この記事を見ている方は、きっと商品開発の仕事に転職を考えている方だと思います。

そんな皆さんに商品開発の転職で注意したほうが良い2個のことなど、働いた経験を踏まえてご紹介したいと思います。

商品開発の転職で注意したほうが良い2個のこと

開発する商品を考える

商品開発をする上で、重要なのが、開発する商品です。

転職先で実力を発揮するためにも、自分のスキルを活かせる商品を選んだ方がいいでしょう。

いちから経験を積むことも出来ますが、転職では、早く実績をあげたいものです。

企業の大きさを考慮する

転職先が大きな企業か小さな企業か、どちらにしてもメリット、デメリットがあるものです。

自分が目的にあった転職先を選ぶべきです。

大きな企業では施設が整っていたり仕事を進めるには良いかもしれませんが、第一線で働くのはなかなか難しいかもしれません。

小さな企業では、第一線で活躍できるかもしれませんが、施設や資金面で制約が出てしまうかもしれません。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

情報収集が大切

まずは情報収集です。

求人にある情報もありますが、それだけでは判断が難しいと思います。

口コミやその企業の業界の動向など、情報は多くて損はないでしょう。

自分の経歴を活かす

商品開発の仕事からの転職であっても、またそうでなかったとしても、今まで培った経歴を活かせる転職先を選んだ方がいいと思います。

転職の目的にもよりますが、その方が給料でも待遇でも、より良い転職が出来るでしょう。

転職するに当たっての必要な心構え

転職の目的を明確にする

転職でも、その理由は人それぞれだと思います。

しかし、その目的が明確でなければ、転職先を選ぶことが難しくなります。

まずは、転職の目的を今一度明確にしましょう。

今の仕事も手を抜かない

転職活躍を始めると、今やっている仕事に集中できなくなるものです。

しかし、今やっている仕事も、経歴のひとつである事には代わりはありません。

手を抜かないで頑張りましょう。

商品開発の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

管理職の募集を探す

転職で給料を上げるには、管理職の求人を探すのが、確実だと思います。

経歴を活かすことも出来ますし、管理職に就くことで、基本的な給料を確保できるはすです。

転職先の会社の今後も考える

今よりも良い給料て転職出来たとしても、その後も給料が上がらなければ成功とは言えないでしょう。

そのためにも、その企業の今後や、その企業業界の動向も考えておいた方がいいと思います。

商品開発で人気な職種や業界とその理由

商品開発と言っても、さまざまな職種や、色々な業界があります。

この中でも、どんな職種や業界初人気なのか、考えてみたいと思います。

メーカーが人気

やはり、どの業界でもメーカーが人気のようです。

ネームバリューも大きな理由だとは、思いますが、それだけではないようです。

メーカーならではの魅力があるようです。

人気な理由

メーカーには、大きな資金力と、自社の技術があることが人気の一因のようです。

やはり、商品開発をする上で、考えたアイデアをより実現できる企業が人気のようです。

メーカーであれば、給料が良いこともあると思います。

力が試せる中小企業

大手のメーカーも、もちろん良いのですが、第一線で働きたい方には、中小企業と言う選択肢もあるようです。

人気な理由

自分のスキルを活かしたい方は、大手の企業よりも中小企業に人気があるようです。

第一線で中心的な存在で働くことは、スキルのある方には魅力なのではないでしょうか。

また、第一線で働くことは開発業務のスキルアップにもなるので、その点で中小企業を選択する方もいるようです。

自分にあった商品開発の求人の選び方や注意点

実際、転職しようと思った時に、どのように自分にあった商品開発の求人を探せば良いのか、実際に私が転職してみて分かったことを注意点も含めて解説したいと思います。

転職を成功させるためにも色々な角度から求人を見ていきましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

商品開発で働きたい方には、正社員をおすすめします。

契約社員などもありますが、企業の根幹にたずさわることもある開発部門にとって正社員でないと働きにくいこともあります。

そのため正社員で探して行った方が良いでしょう。

【選び方②】職種から探す

商品開発の中でも仕事は細分化されていますが、やはり商品開発で働くなら開発部門が良いと思います。

求人の中には商品開発の募集と言って営業や製造部門の募集だったりすることもあるので注意しましょう。

【選び方③】会社の業態から考える

会社の業態から見たとしても自分にあった会社を見つけることが大切です。

専門的な業態も突き詰める楽しみはあると思いますが、幅広い商品を扱っている業態の方が色々な商品を扱っている分、自分のスキルを活かすチャンスも増えると思うので私は後者をおすすめします。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

転職するにあたって、給与や雇用条件は、とても重要な部分です。

給与は高いにこしたことはありませんが、給与が良い代わりに雇用条件が厳しいと続かなくなってしまいます。

給与と、雇用条件のバランスが大切だと思います。

しかし、求人ではなかなか見えてこないので、面接などで、きちんと確認する必要があるでしょう。

【選び方⑤】エリアから考える

エリアでのメリット、デメリットはあまり感じたことはありません。

ただ、クライアントからの開発依頼を受注する会社でしたら受注件数の多さなどから都市部の会社の方が安定感からも良いのではないでしょうか。

まとめ

商品開発の仕事は、とてもやりがいのある仕事です。

大変なことももちろんあります、しかしその分、充実感も味わえます。

この充実感を是非皆さんにも味わってもらいたいです。

そのためにも、自分にあった会社へ転職することが重要なポイントになると思います。

まずは自分が何をしたいのか、何を開発したいのか、今一度確認して沢山ある求人の中から自分にあった会社を見つけてください。

私の経験から感じたことをご紹介しましたが、少しでも参考にして頂けたらと思います。


関連キーワード

商品開発求人