商品開発の求人ではどんな種類の仕事があるのでしょうか?

なんとなくのイメージでは、マクドナルドやスターバックスなどの食品関係の新商品を開発したりでしょうか。

商品開発は食品関係以外にも様々な自社の顔となる商品を企画・開発していくので、とても重要な仕事なんです。

そこで今回は、そんな職場でぜひ働いてみたいという方におすすめな求人内容のポイントや、自分に合う商品開発の仕事の選び方や注意点までしっかりご紹介していきたいと思います。

商品開発求人のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

商品開発は、お客様のニーズや市場の情報をリサーチして、それにあった商品を自社の能力や魅力を踏まえて企画、開発をしていきます。

商品開発は会社でどういう役割を求められる?

会社にとって売上の確保はもちろんですが、会社を代表する商品になれば、その会社のイメージをも決定する力があります。

商品開発は、会社にとっては、とても重要な役割と言えるでしょう。

商品開発にはどんな種類があるの?

商品開発の種類は企業が扱っている商品によって様々です。

お店に置いてある商品を思い浮かべてみてください。

それは全て企業が企画し開発した商品です。

そう思えば様々な種類があることが分かると思います。

商品開発求人の募集でよくある施設や事業形態のパターン

雑貨や小物などの自社商品

このパターンが、1番一般的だと思います。

また、様々な種類もあります。

食品関係

食品関係だと、飲食店や食品販売店で扱う商品や、新しいメニューの開発などがあります。

サービスの開発

ここで言う開発は、サービスの開発です。

サービスの内容や、そのサービスのシステムを考え構築することをいいます。

保険のプランや、旅行のパッケージ、ウェブコンテンツたども、このパターンに入ると思います。

商品開発求人の募集でよくある職種

商品企画

商品開発のために、市場のリサーチなどを行い、そのデータを分析して開発する商品を企画、立案していく仕事です。

サポートほか

サポートは、商品開発に関わる人たちの仕事が、スムーズに行えるようにサポートします。

あくまでもサポートなので、パートやアルバイトの、募集なども出ている事があります。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

もし、商品開発だけをしていきたいと思うなら、商品開発を専門に扱う会社があります。

企業などの依頼を受けて開発の代行をする会社です。

大手の企業の商品開発にいきなり関わるのは、難しいので、このような会社を選ぶのも方法かもしれません。

商品開発求人でよくある募集内容とは?

