広報と聞くと、どのような仕事をイメージされる人が多いでしょうか?

一昔前に流行ったキラキラ系広報。

企業のHPの管理をしている人、プレス・リリースを発行している人等企業によって広報の役割も変わってきますので、様々なイメージを持たれる人が多いのではないでしょうか?

実は広報の仕事は思った以上に業務領域が広く、実際に携わってみると実に多くの仕事が広報の業務として存在することに驚きます。

今回は特に女性と広報ということをメインのテーマとして見ていきたいと思います。

広報は女性向きの仕事なのでしょうか?

「広報の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

広報の仕事はどんな仕事?

広報の仕事のメインのミッションは「企業価値の創造と創造した価値をより高めること」と言えます。

広報とは自ら情報を発信することを指します。

広報はポジティブ情報を発信する場所でありネガティブ情報は発信しない、IRはネガティブ情報を発信する必要がある、などとよく言われていますが、それでは広報のミッションである「企業価値の創造」とは一体何なのでしょうか?

企業価値を創造するということは、企業に対する信頼を高めることと言えるでしょう。

企業の信頼を高めるためには常に誠実であることが求められます。

私はかつて広報という言葉が流行る前から広報職に就いていましたが、その頃は経営者が非常に広報に理解の深い方だったということもあり、ネガティブ情報も自ら発信していました。

その理由は、ネガティブ情報もポジティブ情報も真摯に常に発信することにより、企業が発信する情報を顧客を含むステークスホルターが信用してくれるようになるからです。

ですから、広報は常に会社の社内状況等ネガティブなものでもポジティブなものでも発信すること、そしてコミュニケーションを構築していくことが仕事であり、その先に「企業価値=信頼」の創造があるのではないでしょうか。

広報の仕事内容は、こちらを参考に!

広報の仕事って女性に向いているの?

広報の仕事は女性に向いているかどうか?

と問われれば、それは人の資質によりますので、一概に女性に向いているとは言い難い部分があります。

ただ企業によっては広報=メディアに露出する人という印象を持っている会社もあり、そうした時に男性社員が出るよりも女性が露出することでより鮮やかな印象を持ってもらえると考える企業があるようです。

広報=対外対応ということもあり、確かにいつもきちっとしたスーツを着、且つ髪型等も綺麗に整え外見に注意が必要な仕事であることは事実です。

しかし、男性でも普段から広報職にある人はそうした点を心がけていますし、実際に広報の現場では男女関係なく仕事もあります。

また男性社員が活躍する現場(力仕事や汚れ仕事なども少なくない)も多くありますので、女性のみが活躍する現場というわけではありません。

強いて言えば、男女区別なく能力を発揮できる職場と言えるかもしれません。

創業期のベンチャーにおける広報業務

創業期のベンチャー企業における広報業務は兼務であることがほとんどです。

社長秘書や総務、経理などの業務に合わせて広報を実施してくれる人を雇用するケースが多くあります。

何故ならば、やはりどうしても広報は目に見える形で売上に貢献するのが難しいことと、即席で結果を発揮するような業務というよりはブランディングを確立する為には時間をかけて次第に理解を促進する傾向が強いからです。

例えば貴方が記者会見を実施するとして多くのメディアを呼ぶのに成功したとしても、それは一過性のものとなりやすいのが現状です。

広報の業務はそれを常に継続していくところに重要なポイントがあります。

常にニュースを発信し、常に話題やトレンドに合わせて自社のニュースを発信し続けていける力が広報には必要になってきます。

「広報の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

広報の求人は、女性の募集が多い?

それでは実際に広報の求人は女性が多いのでしょうか?

