ゲーム会社の広報はイベントが多く、最近ではインターネットなどを活用した放送番組を設けるなど、消費者(ゲームプレイヤー)と直接つながることも多いため、華やかなイメージがあります。

しかし、他の業界の広報と特別に担当範囲が変わるわけではありません。

結構シビアな仕事なので、イメージだけで挑まずによく知るところから始めましょう。

それではゲーム会社の広報求人について紹介していきます。

ゲーム会社広報のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

ゲーム会社の広報といっても、他の業界の広報と特別違うものではありません。

広報室に所属し、社外と社内の広報活動を行います。

大手になると担当が変わることも多いようですが、会社の規模や考え方によっては、IRやCSR、宣伝も兼ねている広報というのもあります。

ゲーム会社広報は会社でどういう役割を求められる?

社内、社外に関わらず、会社と人々の橋渡しの役割を求められます。

どちらかの考えに偏ることなく、どちらにも寄り沿い、どちらにも肩入れせずに客観的な視点で物事をとらえることが必要です。

ゲーム会社広報求人にはどんな種類があるの?

ゲーム会社とひとまとめにしていますが、自社のコンテンツを自ら販売・配信まで行うパブリッシャーと開発までを行う会社があります。

会社の規模や、広報として求められる業務の範囲も異なるため、代表的なものを見てみましょう。

ゲーム会社広報の募集でよくある施設や事業形態のパターン

パブリッシャー

バンダイナムコ、スクウェアエニックスなどに代表されるような、ゲームの企画、制作、販売までを一貫して行うゲームパブリッシャーの広報です。

新卒から総合職で入社し、経験を積んでから広報に配属されるケースと、転職とがあります。

転職の場合、経験として、マスコミ対応、プレスリリースの作成、記者会見などのイベントの企画・実行・運営、また社内広報として社内関係者との折衝などが求められます。

また、大手の場合はさまざまな国でゲームを売り出しているため、英語や中国語などの言語能力も必須となっていることがあります。

中規模ディベロッパー(ゲーム開発会社)

自社だけで運営しているコンテンツはなくても、大手のパブリッシャーと組むことでゲームを世に出している会社です。

スマホゲームで増えてきました。

大型イベントへの出店や大規模プロモーションなどは、経験豊富な大手パブリッシャーの広報が指揮をとってくれたりしますが、発売後のプレスリリースの作成、プロモーション企画や広告への予算配分などはディベロッパーの広報が提案したり実行することもあります。

小規模ディベロッパー

総務兼広報ということもあるようです。

制作と管理という大きな分け方で認識されており、経理や総務の仕事とプレスリリースの作成、出店なども同じ人たちで行います。

ゲーム会社広報の募集でよくある職種

広報は「広く報らせる」です。

PRとも呼ばれますが、それは「Public Relations」のことであり、一般の人たちとの関係性を構築する仕事という意味を持っています。

つまり、一方的に会社の良い所を見せていくのではなく、正しい情報の発信や印象の向上の全てに関わっています。

通常「広報」といえば「社外広報」と「社内広報」があり、担当者が違うこともあれば、兼ねていることもあります。

社外広報

社外広報は、プレスリリースの作成、メディア対応、危機管理などが仕事です。

プレスリリースは、新作のゲームなどが発売される際に発信される最初の情報で、いわゆる「情報解禁」の大切な書面です。

このプレスリリースを作成し、それを発表すると雑誌などからの取材依頼が来ます。

メディア対応はこの取材への対応や記者会見、メディアと良好な関係を構築するためのコミュニケーションが含まれます。

そして、危機管理。

この能力は必須です。

情報漏えい、クレームへの対応と対策を講じ、事前にそのようなトラブルがないように目を光らせておかねばなりません。

社内広報

ゲーム会社の多くは自社サイトを、商品などがよくわかる消費者向けのサイトと、企業情報がよくわかるコーポレートサイトに分けて所持しています。

社内広報はコーポレートサイトに載せるような情報を社内で収集するのが主な仕事です。

会社で今どんな活動をしているかを誰よりも把握し、社員の声などを集めます。

また経営陣と今後の展望などを共有し、現場の意志と一致しているかなどのチェックを行います。

そしてあまり関係が無いように見えてしまう他部署間も、一企業としてまとまるために、交流の機会としてイベントを開催したり、企業と社員の目標が一致するように社内報を作成することもあります。

