皆さんは広報とはどんな仕事かご存知でしょうか?

最近では注目される事が多くなった仕事ですが、以前は大手企業のみに部署が存在し、広報という業務事体を知らない人も多かったというのが現実では無いでしょうか?

広報とは企業の公の情報を、インフルエンサーと呼ばれる第三者から発信してもらう事で、より客観的に自社や自社製品、サービスなどを評価してもらう事を促進する活動であります。

そしてその結果として「企業価値の創造」を目指す事にあります。

また常に正直で正しい情報を発信する事により「企業の信頼度の醸成」を作りあげて行く活動とも言えます。

広報とはどんな仕事?

それでは広報とは具体的にどんな仕事をさすのでしょうか?

広報の仕事は多岐に渡ります。

製品広報から企業広報、危機管理広報に至るまで、ステークスホルターに向けて発信される情報を扱うのが広報の仕事といえるでしょう。

そうした仕事を通じてインフルエンサーと呼ばれる第三者に企業の公の情報などを記事化してもらう事が広報のミッションです。

前段でもお話したとおり、その目的は「企業価値の創造」や「企業信頼度の醸成」などにあります。

それでは、インフルエンサーによる情報の広がりがなぜ「企業価値の創造」や「企業信頼度の醸成」に繋がるのでしょうか?

広報の仕事と良く合わせて語られる仕事に「広告」があります。

言葉も似ていますし、企業の公の情報を届けるという意味においては両方とも似たような側面があるのも事実です。

それに「広報」発信の情報と「広告」内の情報があまりにもかけ離れていたりすれば多くの人は混乱するでしょう。

ではしかし、広報と広告の違いとは何なのでしょうか?

具体的にそれを見て行きたいと思います。

広告

一定のスペースや時間を買い切り、自社の思った通りのメッセージやイメージをステークスホルターに訴求する事ができる。

広報

企業の発信する公の情報を元にインフルエンサーにより情報を加工し、訴求する。

第三者目線がそこには加わり社外の企業にとって利害関係の無い人による公平な情報が公開される。

広報と広告の違いは上記のようなものといえるでしょう。

それではなぜ広報の最終的な目標が「起業価値の創造」や「企業の信頼度の醸成」なのでしょうか?

それは、もしも誰もしらない企業がある日突然日本にやってきて、何を作っているのかもわからず、企業名だけを表に出して広告のみの戦略を立て日本中で色々広告展開をしたとします。

そうしたら最初その広告を見た人は何がなんだかわからないでしょう。

どんな企業なのか、何をしている企業なのか?

人々はそれを何だろうと思いその企業に対して信頼感を抱くまでに時間がかかるでしょう。

なんか見た事あるけど、何をしている企業かは良くわからない。

そんな認識が芽生えてしまうのでは無いでしょうか?

広告ではそうした自社が買い取ったスペースを自由に使って自社のメッセージを伝える事が可能という側面がある一方で情報は常に独りよがりになりやすいという事が言えます。

企業が一方的に発信する情報な訳ですから、それは当然です。

企業内にいる人間にとってみれば自社の作っているサービスや製品は一番良いと信じて作っているでしょうし、自社に対する帰属愛もあるでしょう。

しかし広報では情報をニュースソースとして扱ってくれるインフルエンサーにリリース(開示)する事により、その情報の結果を第三者の目線で評価される事に委ねます。

情報を提供したインフルエンサーの評価が高ければ高い程、企業の開示した情報の信頼度は上がります。

それがそのインフルエンサーの発言を聞いている人の耳に入る事で、企業の内容をより深く知ってもらう事が可能になってくるのです。

企業との利害関係の無い第三者による評価であり、そのインフルエンサーが有名であればある程その情報には信頼度が上乗せされる事になって行くのです。

広報の仕事に就くためにはどうしたらいい?

前段でもご紹介してきた通り広報の仕事はひじょうに重要な仕事の一つと言えます。

日本では生産性が明確に見えない事もあり、広報の仕事はあまり評価されていないとも言えますが、海外経験から言うと企業でコーポレート・パブリック・リレーションをしていると言うと相手に尊敬の眼差しを向けられる事が多いです。

また日本に進出してきている企業のパブリック・リレーションの年収は日本の国資企業と比較しても格段の差があります。

それだけ海外においてパブリック・リレーションは重要な企業の「公の声」とみなされているといえるでしょう。

そんな広報の就くためにはどうしたら良いのでしょうか?

