今後、英会話スクールで働いてみたいと思っている人に向けて、経験者から生の声をお届けしたいと思います。

私が勤めていた英会話スクールは、講師はすべてネイティブスピーカー、日本人が店舗管理(お客様対応)と業務が分かれていました。

また、レッスンも曜日固定ではなく、ご自身のスケジュールに合わせて予約を入れていただくタイプのものでした。

今回は、そのタイプのスクールの情報を中心に、英会話スクール求人の裏側までご紹介したいと思います!

「英会話スクールの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

目次

閉じる
  1. 英会話スクールのおおまかな仕事内容とは?
  2. 英会話スクールのおおまかな仕事内容1:お客様への営業活動
  3. 英会話スクールのおおまかな仕事内容2:講師、スタッフ、開催クラスの調整
  4. 英会話スクールのおおまかな仕事内容3:英会話スクールでは会社でどういう役割を求められる?
  5. 英会話スクールにはどんな種類があるの?
  6. 英会話スクールの募集でよくある施設や事業形態のパターン
  7. 英会話スクールの募集でよくある職種
  8. 英会話スクールでよくある募集内容とは?
  9. 給与相場
  10. 勤務時間や休日、残業
  11. 福利厚生
  12. 勤務場所
  13. 求められる人物像
  14. 必要なスキルや資格、経験
  15. 英会話スクールの雇用形態による違い
  16. 自分にあった英会話スクールの求人の選び方や注意点
  17. 【選び方①】雇用形態から探す
  18. 【選び方②】職種から探す
  19. 【選び方③】会社の業態から考える
  20. 【選び方④】給与や雇用条件から考える
  21. 【選び方⑤】エリアから考える
  22. 英会話スクール求人についてよくある疑問
  23. 応募方法は?
  24. 面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!
  25. 未経験でも応募できる?
  26. 会社の雰囲気は?
  27. 正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?
  28. 雇用形態によって給与体系はどう違う?
  29. 残業って多いの?
  30. 資格って必要なの?
  31. まとめ

英会話スクールのおおまかな仕事内容とは?

英会話を始めてみたいと思っている方への営業活動を担当するポジションと、いわゆる「講師」というポジションの2つに分かれます。

もう少し細かく見ていきましょう。

英会話スクールのおおまかな仕事内容1:お客様への営業活動

英会話を習いたいと思っている方への説明が1番大きな割合を占める仕事となります。

具体的には、授業のカリキュラムのご案内をし、お客様のご予算や目的に応じた料金プランのご提案をします。

気軽に趣味で始めたい方や、仕事で必要に迫られて始める方など、いろいろといらっしゃるため、その人に合うものを一緒に探していくことが大切です。

英会話スクールのおおまかな仕事内容2:講師、スタッフ、開催クラスの調整

大規模校になると、講師だけで20人近くいますので、出社の日程、時間の調整が必要です。

学校(地域)によっては、ビジネスマンが集中したり、お子さまや主婦が多かったりと、スクールの場所によってニーズは様々です。

仕事後の時間帯には、ビジネス英会話のクラスを多く開講する、昼間には、主婦やお子様の英会話のクラスを多く開講する(それぞれに、その授業が得意な講師を配置する)という稼働率も考えながら、スクールを運営していく必要があります。

英会話スクールのおおまかな仕事内容3:英会話スクールでは会社でどういう役割を求められる?

誰かと常に接している仕事だと思いますので、ホスピタリティーの精神が重要な要素です。

また、本来あってはいけませんが、クレームが出てしまった場合も迅速に対応しなければいけません。

状況によっては、英語で対応しなければいけないことも出てきます。

ある程度、語学に明るく、冷静に俊敏に判断し、行動するということが求められます。

英会話スクールにはどんな種類があるの?

大規模校から個人でやっているものまで、本当に様々な形態で世の中には無数に存在しています。

どちらのケースも、メリット、デメリットがあると思いますので、その点も踏まえながら少しお話したいと思います。

英会話スクールの募集でよくある施設や事業形態のパターン

大規模校(有店舗型)

俗にいう、みなさんが考えている英会話スクールのイメージのものです。

駅前などにスクールがあり、そこへ生徒さんが通ってくるというパターンです。

講師は、使用する教科書もスクールが用意しているので、ある程度は決まった形で授業を進めていくことになりますし、初めて講師をするという人に向いている形態です。

営業職の場合も、各スクールのティーチングメソッドが違いますが、それを理解するための、しっかりとした研修があります。(格安でレッスンを受けられる可能性も大です)

講師、営業職の場合とも、ほぼ正社員での雇用になります。

学校にスポットで講師として派遣(無店舗型)