女性を歓迎する企業は、求人広告等を見ても実際に存在します。

しかしそうした企業の場合、広報業務だけでなく他の仕事もあり、その部分で女性が向いていると判断されているようです。

例えばレンタルオフィスの広報業務。

受付業務も発生しますので、若目の女性が受付嬢として座っている方が華やかとの判断から、広報を兼務してレンタルオフィスの受付もできる人を募集していたりします。

私自身は広報として初めて入った企業でタッチタイピングのために右手に腱鞘炎が出てしまい、お茶を出すことができなかったという経験がありました。

その時は上司に「お前にお茶出しをさせるために入社させたわけではないから気にするな」と言っていただきました。

確かに会議室にお茶を運んでくれる人が若い女性である方が印象が良いのは、日本の風潮としてあるのかもしれません。

広報職を募集している求人であえて女性歓迎と謳っている場合、具体的な接客業務がある為、その能力というより見た目の良い人を探しているというケースが多いのも実態かもしれません。

広報の求人では女性の募集が多いというのは幻想

広報職の求人で女性が多い印象を持たれる方がいると思いますが、それは単なるイメージだと思います。

一時期IT企業などのバブルがあった当時にいわゆる「キラキラ広報」というのが流行りました。

それで広報に女性が多いというイメージがついたのが始まりなのではないでしょうか?

実際に私も広報として勤務してきましたが、当初は広報4名中女性1名(私自身)でした。

基本的には男女差は当時はありませんでしたが、最近は女性職というイメージが定着してきているように思います。

加えて「女性の活躍促進」を政策として内閣府男女共同参画局が推進しており、職場での女性の活躍が政策として促されています。

それらもあって、女性職の印象の強い広報の、女性への募集広告が多くなっているのかもしれません。

広報のおすすめ求人のポイント

前段でも紹介しましたが、私は以前「広報」に非常に長けた企業にいました。

それはまず社長並びに役員達が広報に対して理解を持っていてくれたことが大きな原因でもあり理由だったと思います。

また丁度マスコミもその業界に特別に興味を持っている時代で、新聞にもスペースを持っていたこともあり、ニュースを常に探しているような状況だったことも要因の一つだったと言えると思います。

そんな経験を通じて、やはり広報の仕事を探している人がこれから広報の仕事に就くならば、そうした企業を選んでほしいと強く思うのです。

是非広報の醍醐味を知り、広報の奥深さを理解し、広報を楽しみながら成長してほしいと思います。

その為にはやはり企業本体に広報マインドがあることが前提となってくると言えるのではないでしょうか?

広報マインドの強い会社の探し方

広報として業務に従事する以上、広報マインドの強い企業に勤められるというのは非常に喜ばしいことではあります。

広報と広告という部門の業務の分掌について未だに理解していない企業があるのも事実です。

また広告優位の企業も世間にはあります。

そうすると広報の業務内容は一気に縮小してしまい、本当に「プレス・リリースを発信する人」「HPの管理をする人」になりかねません。

そうならない為にもできるだけ広報マインドの強い企業の求人を探していきたいところです。

その為には募集の業務内容をよく注意して見ることが大事です。

企業名や上場しているかしていないかなど会社の条件面だけで仕事を見るのではなく、広報セクションの所属部署やその管轄取締役はどこの部署の取締役なのか?求められている業務はどのような業務なのか?実際にその企業のHPを見るなどして広報がどれくらい業務に携わり業務を展開しているのか?などを自分でよく調べてその内容によって応募することが大事になっていきます。

「広報の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

広報マインドがない会社なら広報マインドを根付かせていこう

私が広報として2社目にお世話になった企業には、広報セクションがありませんでした。

基本的には開発者をメインに仕事をしているBtoCのIT系のコンテンツ・サービスの企業でもありました。

そうした会社に入り広報の立ち上げを主にやってほしいと言われた時に、広報マインドを根付かせていく為の施策や企画を考えてそれを実践していきました。

まずは各セクションのミーティングに出席すること。

一日で沢山のミーティングに顔を出さなければならず自分の仕事をする時間がほとんどない日も多くありました。

それでも各セクションの業務内容を早く把握し、そこからどのようなニュースを引き出せるかを知る為にはそれしか方法がありません。

その中でプレス・リリース発信依頼を根付かせていく為に、セクション責任者の理解を得られるよう実践していきました。

こうして次第に広報の仕事を理解してもらいつつ、数年かけて広報企画などもできるまでに広報チームも成長させることができました。

このように広報マインドがない企業には、広報マインドを根付かせていくという努力も必要になってくるでしょう。

男性でも広報の仕事ってできるものなの?