ここではそれについて考えて行きたいと思います。

広報の仕事に就職するために

広報の仕事に就くためには多少の修行期間が必要だと考えて下さい。

大手企業は特に広報未経験者を中途採用するという事はほとんどしません。

その理由は広報業務には色々と細かい慣例があるからです。

他社を真似てプレス・リリースを打つ事は可能ですが、それ以外にも色々年間を通じて広報の業務には細かい約束事があるのです。

そうした事は現場で体に叩き込んで行くのが一番です。

その理由をわからずに仕事をしていても仕方の無い事なので、やはり年間でどのような行事が広報としてあるのかを理解できるようになるまでせめて3年は広報の初心者として、修行期間をおいてまずは経験する事をした方が良いでしょう。

それから自分の望む業界への転職を考えても遅くはありません。

もしも広報をやりたいと思った時に目指す業界があるのであればそれに近い業界の企業のスタートダッシュの広報未経験者でも応募可能な企業を探し応募していくというのも有用な手段です。

また、広報業務にはCAの人が向いていると良く言われ、CAから広報へと転身する人も多いので、CAをまずは目指し、その後で広報畑への転職をするという事も方法としては可能かと思います。

しかし多くの人にとってCAを経験する事は現実的では無いのでは無いかと考えますので、ここではCAとなり広報畑に転職するという道ではなく、既存の状況でできる修行をして、広報を目指す方法について、お伝えしていきたいと思います。

修行をするのにも2つの方法があります。

一つ目はベンチャー企業などにおいて広報と他業務兼務で構わないのでとにかく経験を踏む。

二つ目は広報代理店などに入社して、広報の業務のノウハウや経験を踏む。

この2つでしょうか。

それでは上記二つの方法で踏める経験と違いについて考えて行きましょう。

ベンチャー企業などでの広報経験

ベンチャー企業などではスタートアップ時、もしくはある程度業績が伸びてきた時に広報を募集する企業があります。

正直に申し上げますとトップ(社長)の意識として、起業時に広報を他業務兼務でも構わないので、募集し小さいところから起業広報を展開して行く起業に就業する方が広報職としては学べる事も多い上にトップ判断として企業にとって広報がどれだけ大事かその意義を理解していると言えますので、その方が働きやすいと言えると思います。

昨今、起業する企業はIT系のベンチャーが多いのが事実です。

IT系の企業では技術者が日々働いています。

企業が固まってきており、そろそろ広報をと考えている企業の場合IT系技術者の専門用語などをその都度色々ヒアリングして、プレス・リリースに落とし込むのは相当大変な仕事になります。

