みなさんは、自分が務めている会社の広報がどんな仕事をしているか知っていますか?

もしかしたら広報だけでなく総務も兼任している会社や広報・人事・総務・経理を兼務している会社もあるかもしれません。

広報の仕事は、自社を宣伝したり、外部へ自社の製品やサービスを発信するために欠かせない部署です。

ただ、広報の仕事は、情報発信がメインとわかっていても具体的にどんな仕事をしているのか知らないかもしれません。

今回は広報の仕事にスポットをあてて経験者が広報の仕事内容や広報のやりがいについて紹介します。

広報とはどんな仕事?

広報の仕事は、社内外へ情報を発信することです。

企業の情報には広報が大体からんでいます。

情報を発信する広報は、目に見えるものを扱っていないので、情報を扱う際には最新の注意が必要です。

広報が発信する情報で社内のニュースやイベントを認識した理、社外へ自社の製品やサービスを発信することで自社のアピールにつながります。

また、広報が自社の製品やサービスをアピールすることで株主や投資家が会社の活動に賛同してくれたり、投資に興味を持ってくれたりします。

広報は社内外の人と人をつなぐ仕事を担っています。

広報の仕事の具体的な内容とは? 

広報の仕事がどんなものか紹介しました。

広報の仕事に対して若干イメージが湧いたかもしれません。

では、具体的に広報がどんな仕事をしているのかもう少し詳しく紹介していきます。

リスク管理

情報の取り扱い

広報が扱うのは情報です。

情報は一度外へ発信してしまうと取り消すことができません。

特にインターネット上で流れてしまうと情報が間違っていたら間違ったまま拡散していきます。

広報が扱うのは自社の大切な情報であるため、情報発信前に必ず間違った情報ではないか、ちゃんとした確信ある情報かどうかを確認する必要があります。

また、機密事項などの取り扱いは特に注意が必要で社内でも情報が漏洩しないように最新の注意を払わなければなりません。

社員がSNSを使った情報発信の管理

広報のもう一つのリスク管理は、社員がSNSを使って情報を発信することに対して注意を払うことです。

自社の製品やサービスを宣伝として発信する場合、会社として認めているケースがありますが、例えば、会社の悪口や上司の悪口、個人的な感情で会社の名誉を傷つける恐れのある情報発信は注意が必要です。

一社員が発信する情報によって会社の名誉が傷つけられるだけでなく、ブランドイメージに影響があると商品やサービスの売り上げにも関わってきます。

社内報の作成・発行

情報収集

社内報を作成している広報は、常に情報収集が大切です。

色々な部署からイベントやニュースのネタを集めてまとめなければなりません。

何気ない雑談や他部署との交流から情報を収集しておくのは広報の社内報を作る上で大切なプロセスになります。

定期社内報発行

社内で収集した情報は、広報がまとめて定期的に社内報で会社内にシェアしていきます。

誰かが何かの賞を受賞した、こういうイベントがありますやボランティアの募集など内容は様々です。

会社内の情報共有として広報がフロントラインに立ち、定期的に社内報を発行することで社内間の情報共有が円滑になります。

外部対応

マスコミ対応

広報のメインの仕事であるマスコミ対応は、広報が自社の商品やサービスの発信、不祥事や事故などの謝罪や釈明などいいことばかりではありませんが、会社を代表して情報を発信する大切な仕事です。

マスコミ対応がまずいと会社のブランドイメージは失墜しかねませんし、自社の新しい製品や新しいサービスをうまくマスコミを使って世間にアピールすることで認知度が高まります。

株主・投資家対応

広報が外部と交流を持つ中には株主や投資家がいます。

広報は自社の製品やサービスを外部へ発信しますが、アピールしたいのは売り上げに貢献するだけでなく、株主や投資家に対してさらに興味を持ってもらうためでもあります。

株主が満足してさらに株を購入してくれたり、投資家が興味を持って投資をしてくれたりすることで会社の資金が増え、さらなる商品開発やサービス開発もしくは商品改善やサービス改善などに投資していくことができます。

