広報の仕事はなんとなく華やかなイメージを持っている人が多いと思いますが、その実、結構シビアな世界です。

まず広報がどんな仕事をするのかを確認し、向いている人や必要なスキルなどについて見て行きましょう。

「広報の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

広報はどんな仕事?

広報の仕事を大まかにいうと、企業の商品やサービス、企業そのものやブランドのことを社内外に打ち出していく仕事です。

PR(Public Relationsの略)とも呼ばれ、企業とそれ以外との関係を良好にする役割を担っており、企業の収益に直結する重要な役割であるため、責任も重大です。

広報の大まかな仕事内容

広報は、社内広報と社外広報でやることが全然違います。

大手企業なら分かれていますが、中小企業だと兼務していることが多いです。

社内広報

社内広報は、社員に情報を発信して働くモチベーションをアップさせたり、社員と話をして自社の商品やサービスの情報、社内の状況を吸い上げてまとめ、各部署へ報告します。

人事との連携もあり、社内イベントを開催したり社内へのお知らせを作ったりもします。

社外広報

社外広報は、多くの人がイメージする広報です。

自社の商品やサービスの発売に際してプレスリリースを作成し、世の中の人に知ってもらうように働きかけます。

プレスリリースは商品やサービス以外にも、研究結果の発表、調査データのまとめ、社会貢献のお知らせやIRも絡む経営状況などがあります。

IRというのは株主に報告する内容などをまとめたり、総会の司会進行を担ったりする仕事で、広報が兼務していることが多いです。

大手企業になるとメディア対応も多いので、広報が担います。

プレスリリースも作成しただけでは世の中に広まらないので各メディアにお知らせして掲載してもらう必要があるため、メディア対応と合わせて各メディアと良好な関係を築くことが重要です。

広報は会社でどういう役割を求められる?

上記までを見ると本当に華やかで楽しそうな仕事ですが、社内広報・社外広報ともに求められるのは危機管理の役割です。

どんなにお知らせが得意でも、危機管理の意識がないと大失敗します。

社員がうっかり情報を漏えいすれば、矢面に立って世間に頭を下げるのは広報の仕事ですし、そのような漏えいを引き起こした責任もとらされます。

なぜなら、広報の仕事には社員のコンプライアンス意識を高めることも含まれているからです。

もし何らかの問題が生じたとき、損失を最小限に抑えるために素早く対応策を打ち出すスピード感も必要ですし、誰よりも言葉選びを慎重に行わなければなりません。

これを間違うと、企業名やブランド名を汚すことになり、顧客離れ、売上低下、最悪の場合は業務停止にまで発展してしまいますから、かなり大変な仕事です。

「広報の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

広報の仕事はどんな人に向いている?

広報の仕事に向いている人はどのような人物像なのかを見てみましょう。

スキルや資格については後述するので、ここでは人間性の部分に特化してご紹介します。

「広報の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

人当りが良い人

PRはPublic Relationsの略だと記載しました。

「Public=大衆、公衆」「Relations=関係」、つまり消費者やメディア、社員も含めた公衆と企業との関係を構築する仕事が広報です。

情報収集とそれを発信することが同時に求められる仕事でもあるため、コミュニケーション力に優れ、人から話を聞き出すのが得意、第一印象からして良く、メディア対応でも不快感を与えない人当たりの良さをもった人物が向いています。

自分の感情はともかくとして、笑顔が綺麗につくれること、心では悪くないと思っていても謝るときは丁寧に謝罪する姿勢を示せるという割り切りも必要です。

客観的な人

ずっと同じ会社にいると、その会社でだけ通じることが世の中でも通じる気になってしまうものです。

その代表例がカタカナ用語シリーズ。

「アドバンテージ」「アライアンス」「グランドデザイン」「ゲーミフィケーション」「コミット」「フィックス」などです。

社内で使われていて、毎日のように聞いているとそれが常識みたいになってきます。

しかし、冷静に考えればこんなカタカナ用語を乱発する日常会話は存在しません。

広く消費者に届くプレスリリースにこれらの言葉が盛り込まれていて意味が正しく伝わるかといえば、おそらく大多数に伝わらないでしょう。

とくに「フィックス」なんて元々の意味は「直す」なのに「完了・確定」の意味で使われたりするので誤解を招く恐れもあります。

自分で発信する情報以外も、社員や社長が発表する言葉に誤解を招くような文言がないか、意図が正しく伝わるかをチェックすることもあるため、自分にとっての常識が世間にとっての常識か、社内ならわかる説明も、社外の人にまで伝わるかということを客観的な視点で確認できる人でなければ務まりません。