その上企業が固まって成長中の企業程、社内専門用語が多く、その専門用語をまずは自分が理解するのに苦しむという場面も多いでしょう。

どこの会社でも社内専門用語は多くありますが、それをプレス・リリースにする。

公の公式見解として発表する事は、誰にでもわかる言葉に「翻訳」してそれを発表するという事に反します。

また広報担当としては出来るだけ社内に馴染む為にも起業したばかりの会社に参加しておく事で業務がしやすくなると言えるでしょう。

また、その場合に苦労となってくるのは「広報」が目に見える採算部門では無いという事でしょう。

起業したばかりの企業の情報をメディアが取り上げる事はなかなかありません。

自社の差別化部分や自社の事を発信し続けなければ記者の知る所ともなりません。

この時期の広報は社内から、採算部門でも無いのに、存在するという意味においては認められにくい立場になる事も多いのです。

そうした事を払拭する為にも、他業務との兼任などで仕事をしつつ結果を出して行く事で、広報業務を認められる存在に育てあげて行くという方法もあります。

広報代理店での広報経験

広報代理店に関しては、専門家集団の集まりとなりますので、広報経験がなくても未経験の若手を採用するケースは多いです。

わからない事があれば先輩にヒアリングして、広報の手法を学んで行く事が可能になるからです。

しかし広報代理店では一社を専任で見るという事はほぼありません。

一人で数社の業態を抱えてそれらの広報を実施していきます。

これが企業広報と最も違うポイントになります。

自分の抱える企業のサービスについて勉強することは勿論ですが、広報企画を提案する際にも企業の状況などを良く知らないとなかなか通す事は難しいでしょう。

また企業担当者にコミュニケーションを良く取り、関係を良くしていく事などが業務として発生します。

合わせてメディアなどとのコミュニケーションをとる事も大切になって来ます。

代理店によっては企業の担当者とメディアの担当者を分ける広報代理店も多くあります。

広報代理店に就職して広報への道を踏み出そうと思う場合には、面接などでそうした細かい部分についてもヒアリングするなどの工夫も大切になります。

また、広報代理店の抱えている一人で数社の担当をこなすという事は、広報の意義からは少し外れる所があるのも現実です。

広報とはその企業の製品を良いと思い、その企業を良いと思い、その問題点も把握している企業内の情報担当者と言えます。

しかし広報代理店においてはいくつもの違ったサービスを持つ事を余儀なくされますので、一つのサービスや一つの企業への帰属意識やそれを作るチームの一員としての存在となる事はできません。

それ故広報代理店から企業内広報へと転職する場合にはそうした事を求めて転職する人が多いといえるでしょう。

しかし実際に広報代理店経験者が企業内広報へ転職するのも今は狭き門とされています。

それでも広報未経験で転職活動をするよりは広報代理店などで経験を積んでから転職する方が成功の可能性が高いのは事実です。

必要なスキルとは?

広報に必要なスキルにはどのようなものがあるのでしょうか?

ここではそれを見て行きたいと思います。

広報に必要なスキルといえば勿論文章を作成する能力と言えます。

しかしインフルエンサーが多様化する現代広報には文章作成能力以外にもさまざまなスキルが必要とされます。

ここではそんなスキルをご紹介していきます。

文章作成能力

当然の事ですが、広報部員でなくとも、社会人に文章作成能力は必須だと言えるでしょう。

直接文章を作成する必要がなくても、日報や週報を書く必要のある仕事なども世の中には存在します。

日常的に社会人で就業している人には文章を書く能力が必須とされます。

その中でも広報の仕事に就いている人はより、文章作成能力を要求されると言えるでしょう。

会社から発表する公の文章を扱いますので、誤字、脱字が厳禁なのは勿論ですが、短い文章で端的に内容を伝えられる能力が必用になります。

また、「てにおは」や「文脈」がきれいに作られた文章を作れる事、とにかくわかりやすく、受け入れやすい相手に伝わる文章作成能力が必要とされます。

これは話し方などでも同様です。

広報では取材を受ける際などに、相手に自社の業務について簡単にわかりやすく伝える必要があるのです。

新しいサービス等の説明では相手に既存に無いものを伝えて行かなければならない事もあります。

またプレス・リリースを発信する関係上、どうしても文章上で自社のサービスや製品を伝える必要があります。

自社の製品やサービスを伝えるのに、わかりやすく伝わりやすく伝えられる能力は広報に必須のスキルと言えるでしょう。

数値加工能力

広報では自社の進む道や今後の展開などについて話しをするケースも出て来ます。

そのような時に必要となってくるのが、裏付けできるデーター類や自社の数値などです。

こうした数値を数字だけで示してもインパクトはありませんが、数値をデーター化(見える化)しグラフなどで表す事で、インパクトは大きくなります。

自社の関係のある官公庁などの白書などから数字を持って来て◯◯であるから、今後も当社のビジネスは飛躍的に利用者が増大する可能性がある。

という理性的な理論を展開する事は自社を客観的に見れている事にも繋がり、記者も記事のソースとして扱いやすい題材といえるでしょう。

ですので、数値を触れる。

それらをグラフ化出来る能力というのは、広報には必須のスキルの一つといえるでしょう。

画像表現能力

広報に必須のスキルとして、画像表現能力があります。

難しい事を画像で表現する事により理解を促進するという能力ですが、この能力は広報部員として活動するなら、非情に有効です。

難しい事を単に絵にするだけではなく図解的にわかりやすく説明出来ると、メディアやインフルエンサーに取り上げてもらえる可能性が上がると同時に、多くの人からも理解されやすくなります。

