2020年の東京オリンピックが、目の前に迫ってきました。

運動の祭典である他に、どんな様子が日本で見られるかと言うと、それは「国際色」ではないでしょうか。

何万人もの外国人観光客が訪れる状況に対応するため、国をあげて「英語を話せる人材」を必要としていることは確かです。

さて、ではどのようにその人材を育てれば良いのでしょう。

英会話を上達させるためには、「英語を話す環境」が必要です。

今回は、職場自体が英語を使う環境であり、且つ英語を話す人材を育成するために日々努力している「英会話教室」の求人に焦点を当ててみましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「英会話教室」の仕事例をチェック

英会話教室のおおまかな仕事内容

英会話教室は、子ども向けから大人向け、趣味からビジネス英語まで、と様々な種類があるわけですが、そのおおまかな仕事は次の通りとなります。

  • ①英会話指導
  • ②事務的作業(広報活動など)
  • ③面談やカウンセリング
  • ④試験対策

英会話教室にはどんな種類があるの?

英会話教室は、授業の種類が豊富であることが特徴の一つです。

  • 子ども向け英会話教室
  • 学生向け英会話教室
  • 試験対策用英会話教室
  • ビジネス英会話教室
  • 日常英会話教室
  • 別の習い事と併行する英会話教室

英会話教室の募集でよくある事業形態のパターン

大手企業の英会話教室

テレビのコマーシャルなどでよく目にする大手の英会話教室は、通常受講者がビジネス英語や試験対策を目的とするため、社会人や学生が通いやすい駅近くのビル内に教室を構えています。

また、教え方も多様で、グループ指導と言われるものから個別指導まで全てを扱っている教室が多いです。

ただ、知名度が高い分受講者がスクールに求めるレベルや授業の質も高く、スタッフは研修や民間試験に積極的に参加することを求められます。

オンライン英会話スクール

最近マスコミで紹介されるようになった「オンライン」ですが、講師も受講生も場所を特定せずにインターネットで英会話の練習ができるので、移動時間を節約できる魅力的な形態です。

しかし、一コマ分の受講時間が短く、受講料金も通学タイプより安いため、それに準じて講師の給料も安い傾向にあります。

フランチャイズ化された小規模英会話教室

テレビコマーシャルで、「英語が好きなら活かしてみませんか?」というフレーズを聞いたことがあるかもしれません。

広報を兼ねて、英語が得意で子どもに教えることも好きという方向けに、フランチャイズの英語教室開業を働きかける英会話教室があります。

幼稚園生~中学生くらいの生徒が対象なので、住宅地や小中学校の近くで一軒家の空き部屋や小さな施設を借りて開校されていることが多いです。

大きな企業が後ろ盾になっているので、サポート体制がしっかりしていることが個人経営の英会話教室との違いではないでしょうか。

とは言うものの、それ以外は個人開業の教室とさほど変わらないため、教室の内装や広報活動、また事務的作業も教室のスタッフが行わなければなりません。

個人経営の英会話教室

完全に個人で開業し、英会話教室を運営することもできます。

個人レッスンの英会話に特化しているところがほとんどですが、「料理を学びながら…」とか「絵画を学びながら…」など別の習い事と共に英会話を学びたい方向けに教室を設けることもあります。

このような業態の教室は一般的に求人が少ないので、興味があればまず足を運んでみることが良いかもしれません。

個人経営の英会話教室は経営者宅の他に、カフェや貸し教室などで行うこともあります。

英会話教室の募集でよくある職種

英会話講師(正社員・契約社員)

受講生に英会話を教えることがメインの仕事で、求人の多くはネイティブの英会話講師のポジションとなります。

当然高い英語レベルで、大人向けビジネス英語や民間英語試験の対策を難なくこなせることが求められます。

ただし日常英会話が身についている日本人は、子ども向け英会話の講師として採用されるチャンスがあります。

英会話講師(アルバイト・パートタイム)