これらも関係構築に携わる重要な仕事です。

広告宣伝

広報と兼務することも多いので軽く説明すると、商品や企業のことを世の中によく知ってもらうために広告やイベントを企画して打ち出す仕事です。

CMの作成や予算の検討などは広報ではなく広告宣伝が取り扱います。

IR

これも兼務することが多いのでザックリ説明すると、財務状況や投資に必要な情報を社外に提供する仕事です。

要するに株主向けの情報で、IRサイトに載せたり株主総会を執り仕切ったりします。

CSR活動

2000年代になってから広く認知されるようになってきた仕事です。

企業の社会的責任を考えて対応します。

よく企業のボランティア活動といっしょくたに考えられてしまいますが、それも含めて企業の社会全般への価値、透明性を高める活動です。

社員の人権を尊重しているかどうか労働環境を考えたり、地域貢献としての雇用の創出、大規模災害時に企業がどう行動すべきかの検討などがあります。

また、IRを内包していることも多いです。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

決まっていませんが、適正は考えた方がよいです。

一見華やかそうでも、それ以上に危機管理能力が問われるものばかりですから、慎重さが求められます。

メディアに出ることも多いため、私生活もちゃんとしている人でないと会社の顔を潰してしまいかねません。

ゲーム会社広報でよくある募集内容とは?

それでは、ゲーム会社の広報の募集でよくある情報を見てみましょう。

新卒採用の場合は「総合職」採用となるため配属されてからのことになりますが、転職における募集内容には平均的なデータがあります。

給与相場

大手パブリッシャーの場合は年俸500万円以上ですが、相場はもっと低いです。

月給にすると25~30万円くらいが相場で、広報スタッフはアルバイトで時給1,500円程度の募集も多いです。

勤務時間や休日、残業

基本的には完全週休2日制で残業も日に1時間程度に収まります。

ただ、大型イベントの準備期間中やイベント当日は土日だったりするため、年中ずっと同じペースで働けるわけではありません。

新作ゲームの発表前後もバタつきます。

福利厚生

会社によりますがアルバイト以外は大体正社員なので、社会保険は完備、大手になると休暇制度も充実しています。

また、これは広報に限らずゲーム会社あるあるですが、所属する保険組合がゲームやIT系の保険組合で、保養所が利用できたり、薬が安く買えたり、遊園地に特別価格で行けたりします。

あまり活用している人はいませんが、社会保険に加入していればだれでも利用できます。

勤務場所

大手になると支社が多いですが、広報は概ね本社勤務です。

東京、大阪、京都、愛知(名古屋)、福岡などが多く、語学力があると中国、韓国、アメリカ、カナダ、シンガポールあたりへの出張もあります。

求められる人物像

転職の場合は基本的に経験者が必須条件にはなりますが、それ以外に求められる人物像を見てみましょう。

ゲームが好きな人

広報のプロフェッショナルでも、ゲームにこれっぽっちも興味がない人は、やはり採用される確率は落ちます。

社外社内問わず関係者はゲームが好きですから、同じ熱量をもって会話ができないと、円滑なコミュニケーションが成立しないからです。

客観的な人

ゲームがどんなに好きでも、オタクまでいくと情報に偏りが生じたり、危機管理を追求すべきところで希望を持ち始め、妙に楽観的になってしまうので、ゲームが好きなことと客観的視点の双方から検討できる冷静さが必須です。

人当りが良い人

ふわっとしていますが、さまざまな要素を総合して「人当りが良い」という言葉に集約されます。

メディア対応していても好感度を持ってもらえるような話し方や身振り手振り、社内の人たちから情報を引き出しやすいような聞き手としての力、短い言葉で的確に情報を発信できる能力…「あ、この人良いな」と思ってもらえる人物です。

必要なスキルや資格、経験

広報としての経験が2年以上はないと転職は難しいです。

また、最近求められるのはSNSへの知識と活用の能力です。

「Twitter5年やってます」では話にならず、SNSを活用したマーケティング、PRの方法、好感度をアップさせるための方法、安定的なSNS運営の仕方に関する知識などが求められます。

