皆さんはリスティング広告をご存知ですか?

リスティング広告という言葉を聞いたことがない、馴染みがない人は多いかもしれませんが、Googleなどを使ってインターネットを検索したり、ブログなどを読んでいると検索画面などの一番上にテキスト広告が表示されています。

恐らくほとんどの人はリスティング広告という名前は知らなくても、このテキスト広告を見たことがあると思います。

このテキスト広告を使ってサイトへのアクセスを増やしたり、同じような語句を検索している人を誘導するための広告手法が、リスティング広告です。

世の中にはこのリスティング広告を運用する会社があり、運用する人材を確保するため求人が行われています。

今回は、リスティング広告の仕事にスポットを当て、その仕事内容や募集内容などについて紹介していきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「リスティング広告運用」の仕事例をチェック

リスティング広告運用の大まかな仕事内容は?

大まかな仕事内容

リスティング広告の主な仕事は、自社を宣伝して認知度を広めたい企業、より多くの人にサービスを知ってもらいたい企業、人材を募集したい企業などとインターネットユーザーを繋ぐ架け橋の役割を果たすことです。

最近のリスティング広告は、検索語句に基づいて類似した言葉や合致した言葉から自動的に割出し、検索画面上位に反映させるために、ユーザーがアクセスしやすい工夫がされています。

リスティング広告運用は会社でどういう役割を求められる?

リスティング広告運用は、企業が商品やサービスのプロモーションをしたいが費用をあまり掛けられない、時間やコストを掛けずに多くの人に知ってもらいたい時に企業や人に代わって宣伝するものです。

オンライン上で費用をあまり掛けずに気軽に見てもらい、HPや商品について認知度やアクセス数を上げたい時に、時間と場所に関係なく24時間会社の宣伝をしてユーザーとの橋渡しをする役割が求められています。

リスティング広告運用にはどんな種類があるの?

リスティング広告運用もしくはWEB業務運用やSNS運用業務などと呼ばれているこの仕事には、どのような職種があるのでしょうか?

リスティング広告を見て作ってみたいとか、この仕事に携わってみたいと考えている人は少なくないと思いますが、実際にどのような仕事があるのかについてはあまり知られていません。

ここでは、リスティング広告運用の募集でよくある職種などについてまとめました。

リスティング広告運用の募集でよくある職種

WEB広告運用業務

リスティング広告運用業務やリスティング広告担当と記載されていることもあれば、会社によってはWEB広告運用業務やSNS運用業務などいう名称で記載されていることもあります。

仕事内容は同じで、リスティング広告の運用になります。

具体的には、リスティング広告に掲載する文章を作成したり、作成した広告がリスティング広告の中で一人でも多くの人にクリックしてもらえるように配置や配信スケジュールなどを調整して考えていきます。

WEB広告運用業務アシスタント

WEB広告運用業務アシスタントは、WEB広告運用業務のサポートや雑務係を務めます。

仕事内容はWEB広告運用業務のサポートなので、指示された仕事をこなしたり雑務が中心です。

大半の会社はアシスタントの場合、アルバイトや派遣・契約社員扱いで採用するケースが多いようです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

リスティング広告運用の仕事とは?

リスティング広告運用の仕事について少し理解したところで、リスティング広告には具体的にどんな仕事があるのか知りたい人も多いかと思います。

ここでは、リスティング広告運用の仕事についてどういうものがあるのかをもう少し具体的に紹介していきます。

クライアントの広告作成

リスティング広告を運用するにあたり、クライアントからリスティング広告の発注を受けたら、まずどういう広告文を掲載するか考えることから始まります。

クライアントにどのような広告内容にしたいのかなどを詳しくヒアリングし、原稿を作成します。

原稿作成後は、クライアントと打ち合わせながら必要に応じて修正し、クライアントの希望に沿ったリスティング広告を作り上げていきます。

対象アカウントの分析・改善

リスティング広告は、作成してしまえば終わりというわけではありません。

リスティング広告を作成した後にクライアントの広告がどれだけクリックされたのか、リスティング広告を掲載したことでどのような効果がもたらされたのかを分析しなければなりません。