リスクを予測できる人

とても面白いイベントの企画を用意しても、準備をする中で「当日に来る花が間に合わないということもあるだろうな」といったリスクの想定ができる人が向いています。

予めリスクを想定できていれば、「このリスクが現実になったらこうしよう」と代替案を用意しておくことができるため、土壇場で対処する数を減らすことができ、物事を成功させやすくなります。

また、客観的であることとも共通して「こんなこと言ったらこういう指摘がくるかもしれないな」と一見すると大丈夫そうな発言なども注意深く検討して適切に選んでいくことが、会社のイメージを守ることにつながります。

あらゆる事情を考慮した上で、微々たるパーセンテージでも発生することが0とはいえないリスクがどれだけあるか、瞬時に予測できる人は重宝されます。

情報収集が得意な人

社内広報なら社内の情報の吸い上げ、社外広報なら世の中の動向や注目情報に常にアンテナを張るのが得意な人が向いています。

それを苦にせず自然にできる人であることが重要です。

バラバラの情報を関連付けて整理したり、一見関係のないような情報からも発見を得たりすることはもちろんですが、メディア側の人と食事をしながら業界の動向について話すこともあります。

資料集め、調査、会話が必要となるためデスクワークとアクティブな行動が両立していると良いでしょう。

逆に広報の仕事に向いていない人の特徴は?

広報は華やかそうに見えますが、まじめでコツコツ仕事ができる人が向いています。

大きな責任を背負う立場であることから、雰囲気からして落ち着いており、大人でないと務まりません。

あまり人から信頼されない人は向いていないのですが、その他にも重視される適性があるので、それに照らして向いていない人をチェックしておきましょう。

コミュニケーション能力が足りない人

向いている人の情報収集力でも触れましたが、広報はたくさんの人と会話をして情報を集めなければなりません。

コミュニケーション能力に足りないところがあり、人を怒らせがちな人や誤解を招くような発言が多い人、おしゃべり好きで相手の話を聞くのは苦手な人は向いていません。

また、広報はメディア対応などもあるのでメディアから好かれる人柄でないと応援してもらえず、企業にとってプラスにならない記事を書かれてしまうことがあります。

これでは企業にとって迷惑なので、相手に好かれるコミュニケーション能力は必須です。

コミュニケーションは話すことだけでは成立しません。

姿勢、表情、身振り手振りなども含めてコミュニケーションです。

「この人と一緒にいると良い気分になるな」という信頼感、安定感、好感を与えるような人物でないと厳しいといえます。

主観的な人

広報は消費者や顧客からのクレームを直に受ける機会が度々あります。

時には悪意しかないこと、根も葉もないことを言ってくる人もいるのですが、それに目くじらを立てて会社寄りの反論をすると会社のイメージを損なうことになりかねません。

テレビでよくある企業の謝罪会見でやらかしてしまっている広報がこのタイプです。

企業愛はわかるのですが、広報はそれを表に出すのは問題があります。

常に客観的に自分の発言で引き起こされるトラブル、炎上はないかと分析できる人でなければ、広報になるのはやめておいた方がいいでしょう。

忍耐力がない人

広報は商品やサービスをアピールするためのイベントを企画することもあるので、イベント参加者が楽しめる、興味をもつ企画を出せる発想力も必要ですが、それを実現させるためには忍耐力が必須です。

企画だけは楽しんでガンガンやるのに、緻密な準備や企画を通すプレゼンテーションの資料づくりなど、忍耐力が必要なことは人に丸投げしてしまうという人は、迷惑になってしまうので広報になるのはやめた方がいいでしょう。

集中力がない人

とくに社外広報については集中力がない人は全く向いていません。

プレスリリースのデータなどに誤植があって「ケアレスミスでした」では済まされないからです。

そのミスに早く気づけばまだしも、広まった後では詐欺として非難される恐れすらあるので、「もう入稿して大丈夫だろうな」という曖昧な考えで進めてしまう人は危険すぎます。

集中力に自信がなければ、自分のために広報になることを諦めましょう。

大きすぎる責任をとらなければならない事態に陥るより、諦めることによる精神的ダメージの方がまだマシです。

「広報の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

広報の仕事をするために必要なスキルや資格は?