広報の仕事でやりがいを感じる4つの瞬間

ここまでは広報の仕事について色々と紹介してきました。

広報の仕事がどういうものかは理解頂けたかと思います。

広報の仕事がわかったところで広報の仕事をしている人は、広報の仕事の何にやりがいや魅力を感じているのか気になるところです。

ここでは、広報の仕事のやりがいについていくつか紹介していきます。

人脈を広げることができる

まず、広報は社内外で様々な人と接することができます。

広報が接する人は営業とはまた違い、社内では上層部や社外でも幹部クラス以上と出会う機会があります。

他にはマスコミや投資家、株主など社内外の様々な人と繋がることで人脈を広げていくことが可能です。

色々な人と接することができるのは広報の特権であり、人脈を広げることで広報の仕事以外でも色々と繋がることがあり、広報の仕事をしていて良かったと思う瞬間です。

会社を代表して情報を発信できる

広報が社内外に発する情報は、会社を代表しています。

広報が発した情報は、会社の情報源であり、広報の発する情報一つで会社の印象は良くも悪くもなります。

また、広報が新商品や新サービスについて言及する場合、会社を代表して社外にアピールするため、会社の顔として情報発信できるのは広報の仕事のやりがいです。

SNSなどで発信した情報の評判が良かった時

企業によって広報はSNSを利用して社外に情報を発信します。

最近では、YouTubeやFacebook、Twitterなどを活用して会社の新商品や新サービスだけでなく、社内のちょっとした情報や会社内のあるある、企業によっては会社のイベントなどを告知しています。

SNSなどの情報発信はネット上ですぐに反応が出るため、ネットユーザーからの反応が良かった時は広報の仕事をしていてやりがいに感じる瞬間です。

プレスリリースの反響があった時

広報の仕事で会社のニュースをプレスリリースとして社外に発表することがあります。

ほとんどは会社のホームページ上にアップデートのですが、場合やタイミングによってはマスコミや有名人、著名人が反応を示すことがあります。

影響力のある媒体や人から情報をさらに発信してもらうことで会社の情報の知名度が急激にアップできるため、プレスリリースに反響があった時は広報の仕事をしていてやりがいに感じる瞬間です。

広報の仕事で大変なこと

ここまでは広報の仕事について仕事内容ややりがいなどについて紹介しました。

広報の仕事は楽しいのではないかと思って頂いたり、広報の仕事をしてみたいと思って頂いていたりするかもしれません。

せっかく広報の仕事に興味を持ってもらったならいいところだけでなく悪いところも少し紹介しようと思います。

ここでは広報の仕事で大変なことやチャレンジなことについて紹介していきます。

会社の不祥事や事故などのマスコミ対応で矢面に立たなければならない

広報の仕事は、会社の情報発信です。

言い換えると会社の新商品や新サービス、会社内のニュースを外部に発信できますが、反面、会社の誰かが不祥事を起こしたり、会社が不祥事を起こしたり、誰かが事故などを起こした際は、マスコミへの対応を会社の代表として行わなければなりません。

つまり、自分のミスでもないのに非難の矢面に立って会社を代表し、謝罪しなければなりません。

これは広報の仕事で大変に感じる瞬間です。

広報の仕事に答えがないこと

広報の仕事は、情報を扱うことです。

情報は、目に見えるものではありません。

言い換えるとどうやって情報発信すれば反響があるか、情報を受ける側に魅力を感じるかについて答えがありません。

答えがないことは広報が今、やっている仕事などが正しいかどうかある程度の時間が経つまでわからないということです。

どれだけ時間をかけても反響がなければ広報の仕事として成功したとは言えません。

そのため、答えのない広報の仕事は、大変に感じることがたくさんあります。

広報の仕事で身に付く経験やスキルは?

ところで広報の仕事をするとどんな経験やスキルを得ることができるのでしょうか?

広報の仕事に興味を持ったり、広報の仕事をしてみたいと考えていたりするとどんなスキルや経験ができるか気になるところです。

広報の仕事を介してどのような経験やスキルが身につくのかについて紹介していきます。

コミュニケーションスキル

広報の仕事を介して社内外の様々な人と出会うチャンスがあります。

社内では各部署の人だけでなく、会社の上層部、社外だとマスコミ、株主や投資家など幅広い分野の人物と出会います。

色々な人と出会うということは、ただ出会えばいいだけではありません。

将来につながるようにしっかりと会社の魅力をアピールしたり、出会えた縁を繋げたりしなければなりません。

言い換えると縁を繋げたり、会社の魅力をアピールしたりするにはコミュニケーション能力が必要になります。

しかも全て同じでは意味がなく、対峙する人物によって話題や対応を変えなければなりません。

そのため、広報の仕事を介してコミュニケーション能力を高めることができます。

人脈を広げることができる

広報の仕事を介して出会う人は様々です。

マスコミ業界、株主、投資家、会社の上層部や他社の上層部、地域住民など多岐に渡ります。

営業とはまた違うタイプの人脈を広げることができる広報は、色々な人と出会い、様々な分野へネットワークを広げるチャンスがあるため、人脈を広げることができるのは広報の仕事を介して経験できることです。

