広報業務に携わりたい場合どのような企業をどのような判断で狙って行けば良いのか、なかなか難しい場合があります。

ここではすでに広報業務に携わっている方や、今から広報業務に携わりたいと考えている方が、どのような基準で次の企業を選べば良いのかについて簡単にお伝えしていきたいと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

広報の採用をしている会社ではどんな求人が募集されているの?

それではここで広報の採用をしている会社の求人でどんな事が具体的な業務とされているのかについて見てみましょう。

プレス・リリースの企画・作成・配信/メディアリレーション/取材依頼などの窓口やスケジュール管理/PR資料の作成/自社Webサイトの更新・運用/社内報の制作/販促ツールの制作ディレクション/各種メディアとの折衝/原稿製作/取材対応ディレクション/文章校正/SNSやネット広告戦略など

企業側では、上記のような業務をする人を広報として募集しているケースが多いようです。

歓迎スキルとして多いのは、ビジネス英語/ウエッブ運営の知識/SNSの知識などが多いようです。

最近ではツイッターの「中の人」なども企業がやっている事が多く、担当者は自社の製品についてのつぶやきなどにいち早く反応して、それに対応するなどの業務を行う事で、高感度が上がるなどのケースも多いようです。

平均年収については幅が広くありますが、だいたいのところで300万くらいから、マネージメントクラスになると700万弱位が相場のようです。

しかし海外向け広報や海外のCMO(チーフメッセンジャーオフィサー)などになると1000万超えの求人も出て来ているのが現状です。

広報の大まかな仕事内容

それでは広報の大まかな仕事内容にはどんなものがあるのでしょうか?

ここではそれを見て行きたいと思います。

広報の業務は前段で調べたように、プレス・リリースの企画・作成・配信/メディアリレーション/取材依頼などマスコミ対応、これらが中心になってくる事が多いようです。

また他事業部の補助的役割としての販促品の制作などを含む企業とそうでない企業があるようです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

広報を採用している4個の会社のタイプとは?

それでは、広報を採用している会社にはどのようなタイプがあるのかをここでは見て行きたいと思います。

現在はITの発達により非情に情報が入り乱れている状況とも言えます。

企業情報も積極的に企業側から発信する事をしないと、なかなかステークホルダーに届かなくなっているのが現状とも言えるでしょう。

そんな中企業情報をより積極的に発信したいと考えているのが、企業広報を募集している企業と言えます。

それではその企業情報を積極的に発信していきたい会社にはどのような会社があるのでしょう。

新規立ち上げの為の採用

企業の新規立ち上げや、現在まで企業として活動をしてきているが、広報セクションが無い場合に部門を新規に立ち上げる為の募集があります。

こうした企業の場合は広報のしごと自体に理解が薄い場合がありますが、他競業企業や時代の流れなどに合わせてそうした部門が必要と感じ立ち上げるケースが多いようです。

部署強化の為の採用

現在の部門では進むグローバル化になかなか追いつけない、日々のSNSやHPなどでの積極的なメッセージングができないと感じる企業に多いのが部署強化の為の採用といえるでしょう。

またそうした企業では、ステークホルダーとのコミュニケーションの重要性を取締役や社長自らが高まってきているのを感じており、社内外広報活動強化の必要性があると認識しての採用のケースが多くあります。

そのため広報に求める事が明確化しているなど、広報部門がすでにある事により、業務が整理されている場合が多いです。

企業が業務内容を大きく増やす場合の採用

今まで国内市場向け業務をほぼ中心に展開してきていた企業が、国外マーケットも視野に入れて活動を広げる場合などに国外向けの広報の専任を採用するケースなどがあります。

国内広報のノウハウはあっても海外の場合は言語事体が英語となりますし、進出する国によっては現地語の必要性も出てきます。

また、新たな産業への進出の際にも今までのリレーションを確立してきた以外に、新規にパイプづくりなどが必要な場合にも、新たに広報担当を採用するケースは多いようです。

広報業務の拡大

今まで実施していなかった方面に広報業務を拡大する場合にも新たな人材の雇用を行う企業が多いです。

例えば、社内広報や採用広報などがこれに該当します。

今までは採用担当者が採用広報を実施していましたが、公のメッセージを発信する際に多部署からの発信をしてしまうと、ブランディングやメッセージングの解離が起きてしまうケースがあります。

採用担当者から手離れして採用広報を広報セクションで行ったりする必要が出てきた、また、SNSなどへの発信などが後手にまわっている状況なども企業によってはあまり好ましいケースとはいえませんので、こうした問題を解決する為に、広報業務の拡大という意味で採用をする企業もあります。

広報が会社から求められていることとは?