人間的な適性と合致していたら、採用されるために必要なスキルや資格も身に着けておきましょう。

付け焼刃でなんとかなるものはあまりないので、将来的に広報になるために意識して取り組むことが大切です。

「広報の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

必要なスキルや資格

広報は幅広いスキルが必要なので、何かがあれば大丈夫ということはないのですが、代表的なものをいくつか取り上げ、具体的に解説していきます。

広報専門の民間資格もあるので要チェックです。

文章構成力

プレスリリース作成における文章構成力はかなり重要です。

必須と言っていいでしょう。

プレスリリースは各メディアに掲載してもらったり、プレスリリースを見て興味を持った記者からの取材依頼を獲得したりすることで効果を発揮します。

しかし、記者はとっても忙しいので、長ったらしいプレスリリースを逐一読んではいられません。

タイトルだけで「読みたい」と思わせ、そのプレスリリースを読むことで得られる情報が何かを冒頭で明示する必要があります。

他社も含めて、記者が数多く取り扱うプレスリリースの中で「あとでしっかり読もう」の枠に入れてもらえるような文章構成を心がけましょう。

日本語力

誰にでもわかる文章、言葉選びが重要です。

業界だけでしか通じないような用語、特有の言い回しをプレスリリースに書いても、メディアの人たちが皆各業界に特化した記者というわけではないので、広く一般的に理解してもらえる内容を書く必要があります。

吸い上げた情報を、わかりやすい言葉に変換しながら意味を損なわないように組み上げていく作業は、たくさんの言葉が自分の中に揃っていないと時間がかかってしまうので、日本語力は大切です。

その他の語学力

大手企業や業種によっては海外向けにもプレスリリースを作成したり、発表するデータなどが海外との共同研究の結果だったりするので、英語や中国語などができると活躍の幅が広がります。

他の語学を知らないまま、とりあえず流用してプレスリリースを作成すると、そこに間違った情報が入り込んでいる場合に問題が出ます。

理解できた方が仕事がしやすいので日本語以外の語学も身に着けておくと自分のためになるでしょう。

プレゼンテーション能力

どんなに面白い企画を作っても社内で承認され、予算を確保できないと実現しませんから、プレゼンテーション能力は必須です。

コミュニケーション力とプレゼンテーション能力は異なっており、ただ好かれるだけでなく、いかにメリットがあるか、それを実行することで何が変わるかといったことを相手に理解させ、実現させるべきだと思わせなければいけません。

社内承認と同様、メディア向けの発表会なども、わかりやすくキャッチ―な司会進行で盛り上げる必要があるため、人の心を掴む言葉の選び方、過剰広告にならない程度に自社の商品やサービスの良さを的確に伝える情報発信力が重要視されます。

PRプランナー資格

必須ではないですがあった方が良いですし、いずれは取得すべき資格です。

認定資格は3種類で、PRプランナー補、准PRプランナー、PRプランナーがあります。

PRプランナー補

1次試験の合格とPRプランナー補書類審査への合格が必要です。

試験内容は、組織経営、広報・PR活動に関する知識、コミュニケーション手段に関する知識、マーケティングに関する知識です。

准PRプランナー

2次試験までの合格と准PRプランナー書類審査合格が必要です。

試験内容は、CSR(社会的責任)、IR、危機管理、企業経営、コミュニケーション、マーケティング、ブランドマネジメント、広報・PR、時事問題に関する知識が求められ、幅が広いです。

