広報の仕事と聞くと、企業の中でも花形で様々なことに関われるのではないかと考える方が多く、応募者も多いようです。

そうした企業広報に応募するためにはどのようにすれば良いのでしょうか?

事務職などから広報職への転職は実際には可能なのでしょうか?

また、採用されやすい方法などはあるのでしょうか?

ここでは、企業広報の募集の探し方から採用へのルートなど、現在広報職に就いていない人が広報職に転職するための方法を中心に考えて行きたいと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

広報の仕事ってどんなことをするの?

広報の仕事と聞くと、どんなイメージを持たれるでしょうか?

実際には広報の仕事はそんなに華やかな仕事ではありません。

「マスコミ」対応職ということで華やかな印象を醸し出すのかもしれませんが、実際にはマスコミの「対応職」の方が職務の意味合いを大きく表しています。

分かりやすく表ならば、マスコミの問い合わせ窓口とでも言えば良いでしょうか?

基本的な業務はこの一言に尽きるのが広報の仕事です。

ただ、広報の仕事はマスコミからの問い合わせを待っているだけの仕事でもありません。

マスコミ(=インフルエンサー)との間にリレーションを持ち良い関係を構築することで自社の情報を世間に広く知ってもらい、自社のポジショニングや立ち位置などをフィードバックしてもらうというのも広報の仕事の一つになります。

またここに出したようなベースとなる仕事は勿論ですが、広報企画案件など広告とは違い少し時間をかけて仕掛けつくりをして人を呼び起こすような広報戦略などもあります。

大きなお金を使い企画を運営し、いわゆる広報イベント等を企画し組み立てていくこともありますので、そうした仕事も将来的には視野に入れられる業務と言えるでしょう。

広報の仕事の探し方とは?

広報の仕事の探し方とはどのようにすれば良いのでしょうか?

広報にターゲットを絞って転職する時には、どのように検索していけば良いのでしょうか?

広報職にない人が広報の応募に受かるためには何が必要なのでしょうか?

ここでは、そうしたことを見ていきたいと思います。

広報職の探し方

広報職の探し方にはどのようなものがあるのでしょうか?

未だに広報に従事したことがない方にはハードルが高いかもしれません。

それでは広報の求人はどのような所で探せば良いのでしょうか?

ここでは、求人を募集している会社を探す方法を見てみましょう。

インターネットで検索する

グーグルなど検索サイトで「広報、求人」と検索すると、直接求人を募集している企業が見つかったりします。

Googleでは検索窓にキーワードを入れて検索結果が表示された後にツールというボタンを押して期間を絞り込むことも可能です。

ですので、これで絞り込むことで、広報の仕事を募集している企業のHPなどに掲載されている求人を見ることができます。

しかしこの求人欄ですが、企業が出してはいてもあまり労力を裂きたくない場合や人事部の方針などで転職の斡旋企業を中心に募集をかけていることが多くあります。

そういう企業は応募をしても返信が来ないなどリレーション自体を斡旋企業に委託していることが多くありますので、注意が必要になります。

インターネットの転職サイトを活用する

インターネットの転職サイトなどを利用することで、効率良く転職が可能になります。

転職サイトにはそれぞれ特徴があります。

技術者に特化して求人案件がある企業や事務職案件など、総合的にバランス良く求人案件や人材を抱えている企業もあります。

しかし、そうした企業は非常に取扱が多く、細かい部分でのケアなどが疎かになりがちだったり、ITに頼ったりしているケースが多くあります。

また転職サイトの中には、高額給与案件のみを扱っている企業や年齢制限のあるサイトもありますので、様々な情報を検索し、自分に合ったサイトを選択する必要があります。

まず広報は事務職オフィスワークの分野になりますので、そうしたサイト、そして自分の年齢にマッチしているサイト、初心者案件も扱っているサイトなどで広報職を見つけて自分からどんどん応募していきましょう。