情報収集能力

広報のメインの仕事は、情報を扱うことです。

情報を扱うためには情報を収集しなければなりません。

広報は社内だけでなく社外に対しても情報のアンテナを常に張った状態で色々な情報を集めなければなりません。

そのため、広報の仕事を経験することで情報収集能力を高めることができます。

広報の仕事が向いているのはこんな人

広報の仕事は向いている人がどんな人なのか、広報の仕事をしたい人や広報の仕事に興味がある人からしたら知りたいポイントかと思います。

ここでは広報の仕事に向いている人がどんなタイプなのかについて紹介していきます。

企画や計画が好きな人

広報の仕事は、情報を扱うことです。

しかし、ただ情報を扱うだけではありません。

会社の新商品や新サービスを世間に認知してもらうためにはどうしたらいいのか、SNSなどを介して会社の情報を発信するためにはどういった情報発信するのがいいのかなどについて考えてなければなりません。

言い換えるとただ情報発信するのではなく、情報を発信するタイミングや情報を発信する状態を戦略的に行わなければなりません。

そのため、企画や計画を練ることが好きな人にとって広報の仕事は、面白く感じる可能性が高い仕事と言えます。

コミュニケーション能力が高い人

広報の仕事は、情報を扱うことがメインですが、社内外の様々な人や部署とコミュニケーションをとることも必要とされています。

例えば、株主や投資家には、社内の近況を報告するだけでなく、経営者が打ち出した中・長期戦略を魅力的に伝えてさらなる会社への投資を動機づけなければなりません。

言い換えるとコミュニケーション能力がなければ広報の仕事をすることは難易度が高いと言えます。

トレンドに敏感な人

広報の仕事は、情報を扱うことがメインです。

つまり、社内外の様々な情報に対して敏感でなければなりません。

それは、市場の状況や他社情報などトレンドに敏感になることで得られる情報は、広報が仕入れなければなりません。

トレンドに敏感な人は、情報を集めることが好きなため、広報の仕事に向いているタイプと言えます。

まとめ

今回は、広報の仕事について紹介しました。

広報の仕事内容や広報の仕事に向いている人、広報の仕事のやりがいなど色々と広報の仕事について学ぶ場であったのではないかと思います。

また、広報の仕事を目指している人や広報の仕事に興味を持っている人に対して有益な情報であれば嬉しく思います。

広報の仕事は、情報という目に見えないものを扱いますが、広報の情報発信一つで会社のブランドを左右することができる会社としてとても大切なポジションにいます。

広報の仕事に興味を持った人や何かチャレンジな仕事をしてみたいと考えている人は、広報の仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


関連キーワード

広報求人

広報求人についてもっと深堀りした情報を見る

ゲーム会社広報求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ゲーム会社の広報はイベントが多く、最近ではインターネットなどを活用した放送番組を設けるなど、消費者(ゲームプレイヤー)と直接つながることも多いため、華やかなイメージがあります。しかし、他の業界の広報と特別に担当範囲が変わるわけではありません。結構シビアな仕事なので、イメージだけで挑まずによく知るところから始めましょう。それではゲーム会社の広報求人について紹介していきます。ゲーム会社広報のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ゲーム会社の広報といっても、他の業界の広報と特別違うものではありません。広報室に所属し、社外と社内の広報活動を行います。大手になると担当が変わることも多いようですが、会社の規

広報募集の探し方を解説!広報経験者が教える採用されやすいルートや方法とは?

広報の仕事と聞くと企業の中でも花形、色々面白い事に関われるのでは無いかと考える方が多く応募者も多いようです。そうした企業広報に応募するためにはどのようにすれば良いのでしょうか?事務職などから広報職への転職は実際には可能なのでしょうか?また、採用されやすい方法などはあるのでしょうか?ここでは企業広報の募集の探し方から、採用へのルートなど、現在広報職に就いていない人が広報職に転職するための方法を中心に考えて行きたいと思います。広報の仕事ってどんなことをするの?広報の仕事と聞くとどんなイメージを持たれるでしょうか?実際には広報の仕事はそんなに華やかな仕事ではありません。マスコミ対応職という事でこの「

広報の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

広報職に憧れを持っている人は多いのでは無いでしょうか?広報への就業は一見華やかなイメージですが、イメージに反して以外にコツコツとした地味な業務が多いのが現状でもあったりします。そんな広報の仕事についてここでは年収をメインに見て行きたいと思います。これから広報職に就業したい人や現在広報職についていて、年収の大幅アップを狙う人のための参考となれば幸いです。それでは見ていきましょう。広報の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員で新卒入社して、広報に配属される事はほぼ皆無に近いと言っていいかもしれません。なぜなら広報職に就くためには企業のなりたちや企業のキャッシュフロー企業の決済の仕組