PRプランナー

3次試験までの合格とPRプランナー書類審査合格が必要です。

3次試験に挑めるのは2次試験で4科目全て合格しており、広報の実務を3年以上経験した人だけです。

試験内容は、ニュースリリースの作成、広報・PR計画の立案作成という実践的な試験となります。

この試験で問われる能力が、広報に必要とされる知識や能力の基礎となるため、自分がどこまで理解しているのかを知る指標としても受験しておくことをおすすめします。

広報の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

広報以外の仕事をしていた人でも活かせる経験はあるのかを見てみましょう。

広報は複合的な仕事をするので、どんな経験でも何かと役には立ちますが、ここでは採用されるにあたって武器になりそうな経験に特化してご紹介します。

営業

営業の仕事は実績を上げるためにはコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、フットワークの軽さ、社内の情報収集力、商品やサービスへの理解といった、広報が持っておくべき能力や知識と関連するものが多いので活かしやすいです。

ただし、広報の仕事の方が会社の顔として広く知られるので、企業のイメージを損なわないよう、営業よりもさらに慎重な対応が求められます。

メディア

メディア側にいた人は、メディアがどんなプレスリリースが読みやすいか、興味を持つかを理解しているので企業にとってプラスになる情報発信力が期待されます。

メディアの人たちとの繋がりも強いので、他業種の中でも比較的広報に転身しやすいといえます。

とくに記者であれば、人から情報を引き出して、それを的確な文章にまとめる力、情報の精査をする力が評価されるため、広報経験者同様に優遇される可能性は高いでしょう。

メディア出身者が苦労することがあるとすれば、IRなどの新たに身に付けなければいけない知識やノウハウです。

また、記者以上に会社全体の売上の責任を背負うというプレッシャーへの耐性も必要です。

経理

IRの仕事が広報の役割に含まれる場合は経理の経験が役に立ちます。

IRでは株主総会に向けて情報を収集、整理し、資料にまとめていく仕事があるので経理経験があれば理解しやすいはずです。

銀行や株主に対して何がメリット、デメリットになる情報かを知っているのは強みです。

ただし、銀行との折衝まで担っていたのであれば特に問題ないと思いますが、事務的な作業だけをしていた場合は、人前に立って話さなければならない機会が急激に増えますから、それが得意かどうかは試されます。

広報で働くメリットとは?

人とのつながりが増える

広報は社内でも社外でもたくさんの人たちとのコミュニケーションが必須である分、社内の人たち、メディア、他業種の人との交流の機会が多く、人とのつながりが増えます。

人とのつながりはプライベートの友達を増やしやすいというメリットになりますが、転職しやすいことも示しています。

世の声がわかる

SNSを活用したり、イベントを開催する際には消費者や顧客の声をダイレクトに聞く機会が多いので、自分のPR活動の成果が実感できたり、「良い会社だね」「このサービスのおかげで助かったよ」という嬉しい声をもらえることがあります。

また、マーケティングも行うことで世の中の動向がわかり、先読みをして準備していたことがピッタリ合致したときの達成感や喜びもあります。

花形として憧れの的

世の中の広報のイメージはやっぱり花形なのでモテます。

実際の業務はシビアでも、イベントを取り仕切ったり、会社の顔としての活動は憧れの的です。

もちろん、会社の顔として活動するには責任が大きいというプレッシャーもありますが、調子に乗らずにまじめに取り組んでいれば人として成長できる度合も大きいです。

「広報の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

広報で働くデメリットとは?

責任がかなり重い

会社がどんなに素晴らしい商品やサービスを作っても、それが売上につながるかどうかは広報の腕にかかっています。

PRが下手だと世の中に知られないまま埋もれていってしまうので、売上が上がっていかないときの責任は広報がとらなければなりません。

もちろん営業の人も頑張るのですが、広報が的確なPRをしていれば営業の人も売り込みやすくなるため、社内からも「もっと頑張ってよ」と言われることがあります。

また、プレスリリースなどに誤情報を記載したまま発表してしまうと、ケアレスミスでは済みません。

それが消費者向けの商品のプレスリリースであれば、誤情報を信じて購入してしまった消費者からのクレームが殺到することもありますし、それをもとに記事にしてくれたメディアにも多大な迷惑をかけます。