結果次第で契約終了というわけではなく、結果が良ければ更に良くするためにどうすべきか、悪ければどう改善していくかを考え、クライアントと打ち合わせます。

キーワードの追加・除外

リスティング広告はWEB上の広告なので、検索にヒットしたり関連サイトに表示されなければ意味がありません。

そのため、キーワード検索で少しでも表示されるようにSEO対策をして、クリック数やアクセス数を伸ばすための工夫をする必要があります。

広告文の変更・追記

リスティング広告を作成して掲載しても、クライアントから修正依頼が入ったり、後で検証して反応が芳しくない場合は、広告文の変更や追記をクライアントに提案することがあります。

マーケット調査

リスティング広告には、競合他社が存在します。

自社のリスティング広告の出来栄えや進捗などをチェックすると同時に、マーケット調査として他社が作ったリスティング広告がどういうものなのか、どういう効果を発揮しているか、どれ位の頻度で広告が表示されるかなどを調査することもリスティング広告運用の仕事です。

リスティング広告運用でよくある募集内容とは?

リスティング広告運用の仕事について分かってもらえたと思いますが、実際にリスティング広告運用の仕事で働国はどんな条件が多いのか興味があるかと思います。

ここからは、リスティング広告運用業務によくある募集内容について紹介していきます。

給与相場

リスティング広告運用の仕事は比較的給与が高く、正社員の場合平均月給は24万円〜50万円になります。

勤務時間や休日、残業

リスティング広告運用の勤務時間は9時~18時のところが多いですが、中には9時30分~18時30分のところもあれば、最近都心部では通勤ラッシュを考慮し10時~19時というところもあります。

休日は週休2日、土日祝日休みのところが多いですが、中には土日どちらか出勤し平日休みのところもあります。

残業は会社にもよりますが、案件が立て込んでくると遅くまで残業するケースがあります。

福利厚生

リスティング広告運用の仕事には、福利厚生として交通費支給、各社会保険完備・昇給・賞与・有給などがあります。

昇給は会社によって年1回のところと年2回のところがあります。

賞与は多くの会社が年2回ありますが、年1回のところもあります。

また、会社によっては社員旅行や社員交流会などの場を設けているところもあります。

勤務場所

リスティング広告運用の仕事はほとんどオフィス内勤務で、駅から比較的近いオフィスビルに職場があるケースが大半です。

ここ数年は、会社によって在宅勤務を認めたり、勤務時間をフレックスにするなどオフィス以外の場所で働くことを許可しているところも増えています。

必要なスキルや資格、経験

リスティング広告運用の仕事に必須の資格はありませんが、多くの会社はExcelやWordが扱えることやマーケティングの知識・経験などを応募条件に組み込んでいます。

新卒採用の場合は特に条件はありませんが、中途採用の場合は即戦力を求めていることが多く、未経験者にはハードルが高くなっています。

リスティング広告運用の雇用形態による違い

リスティング広告運用の雇用形態による仕事の違いは、あまり差がありません。

ただ他の業界同様、正社員だと貰えるボーナスや手当が派遣社員や契約社員には支給されないという違いがあります。

自分に合ったリスティング広告運用の求人の選び方や注意点

リスティング広告運用の求人を探すにあたり、選び方や注意点について触れたいと思います。

インターネットを使う機会の多い現代では、リスティング広告は企業が宣伝する有力なツールとなっており、年々需要が増えています。

そのため、リスティング広告運用の求人もここ数年増え続けています。

【選び方①】雇用形態から探す

リスティング広告運用の求人は、雇用形態が多岐にわたります。

正社員はもちろん、契約社員や派遣社員、アルバイトやパートでの募集があります。

どの雇用形態にするかは本人次第ですが、しっかりと仕事をして稼ぎたいというなら正社員がおすすめですし、仕事の時間で融通を利かせたいなら契約社員や派遣社員などで探すことをおすすめします。

【選び方②】給与や雇用条件から考える

リスティング広告運用の仕事は比較的給料が良いため、アルバイトや契約社員・派遣社員でもそれなりに稼ぐことが可能です。

ただ正社員と異なり、ボーナスがないことや社員旅行や社員交流会のイベントに招待されないなどの違いがあります。

注意点

リスティング広告運用の求人では、中途採用の場合、基本的には未経験者より経験者を優先して採用します。

ある程度のWEBに関しての知識やマーケティングの知識・経験、パソコンに関しての知識を持った経験者を即戦力として迎え入れ、少しでも多くの仕事をクライアントから受注して会社の成長に繋げようと考えている中小WEB会社が多いからです。