男性広報についてあまり記事化されないのは、男性広報という仕事があまりにも普通だからでしょうか?

男性の広報担当がクローズアップされないのにはいくつかの理由があると思います。

それは第一に広報がマスコミの前面に立つ立場であるということ。

第二にマスコミは絵(動画・写真)で見て分かりやすいものを好みます。

第三にマスコミ、特に広告業界には当たる広告の3Bと言って、ビューティ(美人)、ビースト(動物)、ベイビー(赤ちゃん)が目を引くという通説があることなど、どうしても広報職として対応してくれた企業の担当者が若くて綺麗な女性の場合に露出を強める傾向があるのは事実です。

しかしプロの広報職になればなる程男女差などは関係なくなっていきます。

ですので、広報の仕事をしている人の中には男性も多くいますし、そうした人が女性より劣っているわけではありません。

男性広報の現状と働き方

広報業務に男女差はほとんどありません。

男性でも女性でも広報の業務を行うのは可能です。

女性の職業というイメージの強い広報ですが、男性の方も多く活躍しています。

また広報は、時に経営企画室直下であったり社長室直下に部門が設置されることが多くあります。

そうした部門の部長や室長は日本ではまだ男性社員が多いのも現状で、そうした上司もまた広報の部門長を兼任しているわけです。

広報という職場に男性の参加が著しく低いということではありません。

また広報は一人ではできない仕事でもあります。

様々なセクションに協力してもらい様々なセクションを巻き込み、今度はそれを社外を巻き込みながら情報を発信していくようなパワフルな人間関係の構築やリレーションシップが必要とされる仕事とも言えるでしょう。

しかしその割には単独の仕事が多いのも事実で、日々の地味な作業の積み重ねが多い仕事でもあります。

こうして見ても、男女差は関係ない仕事だということがお分かりいただけるのではないでしょうか?

男性でも女性でも、広報職を目指す方なら誰でも広報になれます。

そうした夢を持っている方は性別に関わらず、是非広報職を目指してみてほしいと思います。

ただ、どうしても対外的な対応を迫られる職でもありますので、男性の場合でも女性の場合でもビジネスマナーとして失礼な恰好などや身だしなみなどには気を付けるようにしましょう。

まとめ

ここまで広報職と性別について見てきました。

広報職は女性向きというのは、実際には世間の見方でしかないと思います。

プロの広報マンには男性も女性もいますし、そうした人たちが自分の性別を意識して仕事をしているかというと、そういう方は少ないと思います。

広報の仕事は非常に奥が深い仕事とも言えます。

見かけでは非常に華やかで楽しそうな仕事と捉えられがちですが、広報の仕事は実際には社長のスポークスマン的な側面もありますし、女性であることでメリットがある仕事でもありません。

若い頃は若くて可愛い広報女性がいる広報チームと言われるかもしれませんが、それは未熟であることの裏返しとも取れるのではないでしょうか?

目指すなら是非広報のプロとして、性別関係なく要職を任されるような責任感の強い広報の仕事ができるような広報レディー、広報マンを目指してほしいと思います。

ここでご紹介した事柄が、貴方のこれからの将来の仕事を選ぶ何らかの指針になれれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



関連キーワード


広報求人についてもっと深堀りした情報を見る

広報の仕事のやりがいとは?経験者の私が感じる4つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

みなさんは、自分が務めている会社の広報がどんな仕事をしているか知っていますか?もしかしたら広報だけでなく総務も兼任している会社や広報・人事・総務・経理を兼務している会社もあるかもしれません。広報の仕事は、自社を宣伝したり、外部へ自社の製品やサービスを発信するために欠かせない部署です。ただ、広報の仕事は、情報発信がメインとわかっていても具体的にどんな仕事をしているのか知らないかもしれません。今回は広報の仕事にスポットをあてて経験者が広報の仕事内容や広報のやりがいについて紹介します。広報とはどんな仕事?広報の仕事は、社内外へ情報を発信することです。企業の情報には広報が大体からんでいます。情報を発信