小さなミスだとしてもニュースに取り上げられてしまうこともあるので、責任の重さは尋常ではありません。

得られるものが大きい仕事だからこそ、負う責任も大きいことを忘れないようにしましょう。

トラブル時に矢面に立たなければいけない

よくテレビのニュースなどで謝罪会見をしている時に企業側として出てくるのが広報です。

社長などが頭を下げることもありますが、その時の謝罪原稿を作るのは広報ですし、その謝り方が悪いと「あの企業は謝り方も知らんのか」とブランド力が急落していきます。

代表は出てこず、広報がメディアに顔を晒して謝ることもありますし、寄せられたクレームに対応するのも広報だったりします。

人からの悪意ある視線、追求の言葉を受ける矢面に立たなければいけないので、メンタル強めの人でないとトラブル時は耐えられないでしょう。

また、ただ単に平謝りすればいいというわけでもありません。

不祥事やトラブルが生じた場合でも、全ての追求に対して謝ってしまうと「事実と認めた」と捉えられてしまいます。

事実の調査をし、違うところは違うと言い、謝るべきところは謝るという、一線を守る判断力を同時に持っていなければなりません。

このどちらが欠けてもトラブルをさらに大きな問題として取り上げられるハメになるので、ストレスを抱えながらも冷静な対応が求められます。

客観的な立場を崩さないのは大変

会社と世間との良い関係を構築していく仕事である以上、どんなに自分が会社のことが好きでも、会社寄りのことを言わないように言葉を選び続けるのは至難の技です。

会社が発売している商品がいかに素晴らしいかを誰よりも知っているのに、クレームに反論してはいけませんし、真摯に受け止め、ときには心にもない謝罪をしなければならない場面もあります。

自分の感情をグッと抑えて頭を下げることが、会社のイメージを損なわないことにつながると頭ではわかっていても、ストレスにはなるので、うまくリフレッシュできない人だと長年続けていくのは難しいものがあります。

「広報の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

最初から企画やプレスリリース(ニュースリリース)を任せてもらえることはほとんどないので、まずは自社についてよく知り、市場調査したり、人とのコミュニケーションができていれば広報として働くことはできます。

その後、IRなどもっと専門的で実務的な知識を増やしていくことで仕事の幅を広げ、メディアなどとの連携ができるようになって初めて発信力が認められるため、企画立案ができるようになります。

ここまでくれば年収や役職も良いです。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

広報の仕事は他分野にわたるため、営業やメディア、プランナーなど転職しやすいです。

他の仕事から広報になるのが難しい分、広報としての経験があれば、他の仕事に就けなくて困るということはあまりないでしょう。

しかし、トラブルが生じた時に矢面に立ち、やらかしてしまった姿が広く知られてしまうと転職しづらいというデメリットはあります。

自分に合った広報の求人の選び方や注意点

最後に、広報になるにあたって、募集要項(求人)で見るべきポイントを確認しましょう。

「広報の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

【選び方①】雇用形態から探す

広報は基本的に正社員なので、試用期間だけ契約社員ということはあっても、派遣やアルバイトはありません。

派遣の場合は広報の部署で事務の手伝いをすることはあるかもしれませんが、あくまで部署であって、広報としての仕事ではないことがほとんどです。

逆に言えば、広報の募集なのに派遣やアルバイトの雇用形態が提示されている場合は、会社の情報の深い部分は収集させてもらえないので、上記までで紹介してきたような広報の仕事ではない可能性が高いです。

【選び方②】職種から探す

職種は「広報」に違いありませんが、社内広報、社外広報、IRのように細分化して確認しましょう。

未経験で全部含まれる広報になるのは無謀です。

未経験なら社内広報から始めるとよく、経験者なら自分が取り組んだことのないものに挑戦するかしないかで変わります。

挑戦したい場合は面接時に「広報出身ですがIRは未経験です」のように、できることとできないことは言っておかなければなりません。

会社によっては「広報はIRの仕事もするのが当たり前」という文化が常識化してしまっていることもあるので、「IRもできるつもりで採用したのに!」と不満に思われないよう、事前に伝えておきましょう。

【選び方③】会社の業態から考える

メーカー、小売り、サービス業など色々ありますが、何にしても広報は本社勤務になるため、大元はメーカーでも小売りとして店舗数を多く抱えている企業などは、収集しなければいけない情報量が分散していてなかなか大変です。

未経験なら、本社のみ、メーカーやパブリッシャーとしての業務のみなど特化型の方が向いています。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