そうしたサイトに登録することでコーディネーターからの紹介案件が来ることも多々ありますが、過去に広報職経験のある方に限っての連絡となるケースが多いです。

ですので、初めての方は自分から仕事をドンドン探して初心者でも広報として人材を採用している企業に応募をかけること、そして書類審査で落ちても凹まず100社応募して1社通れば良い位の気持ちで果敢に攻めていくようにしましょう。

1社落ちて落ち込んでしまい転職活動を諦めてしまう人が多いようですが、企業と需要と供給が合っていないだけの話です。

また、面接まで行って落ちてしまっても、気を落とさずにどんどんチャレンジしてください。

正直お見合いのようなもので、貴方自身に問題があるのではない理由でふるいに掛けられることも多くありますので、気落ちせず前向きに出会える迄チャレンジを繰り返すことが大事です。

人材登録会社を利用する

個人で人材登録会社などを経営している企業などが時々あります。

こうした会社もHPを持っていますので、「人材登録会社 広報 求人」などで検索すると色々と情報が出てくる場合があります。

そうした会社は企業との信頼関係で成り立っている求人会社です。

小さいですが紹介力が強く信頼を勝ち得ているので、決まりやすい一面があります。

そうした会社を利用するのも有効な手段です。

転職SNSを利用する

転職用のSNSなども世の中には存在します。

そうしたSNSに自分の情報を掲載しておくことで話が来ることもあります。

そのような案件は特に外資系などに多くありますので、英語など語学が得意な方はそういうサイトへ登録し自己PRをしておくことが希望の転職に繋がるチャンスです。

また履歴書などを作成する時に自分の履歴が残るので、毎回思い出して改めて応募書類等を作成したりする手間が省けます。

電子版の履歴書と職務経歴書を作成すると便利

探し方というよりも転職の際のノウハウ的な余談になりますが、前段でも書いた通り、転職はどんな職業でも応募して落とされてなんぼだと思って下さい。

一回頑張って落ちたからと言って落ちこんでいては時間のロスになりかねません。

また転職には時期があります。

やはり6月と12月のボーナス時期にボーナスを貰って転職する人が多くなりますので、その少し前などは求人も多く出始めるものです。

そうした時期に頑張って活動をする、そして人が動きにくい2月と8月などは転職活動をあまり頑張らず英気を養うなど、転職活動は過酷で熾烈で且つ他者の視点で理不尽に評価されるという場面にさらされますので、無理なく活動を継続できる環境と心構えが必要になります。

また、面接に落ちたからと言って貴方自身の個人のことを評価されているわけではありません。

ほとんどの場合条件面等での理由が原因となりますので、くじけずにチャレンジしましょう。

そのためには電子版の履歴書と職務経歴書をおすすめします。

デジタル撮影した自分の証明写真も使いましょう。

印刷して印鑑を押して日付を入れて当日持って行けるよう簡略化することで負担を軽減し、活動をしやすい状態を常に維持しておくと良いでしょう。

広報に必要なスキル

広報に必要なスキルは、意外とIT系の細かい作業ができることなどを求められる場合があります。

会員誌や社内報などを作るのをメインに考えている広報業務ですと、画像加工系ソフトが使えることは優位な条件になります。

またプレス・リリースを作成する時などは普通Microsoft Wordを使います。

会社の事業戦略を簡単に説明する時などはMicrosoft PowerPointを使いますし、その中に会社の売上や成長戦略の数値を入れる場合にはグラフをMicrosoft Excelなどで作りPowerPointに貼り付けたりします。

またプレス・リリースには商品の画像やサービスの画像などを分かりやすくするために入れ込んだりすることこともありますので、そうしたソフトが使えることは実際の実務で役に立つスキルとなります。

また広報ではHPの管理なども仕事になってきますので、ITにある程度精通していること、タッチタイピングができること(級を持っていると尚良い)、SNSなどの体験があることがポイントとして優位に働きます。

そして最後に、これは確率的にはあまり現実的ではありませんが、受ける企業の製品のユーザーだったりするとより良いでしょう。

しかし、面接の前には企業の商品やどういったサービスなどを扱っているかなどは研究し確認してから面接に望むべきでしょう。

志望動機を明確にする

前段でも書きましたが、志望動機は結構重要なポイントとなります。

その企業のユーザーでその企業の商品が好きだから、その地方に愛着があり、その地方の広報として仕事をする事で地域活性化に貢献していきたいから、その企業のポリシーに共感し、その企業のポリシーに沿った広報展開を経験してみたいから…など様々ありますが、正直に言って自分が求めている求人を出している企業の自分がユーザーであることはほとんどないというのが事実ではないでしょうか?