そのため、未経験歓迎と募集しているところは注意が必要です。

特に研修制度について何も記載なく、ただ「安心して未経験者でも働けます」と書かれてあるところは、余程人材が不足していてすぐにでも人材が欲しい会社の可能性があるからです。

リスティング広告運用についてよくある疑問

最後に、リスティング広告運用の仕事や求人についてよくある疑問や質問をまとめてみました。

残業は多いですか?

会社にもよりますが、繁忙期は残業が続きます。

どんな業界にも言えますが、全くが残業がないところなどないと思った方が良いでしょう。

未経験者には敷居が高いですか?

未経験者でも応募できなくはありませんが、経験者の方が採用には有利ですし、即戦力の方が歓迎される傾向にあります。

給与は高いですか?

経験や知識の度合いにもよりますが、ある程度の経験や知識、実績があれば月給40万円〜50万円貰える可能性があります。

休みはしっかり取れますか?

リスティング広告運用の仕事は基本的にデスクワークのため、営業のようにパソコンを会社から支給されることは少なく、家に仕事を持ち帰って行うことはありません。

また、営業のように休日呼び出されることも少ないため、比較的休みは休みとしてしっかり取れる傾向にあります。

仕事のやり甲斐は何ですか?

リスティング広告を介してクライアントの業績が伸びたり、思うように集客できた時は、リスティング広告が貢献したことを意味するので達成感ややり甲斐を感じる瞬間です。

更にクライアントから感謝されることもあるので、やり甲斐やモチベーションアップに繋がります。

まとめ

今回はリスティング広告運用の求人について紹介しました。

如何でしたか?

リスティング広告を見たことはあっても、名前を聞いたのは初めてという人が多かったのではないでしょうか。

近年はほとんどのことがオンライン上で済む時代になりました。

パソコンだけでなくスマホからもインターネットに簡単にアクセスできるので、ますます気軽にWEBサイトを見る機会も増えています。

インターネットに触れる機会が増えるとリスティング広告を見かける機会も増え、広告として力を発揮してくれます。

リスティング広告は今後もインターネットと切り離せない関係にあり、ますます必要性が高まるでしょう。

それに呼応してリスティング広告運用の求人も増えてきているので、インターネットに関わる仕事をしてみたい人は、是非チャレンジしてみては如何でしょうか?

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

webマーケティング求人

webマーケティング求人についてもっと深堀りした情報を見る

WEBマーケティングの仕事内容をご紹介!役割に分けて業務内容をご説明します!

「WEBマーケティングとはどんなお仕事でしょう?」あなたはこの質問に答えられますか?なんとなくインターネットを使った仕事だということは分かるけど、明確には分からないという人がほとんどではないでしょうか?使われるシーンや業界において言葉自体の定義は微妙に変化しますが、簡単に言うと「WEBサイトを使って効率的に商品を売るための活動」ということになります。今回は少し馴染みが薄いという声の多いWEBマーケティングの仕事内容について解説していきます。WEBマーケティングの仕事は大きく5個の役割に分けられる 顧客開拓いわゆる「営業」と呼ばれる活動です。自社のサービスに魅力を感じ顧客になってくれる企業を探す

webマーケティングコンサルの4個の仕事内容。中小企業のコンサルをしている私が解説!

webマーケティングコンサルというのは簡単に言うと「インターネット上で商品を売るやり方を教える仕事」です。現在のビジネスシーンでは、インターネットを活用した販売活動というのは必要不可欠になっています。しかし大手企業ならいざ知らず、中小企業はweb専門の知識を持った人員を揃えるほど余裕がないのが現実で、自分たちで何とか試行錯誤して商品を売ろうとします。しかし、なかなか売れるものではありません。そこで各企業に向けて専門の知識を活かしインターネット上で商品を売る方法を教える仕事、それがweb マーケティングコンサルです。9割以上が法人相手の業務になるので、一般の消費者には何をしているのかが見えにくい