年収のボリュームゾーンは300~500万円なので、月給(額面)は20~40万円台が多いです。

アパレル系など発信する情報が常に多く、イベントも月に何度も開催、各店舗の確認にも行く場合、雇用条件は裁量労働制、コアタイム制なこともありますが、基本的には定時出社、定時退社で残業代アリが多いです。

【選び方⑤】エリアから考える

広報は、企業がある以上確実に必要な仕事なので全国各地で勤務地を選べます。

華やかさに憧れるなら、東京、大阪、愛知、福岡などがメジャーですが競争率も高めです。

【選び方⑥】好きなブランドから考える

客観的な立場で考えるとはいっても、自社の商品やサービス、また自社そのものに興味がないと続けられませんから、好きなブランドや会社の広報になることを考えることも良いでしょう。

または、興味のあるイベントへ出店しているブランドなら、毎年のことであるためモチベーションをキープしやすかったりします。

広報の仕事で転職すると年収は上がる?

広報に転職するのは難しいので、未経験からの転職であれば年収は下がると考える方が良いです。

未経験から転職して年収が上がるとすれば、会社にとって莫大なメリットとなる能力を持っている人だけでしょう。

M&Aの資格を取得している、5ヶ国語ができる、大手メディアの編集長だったなどです。

広報から他の仕事に転職する場合は、それまでに培った能力を活かせるかどうかによります。

ただし、広報の年収はボリュームゾーンが300~500万、高い人で1,000万クラスなので、平均年収などを考慮しても特段に上がるという期待はもてません。

まとめ

広報は責任重大ですが、現代では欠かせない仕事なので、これから先も需要は拡大していくことが見込まれています。

複合的な知識と能力が求められる分、スキルアップしようと思ったら際限なくどこまでも成長できる仕事でもあり、広報を経験するのは、あらゆる業界に転職するにも強みとなるはずです。

「広報の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

広報求人

広報求人についてもっと深堀りした情報を見る

ゲーム会社広報求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ゲーム会社の広報はイベントが多く、最近ではインターネットなどを活用した放送番組を設けるなど、消費者(ゲームプレイヤー)と直接つながることも多いため、華やかなイメージがあります。しかし、他の業界の広報と特別に担当範囲が変わるわけではありません。結構シビアな仕事なので、イメージだけで挑まずによく知るところから始めましょう。それではゲーム会社の広報求人について紹介していきます。ゲーム会社広報のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ゲーム会社の広報といっても、他の業界の広報と特別違うものではありません。広報室に所属し、社外と社内の広報活動を行います。大手になると担当が変わることも多いようですが、会社の規

広報募集の探し方を解説!広報経験者が教える採用されやすいルートや方法とは?

広報の仕事と聞くと企業の中でも花形、色々面白い事に関われるのでは無いかと考える方が多く応募者も多いようです。そうした企業広報に応募するためにはどのようにすれば良いのでしょうか?事務職などから広報職への転職は実際には可能なのでしょうか?また、採用されやすい方法などはあるのでしょうか?ここでは企業広報の募集の探し方から、採用へのルートなど、現在広報職に就いていない人が広報職に転職するための方法を中心に考えて行きたいと思います。広報の仕事ってどんなことをするの?広報の仕事と聞くとどんなイメージを持たれるでしょうか?実際には広報の仕事はそんなに華やかな仕事ではありません。マスコミ対応職という事でこの「

広報の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

広報職に憧れを持っている人は多いのでは無いでしょうか?広報への就業は一見華やかなイメージですが、イメージに反して以外にコツコツとした地味な業務が多いのが現状でもあったりします。そんな広報の仕事についてここでは年収をメインに見て行きたいと思います。これから広報職に就業したい人や現在広報職についていて、年収の大幅アップを狙う人のための参考となれば幸いです。それでは見ていきましょう。広報の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員で新卒入社して、広報に配属される事はほぼ皆無に近いと言っていいかもしれません。なぜなら広報職に就くためには企業のなりたちや企業のキャッシュフロー企業の決済の仕組