採用が多いのは子ども向け英会話教室で、子どもたちにピクチャーカードや歌、動作などを用いて楽しく英会話を教えることがメインの仕事です。

英語力は、日常英会話ができるレベルで採用の対象となります。

受付事務(正社員・契約社員・アルバイト・パートタイム)

受講生の出席状況管理、受講料金の入金確認、講師の出欠管理などを行うだけでなく、広報活動も行います。

講師ほど英語を使うことはありませんが、教室への訪問者に対して最初の「顔」になるので、清潔さや人柄の良さ、丁寧さを求められます。

カウンセラー(契約社員・アルバイト・パートタイム)

受講生と講師を繋ぐ橋渡し的存在です。

受付事務の仕事も任されることがありますが、基本的には受講生の英語レベルを確認し、どのコースが最適か受講生とカウンセリングを行い、講師に繋ぐことが仕事となります。

英語力の向上には、試験の結果だけでなく受講生のモチベーションが大きく関わるので、自己判断で正確なレベルを測ることが難しいため、このカウンセリングは大切な役割を果たします。

教室経営兼講師(フランチャイズの場合は社員)

講師としての能力もさることながら、マネージメント能力も試されます。

受講生のニーズに応えながら利益を求める立場には苦労が付きものですが、働いた分だけ収入が上がる感覚を得ることができ、非常にやりがいがある仕事と言われています。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

ご自身が何を求め、どこまで英語力を高めたいかによって職種が分かれます。

教えることが好きであれば、講師を目指すべきでしょう。

ただ、すでに触れたように英語力は日常英会話以上のレベルが必須ですから、採用試験や面接を受ける前にご自身で英語力を確認し、力を伸ばしておく必要があります。

事業形態としては、大手英会話スクールの講師、もしくはフランチャイズ化された英会話教室の講師が良いかもしれません。

なぜなら、充実したサポート体制と保障を期待できるからです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

英会話教室でよくある募集内容とは?

現在注目されている仕事ということもあり、英会話教室の募集は増加傾向にあります。

では、おおまかな募集内容と相場を紹介しましょう。

給与相場

英会話講師(正社員・契約社員)

幅が広く、月収16万円~50万円程度と言われています。

オンライン英会話の場合は比較的給与が安いですが、キャリアが魅力的で、人気がある講師の教室での授業は高いという風潮があるようです。

英会話講師(アルバイト・パートタイム)

1コマ3,000円、または時給が1,200円~5,000円程度と言われています。

気をつける点は、1コマの時間は教室によって異なり、1コマ45分や90分と様々です。

コマ数よりも何時間働かなければいけないか、またその授業のためにどのくらい準備時間が必要か、ということも考えておきましょう。

受付事務(正社員・契約社員・アルバイト・パートタイム)

大手の社員ですと、月収20万円~25万円程度です。

アルバイト・パートタイムであれば、地域によって差はあるものの時給1,000円前後が相場のようです。

カウンセラー(契約社員・アルバイト・パートタイム)

ほぼ受付事務と同様で、時給1,000円前後が相場となっています。

教室経営兼講師(フランチャイズの場合は社員)

