕事なのでしょうか。

その仕事内容や役割、仕事の探し方などを詳しく解説致します。

店舗運営とはどんな仕事?

コンビニやスーパー、雑貨屋さんやアパレルなど、入社した会社が運営する店舗を任される仕事です。

店舗運営とは、開店から閉店までの間に発生する業務すべてをいいます。

売上の管理や発注・納品した商品の検品や陳列、店舗のレイアウトを変えたり売り上げの管理など全般を行います。

アルバイトが多い場合には採用や教育など人材育成も重要な仕事です。

正社員で入社した場合最初はイチ運営担当者からスタートし、最終的には店長を目指すことが多いです。

店長を経て、本社の商品開発やバイヤーなど、あるいは管理業務へと異動することもあります。

店舗運営の役割とは?

接客

メインは接客となります。

来店したお客様に対しお会計のレジを担当したり、商品の説明を行なったりとお客様と直接触れ合う時間が多くあります。

アルバイトに任せている場合であっても、混雑時や繁忙時間は自分も積極的に売り場で接客を行うことが必須です。

売上管理

正社員であれば、店舗運営で最も重要なのは売上の管理です。

そのエリアの店舗を任されている統括マネージャーなどが上司に当たり、売上について目標を与えられることもあります。

売上を上げるための工夫や、目標設定、そのための施策などを考え実行することが求められます。

人材管理

正社員であればアルバイトの採用やシフト作成、教育から管理までを行います。

人が足りなければ募集をかけ面接を行います。

また、毎月シフト希望をアルバイトから集め、シフト表の作成を行うことも重要な仕事です。

バラバラの希望のシフト希望をできるだけ叶えながら、店舗が円滑に回るシフト作成をすることは至難のワザです。

ほかにも、新人アルバイトに仕事を教えたり、勤務態度が悪いアルバイトに指導を行うこともあります。

基本は正社員が行いますが、長く勤務しているベテランのアルバイトであれば、アルバイトの管理を任されることもあります。

店舗運営の仕事の探し方とは?

自分の興味のあるジャンルの店舗での募集を探す

まずは自分の興味のあるジャンルの店舗で店舗運営の募集がないかを探しましょう。

例えば洋服が好きな方であればアパレル関連のスタッフ募集や、店長候補などの求人を探します。

また、お菓子が大好きな方であればコンビニエンスストアは毎週新商品のお菓子が入荷するため楽しめるかもしれません。

自分の興味のあるジャンルの商品を取り扱っている店舗を探すことで楽しく働くことができます。

目指す職業の関連店舗で探す

自分が将来的に目指す職業の関連する商品を扱う店舗での仕事を探すのも良いでしょう。

例えば雑貨バイヤーを目指す方は雑貨屋店舗運営の経験を積むことで売れる商品や、お客様の反応、どのような商品を手に取っているかを知ることができます。

また、本社での専門職に就く場合にも店舗運営の経験があれば転職や就職に有利になることがあります。

目指す職業に最も近道となる店舗を探しましょう。

店舗運営の具体的な仕事内容とは?

具体的な業務

閉開店業務

開店時間にお店を開ける作業や、閉店作業とレジ締め作業などがあります。

多くの場合は正社員が行います。

同時に本社への売上報告を行う場合もあります。

レイアウト変更などを行う場合には閉店後に行うことも多くあります。

商品発注

商品を定期的に店ごとに仕入れている店舗の場合は発注作業も大切な仕事です。

その直近の売上データを見ながら、どの商品をどれだけ発注する必要があるか、また新商品はどのくらい売れる見込みがあるかなどを予想しながら発注を行います。

最近ではタブレット端末のようなもので実際に売り場を見ながら発注することができるシステムが一般的です。

売上管理

毎日の売上を管理し、月間目標を日別の売上目標にまで落とし込んでアルバイトにまでその意識を浸透させます。

そのために具体的に売り出したい商品を目立つ位置に置いたり、会計時にお客様へのお声掛けを行なったり、場合によっては値引きのセールを行うなど創意工夫が求められます。

仕事の流れ

閉開店業務

開店業務では店のシャッターをあげたり、レジの準備金が不足していないか確認します。

また、売り場を整えたり清掃を行なったりします。

閉店業務ではレジ閉めを行い、お金の過不足がないかを確認します。

シャッターを締め、電気のブレーカーを落とします。

24時間営業のお店であっても、レジ閉め作業は毎日発生します。

レジなどでの接客

レジなどでの接客時に各レジごとに担当者をわりふることがあります。

配置上よくお客様が来るレジにはベテランを配置するなど、その指示も正社員が行うことが多くあります。

発注と商品管理

発注と商品管理は最も店の売上を左右する業務です。

賞味期限のある食品などの場合は特に注意しながら発注をしなければなりません。

また、売れ行きを可能な限り正確に予想できるかどうかがカギとなりますが、かなりの経験を要します。

店舗運営の給料事情は?

アルバイトであれば時給制で900円前後から時間によっては1,200円程度となります。

正社員で入社した場合は初任給も中途採用もあまり変わらず手取りで20万円前後のことが多いですが、残業代がすべてつく場合には残業の多さにより変動があります。

店舗運営の将来性は?

近年AIによる店舗運営のニュースが数多く報道されています。

店舗運営の仕事の将来性はどうなるのでしょうか。

それでも完全にすべての店が無人化されるわけではない

どんなにAIや自動化などが進化しても、店は完全に無人化することはできません。

そのため、必ず人間は必要とされます。

ただ、アルバイトなどの数は減らせることが予想されています。

むしろ人件費削減で運営が楽になると言われている

むしろ、現在ではアルバイトがやるような仕事まで正社員や店長クラスが行っている業務も、全自動レジやAIの登場で不要となり、業務が楽になることが期待されています。

まとめ

店舗運営は、お客様に対し接客をしながら売上のことも考えつつアルバイトなどの管理も行う必要のあるマルチな動きが求められる仕事です。

しかし、将来的には技術の進化でより店舗運営はしやすくなると言われています。


関連キーワード

店舗運営求人