商品開発の求人で、よくある募集内容を調べてみました。

内容別に紹介したいと思います。

給与相場

未経験からだと最初は安くなってしまうのは、他の仕事でも同じですね。

ただ、扱う商品によって、必要な資格などを持っていると資格手当てなどが出ることもあります。

勤務時間や休日、残業

商品開発の場合は、その会社の内容にもよりますが、休日などは、他の仕事などと変わりはありません。

残業は少ない方なのかもしれません。

ただ、市場調査や他の部署などとの打ち合わせの場合は、時間調節で残業になることもあります。

福利厚生

福利厚生は、他の会社や、部署などと、特に変わった所は、ないと思います。

会社にとって重要な部署だとしても、そこまで特別なことは、ありません。

勤務場所

勤務場所は、様々ありますが、本社勤務が多いようです。

生産工事を持っている会社などは、その施設内にあることもあるようです。

求められる人物像

会社が求めている人材は2つあります。

即戦力になる人材と、今後を考えて成長させていきたい人材です。

この2つをご紹介したいと思います。

経験者

即戦力になる人材とは、簡単に言うと経験者です。

人を募集しているという事は、人手が足りない訳です。

しかし、人材を育成している余裕のない会社が即戦力を求めている訳です。

この即戦力と言うのは、単に経験者だけではなく、その分野に精通している人の事も差します。

精通している人の意見は非常に役に立つからです。

成長する可能性が高い人

成長させていきたい人材とは、会社は即戦力を求めていますが、その人材を取得するのは、非常に難しい事です。

そこで、余裕のある会社は、自社で今後、即戦力となる人材を育成しようと考えます。

ですから、成長する可能性がある人材を求めています。

この場合、理解力、コミュニケーション力、自分の意見を表せる表現力のある人が好まれると思います。

必要なスキルや資格、経験

商品開発で、求められるスキルとしては、経験が1番ですが、その他にも色々な人たちと関わる仕事なので最低限の社会的マナーとコミュニケーション能力が求められます。

これといった資格はありまさんが、開発する商品に関係のある資格でしたら武器になるでしょう。

商品開発のおすすめ求人のポイント

商品開発と言っても様々ありますが、この中でも今回おすすめしたいと思うものをご紹介したいと思います。

商品開発のおすすめ求人のポイント1:商品開発の専門会社

商品開発だけを専門に行っている会社です。

形態は色々ですが、企業や団体からの依頼を受けて、商品を開発します。

いわゆる商品開発の代行会社です。

おすすめのポイントは、商品開発にすぐに携われる事と、色々な案件を扱うので、必ず自分の力を発揮する案件もあると思います。

色々な案件をこなしていけば、開発のプロフェッショナルになれる可能性もあるからです。

商品開発のおすすめ求人のポイント2:食品関係の開発

食品関係の開発で言うと、新しいメニューを考えたり、飲食店の新しい商品などがあります。

この場合、食品の知識や、料理の知識、専門資格が必要なこともあったりと、色々制約はありますが、潰しがきくのと、将来、自分のお店などの夢も広がるので、おすすめです。

そうでなくても専門分野なので、給与が良い場合も多いよです。

商品開発のおすすめ求人のポイント3:サービス開発

この開発は、サービス内容の商品開発で、ポイントとしては、物を作る事ではないということです。

物を作る開発よりもコストが掛からない分、リスクが少なくて済みます。

この事は商品開発する人間には、非常に楽です。

最近は、ウェブ叶うとなどもあり求人の数も増えているようです。

商品開発求人の雇用形態による違い

よく求人に出ているのは、正社員ではないでしょうか。

アルバイトやパートになると、仕事の内容から変わってきてしまうと思います。

理由はよくわかりませんが、商品開発情報取り扱いにも関わりがあるかもしれません。

自分にあった商品開発の求人の選び方や注意点

実際に、商品開発の求人に応募しようと考えたときの選び方のポイントや、注意点を考えてみたいと思います。

【選び方①】雇用形態から探す

商品開発の仕事を、始めたとします。

すぐに実績を上げられれば良いのですが、そうとも限りません。

生活もあるので、正社員を選んだ方がいいと思います。

やはり、腰を据えて仕事に取り組んだ方がいいと思います。

【選び方②】職種から探す

商品開発の部署の中にも色々な役割分担がされています。

いきなりリーダー的な立場に着くことはあまり考えにくいと思います。

まずは、開発に携われるものであれば、ここは経験を積む意味でも選ばず挑戦した方がいいと思います。

【選び方③】会社の業態から考える

求人に今まで、どのような案件を扱ってきたか、具合的に記載があるものが良いでしょう。

その中で自分の、興味があるものを選んだ方が、最初は取り組みやすいかもしれません。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

商品開発は、給与の高い低いと色々あります。

これは、それぞれ開発する商品によって難易度が違ったり、忙しさも変わってくるからだと思います。

高額な給与の時は、ある程度覚悟をしておいた方が良いかもしれません。

給与が安いからといって楽とは限らないので注意しましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

会社のある場所によって、仕事内容に違いはないと思います。

自分の通いやすい所を選べば良いと思いますが、本社などの方が打ち合わせや、色々な手続きには便利かもしれません。

注意点

商品開発と言っても、身の回りの商品の種類からも分かるようです。

様々な種類があります。

沢山ある求人の中から、どんな会社を選ぶかによって大きな違いがあります。

中には、1つの案件のために人を集めるための求人もあるので、求人内容や、その会社の情報もネットなどで調べて把握する事が重要だと思います。

商品開発求人についてよくある疑問

商品開発の求人についてよく聞かれる疑問点を、開発をしている立場から分かる範囲で答えてみたいと思います。

応募方法は?

就職情報誌や、就職サイトで探して、そこから連絡をとって応募するのが一般的だと思います。

企業のホームページにも、採用情報がでているので、そこから応募する方法もあります。

後者の方が確率は低いですが、直接的に企業にアピール出来る利点はあると思います。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

面接に立ち会った事がありますが、質問したのは、オーソドックスな経歴などの質問でした。

しかし、経歴などは、書類を見れば分かる事なので、実際気にしていたのは、この人と一緒に仕事が上手く出来るかという点でした。

面接官と上手くコミュニケーションが取れるかが、ポイントだと思います。

未経験でも応募できる?