報酬は、受講生の月謝の半分から全額、と様々あるようです。

勤務時間や休日、残業

勤務時間

勤務時間はだいたい午前10時~午後9時の間です。

朝早く起きて出勤するのが苦手な人には働きやすい時間帯かもしれません。

子ども向け英会話教室の場合は、幼稚園や小学校が終わる午後3時頃~夜8時頃までの場合もあります。

アルバイト・パートタイムの講師の勤務時間はだいだいコマで数えられます。

1コマ45分~90分とかなりバラつきがありますので、時間と支払われる給料をしっかり自分で確認することが大事です。

また、その授業のための準備時間と、授業が終わった後の片付け時間は給料に反映されることは稀なので心得ておきましょう。

休日

休日は通常週休2日です。

アルバイト・パートタイムの場合は、最低週2日の勤務日数を求められる可能性があります。

残業

残業は、アルバイト・パートタイムでしたら、ほぼ無しと言って良いでしょう。

ただし、自宅に持ち帰る仕事量は想像以上かもしれません。

教材作りやレッスンの組立、自分の英語力向上のための勉強など、給料の対象とならない業務に対する心構えが大切です。

福利厚生

教室によって異なるので、念入りにチェックするようにしましょう。

社会保障完備・社員割引有り・交通費支給と明記されていれば、一般的な英会話教室です。

更に研修制度有りなら、英語力に不安があっても研修を受けて自信をつけることができるので安心です。

またレッスンの準備時間などにも手当が支給されるなら、かなり条件の良い英会話教室と言えるでしょう。

勤務場所の特徴

大手英会話教室の社員ですと、まず支店に配属されることが一般的です。

そこで3年程勤務した後、今までの勤務状態や能力などを見て、本社に転属される場合もあります。

英語の必要性が高まり、英会話教室はどんどん増えている状態です。

そんな英会話教室には、受講生が楽しく学べるように、明るくアットホームな雰囲気が漂います。

大手の英会話教室ですと外国人講師が多くおり、積極的にコミュニケーションを図ることが大切なので、自然に自分の英語力が向上し、日本人同士では知り得なかった有益な情報を得ることもできます。

