近年注目を浴びている市場調査求人の仕事について筆者の体験上、一考察をしてみたいと思います。

市場調査の役割とは

インターネットの急速な普及、更にグローバル化、働き方の多様化など大きな社会変化の中で、企業はよりスピーディーに消費者の趣向の変化、ニーズをキャッチし、変化対応していく力、開発していく力が必要とされています。

そこで低コストで、リサーチ会社を通してこの消費者の声をあげていくのが市場調査の仕事といえます。

この仕事も現在注目を浴び、需要が増えているようで市場調査会社は増加しています。

市場調査にはどんな仕事があるの?

では、どのような仕事があるのでしょうか。

現在募集されている仕事の一部になりますが考察していきます。

アンケートによる調査

パソコン・スマートフォンなどへ、企業や時には自治体などから、指定された条件の消費者に対して市場調査会社を通してアンケートが送られてきます。

アンケートの項目数にもよりますが、1アンケートのテーマに1円程度が相場ですが、アンケートの項目数によって金額が変わります。

又文章などにする場合も報酬金額はかわります。

エントリーした場合のみの仕事で、アンケートの依頼を無視することもできます。

座談会など直接企業との対話による仕事

リサーチ会社を通して企業が指定する世代や、地域に対して座談会参加募集があります。

この仕事は報酬の良さからか応募が多く、競争率が高いようです。

ここでは新規格の商品に対する感想などを述べ商品開発に携わることが出来ます。

又販売されている商品に対する感想、改善点を話すことが出来ます。

覆面調査

リサーチ会社を通して、指定された店舗に調査であることは隠して、客として訪問注文し、飲食又は購入し商品の品質レベル、更に店員の対応や店舗の状態をメールなどで報告します。

市場調査求人でよくある募集内容とは?

市場調査の求人は、多くの場合在宅ワークや、スキマ時間を有効利用の副業などの項目で募集されているようです。

ストレートに市場調査とインターネットで検索すると関係会社が出てきますので、そこから選ぶことができます。

職種

サービス業に所属するようです。

ある面マスコミに通じる仕事もあります。

給与相場

市場調査会社の正社員でなければ基本的には完全出来高制になります。

1案件に対して報酬が明記されています。

アンケート調査で商品購入の内容の場合、購入代金の一部を補助する形態が多いので、本当に自分に必要なのか検討して応募することが重要になってきます。

更に、店舗への覆面調査の場合も飲食代や施術料金や交通費も含まれている場合が多いので、実際の報酬として自分に入る金額は検討して応募すべきです。

勤務時間や休日、残業

勤務時間や休日は特に設定はなく、あくまで在宅ワークのような形態、スキマ時間の利用と考えます。

只、市場調査会社社員であれば会社規則に沿っていきます。

福利厚生

調査員である場合は、福利厚生制度は特にないようです。

例えば調査の為に移動の際に事故にあったとしても保障があるかどうかは、契約の際確認すべきですが、多くの場合想定されてないようです。

求められる人物像

アンケートや座談会参加などでは、ある程度の問題意識が必要です。

また、自身の意見をまとめて、わかりやすく表現するプレゼンテーションする力が必要になります。

また、覆面調査では絶対に調査員と感づかれてはなりませんので、少しの演技力が必要になってくるともいえます。

この場合も、「もっとよくできないか」との問題意識、依頼された企業のニーズを察して答えていく想像力が必要になりますし、自分の意見を企業が理解しやすいように、まとめて表現する文章力が必要になります。

案件によっては200字以上や400字以上など、文字数も指定される場合がありますので、書くことが苦痛でない方が望まれます。

細かいことですが、座談会や覆面訪問する場合、相手に不快感を与えない清潔感があった方が不審がられないですし、時間を守るなど最低限度の社会人としても常識を持っていれば、どなたでもできると思います。

市場調査のおすすめ求人のポイント

増加している求人情報から、どのような求人会社がより安全であり、価値的か検討してみます。

大手のバイト情報会社からの求人

やはりコマーシャルなどで名前が知られている会社であれば、受け入れる市場調査もいい加減には採用されないのでまずは信頼できるかと思います。

情報が明解か

ネットからの応募であっても、ある程度の仕事内容や報酬形態が明記されていることが大事です。

証拠として残ります。

実績があるかどうか

事前にネットなどを利用して応募しようとする会社の情報・評判をリサーチしてみることが大事かと思います。

報酬の未払いや明記されている内容と違うような口コミがあれば要注意です。

会社の状態

次の段階として説明会に参加した際、説明が解りやすいか、会社がきちんとした場所にあるか、スタッフの対応を確認すべきです。

市場調査についてよくある疑問

経験者として、何点か想定される疑問をあげてみます。

報酬はきちんと支払いされているか

ネットで会社の口コミを検索し、未払いや手数料の相場を確認してみます。

自分の個人情報を漏らされないか

会社の説明会などで納得いくまで説明を聞き、少しでも不安があれば辞めるべきかもしれません。

報酬の相場

報酬の高さを求めるのでしたら、アンケートなどは本当に低額になります。

あくまでスキマ時間の利用程度かと思いますので、このアンケートだけで収入を得るのは厳しいです。

覆面調査や座談会参加はある程度の収入になりますし、整体や美容商品は、自分が必要としているものであればお得に体験出来るので価値的です。

まとめ

近年注目を浴びている市場調査のお仕事は、時代背景もありニーズが広がっている分、扱う会社も増加しています。

働く人の生活形態も多様化している今、市場調査の仕事は多くの方が携われる仕事です。

だからこそ、より自身のニーズに合った会社形態、仕事内容をリサーチしていくことが重要になってくるといえます。

上手に利用していけば、新しい情報の収集や健康面・美容面でも自分に役立つ価値ある仕事といえます。


市場調査求人に関するコラム

市場調査とはどんな仕事?仕事内容や役割、仕事の探し方など詳しく解説します!

次々と新たなビジネスが誕生する現代、消費者のニーズをつかむことが生き残りを左右するといっても過言ではありません。そこで、重要な役割を担うのが市場調査のお仕事ではないでしょうか。ここでは、市場調査とはどんな仕事内容なのか様々な角度から考察していきたいと思います。市場調査とはどんな仕事?まず市場調査とは、いわゆるマーケティングリサーチといわれる仕事です。広辞苑などの辞書には詳しく掲載されていますが、筆者なりに端的に書いてみますと、企業が消費者のニーズを知るために、様々な媒体を利用してアンケートを取ったり、座談会を開催し実際の声を吸い上げ販路拡大・消費アップを図るものです。その為の声をあげていくこと

市場調査の仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

近年、マスコミで取り上げられたり注目されている仕事の一つに市場調査があります。マーケティングリサーチとも称されています。その一端を経験した一人として市場調査の仕事内容を掘り下げてみたいと思います。市場調査の仕事は大きく3個の役割に分けられます。アンケート回答市場調査会社からインターネットなどを通して、在宅のみならず、主たる仕事に従事していてもスキマ時間を利用して回答できます。あらゆる世代、地域、職種を問わずインターネットによる回答環境さえ整っていれば参加できる仕事です。リサーチする集いに参加する市場調査会社を通して募集されますが、企業が企画する集いに参加し、新商品の内容に対して意見を述べたり、