広報の仕事のやりがいとは?経験者の私が感じる6個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

広報仕事のやりがいについてご紹介していきたいと思います。広報の仕事は業界や会社によって大きく異なりますが、今回は経験者として話せることを赤裸々に書いていくので、これから広報になろう、もしくは広報のやりがいが見つからない、という人の助けになれば幸いです。それでは、広報の仕事の魅力をお話しさせていただきますので最後までご覧ください。広報の大まかな仕事内容について理解しておこうまずは広報未経験の方のために、大まかに広報の仕事内容を記載しておきます。本来の広報は会社とそれ以外を繋ぐ仕事であるため、社外広報としては記者会見やプレスリリースの作成、社内広報は社内報の作成や情報収集などがメインです。しかし、

ゲーム会社広報求人の募集内容は?どんな種類があるの?自分に合った求人の選び方教えます

ゲーム会社の広報はイベントが多く、最近ではインターネットなどを活用した放送番組を設けるなど消費者(ゲームプレイヤー)と直接繋がることも多いため、華やかなイメージがあります。しかし、他の業界の広報と特別に担当範囲が変わるわけではありません。結構シビアな仕事なので、イメージだけで挑まずによく知っているところから始めましょう。それでは、ゲーム会社の広報求人について紹介していきます。ゲーム会社広報のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ゲーム会社の広報と言っても、他の業界の広報と特別違うものではありません。広報室に所属し、社外と社内の広報活動を行います。大手になると担当が変わることも多いようですが、会社

広報募集の探し方を解説!採用されやすいルートとは?就職・転職の参考にご覧下さい!

広報の仕事と聞くと、企業の中でも花形で様々なことに関われるのではないかと考える方が多く、応募者も多いようです。そうした企業広報に応募するためにはどのようにすれば良いのでしょうか?事務職などから広報職への転職は実際には可能なのでしょうか?また、採用されやすい方法などはあるのでしょうか?ここでは、企業広報の募集の探し方から採用へのルートなど、現在広報職に就いていない人が広報職に転職するための方法を中心に考えて行きたいと思います。広報の仕事ってどんなことをするの?広報の仕事と聞くと、どんなイメージを持たれるでしょうか?実際には広報の仕事はそんなに華やかな仕事ではありません。「マスコミ」対応職というこ

広報が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

広報の仕事はなんとなく華やかなイメージを持っている人が多いと思いますが、実は結構シビアな世界です。会社の顔として商品やブランドのPRをすることだけが仕事なのでしょうか?決してそんな簡単なものではありません。まず広報がどんな仕事をするのか、必要なスキルや向き不向きを知って是非お仕事探しに役立ててくださいね。将来広報の仕事に就きたいという方も、事前に内容をしっかり理解して楽しくいきいき働けると最高ですよね!広報はどんな仕事?広報の仕事を大まかに言うと、企業の商品やサービス、企業そのものやブランドのことを社内外に打ち出していく仕事です。PR(Public Relationsの略)とも呼ばれ、企業とそ

転職して広報になるには?違う職種から広報に転職した私がやったこと

広報に転職したいと思っている方が知っておくべき情報を、営業から広報に転職した筆者が経験を基にご紹介させていただきます。「広報になるにはどんなことをすれば良いのか?」「転職を成功させる心得とは?」「求人を上手に選ぶコツとは?」など、様々な気になる疑問についてお答えしていきます。自分に合う求人を見極めて、憧れの花形部署の「広報」を目指しましょう。転職して広報になるには?広報になると言っても、一般的な転職方法と大した差はありません。勤めていた関連企業の取引先などに転職するケースもあれば、転職サイトに登録したり転職エージェントに依頼して斡旋してもらうなど、手段は複数あります。私の場合は勤めていた企業の