求人情報を探す側としてはやはり求人の条件、場所、収入、職種などで探しますので、その企業がどうしても良いということはほとんどないと思いますが、必ず就職面接の求人で何故当社を選んだのかなどは訊かれます。

その時困らないように、数日前から面接の事前準備などをして、自分の答えを明確化していくことも重要な転職活動の一つになります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

広報に採用されやすいルートとは?

広報はやはり企業の転職サイトやエージェントを使う方が仕事を探しやすいという側面はあります。

そうした企業では自分のキャリアパスなどについてはあまり親身に相談に乗ってもらえることは少ないと言えるでしょう。

ですので、そうしたサイトに登録したら広報の募集案件にどんどん応募して、広報を探している多くの企業と接触する機会を自ら増やしていくことで、転職が成功しやすくなると言えるでしょう。

転職エージェントサイトに登録する

広報の仕事は基本的には経験者の募集が一般的です。

広報の仕事は少しスペシャリズムの強い側面があるからと言えますが、それでも広報の初心者や未経験者の募集が全くないわけではありません。

そうした情報はやはりエージェントに集まってきている場合が多くありますので、多くのエージェントのサイトに登録していくことをおすすめします。

そうして企業の募集をチェックし、意欲を持って応募していくことでチャンスを得ることができるようになると言えるでしょう。

おすすめの広報の仕事にはどんな特徴があるの?

ここまで広報の初心者や未経験者が広報職に転職するための簡単なノウハウなどを書いてきましたが、それでは広報の仕事にはどのような特徴があるのでしょうか?

初心者が広報の仕事をする上でおすすめなのは、やはり広報体制がきちんと整って広報のノウハウを学べる企業での広報任務になると思います。

そうした企業は採用する人の明確な仕事内容を決めている場合が多く、また先輩や上司など経験豊かな人が周囲にいますので、自分が初心者で分からないことがあっても学んで育つことができます。

そうした企業に入れれば貴方には広報というキャリアが付きますので、いくらでも今後広報業務をしていく幅が広がっていくと言えるでしょう。

まとめ

ここまで、広報初心者の方が広報職に転職するケースを中心に色々と見てきました。

広報を目指す方の目的はどんなものでしょうか?

広報職は地味で黒子的な役割が多く、数字などを扱うなど間違いを犯すことができない(露出する企業からの公式の文章やHP上の文章などに間違いなどがあれば、それは企業の落ち度と思われかねません)など、その役割は非常に重く、重要な仕事であるとも言えます。

それだけに何重にもチェック機能を作り、ヒューマンエラーによるミスをできるだけ無くしていくことが重要だと言えるでしょう。

そうした中でどうしてもヒューマンエラーを無くせない業務として、企業とインフルエンサーの間に立ったリレーション関係の構築という重大な仕事があります。

これだけはどうしても機械化できるものではありません。

そうしたことを担っていく仕事ですから、覚悟を持って志望してほしいと思います。

ただ、広報の仕事はやりがいのある仕事でもあります。

社内にいながら他社(マスコミ)との関係を構築することが仕事になりますので、様々な見識が必要とされるなど学ぶことも多く、また大きな広報イベントになると集客も数百人から数千人となって来ることもありますので、扱うイベントの規模も大きくなります。

広報職に興味を持った皆様がこの文章を読んでより広報職に魅力を見出し、人生にとって良い選択となるような転職をされることをお祈りしております。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