広報の採用はどんな会社がしてる?4個の会社のタイプや、会社から求められていること

広報業務に携わりたい場合どのような企業をどのような判断で狙って行けば良いのか、なかなか難しい場合があります。ここではすでに広報業務に携わっている方や、今から広報業務に携わりたいと考えている方が、どのような基準で次の企業を選べば良いのかについて簡単にお伝えしていきたいと思います。広報の採用をしている会社ではどんな求人が募集されているの?それではここで広報の採用をしている会社の求人でどんな事が具体的な業務とされているのかについて見てみましょう。プレス・リリースの企画・作成・配信/メディアリレーション/取材依頼などの窓口やスケジュール管理/PR資料の作成/自社Webサイトの更新・運用/社内報の制作/

広報の転職を成功させるために!狙い目な会社の5個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

広報はスペシャリストと言える仕事でもあり、広く見聞が必要とされる仕事でもあります。そんな広報への転職はどのように行うのが一番良いと言えるのでしょうか?また、広報の転職で気をつけるべき点や狙い目の企業の特長は?円滑に転職するためにはどのような所に気を付けていけば良いのでしょう?広報の仕事は多岐に渡る事が多いのですが、その割に仕事は孤独な事が多いです。自社の広報をしている場合でも製品広報をしている場合でもそうです。広報で重要視される事の1つに差別化があります。同業他社の製品よりも自社の製品のここは優れているが、ここは正直劣っている。などの情報は常にアンテナを立てて見張っておく事が必要とされる業務で

広報の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

広報の仕事に憧れる人が多いようですが、実際にはどんな業務をこなしているのかご存知の方は少ないです。また企業によって広報のになう仕事も異なっている事が多いようです。企業の形態に合わせて広報も形を変えるのは当然ですが具体的にはどんな所が異なっているのでしょう?今回はそんなちょっと謎の側面を持つ広報の業務についてご紹介してまいります。広報の仕事ってどんな仕事?企業の取り組みを自ら「ステークホルダー」に発信する作業こそが、「広報」という仕事だと言えます。ではこのステークホルダーとは何をさすのでしょうか?このステークホルダーとは企業を取り巻く人々の事を指します。ユーザーとユーザーになりうる可能性のある人


広報求人に関するコラム

広報の仕事のやりがいとは?経験者の私が感じる4つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

みなさんは、自分が務めている会社の広報がどんな仕事をしているか知っていますか?もしかしたら広報だけでなく総務も兼任している会社や広報・人事・総務・経理を兼務している会社もあるかもしれません。広報の仕事は、自社を宣伝したり、外部へ自社の製品やサービスを発信するために欠かせない部署です。ただ、広報の仕事は、情報発信がメインとわかっていても具体的にどんな仕事をしているのか知らないかもしれません。今回は広報の仕事にスポットをあてて経験者が広報の仕事内容や広報のやりがいについて紹介します。広報とはどんな仕事?広報の仕事は、社内外へ情報を発信することです。企業の情報には広報が大体からんでいます。情報を発信

広報は女性に向いている?女性の求人は多い?経験者の私が解説します

広報と聞くとどのような仕事をイメージされる人が多いでしょうか?一昔前に流行ったキラキラ系広報。企業のHPの管理をしている人、プレス・リリースを発行している人等、企業によって広報の役割も変わって来ますので色々なイメージを持たれる人が多いのでは無いでしょうか?実は広報の仕事は思った以上に業務領域が広く実際に携わってみると色々な仕事が広報の業務として存在する事に驚きます。今回は特に女性と広報という事をメインのテーマとして、見て行きたいと思います。広報は女性向きの仕事なのでしょうか?広報の仕事はどんな仕事?広報の仕事のメインのミッションは「企業価値の創造と創造した価値をより高める事」と言えます。広報は

広報とはどんな仕事?仕事内容や会社においての役割、なり方など詳しく解説します!

皆さんは広報とはどんな仕事かご存知でしょうか?最近では注目される事が多くなった仕事ですが、以前は大手企業のみに部署が存在し、広報という業務事体を知らない人も多かったというのが現実では無いでしょうか?広報とは企業の公の情報を、インフルエンサーと呼ばれる第三者から発信してもらう事で、より客観的に自社や自社製品、サービスなどを評価してもらう事を促進する活動であります。そしてその結果として「企業価値の創造」を目指す事にあります。また常に正直で正しい情報を発信する事により「企業の信頼度の醸成」を作りあげて行く活動とも言えます。広報とはどんな仕事?それでは広報とは具体的にどんな仕事をさすのでしょうか?広報