会社の募集理由にもよりますが、未経験でも、応募は出来ると思います。

ただ、面接前に、その会社が扱っている商品の事は、ある程度調べておいた方がいいと思います。

会社の雰囲気は?

商品開発をしていると、自分の意見を、きちんと伝えて来る人が多いからかもしれませんが、社内は活気があると思います。

自分の考えもしなかった事を言ってくる人もいるので面白いです。

企画した案件が終盤でダメになると、さすがに少しどんよりしますね。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

募集が多いのは、正社員です。

理由ははっきりしませんが、社外秘的な情報も扱うからではないかと思います。

アルバイトを入れる事もありますが、臨時的な補強などの場合だと思います。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

正社員で言うと他の社員とほぼ同じです。

案件が上手くいったときに報償金が出ることもありますが、会社によって違うと思います。

他の部署より昇給が早いと聞いた事はありますが、あくまでも噂程度の情報です。

残業って多いの?

残業は、普段はそれほどでもありません。

普通のサラリーマンと同じかと思います。

ただ、案件によっては、打ち合わせや、リサーチ活動で時間外の動きが増える事もあります。

他の部署もそうですが、上手く段取りをすれば残業は少なくて済ませる事は出来ると思います。

シフトの自由度ってどうなの?

休みなどは、さほど取りにくいと感じた事はありません。

仕事をひとりで抱えなければ、他の社員がサポートしてくれます。

どうしても抜けずらい時もありますが、なんとかなるものです。

アルバイトの場合でも、同じで、サポートの意味合いが強いので逆にシフトの自由度は高いのではないでしょうか。

資格って必要なの?

商品開発の仕事に、特別な資格は必要ないでしょう。

もし、開発したい商品があるなら、その商品に関連する資格を持っていると仕事探しには、武器になると思います。

それだけ、その分野に詳しいと言う証明にもなります。

商品開発をやることによって得られる力

商品開発をやることによって得られる力1:仕事上の色々な事に詳しくなれる。

商品開発の仕事は、社内の色々な仕組みや、利益を出すための仕組みなど、色々と加味しながら進めていかなくてはいけないので、そこため商品開発の仕事につくと色々な事を学ぶことが出来ます。

これは、将来必ず役に立つ力になると思います。

商品開発をやることによって得られる力2:コミュニケーション能力

商品開発の仕事をしていると、様々な人たちと会って話しをします。

この事によって、人の話を聞き、人に話を聞いてもらい、自分の意見、人の意見をまとめていきます。

この事によってコミュニケーション能力が向上します。

仕事の上でも、私生活でも、とても役に立つ力だと思います。

まとめ

商品開発の仕事をしたいと思っている人は、多分どうしたらその職につけるかという問題にぶつかると思います。

実際、商品開発の求人は非常に少なく、ましてや選べる種類も少ないでしょう。

しかし、皆さんの周りを見てみてください。

目につく商品は、全て誰かが開発した商品なのです。

更に言うと、お箸の長さをリサーチし研究して3センチ長くする事も商品開発なのです。

商品開発の仕事をするには、時間はかかるかもしれませんが、全ての仕事は商品開発の仕事にも繋がっているのです。

根気強く頑張っていれば、必ず願いは叶うと思います。



商品開発求人についてもっと深堀りした情報を見る

商品開発の転職で注意したほうが良い2個のこと

この記事を見ている方は、きっと商品開発の仕事に転職を考えている方だと思います。そんな皆さんに商品開発の転職で注意したほうが良い2個のことなど、働いた経験を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発の転職で注意したほうが良い2個のこと開発する商品を考える商品開発をする上で、重要なのが、開発する商品です。転職先で実力を発揮するためにも、自分のスキルを活かせる商品を選んだ方がいいでしょう。いちから経験を積むことも出来ますが、転職では、早く実績をあげたいものです。企業の大きさを考慮する転職先が大きな企業か小さな企業か、どちらにしてもメリット、デメリットがあるものです。自分が目的にあった転職先を選ぶべきで

商品開発の仕事内容と向いている人・向いていない人の特徴・働く上でのメリットについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?商品開発の具体的な仕事内容や向き不向き、働く上でのメリットまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品