前段で数値加工能力としてあげた数値のグラフ化もこれに当たります。

特に昨今の文章の作成などはデジタルで行われる事が多いので、こうした事をデジタルで出来る能力があると、広報部員としてはたいへん有効なスキルと言えるのでは無いでしょうか。

計画の効果的表現能力

広報の仕事の中には細かい一つ一つのPR戦略の計画、立案、実行、運営という業務があります。

また、企業が何かの団体、協会などの窓口を持っている場合にもそこの対応を広報が行う場合があります。

そうした時に短、中、長期的な視野でプロジェクトを見据えて、それらを実行していく能力が必要になって来ます。

勿論上位職になればそうした予算の管理なども含めて任される事になるでしょう。

こうした時に、広報計画の効果的な表現、どのような費用対効果が期待出来るのかなどを社内決済権者や社内関係者の協力を仰ぐために分かりやすく見せる事が以外に難しいのです。

ですので、一般的なマイクロソフトオフィス関連ソフトや画像ソフトが自在に使える事で、こうした事がたやすくなります。

計画の全体や細かなディティールなどを会議などで多くのメンバーに共有する場合に、こうした能力が必要とされてきます。

イベント企画・開催・運営能力

広報では広報イベントなどを実施する事もあります。

例えば夏休みに自分の会社のソフトを小中学生に啓蒙する夏休み宿題イベント的なエデュケーショナル広報を展開する場合もあります。

夏休みの自由課題を自社のソフトなどを使って実施してもらう時などに実際に応募してくれた小学生達に1日もしくは数日間をつかって、自社の製品のファンになってもらえるような会を実施するなどがこれに当たります。

会の企画から募集方法、内容の運営までをこなしますので、イベントの企画・運営の能力が必要とされます。

また記者を集めたスモールセミナーや大規模な記者懇談会などを実施する場合にもイベントでの進捗管理、運営能力は必要となって来ます。

IT系能力

広報の業務の一つに社外に発信する情報の統括があります。

現代においてはそのほぼ全てがメールやデジタルで発信される事がほとんどです。

そうした中ここ数年SNSが注目されるようになりました。

フェイスブックが開発されたのは2004年でした。

2012年にアクティブユーザーが10億人を超え、その発言力を増しました。

またフェイスブックは傘下にインスタグラムを収めています。

それではツイッターはどうでしょう?

ツイッターは2007年に開始されました、2016年の7月時点でのユーザーは世界で10億人と言われています。

こうしたSNSが発言力を持つ昨今です。

広報にこれらを企業が使わないのもまたおかしな話しと言えるでしょう。

ツイッターやフェイスブックに代表されるSNSは今やメディアとなりました。

こうしたメディアの使い方や効果的な発信方法を知っている事は広報としては必須のスキルと言えるでしょう。

また、発信は基本的に自社のHPを中心にこうしたSNSを利用するという多重構造のメッセージングが今の主流と言えるでしょう。

HPの運営は勿論それらと合わせてSNSを上手に利用する事でシナジーの高いメッセージングが実施出来るようになるのです。

なので、こうしたスキルを持っている事は広報としては非常に重要なポイントとなるでしょう。

広報の役割とは?

今まで広報の具体的な仕事や、広報職に転職する方法、広報の業務に必要なスキルなどを見てきましたがそれでは広報職の具体的な企業内における役割とは何でしょうか?

ここではそれを見て行きたいと思います。

ステークスホルターとの良好な関係構築

広報の仕事の最も重要なミッションは社長や経営陣の声を社外や社内に届ける事です。

社内に向けては社員に対して企業がどっちの方向を見て、どう成長して行こうと思っているのかを、社員に共有する事によって現場の仕事に意味が生まれて来ます。

仕事に意味が生まれてくればやる気もあがり社員の帰属意識も高まります。

また社外に対しても自社がどのように周辺産業の事を考えどのように立ち回って行くのかを都度発表していく事で同業並びに協力会社などもそれに備え動く事が可能になります。

また社会に対してもあの企業は◯◯する為にこうした経営計画で動いているんだという事が論理的に理解される事により業務が行いやすくなると同時に企業のファンの人をつくり、そのファンの人たちを巻き込み「公」の存在として、会社が運営されていく事になります。

企業による公の発表物の管理

広報のミッションの一つが社長の声を社内外に届ける事であるという事をお伝えしましたが、単に社長の言っている言葉を伝えるだけではその「心」は伝わりません。

色々なデーターや社長がなぜその方向に旗を振っているのかなどを踏まえ、社外にそれを伝達していく業務が付随しますので、社長の意向を汲み取り、社長の思いを含めて社外に伝える為のデーターや資料、HP上の作成物などに関しての管理を担う仕事と言えます。

広報の具体的な仕事内容とは?