1コマのみなど、スポットで講師をするというタイプのものです。

英会話講師を必要としているようなエージェントに登録しておき、授業の依頼があった時に出勤するというようなスタイルをとります。

実際には英会話スクールに所属している、という感じではないかもしれません。

メリットとしては、自分の空いている時間で働ける、ということになりますが、デメリットとしては、いつ講師の依頼がくるか分からないので、お給料は不安定、ということでしょうか。

また、最近らしいものとしては、インターネットを通じてのスクールというのも増えています。

この場合は、世界の裏側にいるネイティブスピーカーが、講師としてライバルとなってしまうのですが、文法の詳細を学びたい、英語の細かいニュアンスを知りたいという生徒さんには対応できると思います。

個人でされているスクール

この場合は、あまり求人に上がってくることはないかもしれません。

自由度が高い分、講師をする場合は経験と授業までの準備の時間がかなり必要です。

その分、生徒の方との距離は近く、彼らの方の希望に沿った形でレッスンをしていくことが可能です。

ほとんどの場合は、ご自宅の一室で開講されていて、そのお手伝いという求人が多いのではないでしょうか。

また営業活動は、講師自身が行うことになると思います。

英会話スクールの募集でよくある職種

営業職

まさに、スクール運営のために1番必要な部隊です。

営業の方が、一般的な事務も対応することになるので、英会話学校での営業事務というポジションでの募集はほぼないと思います。

講師職

言葉の通り、生徒の皆さんに英語を教えている講師としての職種です。

コールセンター

英会話のレッスンを受け付ける、コールセンターでのオペレーションというポジションも存在はしていますが、現在はインターネットの普及により、求人自体が減っていると思われます。

「英会話スクールの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

英会話スクールでよくある募集内容とは?

応募するにあたり、仕事内容、お給料、お休みや残業はやはり気になるところですよね。

実際の状況を、包み隠さずお伝えいたします。

給与相場

スクールによって大きく異なると思います。

大体の場合は、22万(新卒)~35万(中堅)程度ではないかと思います。

スクールによって、講師(特にネイティブ)に重きが置かれている場合は、講師のお給料が高くなる傾向にあり、営業に重きを置かれている場合は、インセンティブとしての報酬が大きい場合もあります。

勤務時間や休日、残業

土日もスクールが開いていることが多いので、シフトで月に8日から10日程度、どこかにお休みを取る感じだと思います。

スクールによっては、〇曜日のX時から、初級クラス、という感じで、講師の担当授業が固定されていますので、ご自身が講師の場合は授業がない日がお休みになります。

また、授業のない時に、講師が営業をするということも、スクールによっては考えられます。

残業については、営業は比較的多く、講師は少な目という傾向にはあるように見えますが、講師は自宅で授業の資料を作成するというようなことがあるため、一概には言えないようです。