また、プレスリリースの作成があるため、キャッチ―なタイトル、短い文章でも濃密な内容が書けること、結論から述べて掘り下げていく読み応えのある構成などのセンスは必須です。

ゲーム会社広報のおすすめ求人のポイント

ゲーム会社の広報求人は会社の規模によっても大きく異なるため、情報はよく確認しましょう。

担当業務の範囲

社内・社外広報だけなのか、IRや宣伝まで含まれるのかはよくチェックしましょう。

これを間違えると面接では落とされますし、万が一入社できてしまっても、できない仕事だらけになってしまいます。

最初は契約社員かどうか

広報の転職は経験を買われるため、最初から正社員も多いですが、試用期間が契約社員としての雇用になるかどうかは確認しておきましょう。

福利厚生などは正社員と変わりませんが、明確な試用期間が設定されていない場合、いつ切られてもおかしくない契約社員のまま続行させられることがあります。

アルバイトの場合は業務内容を細かくチェック

募集のタイトルこそ「広報」なのに、よくよく仕事内容を見てみると「総務」「人事」「事務」がメインだったりします。

ゲーム会社広報の雇用形態による違い

正社員とアルバイトがあります。

正社員は上記までに記載した内容ですが、アルバイトの場合は時給1,500円程度からで社会保険の加入などは会社によります。

アルバイトは仕事内容も正社員とは違い、正社員が企業の顔として示す方向性や企画に沿ってSNSを更新、消費者の声をまとめたり、使用画像の整理やエクセルの入力業務などのサポートが主な仕事です。

自分に合ったゲーム会社広報の求人の選び方や注意点

ゲーム会社はたくさんあるので、募集もたくさんあります。

条件がそれぞれ違うため着目すべきポイントを見てみましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

広報としてイメージしやすい仕事は正社員か契約社員、サポートは派遣かアルバイトです。

未経験者なら派遣かアルバイトの仕事から入って実務経験を積み、正社員登用されるためのステップにしましょう。

【選び方②】職種から探す

先述の通り、どこまで任されるかは要チェックです。

どれかが出来れば良いのか、全部できなければならないのかで異なりますし、全部できなければならないとなると、残業も多くなるケースがあります。

【選び方③】会社の業態から考える

パブリッシャーかディベロッパーかに言い換えることができます。

どちらがどうということではありませんが、パブリッシャーの広報になるのは、企業の数から考えてもかなり狭き門です。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

正社員の給与の相場は300万円~500万円です。

高いところだと700万円以上ですが、設定された年収が高ければ高いほど即戦力、高いスキルが求められると認識しましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

コンシューマーゲーム(家庭用ゲーム機用のソフトなど)のパブリッシャーは東京や大阪に多いですが、スマホアプリのゲーム会社は全国各地にあります。

引っ越さなくても良いところで探すのも手です。

【選び方⑥】好きなブランドから考える

大好きなゲームがあり、それに関わりたいなら、そのパブリッシャーにダメ元で応募してみましょう。

競争率が激しすぎますが、マイナーなゲームなら入れるかもしれません。

注意点

記載される情報が薄いところは危険度高めです。

入社できたはいいものの、広報の仕事なんて全然なくて、総務となんら変わりなかったり、小規模な会社だと社長の言うがままにコマ使いさせられたり、どう見てもマーケティングしておらず戦略が間違っているのに、会社の顔として表に立たせられ、責任を被ったりします。

実務の話よりも「やりがい!」「大好きなゲームに関われる!」「福利厚生が充実!」などは危険度高めです。

ゲーム会社広報求人についてよくある疑問

それでは最後に、ゲーム会社の広報求人でよくある疑問を確認しておきましょう。

ゲームが大好きです!広報になれますか?

残念ながらなれません。

ゲームが好きなだけの人は世の中にゴマンといるので、そこで勝ち上がるには実務経験やスキルが必要です。

広報の仕事は大変ですか?

大変じゃない仕事なんてないので大変です。

また、なにをもって辛いと考えるかは人それぞれですが、会社の顔として矢面に立つことの多い仕事ですから、クレームでしょげたり、他人の発言にいちいち感情が動いてしまう人には向いていないといえます。

広報の経験はないのですが、別の職種から転職できますか?