具体的な業務

プレス・リリースの発信

広報の業務の一つにプレス・リリース配信があります。

発信の仕方は企業の内部組織構成や条件によってかなり異なります。

基本的にはプレスネタを仕入れてそれを企画化し、発信の了承を得てプレス・リリースを発信して行く事になります。

スタートアップの企業で社員に広報マインドが浸透していない場合新サービスや新製品のリリースを広報に通さず行う事もありますが、それは企業内で新サービスを発表する前に必ずチェックとして、法務部と広報を通すというレポートラインを義務付けて行く事で変わって行く事もあります。

記者会見の実施

記者会見の実施はある程度メディアリレーションが確立している企業が実施する傾向が強いです。

全く知名度の無い企業が突然記者会見などをする場合は余程社会に影響力がある場合などが多いでしょう。

メディアの取材対応

広報活動を続けて行くとメディアやインフルエンサーとのコミュニケーションの結果先方から取材などを申し込んでくるケースがあります。

その対応なども広報の仕事となってきます。

社内で取材内容にそぐったスピーカーなどのセッティングや日時の調整場所のセッティングなどがその仕事となって来ます。

仕事の流れとは?

プレス・リリースの発信

プレス・リリースの発信はまずは社内にあるプレスネタの発見から始まります。

その為には社内に広くアンテナを張り巡らせておく事が重要になりますが、社外にも自社で行っている事が今の社会情勢に対してフックとなりうる可能性がある場合がありますので、そうした社外環境にもアンテナを張ってプレス・リリースネタを発掘し、それを文章化してふさわしいメディアへと発信していきます。

具体的な方法は多岐に渡ります。

記者会見の実施

記者会見をする場合には、まずは社会に影響力のあるネタかどうか、社会に影響力が無い場合にはある程度知名度のある企業であるか?

そうした事を検討した上で記者会見を組んで行きます。

場所の決定、お呼びするメディアの選定、招待の実施、出席の有無などを確認した上で当日発表する資料や登壇者などを決定し調整を勧めて行きます。

メディアの取材対応

メディアからの申し入れがありメディアに対応する時には、取材内容の確認、内部調整、当日のアテンドの決定、日時の調整などの業務が必用になってきます。

取材希望内容に応じて当日の行動や調整を行って行きます。

広報はどういう人と仕事で関わるの?

広報の仕事をしているとどのような人と関わる事が出来るのでしょうか?

なかなか中身が見えにくい広報の仕事ですが、ここでは具体的にどのような人たちと関わって行くのかを見て行きたいと思います。

社長・取締役陣

前段でも書きましたが、広報は「社長のスポークスマン」という側面が強くあります。

ので企業の方向や取締役会での決定事項などを知った上で企業が何を根拠に今後どの方向に進んで行こうとしているのかなどが非常に重要になってきます。

ですので常に企業の取締役や社長と係わって仕事をしていく事となります。

インフルエンサー

広報の業務では、メディアや媒体を持っており読者を多く抱えているインフルエンサーの人たちに出会う事が多いです。

インフルエンサーはいわゆる有名人です。

テレビや新聞を賑わせる有名人もいれば、ネットなどでの有名人もいます。

そうした人たちに自社の情報を提供し、扱ってもらえるようにするのが、広報の仕事です。

ですのでそうした人たちと良好な関係を築くのは一つの大事な業務と言えるでしょう。

しかし、仲良くなったからといって全てを掲載してくれる訳では無い事を忘れずに常に謙虚に接するように心がけて行くべきでもあります。

広報の仕事の給料事情は?