広報求人

広報求人についてもっと深堀りした情報を見る

広報の仕事のやりがいとは?経験者の私が感じる4つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

みなさんは、自分が務めている会社の広報がどんな仕事をしているか知っていますか?もしかしたら広報だけでなく総務も兼任している会社や広報・人事・総務・経理を兼務している会社もあるかもしれません。広報の仕事は、自社を宣伝したり、外部へ自社の製品やサービスを発信するために欠かせない部署です。ただ、広報の仕事は、情報発信がメインとわかっていても具体的にどんな仕事をしているのか知らないかもしれません。今回は広報の仕事にスポットをあてて経験者が広報の仕事内容や広報のやりがいについて紹介します。広報とはどんな仕事?広報の仕事は、社内外へ情報を発信することです。企業の情報には広報が大体からんでいます。情報を発信

広報の仕事のやりがいとは?経験者の私が感じる6個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

広報仕事のやりがいについてご紹介していきたいと思います。広報の仕事は業界や会社によって大きく異なりますが、今回は経験者として話せることを赤裸々に書いていくので、これから広報になろう、もしくは広報のやりがいが見つからない、という人の助けになれば幸いです。それでは、広報の仕事の魅力をお話しさせていただきますので最後までご覧ください。広報の大まかな仕事内容について理解しておこうまずは広報未経験の方のために、大まかに広報の仕事内容を記載しておきます。本来の広報は会社とそれ以外を繋ぐ仕事であるため、社外広報としては記者会見やプレスリリースの作成、社内広報は社内報の作成や情報収集などがメインです。しかし、

ゲーム会社広報求人の募集内容は?どんな種類があるの?自分に合った求人の選び方教えます

ゲーム会社の広報はイベントが多く、最近ではインターネットなどを活用した放送番組を設けるなど消費者(ゲームプレイヤー)と直接繋がることも多いため、華やかなイメージがあります。しかし、他の業界の広報と特別に担当範囲が変わるわけではありません。結構シビアな仕事なので、イメージだけで挑まずによく知っているところから始めましょう。それでは、ゲーム会社の広報求人について紹介していきます。ゲーム会社広報のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ゲーム会社の広報と言っても、他の業界の広報と特別違うものではありません。広報室に所属し、社外と社内の広報活動を行います。大手になると担当が変わることも多いようですが、会社

広報は女性に向いている?女性の求人は多い?経験者の私が解説します

広報と聞くと、どのような仕事をイメージされる人が多いでしょうか?一昔前に流行ったキラキラ系広報。企業のHPの管理をしている人、プレス・リリースを発行している人等企業によって広報の役割も変わってきますので、様々なイメージを持たれる人が多いのではないでしょうか?実は広報の仕事は思った以上に業務領域が広く、実際に携わってみると実に多くの仕事が広報の業務として存在することに驚きます。今回は特に女性と広報ということをメインのテーマとして見ていきたいと思います。広報は女性向きの仕事なのでしょうか?広報の仕事はどんな仕事?広報の仕事のメインのミッションは「企業価値の創造と創造した価値をより高めること」と言え

広報が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

広報の仕事はなんとなく華やかなイメージを持っている人が多いと思いますが、実は結構シビアな世界です。会社の顔として商品やブランドのPRをすることだけが仕事なのでしょうか?決してそんな簡単なものではありません。まず広報がどんな仕事をするのか、必要なスキルや向き不向きを知って是非お仕事探しに役立ててくださいね。将来広報の仕事に就きたいという方も、事前に内容をしっかり理解して楽しくいきいき働けると最高ですよね!広報はどんな仕事?広報の仕事を大まかに言うと、企業の商品やサービス、企業そのものやブランドのことを社内外に打ち出していく仕事です。PR(Public Relationsの略)とも呼ばれ、企業とそ

転職して広報になるには?違う職種から広報に転職した私がやったこと

広報に転職したいと思っている方が知っておくべき情報を、営業から広報に転職した筆者が経験を基にご紹介させていただきます。「広報になるにはどんなことをすれば良いのか?」「転職を成功させる心得とは?」「求人を上手に選ぶコツとは?」など、様々な気になる疑問についてお答えしていきます。自分に合う求人を見極めて、憧れの花形部署の「広報」を目指しましょう。転職して広報になるには?広報になると言っても、一般的な転職方法と大した差はありません。勤めていた関連企業の取引先などに転職するケースもあれば、転職サイトに登録したり転職エージェントに依頼して斡旋してもらうなど、手段は複数あります。私の場合は勤めていた企業の