広報担当が会社から求められている事とはどんな事でしょうか?

具体的に前段で色々調べてみた職務を中心に見ていきたいと思います。

プレス・リリースの企画・作成・配信

広報が会社から求められているのはまずはプレス・リリースの記事の作成といえるかもしれません。

自社の商品をわかりやすくメディアやインフルエンサーに伝え、それを記事として扱ってもらう事により第三者目線で、広く商品を知ってもらう活動の事です。

現在ではインフルエンサーにも多くの人が増えて来ました。

個人のブロガーでも商品に関係があるような記事を書いている人でフォロワーさんが何十万人といる人に関しては、インフルエンサーとみなして良いと思います。

そうした人にプレス・リリースを届けて記事を書いてもらう、具体的な商品を渡して使ってもらう事で記事を書いてもらうなどの活動を行います。

また周辺産業紙・誌については、一度アポをとって必ずお会いしてご挨拶をしてから、プレス・リリースなどを発信する事をオススメします。

メディアリレーション

以前はプレス・リリースを配信した後にメディアの方々に掲載の如何や予定などをヒアリングするなどという事が良くありました。

しかし、配信したプレス・リリースを取り扱うかどうかの判断はメディアにあります。

これを忘れてはいけません。

しかも現代では広報業務が広く知れ渡り、多くの企業で広報活動を実施するようになりました。

企業ごとに自分のところで配信したプレスについて問い合わせをしていては、記者も自分の仕事の時間が取れなくなってしまいます。

そうした事から、プレス・リリース後の掲載確認の電話などは最近ではあまりされなくなって来ています。

しかし、掲載後に見本誌などを送ってくれる丁寧な記者の方などには、一度名刺交換をしたいなどのお問い合わせをして、ご挨拶に行くなどして顔を合わせて自社の紹介などを含め顔見知りになっておく事で、今後の広報活動が円滑に進む可能性があります。

こうした活動全般を含めてメディアリレーションと呼びます。

お世話になっているメディアには年末の挨拶などにカレンダーを持って行く事もあります。

取材依頼などの窓口やスケジュール管理

企業の業績がうなぎのぼりだったり、時流に追いついたりしている時、発表した製品が非常に評価された場合などに記者の方から取材依頼が来る事があります。

こうした場合には、自社の商品やサービスをメディアが取り上げてくれる事が決定している事がほとんどです。

今まで継続して配信していたプレス・リリースを見ていたメディア側が、自身のメディアでこの商品やこの会社を取り扱いたいという思いがあって、連絡をしてきているという事になります。

ですので、ほぼ100%の確率で(勿論最悪というケースもありますが)掲載が決まっていますので、どんな情報を相手が欲しているのか、何を提供すれば良いのか、などを的確に判断して、取材の申し込みを受けるようにします。

メディアは動きが早いので、希望取材日も今週中など早い対応を余儀なくされるケースが多いのですが、できるだけセッティングし、相手に合わせてふさわしい社内の語り手をマッチングできる事が重要なミッションになります。

自社Webサイトの更新・運用

自社から発信するメッセージは基本的に広報が担う情報と言えるでしょう。

業態によっても変化しますが、基本的にはオフィシャルメッセージは広報の業務です。

ですので、今や企業の「顔」とも言える存在になったHPの運営や、メッセージを発信する情報を統括するのも広報業務の一貫となります。

こうしたサイトをリニューアルし時流に合わせたデザインにするなど、業態をより強く表現するような作りにするのも広報の業務の一つといえるでしょう。

広報の職種で転職するために身につけるべきこととは?

それでは広報の職種で転職する為に必要な事とはどんな事でしょう?