広報の仕事の給与については350万円前後からマネージメントクラスになると800万円前後というのが相場のようです。

取締役や、CMO(チーフ・メッセージング・オフィサー)などになってくると1500万円前後のクラスの方も出て来ます。

日本と比較するとこの広報(コーポレート・コミュニケーション)の仕事は海外での評価の方が高く、海外での年俸は800万円程度が平均的な金額になってくるようです。

という事は上級職になると2000万近い年俸をとる人も出てくるという事になるのでしょう。

広報がやりがいを感じること

広報の業務をしていてやりがいを感じるのは一体どんな時でしょうか?

広報部員の意欲はどこに向いているのでしょう?

ここではそうした事を見て行きたいと思います。

掲載が上がった時

広報で最も意欲やテンションが上がるのは、やはりインフルエンサーに商品を取り上げられた時だと言えるかもしれません。

自分が時間をかけて仕込んで来たプレスネタが取り上げられ紙面を飾った時は自分と共に自社のつくった製品や自社が社会に認められたという事になります。

(広報の記事は第三者目線で書かれるため)ですので、やはりインフルエンサーに良い評価が貰えた時が一番広報としてテンションが上がる瞬間と言えるのでは無いでしょうか?

取材が記事化された時

取材を受けてそれが記事化された時も広報としては非常にテンションが上がる場面と言えるでしょう。

取材はなかなか大変な業務でもあります。

取材側は企画を持って取材に来ますので、その意向に答えつつ、できるだけ自社の公の情報を伝え、自社の言葉を理解し扱って貰えた時にはやはりやり遂げた気持ちが大きく残るのでは無いでしょうか?

広報イベントが成功した時

広報でのイベントには多様なものがありますが、やはり記者勉強会や記者のスモールセミナーなどが盛況に終わった時には充実感がみなぎるものです。

こうしたイベントものは事前から時間をかけてある程度丁寧に作り込んで行く事も多いですし、実際想定と違っている事も多く出て来ますのでそうした折にどうやってそれらに臨機応変に対応していくのかがポイントになって行きます。

そうしてやっと実現した広報イベントが成功し、社長や取締役からのねぎらいの言葉を掛けてもらった時の広報担当としての喜びは計り知れないものとなります。

広報の仕事に向いている人のタイプは?

ここまで具体的な事柄も含めて広報の仕事について見てきました。

それではこうした業務が向いている広報の部員になって成果を出して行けるのはどのような人でしょうか?

ここではそれを見て行きたいと思います。

コミュニケーション力が高い

広報の仕事では社内・外問わずステークスホルターが居る状態で仕事をし続ける必用があります。

また事業部の状況などの把握なども必用なスキルです。

常にアンテナを張る事は勿論ですが、各部に気軽に相談事を持っていけるようなコミュニケーション能力が高く、フランクな人は広報には向いていると言えるでしょう。

しかしフランクといっても広報部員は企業を背負っていますので、砕け過ぎは禁物です。

日頃から丁寧で相手に対して失礼のないコミュニケーションが取れかつ、相手から気を許してもらえるような人物は広報部員として向いている素質を持っているといえるでしょう。

調整能力が高い

広報の仕事は基本全てが調整の連続です。

他者に振り回されてばかりいる仕事とも言えるかもしれません。

社長の声を聞きその声をインフルエンサーにつなぐ。

情報の流れる上流から下流まで他者との間を取り持つ役割が要求されます。

ですので、調整能力の高い人は広報に向いていると言えるでしょう。

他者に振り回されても自分が実施する事に筋を通して粘り強くやり遂げる力が必用になると言えます。

マルチタスクで業務が回せる人

広報の業務は前出でも書いた通り他者に振り回される仕事とも言えます。

自分のスケジュールを作っていても、取材依頼の電話が入ればそれに対応し、酷い時は一人で何本もの電話の対応を迫られる事もあります。

また、社長に呼ばれれば集中して、誤字脱字が無いようにプレス・リリースを作成している最中に席を外してそれに答えなければなりません。

取締役から意向があればそれに付き合う必用も出て来ます。

正直広報業務は常にバタバタと色々な業務を一人でいくつも回す必用に迫られます。

なのでマルチタスクで業務を進められる人に向いている業務と言えるでしょう。

広報の仕事で大変なこと

今まで広報業務について、その資質や業務内容など多岐に渡って見てきましたが、それでは広報業務で大変な事とはどんな事でしょうか?