広報の採用はどんな会社がしてる?4個の会社のタイプや、会社から求められていること

広報業務に携わりたい場合どのような企業をどのような判断で狙って行けば良いのか、なかなか難しい場合があります。ここではすでに広報業務に携わっている方や、今から広報業務に携わりたいと考えている方が、どのような基準で次の企業を選べば良いのかについて簡単にお伝えしていきたいと思います。広報の採用をしている会社ではどんな求人が募集されているの?それではここで広報の採用をしている会社の求人でどんな事が具体的な業務とされているのかについて見てみましょう。プレス・リリースの企画・作成・配信/メディアリレーション/取材依頼などの窓口やスケジュール管理/PR資料の作成/自社Webサイトの更新・運用/社内報の制作/

広報の転職を成功させるために!狙い目な会社の5個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

広報はスペシャリストと言える仕事でもあり、広く見聞が必要とされる仕事でもあります。そんな広報への転職はどのように行うのが一番良いと言えるのでしょうか?また、広報の転職で気をつけるべき点や狙い目の企業の特長は?円滑に転職するためにはどのような所に気を付けていけば良いのでしょう?広報の仕事は多岐に渡る事が多いのですが、その割に仕事は孤独な事が多いです。自社の広報をしている場合でも製品広報をしている場合でもそうです。広報で重要視される事の1つに差別化があります。同業他社の製品よりも自社の製品のここは優れているが、ここは正直劣っている。などの情報は常にアンテナを立てて見張っておく事が必要とされる業務で

広報の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

広報の仕事に憧れる人が多いようですが、実際にはどんな業務をこなしているのかご存知の方は少ないです。また企業によって広報のになう仕事も異なっている事が多いようです。企業の形態に合わせて広報も形を変えるのは当然ですが具体的にはどんな所が異なっているのでしょう?今回はそんなちょっと謎の側面を持つ広報の業務についてご紹介してまいります。広報の仕事ってどんな仕事?企業の取り組みを自ら「ステークホルダー」に発信する作業こそが、「広報」という仕事だと言えます。ではこのステークホルダーとは何をさすのでしょうか?このステークホルダーとは企業を取り巻く人々の事を指します。ユーザーとユーザーになりうる可能性のある人


広報求人に関するコラム

広報は女性に向いている?女性の求人は多い?経験者の私が解説します

広報と聞くとどのような仕事をイメージされる人が多いでしょうか?一昔前に流行ったキラキラ系広報。企業のHPの管理をしている人、プレス・リリースを発行している人等、企業によって広報の役割も変わって来ますので色々なイメージを持たれる人が多いのでは無いでしょうか?実は広報の仕事は思った以上に業務領域が広く実際に携わってみると色々な仕事が広報の業務として存在する事に驚きます。今回は特に女性と広報という事をメインのテーマとして、見て行きたいと思います。広報は女性向きの仕事なのでしょうか?広報の仕事はどんな仕事?広報の仕事のメインのミッションは「企業価値の創造と創造した価値をより高める事」と言えます。広報は

広報が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

広報の仕事はなんとなく華やかなイメージを持っている人が多いと思いますが、その実、結構シビアな世界です。まず広報がどんな仕事をするのかを確認し、向いている人や必要なスキルなどについて見て行きましょう。広報はどんな仕事?広報の仕事を大まかにいうと、企業の商品やサービス、企業そのものやブランドのことを社内外に打ち出していく仕事です。PR(Public Relationsの略)とも呼ばれ、企業とそれ以外との関係を良好にする役割を担っており、企業の収益に直結する重要な役割であるため、責任も重大です。広報の大まかな仕事内容広報は、社内広報と社外広報でやることが全然違います。大手企業なら分かれていますが、中

広報とはどんな仕事?仕事内容や会社においての役割、なり方など詳しく解説します!

皆さんは広報とはどんな仕事かご存知でしょうか?最近では注目される事が多くなった仕事ですが、以前は大手企業のみに部署が存在し、広報という業務事体を知らない人も多かったというのが現実では無いでしょうか?広報とは企業の公の情報を、インフルエンサーと呼ばれる第三者から発信してもらう事で、より客観的に自社や自社製品、サービスなどを評価してもらう事を促進する活動であります。そしてその結果として「企業価値の創造」を目指す事にあります。また常に正直で正しい情報を発信する事により「企業の信頼度の醸成」を作りあげて行く活動とも言えます。広報とはどんな仕事?それでは広報とは具体的にどんな仕事をさすのでしょうか?広報