ブランドコンサルタントの年収って気になりますよね?

そもそも、ブランドコンサルタントという職種は、クライアントの企業に強いブランドを構築していく手助けをする会社です。

この仕事はスキルが高い専門職なので、一般的な額よりやや高い給料が予想されますが、実際にはどうなのでしょうか?

そこで今回は、正社員で新卒入社した場合と転職で入社した場合での年収相場についてや、ブランドコンサルタント会社で給料をアップさせたい人には必見な理由についても詳しくご紹介していきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ブランドコンサルタントの年収の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

ブランドコンサルタント職を、新卒で固定で採用しているという企業は多くありません。

ブランドコンサルティングを専門で行う会社は多くなく、規模も大きくないケースが多いため、新卒採用を行い、ゼロから人材育成ができる企業は少ないためです。

このため、新卒でブランドコンサルタントになりたいと考える方がいらっしゃる場合は、広告業かPR会社に応募したうえで、ブランドコンサルタント職を目指すと良いでしょう。

ブランドコンサルティングは企業ブランディングや商品ブランディングに深くかかわるため、広告業やPR会社に深く関わるためです。

ブランドコンサルタントを目指して広告業やPR会社に就職した場合、年収相場は就職先の業界に準じることになるでしょう。

給与の一例は下記のようになります。

《広告業》

  • A社 年収450万円程度~
  • B社 年収430万円程度~
  • C社 年収400万円程度~

《PR会社》

  • A社 年収400万円程度~
  • B社 年収320万円程度~

広告業とPR会社を比較すると、新卒採用は広告業の方が多いでしょう。

PRからブランドコンサルタントを目指す場合、広報からPRやブランディングを学ぶというキャリアプランもあります。

ご自身がブランディングにどのように関わりたいかを考えながら検討すると良いでしょう。

正社員で転職した場合

ブランドコンサルタントで転職をする場合、ほとんどのケースで経験者であることを求められるでしょう。

ブランドコンサルティングにお金をかけたいクライアントは、自社のブランディングに大きな課題や危機感を覚えていることが多く、コンサルタントにはプロフェッショナルであることを求められることがほとんどです。

しかし、ブランドコンサルタント経験者として転職するというよりは、広告業でのブランドコンサルティング専門者、PR会社のブランドコンサルティング経験者、WEB運営など、ブランディングの経験についてアピールすることができれば、チャンスは十分にあるでしょう。

年収相場は前職の給与が基準となりますが、前職の業界によっては下がる場合も多いでしょう。

特に、広告業から転職する場合は、業界全体の給与水準が高めとなりますので、下がる可能性も大いにあります。

また、ブランドコンサルティングの専門として独立を考える場合には、フリーランスという働き方も選択肢として考えて良いでしょう。

ブランディングを専門に取り扱う会社はそう多くありませんので、働き方を自分で選ぶこともできます。

パート・アルバイト

ブランドコンサルタント職のパート・アルバイト採用は多くなく、パート・アルバイトとして職に就くのは難しいと言えるでしょう。

しかし、どうしてもブランドコンサルタントに関わりたいと考える場合には、ブランドコンサルタントのアシスタント職から挑戦するのは良いでしょう。

給与水準はそれほど高くなく、1000円~1500円程度、経験によって決まるケースがほとんどです。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

ブランドコンサルタント専門職の場合は、月給制よりも年俸制のほうが多いようです。

年俸制の場合には賞与も込みで年俸設定されるケースが多いですから、支給方法によっては賞与がない、もしくはほんの少しというケースが多いです。

広告業やWEBコンサルティング業の中でブランドコンサルタントとして働く場合には、賞与が出るケースもあります。

その場合、所属企業の仕組みに基づきますが、一般的に広告業の賞与は基本給の2.0~6.0か月分程度、WEBコンサルティング業の場合には基本給の2.0~4.0か月分程度を目安にすると良いでしょう。

昇給

ブランドコンサルティングは非常に高いスキルと結果を求められる専門職ですので、昇給は実績に応じて評価されるケースが多いでしょう。

そのまま年俸の評価になりますので、賞与も含んだ評価になることが多いです。

主に売り上げやクライアントの評価、クライアントの来季契約金などによって決まります。

各種手当

ブランドコンサルティング職は、比較的新しい職種ですのであまり各種手当や福利厚生は整っていない企業のほうが多いようです。

プロフェッショナルの集まりですので、会社というよりはフリーランスの集まりと考えたほうが良いかもしれません。

そういった意味合いでいくと、各種手当は残業代が出るかどうかくらいに考えておいたほうが良いでしょう。

一方で、広告業やWEBコンサルティング業など、ある程度の規模を持って運営している会社や、本体に紐づくブランドコンサルサルティング専門企業、上場企業などの場合には、各種手当や福利厚生が整っているケースもあります。

求人ごとに大きく変わりますので、求人内容をしっかりと確認するほうが良いでしょう。

給与が高い人は何が違うの?

給与が高いブランドコンサルタントとはどのような方なのでしょうか。

ご紹介していきましょう。

スキル

ブランドコンサルタントの評価は、スキルにかかっていると言っても過言ではありません。

ブランドコンサルタントとは、各企業や商品のブランドとしての在り方を設定し、定義を決め、組織での意識を統一し、発信を効果的に行うことで、ブランドの価値を高めるのが仕事です。

ブランドコンサルタントの仕事次第で、企業のイメージや商品の価格帯に大きな影響が出、売上や社会的価値が全く異なってきますので、最終的に企業の評価を大変大きく左右します。

評価基準は、企業ブランドランクなどの数値で測れる定量的なものから、いかに企業の要求を満たすことができたかという定性的なものまで、幅広く評価されるでしょう。

スキルとしては、クライアントとのコミュニケーション、組織に徹底させる仕組みづくりと徹底力、外部への発信力と関連する媒体統括力、結果を数値で出すコミットメント力などがあげられます。

役職

ブランドコンサルタント職を専門で行うにあたり、大企業に所属して行うのであれば、役職手当などの制度がきちんと決まっており、制度に即して評価が決まることが多いでしょう。

各役職ごとに企業内で果たすべき役割が設定されており、適職であると認められれば昇進の上で、手当が支給されます。

金額は企業により定められていますが、より高い役職のほうが手当も大きいでしょう。

ブランドコンサルタント専門企業の場合は、あまり役職の種類も多くなく、役職ごとの手当も高額ではないようです。

勤続年数

勤続年数による給与の違いも、所属企業に準じるケースがほとんどです。

広告業やWEBコンサルティング業の場合には、企業ごとに定期昇給が決まっており、一期当たり1000円~3000円程度と大きくはないでしょう。

一方で、ブランドコンサルティング業の場合には、勤続年数により定期昇給がきっちりと決まっていることは少ないようです。

あくまで、前年の評価や今企業内で果たしている役割によって昇給が決まるケースが多いでしょう。

地域

大手で各地域に拠点を持ち、地域に根差して業務を行う場合には、地域手当が設定されているケースも多いでしょう。

多くの場合は、家賃などの差額を補填する形式のため、地域手当という名目で調整額が入っているケースが多いようです。

しかし、ブランドコンサルティング専門の企業の場合は、各企業の本社が集まっている東京や大阪などに拠点を持ち、地方クライアントには出張で対応するケースが多いため、地域差もないようです。

実際にブランドコンサルタントの求人を探す時は、こちらの記事を参考に!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)