広報の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

広報職に憧れを持っている人は多いのではないでしょうか?広報への就業は一見華やかなイメージですが、イメージに反して意外にコツコツとした地味な業務が多いのが現状であったりします。そんな広報の仕事について、ここでは年収をメインに見ていきたいと思います。これから広報職に就業したい人や、現在広報職に就いていて年収の大幅アップを狙う人のための参考となれば幸いです。それでは見ていきましょう。広報の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合の後方の給料相場正社員で新卒入社して広報に配属されることはほぼ皆無に近いと言って良いかもしれません。なぜなら広報職に就くためには、企業の成り立ちや企業のキャッシュフロ

広報とはどんな仕事?仕事内容や会社においての役割、なり方など詳しく解説します!

皆さんは広報とはどんな仕事かご存知でしょうか?最近では注目されることが多くなった仕事ですが、以前は大手企業のみに部署が存在し、広報という業務自体を知らない人も多かったというのが現実ではないでしょうか?広報とは、企業の公の情報をインフルエンサーと呼ばれる第三者から発信してもらうことで、より客観的に自社や自社製品、サービスなどを評価してもらうことを促進する活動です。そして、その結果として「企業価値の創造」を目指すことにあります。また、常に正直で正しい情報を発信することにより「企業の信頼度の醸成」を作りあげていく活動とも言えます。広報とはどんな仕事?それでは広報とは具体的にどんな仕事を指すのでしょう

広報の採用はどんな会社がしてる?4個の会社のタイプや、会社から求められていること

広報業務に携わりたい場合、どのような企業をどのような判断で狙っていけば良いのか、知識がないとなかなか難しいですよね。ここでは、すでに広報業務に携わっている方やこれから広報の業務に就いて働きたいと考えている方に向けて、自分に合う会社選びのコツや、詳しい業務内容についてなどをご紹介します。広報への就職・転職をお考えの方はこの記事を参考に様々な知識を取り入れていただければと思います。広報の採用をしている会社ではどんな求人が募集されているの?広報の採用をしている会社の求人でどんなことが具体的な業務とされているのか見てみましょう。プレス・リリースの企画・作成・配信/メディアリレーション/取材依頼などの窓

広報の転職を成功させるために!狙い目な会社の5つの特徴と上手に転職するための2つの注意点

広報はスペシャリストと言える仕事でもあり、広く見聞が必要とされる仕事でもあります。そんな広報への転職は、どのように行うのが一番良いと言えるのでしょうか?また、広報の転職で気をつけるべき点や狙い目の企業の特長は?円滑に転職するためにはどのような点に気をつければ良いのでしょう?広報の仕事は多岐にわたることが多いのですが、その割に孤独な仕事です。自社の広報をしている場合でも製品広報をしている場合でもそうです。広報で重要視されることの一つに差別化があります。同業他社の製品よりも自社の製品の優れている点、劣っている点などの情報は、常にアンテナを立てて見張っておく必要があります。経営方針や事業展開等につい

広報の仕事内容や向いている人・向いていない人の特徴・その後のキャリアについて解説します

広報の仕事に憧れる人が多いようですが、実際にはどんな業務をこなしているのか、ご存知の方は多くありません。また企業によって広報の担う仕事も異なっていることが多いようです。企業の形態に合わせて広報も形を変えるのは当然ですが、具体的にはどんなところが異なっているのでしょう?今回は、そんなちょっと謎の側面を持つ広報の仕事内容や詳しい業務、向いている人・向いていない人の特徴、その後のキャリアについてご紹介してまいります。広報の仕事ってどんな仕事?企業の取り組みを自ら「ステークホルダー」に発信する作業こそが「広報」という仕事だと言えます。このステークホルダーとは、企業を取り巻く人々のことを指します。ユーザ