情報の取扱い

広報部門では未だ社外に通達の行っていない、時には社内においてもコンフィデンシャルな情報を扱う事があります。

ですので情報の取扱には非常に注意する必用があります。

どんなに仲の良い社員に向けてでも安易に情報を口にしてしまうようないわゆる口の軽い人には広報職は向きません。

また、扱う情報に関しても数字部分や文章部分での誤字などが無いように常に気をつける必用があります。

印刷して記者発表時に配布する資料の中に誤字などがあれば企業のブランドに傷が付きます。

慣例に関する勉強

広報にはあまり世の中には知られていない慣例などが結構多く細々と存在しています。

そうした慣例は一つ一つ覚えて行くしかありません。

それらは誰と仕事をするかによっても変わってきます。

記者やメディアやその他多くの人に係わって仕事をしていく中で人から指摘されたり怒られたりしながら覚えて行く事に感謝をしましょう。

感謝しながら成長し、それによって得られる知識を経験として蓄積していきましょう。

広報の仕事の将来性は?

広報の業務や気をつける事、年収や、やりがいなどについてここ迄見て来ました。

それでは広報の業務の将来性についてここでは見て行きたいと思います。

インターネットの普及により、より必要性が高まる広報

現代はインターネット化が進み情報が多様に絡み合う時代となりました。

そんな中で広報は多様化する発信手段を使い分け企業情報を発信しています。

発信する先が増えた事により広報の業務はより多様化し複雑化してきています。

こうした時代に追いついて行ける能力が広報の部員にも必用とされてきていると言えるのでは無いでしょうか?

広報の仕事がおすすめの理由

常に経営がどちらに向いているかを意識出来る

広報の仕事の醍醐味はやはり社長の近く、経営層の近くにいて、その信念や経営理念を常に聞ける場所で仕事が出来る事では無いでしょうか?

こればかりは他のどのセクションにいても出来る事ではありません。

そのような立ち位置にいながらにして、社会や企業を取り巻く環境とのバランスもみれるだけの度量が広報部員には必用とされますが、その社内と社外の丁度中間にバランス良く立ち社長の意見や企業の経営層の意見を耳にする事が出来るというのは非常に醍醐味のある仕事と言えるのでは無いでしょうか?

まとめ

ここまで広報の業務について見て来ましたが、皆さん広報についてご理解いただけたでしょうか?

また広報職を目指している方の少しでも参考になれば幸いです。

皆さんがこの文章を読んでより自分の掴みたい職に付ける事をお祈りいたします。

実際に広報求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

広報求人

広報求人についてもっと深堀りした情報を見る

ゲーム会社広報求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ゲーム会社の広報はイベントが多く、最近ではインターネットなどを活用した放送番組を設けるなど、消費者(ゲームプレイヤー)と直接つながることも多いため、華やかなイメージがあります。しかし、他の業界の広報と特別に担当範囲が変わるわけではありません。結構シビアな仕事なので、イメージだけで挑まずによく知るところから始めましょう。それではゲーム会社の広報求人について紹介していきます。ゲーム会社広報のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ゲーム会社の広報といっても、他の業界の広報と特別違うものではありません。広報室に所属し、社外と社内の広報活動を行います。大手になると担当が変わることも多いようですが、会社の規

広報募集の探し方を解説!広報経験者が教える採用されやすいルートや方法とは?

広報の仕事と聞くと企業の中でも花形、色々面白い事に関われるのでは無いかと考える方が多く応募者も多いようです。そうした企業広報に応募するためにはどのようにすれば良いのでしょうか?事務職などから広報職への転職は実際には可能なのでしょうか?また、採用されやすい方法などはあるのでしょうか?ここでは企業広報の募集の探し方から、採用へのルートなど、現在広報職に就いていない人が広報職に転職するための方法を中心に考えて行きたいと思います。広報の仕事ってどんなことをするの?広報の仕事と聞くとどんなイメージを持たれるでしょうか?実際には広報の仕事はそんなに華やかな仕事ではありません。マスコミ対応職という事でこの「

