広報はスペシャリストと言える仕事でもあり、広く見聞が必要とされる仕事でもあります。

そんな広報への転職はどのように行うのが一番良いと言えるのでしょうか?

また、広報の転職で気をつけるべき点や狙い目の企業の特長は?

円滑に転職するためにはどのような所に気を付けていけば良いのでしょう?

広報の仕事は多岐に渡る事が多いのですが、その割に仕事は孤独な事が多いです。

自社の広報をしている場合でも製品広報をしている場合でもそうです。

広報で重要視される事の1つに差別化があります。

同業他社の製品よりも自社の製品のここは優れているが、ここは正直劣っている。

などの情報は常にアンテナを立てて見張っておく事が必要とされる業務でもあります。

経営方針や事業展開等についてもそうです。

なので自社の良い所も悪い所も把握している事が重要視されます。

今回はそんな広報の転職という切り口から覗いてみたいと思います。

広報で転職する人は多い?

広報職について転職する人が多いのは広報代理店などで仕事をしている人でしょうか?

広報の醍醐味はやはりその企業に属して企業価値を創造し、それを拡大していく点にあると言えるでしょう。

なので、広報代理店などで多くのクライアントを抱えてそれを回して行くというのを得意としない人が中にはいるようです。

しかし企業内の広報職に就いた人はその企業の提供している商品やサービスが好きだと思う人なので、転職などはあまり多く無いと言えるのでは無いでしょうか?

しかし広報も他職同様に企業の勤めやすさや所得などによってはやはり上を目指したくなるのも無理はありません。

なので、広報が転職する時には、やはり待遇面の改善を目的に転職する人が多いといえるのかもしれません。

よくある転職理由とは?

よくある転職理由としてはやはり待遇面に問題がある、もしくは同僚や先輩などとうまくいかないなどというケースがあるかもしれません。

また他の業態の広報業務も経験してみたいなど、色々な理由が考えられると言えるでしょう。

広報代理店から企業広報への転職

広報代理店からの企業広報への転職についてここでは考えてみましょう。

広報代理店では担当は基本的に数社を担当し、それを回しながら業務をこなして行く事を強いられます。

これはメディアへ出向いて情報を収集しやすい事や名の知られた広報代理店であれば、メディア側にも信頼がありますので、プレスリリースなどを送りやすいというのがあります。

しかし一人で数個ものクライアントの案件を抱えしかも案件によって製品広報から、企業広報まで多岐に渡る場合には、その仕事内容のギャップに非常に多忙になる事は勿論ですが、やりづらい面も出てきます。

また一つの企業内で自社の全体に関わってこそシナジーが出る職務でもありますので、広報代理店から企業内広報へと転職を希望する人は多いと言えるでしょう。

企業広報から広報代理店への転職

逆に企業内広報から広報代理店への転職をされる方も中には存在します。

そうした方の転職理由の一番は多くの製品広報の手法を知りたい。

広報代理店だからこそ知りうるノウハウを知りたいなどの理由が多いようです。

広報という業務は企業のあり方によっても業務が左右される事が多い仕事でもありますので、多様な手法や多様な広報のやり方を知るには広報代理店に転職するのが最も色々な業務を知ることへの早道でもあるのです。

そうした事を知りたいという気持ち並びに一般の企業内広報よりも広報代理店の方が給料的にも優遇されているケースが非常に多くありますので、待遇面に現状自分の業務との折り合いがつかないと感じる人もまた広報代理店への転職を考える人が多いのかもしれません。

製品広報から企業広報への転職

製品広報業務を企業内で実施していて、企業広報を志す人は非常に多いのが現状です。

やはり製品広報のみでは企業が向いている方向などが企業広報よりは分かりづらいというのが原因です。

そうした時にやはり企業という船がどちらの方向へ向かっているのかを理解している取締役会や社長の近くにおり、その考えを毎日理解出来る企業広報への転職は製品広報担当者からすると非常により華やかでかつ企業全体に関わる事が可能な自分の能力をより発揮する事が出来る舞台と言えますので、製品広報担当として企業に就職した人がその能力を磨き、企業広報へと転職をするケースもあると言えるでしょう。

企業広報から企業広報への転職

企業広報の体験者が企業広報へ転職するケースで多いのは転職先企業が例えば広報のスタートアップでまずは立ち上げから手伝って欲しいなど、今までの環境では経験し得なかった体験をさせてくれる場合が多いと言えます。

また企業内広報から企業内広報へ移る場合にはしばしば待遇面や自己スキルをより有意義に使える職場へと転職するケースが多いと言えるのでは無いでしょうか?