ハードルは高いですが、絶対なれないということはありません。

ゲーム会社の営業や広告、プロデューサーとしての経験が豊富で、面接や提出資料が優れていると稀に採用されます。

選考は厳しいので、戦略を資料にして提出を求められることもあるようです。

まとめ

社内外からの責任を背負う立場が広報ですから、華やかなイメージ以上に冷静な判断力と慎重さが求められます。

そして、広報として活躍するには幅広い知識が必要です。

道のりは険しいですが、自分の活躍によって企業やゲームのイメージが向上したり、社員の士気が上がるという成果を感じやすい仕事でもあるため、やりたい方は覚悟を決めて挑戦してみましょう。


関連キーワード

広報求人

広報求人についてもっと深堀りした情報を見る

広報募集の探し方を解説!広報経験者が教える採用されやすいルートや方法とは?

広報の仕事と聞くと企業の中でも花形、色々面白い事に関われるのでは無いかと考える方が多く応募者も多いようです。そうした企業広報に応募するためにはどのようにすれば良いのでしょうか?事務職などから広報職への転職は実際には可能なのでしょうか?また、採用されやすい方法などはあるのでしょうか?ここでは企業広報の募集の探し方から、採用へのルートなど、現在広報職に就いていない人が広報職に転職するための方法を中心に考えて行きたいと思います。広報の仕事ってどんなことをするの?広報の仕事と聞くとどんなイメージを持たれるでしょうか?実際には広報の仕事はそんなに華やかな仕事ではありません。マスコミ対応職という事でこの「

広報の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

広報職に憧れを持っている人は多いのでは無いでしょうか?広報への就業は一見華やかなイメージですが、イメージに反して以外にコツコツとした地味な業務が多いのが現状でもあったりします。そんな広報の仕事についてここでは年収をメインに見て行きたいと思います。これから広報職に就業したい人や現在広報職についていて、年収の大幅アップを狙う人のための参考となれば幸いです。それでは見ていきましょう。「広報の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →広報の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員で新卒入社して、広報に配属される事はほぼ皆無に近いと言っていいかもしれません。なぜなら広報職に就くために

広報の採用はどんな会社がしてる?4個の会社のタイプや、会社から求められていること

広報業務に携わりたい場合どのような企業をどのような判断で狙って行けば良いのか、なかなか難しい場合があります。ここではすでに広報業務に携わっている方や、今から広報業務に携わりたいと考えている方が、どのような基準で次の企業を選べば良いのかについて簡単にお伝えしていきたいと思います。広報の採用をしている会社ではどんな求人が募集されているの?それではここで広報の採用をしている会社の求人でどんな事が具体的な業務とされているのかについて見てみましょう。プレス・リリースの企画・作成・配信/メディアリレーション/取材依頼などの窓口やスケジュール管理/PR資料の作成/自社Webサイトの更新・運用/社内報の制作/

広報の転職を成功させるために!狙い目な会社の5個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

広報はスペシャリストと言える仕事でもあり、広く見聞が必要とされる仕事でもあります。そんな広報への転職はどのように行うのが一番良いと言えるのでしょうか?また、広報の転職で気をつけるべき点や狙い目の企業の特長は?円滑に転職するためにはどのような所に気を付けていけば良いのでしょう?広報の仕事は多岐に渡る事が多いのですが、その割に仕事は孤独な事が多いです。自社の広報をしている場合でも製品広報をしている場合でもそうです。広報で重要視される事の1つに差別化があります。同業他社の製品よりも自社の製品のここは優れているが、ここは正直劣っている。などの情報は常にアンテナを立てて見張っておく事が必要とされる業務で

広報の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

広報の仕事に憧れる人が多いようですが、実際にはどんな業務をこなしているのかご存知の方は少ないです。また企業によって広報のになう仕事も異なっている事が多いようです。企業の形態に合わせて広報も形を変えるのは当然ですが具体的にはどんな所が異なっているのでしょう?今回はそんなちょっと謎の側面を持つ広報の業務についてご紹介してまいります。「広報の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →広報の仕事ってどんな仕事?企業の取り組みを自ら「ステークホルダー」に発信する作業こそが、「広報」という仕事だと言えます。ではこのステークホルダーとは何をさすのでしょうか?このステークホルダーとは企業を取り巻く人々の