広報の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

広報職に憧れを持っている人は多いのでは無いでしょうか?広報への就業は一見華やかなイメージですが、イメージに反して以外にコツコツとした地味な業務が多いのが現状でもあったりします。そんな広報の仕事についてここでは年収をメインに見て行きたいと思います。これから広報職に就業したい人や現在広報職についていて、年収の大幅アップを狙う人のための参考となれば幸いです。それでは見ていきましょう。「広報の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →広報の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員で新卒入社して、広報に配属される事はほぼ皆無に近いと言っていいかもしれません。なぜなら広報職に就くために

広報の採用はどんな会社がしてる?4個の会社のタイプや、会社から求められていること

広報業務に携わりたい場合どのような企業をどのような判断で狙って行けば良いのか、なかなか難しい場合があります。ここではすでに広報業務に携わっている方や、今から広報業務に携わりたいと考えている方が、どのような基準で次の企業を選べば良いのかについて簡単にお伝えしていきたいと思います。広報の採用をしている会社ではどんな求人が募集されているの?それではここで広報の採用をしている会社の求人でどんな事が具体的な業務とされているのかについて見てみましょう。プレス・リリースの企画・作成・配信/メディアリレーション/取材依頼などの窓口やスケジュール管理/PR資料の作成/自社Webサイトの更新・運用/社内報の制作/

広報の転職を成功させるために!狙い目な会社の5個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

広報はスペシャリストと言える仕事でもあり、広く見聞が必要とされる仕事でもあります。そんな広報への転職はどのように行うのが一番良いと言えるのでしょうか?また、広報の転職で気をつけるべき点や狙い目の企業の特長は?円滑に転職するためにはどのような所に気を付けていけば良いのでしょう?広報の仕事は多岐に渡る事が多いのですが、その割に仕事は孤独な事が多いです。自社の広報をしている場合でも製品広報をしている場合でもそうです。広報で重要視される事の1つに差別化があります。同業他社の製品よりも自社の製品のここは優れているが、ここは正直劣っている。などの情報は常にアンテナを立てて見張っておく事が必要とされる業務で

広報の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

広報の仕事に憧れる人が多いようですが、実際にはどんな業務をこなしているのかご存知の方は少ないです。また企業によって広報のになう仕事も異なっている事が多いようです。企業の形態に合わせて広報も形を変えるのは当然ですが具体的にはどんな所が異なっているのでしょう?今回はそんなちょっと謎の側面を持つ広報の業務についてご紹介してまいります。「広報の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →広報の仕事ってどんな仕事?企業の取り組みを自ら「ステークホルダー」に発信する作業こそが、「広報」という仕事だと言えます。ではこのステークホルダーとは何をさすのでしょうか?このステークホルダーとは企業を取り巻く人々の


広報求人に関するコラム

広報は女性に向いている?女性の求人は多い?経験者の私が解説します

広報と聞くとどのような仕事をイメージされる人が多いでしょうか?一昔前に流行ったキラキラ系広報。企業のHPの管理をしている人、プレス・リリースを発行している人等、企業によって広報の役割も変わって来ますので色々なイメージを持たれる人が多いのでは無いでしょうか?実は広報の仕事は思った以上に業務領域が広く実際に携わってみると色々な仕事が広報の業務として存在する事に驚きます。今回は特に女性と広報という事をメインのテーマとして、見て行きたいと思います。広報は女性向きの仕事なのでしょうか?広報の仕事はどんな仕事?広報の仕事のメインのミッションは「企業価値の創造と創造した価値をより高める事」と言えます。広報は

広報が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

広報の仕事はなんとなく華やかなイメージを持っている人が多いと思いますが、その実、結構シビアな世界です。まず広報がどんな仕事をするのかを確認し、向いている人や必要なスキルなどについて見て行きましょう。広報はどんな仕事?広報の仕事を大まかにいうと、企業の商品やサービス、企業そのものやブランドのことを社内外に打ち出していく仕事です。PR(Public Relationsの略)とも呼ばれ、企業とそれ以外との関係を良好にする役割を担っており、企業の収益に直結する重要な役割であるため、責任も重大です。広報の大まかな仕事内容広報は、社内広報と社外広報でやることが全然違います。大手企業なら分かれていますが、中