どんなスキルがあると広報職への転職に役立つでしょうか?

ここではそれを見て行きたいと思います。

基本的なPCのスキル

広報で必要なスキルの一つに基本的なPCのスキルがあります。

基本的なPCのスキルといってもブラインドタッチができる事は勿論ですが、マイクロソフト・オフィス関係のソフトが扱える事は非常に役に立ちます。

またアドビ社のフォトショップやイラストレーターなどが扱えれば、自分で取材した記事を外部委託せずとも、内製で広報誌やニュースレターなどにできます。

基本的に無料の画像加工に使えるツールなどに普段から慣れ親しんでおく事で、広報の業務が非常にやりやすくなります。

動画・画像編集のスキル

現在では、動画などのスキルも広報に必要なスキルとされるようになりました。

社長のメッセージなどを動画でデジタルサイネージ化し社内で放映する、動画をHP上にアップし広くステークスホルターに向けて生の声を発信して行くなど、こうした活動は今や効果的な広報手段の一つとなって来ています。

そうした制作物を制作する際に自分で動画などを撮影できるスキルがあると作業は一段と楽になります。

また、外注に依頼をする際にもコスト的な面や作業フローなどがなんとなく理解できているだけでも業務に役立って来ます。

WEBサイト運用のスキル

広報では現在自社のHPにニュースレターやプレス・リリースなどを掲載する事が多くなりました。

またHPは今や企業の「顔」とも言われる時代です。

企業の顔であるHPに掲載する文章は公的な文章となり、これは「広報」の管轄と言えます。

ですので、自社のHPの運営もまた広報の業務となって来ます。

こうしたスキルを持っている事により広報業務を円滑に進める事が可能になります。

SNS運用のスキル

SNSをやった事があるでしょうか?

今や日常的にSNSの話題を耳にしない日はなくなりました。

それほど多くの人がSNSを使い自分の情報や自分たちの意見を発信している時代です。

勿論企業にとってもこれは恰好の情報発信の場といえます。

しかし、SNSに理解が無いとそれぞれのSNSで独特のカルチャーを持つコミュニティの中に入って行くのは時に難しい事があります。

普段から、アンテナを高く持ちSNSを利用している事によって、自分が企業SNSの発信元となった時に発信が容易になる事があるといえるでしょう。

英語力

今の時代はIT化が進み、国の国境が曖昧になって来ました。

また企業もどんどんと市場を求め海外に進出して行っている時代です。

同様に海外から日本という市場もしくはアジア市場を目指して、インフラの比較的整った国にアジアの統括部などを設置する企業も増えて来ています。

そうした影響から海外向け広報を必要とする企業が増えています。

海外向け広報には勿論英語力が必要になって来ますので、英語力と広報スキル両方を持っていると転職にはとても有利であると言えるでしょう。

広報の募集で良い求人を探すための方法

それでは広報の募集で良い求人を探す為の方法とはどんな事でしょうか?

良い求人とはどんなものをさすのでしょう?

広報の良い求人を探すためのコツをここでは探っていきたいと思います。

広報の求人を探す時は「広報」「求人」で普通に検索するのが最も良いと思います。

そして、その求人の詳細を見て自分のスキルと合わせて応募するのが一番の近道です。

しかし、広報職は人気職でもありますので、狭き門だと思って下さい。

かといって、広報職が初心者にとって難しい事が多いのかといえば慣例などはありますが、そうした事さえわきまえていれば凄く難しい仕事という訳でもありません。

ですから、できるだけ沢山の企業と接点を作るという意味で、一社二社ではなく、相手の求めるスキルと自分の持つスキルが合致するのであればどんどんと応募すべきだと言えるでしょう。

まとめ

ここ迄広報職への転職についての情報を見て来ましたが、如何でしたでしょうか?