例えば企業内広報を経験してきたけれども日系企業で、自分の得意とする英語などのスキルをより活かせる職場などへ転職したく海外企業のPR(パブリック・リレーションズ)セクションへと応募する場合などがそうだと言えます。

広報で狙い目な会社の5個の特徴とは?

広報職で狙い目な会社の特長とはどんな所でしょうか?

またどうゆう募集を選んで行くべきでしょうか?

もしも貴方が広報を初めて経験する場合にはどのような企業のどのような募集を選ぶべきでしょう?

また貴方が広報の達人と呼べるレベルまで経験しているのであればどのような待遇面の企業を選んで行くべきでしょうか?

ここでは広報という職務で転職する場合の狙い目な企業の特長を見て行きたいと思います。

立ち上げたばかりの企業

広報の経験があまり無い人の場合立ち上げたばかりの学生ベンチャーなどで仕事をしてみると広報を学ぶ機会に恵まれます。

また広報のみで一人の人を雇えない場合も多いので、色々な仕事を兼任する事も多くあります。

基本的には総務職がメインになりますが、総務職を通して企業の動きが分かる事は多くあります。

基本的に総務の仕事とは、簡単に言えば「会社のレベルアップ」と言われています。

経営陣を含めた全ての部署との連携や関係を持つ社内で唯一の存在でもありますので、社内全体を見わたす事が可能になります。

また小規模の会社の場合ですと小口会計など財務以外の会計なども任される事がありますが、企業のキャッシュフローを見る事が出来ると自分の企業の何が収益につながっており、何が支出に当たっているかなどが明確になる事でビジネスを把握する機会に恵まれる事がありますので、こうした立ち上げたばかりの企業の広報というのは大変ではありますが、非常に醍醐味もあり、面白い仕事の1つと言えるのでは無いでしょうか?

サービスが分かり難い企業

貴方が企業面接を受ける前には多分企業のHPなどをご覧になると思います。

企業のHPなどをご覧になった時そのサービスやビジネス内容が分かりづらい場合には、広報としての力を発揮する舞台がその企業にはあると言えます。

広報の仕事の1つは企業の取り組みを分かりやすく伝える事にあります。

特に広報業界では「中学生にも分かるように伝える」という事が良く言われます。

中学生にも分かるようにむずかしい業務を噛み砕いて言う能力が求められている訳です。

それが出来ていない企業の場合には広報が活躍する場があると言えるでしょう。

HPの製作(リニューアル)から、ブランディングに至るまで、色々活躍出来る可能性があります。

時には企業の情報が上手く整理されていない理由が組織内にある場合もあります。

そうした場合には時間をかけて組織認識を変えて行くような業務にも携わる事になります。

関係各所と長い時間をかけて調整していく関わりが必要になって行きます。

何らかの理由で拗れてしまっている情報を紐解き、それを明文化する事で、社内にも社外にも自分たちの業務を分かりやすく伝えてあげるという広報特有の仕事が可能になります。

広報セクションを立ち上げた企業

今までに広報セクションがなく部門を立ち上げる為に人を雇用する起業もあります。

こうした企業の場合は社内に広報の専門家がいないので、孤独な業務になるケースも多くあります。

また広報の仕事には企業ブランディングの維持という業務もありますが、こうした会社では部門や他セクションがレギュレーションのないままにロゴなどを使って企業の公的なレターを作成していたり、会社概要を作成していたりするケースがあります。

その場合その業務が本来何処の部署で管轄すべき業務なのか調整などが必要になってきます。

これは企業内の業務分掌の問題にもなって来ますので、時間がかかります。

また立ち上げとなると一人での業務となりますので、製品広報から企業広報まで広く関わる事になりまた部署を運用していく中で代理店を使った業務や、採用なども自分の裁量でこなさなければならなくなっていきます。