広報の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

広報職に憧れを持っている人は多いのではないでしょうか?広報への就業は一見華やかなイメージですが、イメージに反して意外にコツコツとした地味な業務が多いのが現状であったりします。そんな広報の仕事について、ここでは年収をメインに見ていきたいと思います。これから広報職に就業したい人や、現在広報職に就いていて年収の大幅アップを狙う人のための参考となれば幸いです。それでは見ていきましょう。広報の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合の後方の給料相場正社員で新卒入社して広報に配属されることはほぼ皆無に近いと言って良いかもしれません。なぜなら広報職に就くためには、企業の成り立ちや企業のキャッシュフロ

広報とはどんな仕事?仕事内容や会社においての役割、なり方など詳しく解説します!

皆さんは広報とはどんな仕事かご存知でしょうか?最近では注目されることが多くなった仕事ですが、以前は大手企業のみに部署が存在し、広報という業務自体を知らない人も多かったというのが現実ではないでしょうか?広報とは、企業の公の情報をインフルエンサーと呼ばれる第三者から発信してもらうことで、より客観的に自社や自社製品、サービスなどを評価してもらうことを促進する活動です。そして、その結果として「企業価値の創造」を目指すことにあります。また、常に正直で正しい情報を発信することにより「企業の信頼度の醸成」を作りあげていく活動とも言えます。広報とはどんな仕事?それでは広報とは具体的にどんな仕事を指すのでしょう

広報の採用はどんな会社がしてる?4個の会社のタイプや、会社から求められていること

広報業務に携わりたい場合、どのような企業をどのような判断で狙っていけば良いのか、知識がないとなかなか難しいですよね。ここでは、すでに広報業務に携わっている方やこれから広報の業務に就いて働きたいと考えている方に向けて、自分に合う会社選びのコツや、詳しい業務内容についてなどをご紹介します。広報への就職・転職をお考えの方はこの記事を参考に様々な知識を取り入れていただければと思います。広報の採用をしている会社ではどんな求人が募集されているの?広報の採用をしている会社の求人でどんなことが具体的な業務とされているのか見てみましょう。プレス・リリースの企画・作成・配信/メディアリレーション/取材依頼などの窓

広報の転職を成功させるために!狙い目な会社の5つの特徴と上手に転職するための2つの注意点

広報はスペシャリストと言える仕事でもあり、広く見聞が必要とされる仕事でもあります。そんな広報への転職は、どのように行うのが一番良いと言えるのでしょうか?また、広報の転職で気をつけるべき点や狙い目の企業の特長は?円滑に転職するためにはどのような点に気をつければ良いのでしょう?広報の仕事は多岐にわたることが多いのですが、その割に孤独な仕事です。自社の広報をしている場合でも製品広報をしている場合でもそうです。広報で重要視されることの一つに差別化があります。同業他社の製品よりも自社の製品の優れている点、劣っている点などの情報は、常にアンテナを立てて見張っておく必要があります。経営方針や事業展開等につい

広報の仕事内容や向いている人・向いていない人の特徴・その後のキャリアについて解説します

広報の仕事に憧れる人が多いようですが、実際にはどんな業務をこなしているのか、ご存知の方は多くありません。また企業によって広報の担う仕事も異なっていることが多いようです。企業の形態に合わせて広報も形を変えるのは当然ですが、具体的にはどんなところが異なっているのでしょう?今回は、そんなちょっと謎の側面を持つ広報の仕事内容や詳しい業務、向いている人・向いていない人の特徴、その後のキャリアについてご紹介してまいります。広報の仕事ってどんな仕事?企業の取り組みを自ら「ステークホルダー」に発信する作業こそが「広報」という仕事だと言えます。このステークホルダーとは、企業を取り巻く人々のことを指します。ユーザ