広報の業務はIT化が進みグローバル化する現代において、多岐にわたり、かつ独特のしごとでもあります。

こうした広報の本質を理解し、広報業務に付く事によりあなたが少しでも自身の力を発揮できる事を望んでやみません。

是非この記事を参考にしてあなたの未来を掴みとっていただければと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

広報求人

広報求人についてもっと深堀りした情報を見る

広報の仕事のやりがいとは?経験者の私が感じる4つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

みなさんは、自分が務めている会社の広報がどんな仕事をしているか知っていますか?もしかしたら広報だけでなく総務も兼任している会社や広報・人事・総務・経理を兼務している会社もあるかもしれません。広報の仕事は、自社を宣伝したり、外部へ自社の製品やサービスを発信するために欠かせない部署です。ただ、広報の仕事は、情報発信がメインとわかっていても具体的にどんな仕事をしているのか知らないかもしれません。今回は広報の仕事にスポットをあてて経験者が広報の仕事内容や広報のやりがいについて紹介します。広報とはどんな仕事?広報の仕事は、社内外へ情報を発信することです。企業の情報には広報が大体からんでいます。情報を発信

広報の仕事のやりがいとは?経験者の私が感じる6個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

広報の仕事は業界や会社によって大きく異なるので、全ての広報担当者と合意のとれる意見はないと思います。ただ、経験者として話せることを赤裸々に書いていくので、これから広報になろう、もしくは広報の仕事のやりがいが見つからない、という人の助けになれば幸いです。広報の大まかな仕事内容について理解しておこうまずは広報未経験の方のために、大まかに広報の仕事内容を記載しておきます。本来の広報は会社とそれ以外を繋ぐ仕事であるため、社外広報としては記者会見やプレスリリースの作成、社内広報は社内報の作成や情報収集などがメインです。しかし、会社の規模によっては広告・宣伝、IR(財務系)などを兼ねることもあります。私の

ゲーム会社広報求人の募集内容は?どんな種類があるの?自分に合った求人の選び方教えます

ゲーム会社の広報はイベントが多く、最近ではインターネットなどを活用した放送番組を設けるなど、消費者(ゲームプレイヤー)と直接つながることも多いため、華やかなイメージがあります。しかし、他の業界の広報と特別に担当範囲が変わるわけではありません。結構シビアな仕事なので、イメージだけで挑まずによく知るところから始めましょう。それではゲーム会社の広報求人について紹介していきます。ゲーム会社広報のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ゲーム会社の広報といっても、他の業界の広報と特別違うものではありません。広報室に所属し、社外と社内の広報活動を行います。大手になると担当が変わることも多いようですが、会社の規

広報募集の探し方を解説!採用されやすいルートとは?就職・転職の参考にご覧下さい!

広報の仕事と聞くと企業の中でも花形、色々面白い事に関われるのでは無いかと考える方が多く応募者も多いようです。そうした企業広報に応募するためにはどのようにすれば良いのでしょうか?事務職などから広報職への転職は実際には可能なのでしょうか?また、採用されやすい方法などはあるのでしょうか?ここでは企業広報の募集の探し方から、採用へのルートなど、現在広報職に就いていない人が広報職に転職するための方法を中心に考えて行きたいと思います。広報の仕事ってどんなことをするの?広報の仕事と聞くとどんなイメージを持たれるでしょうか?実際には広報の仕事はそんなに華やかな仕事ではありません。マスコミ対応職という事でこの「

広報は女性に向いている?女性の求人は多い?経験者の私が解説します

広報と聞くとどのような仕事をイメージされる人が多いでしょうか?一昔前に流行ったキラキラ系広報。企業のHPの管理をしている人、プレス・リリースを発行している人等、企業によって広報の役割も変わって来ますので色々なイメージを持たれる人が多いのでは無いでしょうか?実は広報の仕事は思った以上に業務領域が広く実際に携わってみると色々な仕事が広報の業務として存在する事に驚きます。今回は特に女性と広報という事をメインのテーマとして、見て行きたいと思います。広報は女性向きの仕事なのでしょうか?広報の仕事はどんな仕事?広報の仕事のメインのミッションは「企業価値の創造と創造した価値をより高める事」と言えます。広報は