しかし非常に面白く学ぶ事も多く自分で1つの企業の中に広報というセクションを立ち上げるくらいの気持ちで仕事が出来ます。

部内予算のやりくりなども仕事の1つになって来ます。

広報の担当者の後任を探している企業

広報業務の後任を探している企業の場合は基本的に広報経験者を採用するケースが多いと言えます。

ただ、上司もおり、同僚もいる部内の人員補充になりますので、わからない事などがあれば部内で質問も出来ますし、教えてくれる人もいます。

また相談に乗ってくれる上司もいる環境で仕事が出来ますので、広報初心者でもこうした体制の整っている企業であれば安心して就業が出来るのでは無いでしょうか?

基本的には前任者が行っていた業務を引き継ぐ事が多く、その上で余力が出て来れば他の人の仕事を手伝いつつ部署としての業務拡大に貢献していく事になります。

こうした企業に就業出来ると基本的には広報の業務事体が組織内で理解されかつ確立されていますので、仕事がしやすい環境に最初から入って行けるといえるかもしれません。

広報のセクション長を探している企業

広報のセクションがすでにあり、広報のセクション長を探している企業もあります。

そうした企業の場合には広報業務全般の能力と共にマネージメントの業務能力も必要とされます。

またグローバル展開をしている企業の場合には英語力なども求められます。

人前でプレゼンテーションなどをおこなうなどの業務も発生してくる可能性がありますし、大きな会場で企業イベントを取り仕切るなど部門長として責任の重い業務が発生してきます。

何か問題が起きれば危機管理対応なども求められてきますので、広報部門の部門長の募集の場合には熟練した広報の専門家が求められているという事になるでしょう。

広報の転職で注意したほうが良い2つのこと

メディアにコネクションがある方という募集の企業

メディアにコネクションのある方募集という企業広報の募集文をたまに見かける事がありますが、これは広報を勘違いしている企業の募集文といえるのでは無いかと考えます。

というのも、広報は確かに人でありますし、広報担当と記者は確かに仲良くなる事も多いのが現状です。

しかし広報はその記者に会う時必ず企業を背負って会います。

個人として会う訳ではありません。

記者が個人に付くという事はありませんし、仲良くなったからといって、ホイホイとその人が言う通りに記者が掲載を上げてくれる訳でもありません。

あくまでメディアは企業の情報を得る為に広報と会うのであり、企業が時流にあった、求められる業務を展開していれば記者の方から求めて取材の申し込みやメディアでの取扱の連絡を求めてくれるものです。

広報業務で最も良い広報戦略はこれだと言えるでしょう。

企業の業務が時流の中心におり、プレスリリースをメディアが欲している状態です。

広報への問い合わせも多く、その上経営方針や事業方針が非情分かりやすく整備されており、製品が世の中に求められているものであれば、製品やサービスや企業は自然と目立ち、必要とされ、色々なものを巻き込みつつ世の中に知らしめられて行くものなのです。

立ち上げなどのプレイングマネジャー募集の企業

企業立ち上げの時のプレイングマネジャーを募集している企業の場合、全てを一人でやらされる可能性がある事を覚悟しなければなりません。

しかし、これは広報部門の立ち上げ業務でもありますので、自分で組織を作って行くというダイナミックな業務を展開出来るという事でもあります。

しかし、外部代理店を使う、新規の部員を採用するなどしたとしても軌道に乗る迄には大変な苦労を強いられる事もあります。

しかし、部署が軌道にのり広報業務の業務事体が大きく展開されていくのを見た時の達成感はまた格別なものがあるのは間違い無いでしょう。

なので苦労を惜しまないのであれば、こうした募集に応募して新たなチャレンジをしてみるのも広報として素晴らしい経験となる事は間違いありません。

当初に苦労がある事を覚悟した上で応募するのであれば問題ありません。

広報で転職を成功させるためには何をすれば良い?