また、学校や仕事が終わった後が、英会話スクールがアクティブに動き出す時間帯になりますので、大体の場合はお昼からの出社となり、21時ごろが終業時刻になります。

営業の場合は、そこから、その日の事務作業が始まるので、実際はさらに遅い時間帯までスクールにいることになります。

就職する場合は、その辺りも十分に考慮すべきポイントになります。

福利厚生

正社員で働いている場合は、一般的なものはついていることが多いです。

勤務場所

本社勤務の場合は、通常の会社の管理部門に属する、というイメージでいいと思います。

人事や経理、マーケティングなどが主な所属先になります。

また、授業に使う教科書を開発している部署や、社員研修を担当する部署なども存在すると思います。

これらは、全体の1割程度ではないでしょうか。

それ以外の9割の方は、現場のスクールでの営業か講師としての職務に当たることになります。

求められる人物像

接客が好きな人というのは、営業職、講師職ともに必要な要素です。

人をサポートすることにやりがいを感じることができる人。

英会話を一通り身につけるには、600から1000時間の勉強が必要だと言われています。

レッスンに通っているのに、なかなか伸びない、という悩みを抱えた生徒さんを、この仕事に就くと、本当にたくさん目の当たりにすることになるでしょう。

そんな人たちを励まし続けることができる人、生徒さんの悩みを、ただ隣でウンウン、と聞いてあげられる人がこの仕事には向いています。

事務作業が得意な人

契約書(解約書)の処理、教育ローンを通す書類、生徒さんのデータ管理、物販の在庫管理など、意外と数字にまつわる事務作業が多いのも特徴です。

ほとんどのスクールで、営業事務の人がいないため、とってきた契約は、自分で処理をすることになります。

売上の大きな営業ほど、実は仕事が多いと思います。

必要なスキルや資格、経験

英会話は基本的には日常会話程度は必要です。

もちろん、海外での留学、生活の経験があれば、お客様への営業活動はさらに説得力が増すと思いますので、プラスになります。

英会話スクールの雇用形態による違い

私が勤めていたような、業務をきっちり分けているものや、両方を兼任するもの、という形態があるようです。

営業は比較的、正社員での採用が多いようですが、講師は契約社員(またはバイト)というのも少なくはないように感じました。

主婦の方等で、スポットで英語を教えたい、という場合には、こちらを利用するのも良いかと思います。

自分にあった英会話スクールの求人の選び方や注意点

まずは、ご自身がプレイヤータイプ(講師)なのか、マネジメントタイプ(営業)なのか、将来、どちらを希望しているのかをよく考えることが大切だと思います。

元同僚たちを見ていると、プレイヤータイプだった方は、人に教えるということに喜びを感じていて、英会話学校を退職したあとも、教師とという職業を選択している人がほとんどです。

また、営業タイプも同様に、英会話学校を辞めた後も、営業職をしていることが多いです。

ぜひ、ご自身の適正をよく考えてみてください!

【選び方①】雇用形態から探す

基本的に、英会話スクールに属するということであれば、正社員での採用になるかと思います。

【選び方②】職種から探す

まずは、ご自身が講師になるのか、営業職になるのかを見極める必要があります。

講師の場合は、おそらくTOEIC900点は求められると思います。

【選び方③】会社の業態から考える

英語によって、カリキュラムも大いに違いますし、カラーも違います。

選び方②とリンクしてきますが、ご自身が講師なのか、営業なのか、両方経験したいのかを考えた上で就職するスクールを選んでみてはいかがでしょうか。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

講師、営業の職種から生まれる給与の差は、正直大いにあると思います。

そのスクールは、どちらに重きを置いているタイプかを調べてみましょう。

雇用条件としては、正直どこのスクールもほぼほぼ同じといっていいでしょう。

【選び方⑤】エリアから考える

私が勤めていた英会話学校は、全国各地に教室があったため、通勤90分圏内での異動が頻繁にありました。

大規模校の場合は、どこのスクールも3か月程度で営業スタッフは新しいスクールへ行くことが多いようです。

講師の場合は、ヘルプに行く程度で、基本的には同じスクールに所属、勤務になります。

「英会話スクールの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

英会話スクール求人についてよくある疑問

応募してみたいけれども、ちょっと不安という声にお答えして、よく受ける質問を記載してみます。

応募方法は?

現在では、インターネットからの求人が多いと思いますので、こまめにスクールのホームページを確認してみましょう。

もしくは、転職エージェントなどに登録し、情報収集をしてみるのもいいと思います。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

新卒の場合は、英会話学校で実施にどんなことをやってみたいか、学生時代のどのような経験が活かせるか、という内容は必ず聞かれるので、念入りに用意しておきましょう。

既卒の場合は、なぜ英会話学校を選んだのか、また、前職での経験を細かく聞かれると思います。

英会話学校での職務内容と、ご自身の過去の経験の共通項と見つけ、アピールすることを忘れずに!

未経験でも応募できる?

ほとんどの場合が可能です。

過去の経験はプラスになります。

会社の雰囲気は?

スクールによって大いに違うとは思いますが、総じて言えるのは、どの会社にもポジティブで明るい雰囲気があるというところでしょうか。

女性が多いのも特徴ですが、自立したサバサバした人がどこのスクールにも多いように感じます。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

講師の場合は、どのタイプもあることが多いです。

営業職はほぼ正社員だと思います。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

スポットで入るような講師の場合は、ほぼほぼアルバイト扱いです。

よって、ワンレッスンがx円という契約になります。

残業って多いの?

残念ながら、、、多いと思います。

資格って必要なの?

特にこれという資格は必要ありませんが、英会話に抵抗がないことは必須です。

また留学経験や、海外生活経験ももちろんプラスです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

皆さんが思っていたような職務内容、雰囲気だったでしょうか?

私自身は、約3年ほど英会話学校でマネージャー職についていましたが、本当に毎日忙しい!というのは正直ありました。

転職し、今となっては10数年経過しましたが、講師たちが帰国した後も、一緒に営業をしていた日本人の同僚たちともいまだに交流があります。

ここまで深い付き合いがあるのは、この期間の仲間たちだけです。

語学という共通目的を通して、学び、考え、時には苦労し、涙を流しながら働いた経験は一生の財産です。

ぜひ、一度この環境で、皆さんにも様々なビジネススキルを磨いていただきたいなと思っています。