広報が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

広報の仕事はなんとなく華やかなイメージを持っている人が多いと思いますが、実は結構シビアな世界です。会社の顔として商品やブランドのPRをすることだけが仕事なのでしょうか?決してそんな簡単なものではありません。まず広報がどんな仕事をするのか、必要なスキルや向き不向きを知って是非お仕事探しに役立ててくださいね。将来広報の仕事に就きたいという方も、事前に内容をしっかり理解して楽しくいきいき働けると最高ですよね!広報はどんな仕事?広報の仕事を大まかに言うと、企業の商品やサービス、企業そのものやブランドのことを社内外に打ち出していく仕事です。PR(Public Relationsの略)とも呼ばれ、企業とそ

転職して広報になるには?違う職種から広報に転職した私がやったこと

転職で広報になりたい方が知るべき情報をまとめてみました。今回は私が営業から広報に転職した経験を基にご紹介させていただきます。「広報になるにはどんなことをすればいいのか?」「転職を成功させる心得とは?」「上手に求人を選ぶコツとは?」様々な気になる疑問についてお答えしていきます。自分に合う求人を見極めて、憧れの花形部署の「広報」を目指しましょう。転職して広報になるには?広報になるといっても、一般的な転職方法と大した差はありません。務めていた関連企業の取引先などに転職するケースもあれば、転職サイトに登録したり、転職エージェントに依頼して斡旋してもらうなど、手段は複数あります。私の場合は務めていた企業

広報の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

広報職に憧れを持っている人は多いのでは無いでしょうか?広報への就業は一見華やかなイメージですが、イメージに反して以外にコツコツとした地味な業務が多いのが現状でもあったりします。そんな広報の仕事についてここでは年収をメインに見て行きたいと思います。これから広報職に就業したい人や現在広報職についていて、年収の大幅アップを狙う人のための参考となれば幸いです。それでは見ていきましょう。広報の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員で新卒入社して、広報に配属される事はほぼ皆無に近いと言っていいかもしれません。なぜなら広報職に就くためには企業のなりたちや企業のキャッシュフロー企業の決済の仕組

広報とはどんな仕事?仕事内容や会社においての役割、なり方など詳しく解説します!

皆さんは広報とはどんな仕事かご存知でしょうか?最近では注目される事が多くなった仕事ですが、以前は大手企業のみに部署が存在し、広報という業務事体を知らない人も多かったというのが現実では無いでしょうか?広報とは企業の公の情報を、インフルエンサーと呼ばれる第三者から発信してもらう事で、より客観的に自社や自社製品、サービスなどを評価してもらう事を促進する活動であります。そしてその結果として「企業価値の創造」を目指す事にあります。また常に正直で正しい情報を発信する事により「企業の信頼度の醸成」を作りあげて行く活動とも言えます。広報とはどんな仕事?それでは広報とは具体的にどんな仕事をさすのでしょうか?広報

広報の転職を成功させるために!狙い目な会社の5個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

広報はスペシャリストと言える仕事でもあり、広く見聞が必要とされる仕事でもあります。そんな広報への転職はどのように行うのが一番良いと言えるのでしょうか?また、広報の転職で気をつけるべき点や狙い目の企業の特長は?円滑に転職するためにはどのような所に気を付けていけば良いのでしょう?広報の仕事は多岐に渡る事が多いのですが、その割に仕事は孤独な事が多いです。自社の広報をしている場合でも製品広報をしている場合でもそうです。広報で重要視される事の1つに差別化があります。同業他社の製品よりも自社の製品のここは優れているが、ここは正直劣っている。などの情報は常にアンテナを立てて見張っておく事が必要とされる業務で

広報の仕事内容や向いている人・向いていない人の特徴・その後のキャリアについて解説します

広報の仕事に憧れる人が多いようですが、実際にはどんな業務をこなしているのか、ご存知の方は少ないです。また企業によって広報の担う仕事も異なっていることが多いようです。企業の形態に合わせて広報も形を変えるのは当然ですが、具体的にはどんなところが異なっているのでしょう?今回は、そんなちょっと謎の側面を持つ広報の仕事内容や詳しい業務、向いている人・向いていない人の特徴、その後のキャリアについてご紹介してまいります。広報の仕事ってどんな仕事?企業の取り組みを自ら「ステークホルダー」に発信する作業こそが、「広報」という仕事だと言えます。このステークホルダーとは企業を取り巻く人々のことを指します。ユーザーと