今までの職務の結果をファイリングしていく

現在あなたが広報部員であり、広報セクションで仕事をしているとします。

製品広報を担当していたとするなら、貴方のやってきた仕事を記録していく事は非常に役だつと言えるでしょう。

自分が出したプレスリリースを纏め、掲載紙、誌のクリッピングなどと共にファイリングしておく、自分の作った戦略等の資料や関わった資料やニュースレターがあればそれらもファイリングしておく事が必要です。

こうした事を次の転職の面談の時にプレゼンテーションする事であなたの仕事が認められます。

社内の規定に反さない限りで自分の仕事を記録し、ファイリングしておく事をお薦めします。

しかし広報は社内機密にも触れる仕事でもありますので、そこの部分の注意は怠らないようにして下さい。

広報で転職するにあたっての必要な心構え

何を目的に転職するのかを明確化する事

広報職経験者が新しい広報職に転職する場合に必要な心構えは他の職務でも同じと言えます。

要するに転職の目的を明確化する事です。

年収のアップを狙っているのか、それとも自分の新たな技量を使った広報をやりたいのか(英語が出来るので外資などの広報セクションに転職したいなど)それとも今の広報業務が忙し過ぎるのでより体制が整いライフタイムバランスの取れた職場に転職したいのか?

それらの目的によって志望する企業も変わって来るでしょう。

自分がその企業の製品やサービスを好きになれるかどうか確認する事

広報として転職するにあたって以外と大切な事の1つにその企業事体、企業のやっているビジネスモデルを好きになれるかどうか?という事があります。

広報は企業を代表して自社のあり方や姿勢などを多くのステークスホルターに知ってもらう事が仕事ですので、自社の事や自社の製品を好きである方がより職務にその能力を活かせると言えます。

なので、自分がこの企業のあり方や企業の存在が好きだなと思える場合には、自分の力をより発揮出来ると言えるでしょう。

広報の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

製作物についてファイリングしておく

広報業務に携わっていると時に製作物を作成する事があります。

それは社内報であったり、企業のブロッシャーであったり、はたまた企業用のロゴ入りレターやロゴ入りの封筒であったりします。

時には企業を啓蒙するような書籍を出版する事も広報ではあります。

そうした製作物は出来るだけとっておくようにしましょう。

製作物を見せるという事は、どれだけの手間をかけて貴方がどのようにその業務に関わったのかを一目で理解してもらえるチャンスでもあります。

ですので、そうしたものは出来るだけ取っておいて、出来るだけバリューの高いものを目指す転職先企業に持って行きPRする事が重要になります。

自分が関わった案件などをちゃんとまとめておく

広報業務は多岐に渡りかつ他部署との連携が必要になるためにネゴシエーションやらミーティングやらとにかく毎日忙しい事がいっぱいです。

毎日同じ仕事をしているようで、全く異なった事を同時にこなして行かなければならない場合もあります。

また社外環境によっては、急に企業が注目を浴びるなどのケースがポジティブにもネガティブにも起こりやすいセクションでもありますので、繁忙期というのはありませんが、毎日バタバタと色々な事を同時に進めているような感じでしょうか?

そうした広報の仕事の中で自分の関わった案件を纏めておくというのは非情に大変な事ですが、これを出来る人は次の転職に自分のやってきた事をアピール出来る人と言えるでしょう。

小さな事で見落としがちな事でも評価される事は多くあります。

小さな事でも漏らさず自分の業務を客観的に見て何をしているのかという事を書き出してみるというのは大切な事です。

掲載紙・誌などのクリッピング

自分の関わった露出記事などをクリッピングしておくべきという事は前段でも触れましたが、これは非情に重要な事の1つになります。

いつ何というメディアに自分の出したリリースやニュースレターや、もしくはメディアの取材が成果となって取り上げられたのかをクリッピングしファイリングし整理しておくことは、今後の貴方の広報マン・広報レディーとしてのキャリアにとって非情に有効なアピールの1つと言えるでしょう。

特に製品広報においてはこうした活動は大変評価されますので、コピーなどを取りキャリアが分かるようにそれらをまとめておく事で、面接時のPRに使えます。

まとめ

ここまで広報として転職するに当たって気を付けて行きたい事や転職を円滑に進める為のコツなどを見てきましたが、皆さんはいかがお感じになられたでしょうか?

広報という業務は非情に個人性の高い業務でもあり、企業によっても形態が異なる仕事でもあります。

ほとんどの人は最初に広報として従事した広報業務を刷り込まれますので、新たな会社に行って広報のあり方に愕然とする人も多いようです。

しかし、企業によって広報の形態が異なるのは当然の事ですので、それは自分で認識した上で、新しい会社で過去の経験を活かしつつ新たな事を学びつつ、更に向上し広報としてのスキルや経験を身に着けて行くんだという事を深く理解した上で真摯に業務に当たって欲しいと思います。

この文章が転職活動をされる皆さんの経験にちょっとでも役に立ってもらえれば幸いです。


関連キーワード

広報求人

広報求人についてもっと深堀りした情報を見る

ゲーム会社広報求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ゲーム会社の広報はイベントが多く、最近ではインターネットなどを活用した放送番組を設けるなど、消費者(ゲームプレイヤー)と直接つながることも多いため、華やかなイメージがあります。しかし、他の業界の広報と特別に担当範囲が変わるわけではありません。結構シビアな仕事なので、イメージだけで挑まずによく知るところから始めましょう。それではゲーム会社の広報求人について紹介していきます。ゲーム会社広報のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ゲーム会社の広報といっても、他の業界の広報と特別違うものではありません。広報室に所属し、社外と社内の広報活動を行います。大手になると担当が変わることも多いようですが、会社の規

広報募集の探し方を解説!広報経験者が教える採用されやすいルートや方法とは?

広報の仕事と聞くと企業の中でも花形、色々面白い事に関われるのでは無いかと考える方が多く応募者も多いようです。そうした企業広報に応募するためにはどのようにすれば良いのでしょうか?事務職などから広報職への転職は実際には可能なのでしょうか?また、採用されやすい方法などはあるのでしょうか?ここでは企業広報の募集の探し方から、採用へのルートなど、現在広報職に就いていない人が広報職に転職するための方法を中心に考えて行きたいと思います。広報の仕事ってどんなことをするの?広報の仕事と聞くとどんなイメージを持たれるでしょうか?実際には広報の仕事はそんなに華やかな仕事ではありません。マスコミ対応職という事でこの「

広報の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

広報職に憧れを持っている人は多いのでは無いでしょうか?広報への就業は一見華やかなイメージですが、イメージに反して以外にコツコツとした地味な業務が多いのが現状でもあったりします。そんな広報の仕事についてここでは年収をメインに見て行きたいと思います。これから広報職に就業したい人や現在広報職についていて、年収の大幅アップを狙う人のための参考となれば幸いです。それでは見ていきましょう。広報の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員で新卒入社して、広報に配属される事はほぼ皆無に近いと言っていいかもしれません。なぜなら広報職に就くためには企業のなりたちや企業のキャッシュフロー企業の決済の仕組

広報の採用はどんな会社がしてる?4個の会社のタイプや、会社から求められていること

広報業務に携わりたい場合どのような企業をどのような判断で狙って行けば良いのか、なかなか難しい場合があります。ここではすでに広報業務に携わっている方や、今から広報業務に携わりたいと考えている方が、どのような基準で次の企業を選べば良いのかについて簡単にお伝えしていきたいと思います。広報の採用をしている会社ではどんな求人が募集されているの?それではここで広報の採用をしている会社の求人でどんな事が具体的な業務とされているのかについて見てみましょう。プレス・リリースの企画・作成・配信/メディアリレーション/取材依頼などの窓口やスケジュール管理/PR資料の作成/自社Webサイトの更新・運用/社内報の制作/

広報の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

広報の仕事に憧れる人が多いようですが、実際にはどんな業務をこなしているのかご存知の方は少ないです。また企業によって広報のになう仕事も異なっている事が多いようです。企業の形態に合わせて広報も形を変えるのは当然ですが具体的にはどんな所が異なっているのでしょう?今回はそんなちょっと謎の側面を持つ広報の業務についてご紹介してまいります。広報の仕事ってどんな仕事?企業の取り組みを自ら「ステークホルダー」に発信する作業こそが、「広報」という仕事だと言えます。ではこのステークホルダーとは何をさすのでしょうか?このステークホルダーとは企業を取り巻く人々の事を指します。ユーザーとユーザーになりうる可能性のある人