求められる人物像

英会話教室で働くには、どんな人が英会話教室のスタッフに向いているのでしょう。

ここでは、その特徴を挙げてみます。

前向きで明るい人

英会話教室の業務は、接客業の一つです。

受講生に「楽しかったな!」「また来たいな!」と思ってもらうには、講師をはじめとするスタッフの人柄は明るくあってほしいものです。

また、受講生の対応に頭を痛めることになっても、前向きな性格であれば働き甲斐を感じることができるのではないでしょうか。

教えることが得意、教えることが好きな人

教えることが得意で楽しいと感じることができれば、「教えることが仕事」である講師にぴったりと言えます。

自分の現在の能力を過信し過ぎず、常に向上心を持っている人

英語力は、英語を使わなければ明らかに低下していきます。

また、就職した時の英語力がその人の最高レベルであることはありません。

入社直後のスタッフは高い英語力を求められなくても、仕事に慣れるにつれて英語力の自己管理が必要になるでしょう。

例えば、研修会への参加や民間の英語試験に挑戦することで、英語力を伸ばすことができるはずです。

周囲の人間と協力することをいとわず、切磋琢磨できる人

英会話教室を盛り上げるのはそこで働く人々です。

周囲と協力する意識は職場環境の質に、また、ある程度の刺激は教室全体のレベルアップに繋がります。

英会話教室では、他者を尊敬する意識と共に、他者と切磋琢磨できるような人材を求めているのです。

子ども向け英会話教室の場合は、子どもと会話することが好きな人

現在格段に増えているのは子ども向け英会話教室です。

その理由は、2020年度からの小学校英語教科化に関係しています。

そのため、英会話教室に求められる人材の条件に、「子ども好きであること」「子どもに何か教えた経験があること」などが挙げられます。

子どもは、理屈だけでは英語を理解できないことがあるので、教材自体にも大きな工夫が求められます。

子どもたちの好みや流行りを知っている人は、より受講生から慕われる存在になるでしょう。

必要なスキルや資格、経験

どのレベルの生徒を受け持つかで異なりますが、「英会話講師」であれば、日常英会話を問題なく使えるレベルでないといけません。

それを証明するために、TOEICやTOEFL、IELTS、英語検定などを受験しておくと良いでしょう。

受付業務であれば、秘書検定や簿記、パソコン系の資格などを取得されることをおすすめします。

また、海外留学経験も非常に良いアピールポイントになります。

英会話教室のおすすめ求人のポイント

沢山ある求人のどこをチェックすべきか、要点をまとめてみました。

給料が平均より高め

ここは特に、アルバイト・パートタイムで講師を考えている人は必見です。

1コマあたりの給料を必ず他社と見比べてみてください。

1コマと言っても45分・60分・90分とその時間は様々です。

時給換算した時にいくらになるかということを確認しましょう。

福利厚生や各種手当

正社員や契約社員を希望するなら、社会保険や英語力サポートの有無は非常に重要なチェックポイントです。

社会保険料に関しては、会社が負担する割合も要確認事項です。

また、将来異動する可能性を考慮して、交通費の負担分についても理解しておきましょう。

万が一勤務地が自宅から遠くなった場合、交通費支給の有無で収入が大きく変わってくるからです。

そして、英語力を維持・向上させるためのサポートが充実しているか確認しましょう。

例えば、民間の英語試験の受験代を負担したり、常に良質な授業を目指すための研修や英語力向上を目的とする講師向けの研修を実施する教室もありますので、サポートの有無は確かめておくべきではないでしょうか。

英会話教室についてよくある疑問

ここでは、英会話教室の求人についてよくある疑問にお答えします。

応募方法は?

インターネット上で応募する際は、規定のサイト宛てに問い合わせや応募フォームを送信し、後日連絡を受けてから履歴書等の書類を持参して、教室を訪問することになります。

チラシや求人情報誌のような媒体に掲載されている求人は、直接電話でコンタクトをとる必要があるので、電話での話し方や言葉遣いに注意しましょう。

面接でよく訊かれることは?面接合格の秘訣!

  • これまでの経歴
  • 英語力について(英検やTOEIC, TOEFL, IELTSなどの成績)
  • 留学経験の有無
  • 子どもに何かを教えた経験はあるか、子どもは好きか
  • もし講師に採用されたら、どのようなことに気をつけて仕事をしていきたいか
  • 英語で日常の話題~時事問題などについて質疑応答

未経験でも応募できる?

子ども向け英会話教室であれば、未経験でも応募できる求人があります。

しかし、自信を持って応募したいのであれば、民間の英語試験の勉強や受験をしておくことが賢明ではないでしょうか。

普段から意識的に英語には触れておくだけでも自信に繋がります。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

様々な雇用形態の募集があります。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

アルバイトは時給、もしくはコマ計算のところが多いです。

社員は月給になりますが、大手の人気講師になると年収で貰う方もいるようです。

残業って多いの?

会社での残業はほぼありませんが、自宅に持ち帰っての仕事は多くあると考えていいでしょう。

教えるときには、テキストだけでは足りないです。

よりわかりやすく伝えるために教具・教材も自分で手作りした方が良いです。

作成は家で行う必要があるので、持ち帰らなければならないのです。

シフトの自由度ってどうなの?

面接時は「最低週2日」という条件に同意したにも拘らず、入社後いつの間にか週3日~4日の勤務になっている、などということはよくあります。

受講生は高い受講料に相応するサービスを期待しますから、働く側は責任を持って仕事に取り組む必要があるため、シフトの自由度を初めから望むことはおすすめできません。

しかし、勤務日数に無理が生じたり気持ちの負担になる場合は、我慢をせず運営部門のスタッフに相談しましょう。

資格って必要なの?

資格はあった方が優遇されます。

特に講師を目指す場合は英検資格やTOEIC、TOEFL、IELTS等のスコアはとても大切です。

また、資格ではありませんが大学時代などに留学経験を積んでおくと、それもまた優遇されます。

受付業務であれば、秘書検定や簿記、パソコン系の資格などを持っておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

英会話教室は、受講生が単に英語を学びたいのではなく、コミュニケーションの手段としての「英会話」を学びに来るところです。

英会話の学習を盛り上げるためには、講師陣の英語力はもちろんのこと、職場の明るい雰囲気や指定されたテキスト以外の手作り教材も魅力を発揮します。

知れば知るほど、英会話教室で働くことが「やりがいのある仕事」だとご理解いただけたのではないでしょうか。

英会話講師の求人を探すときは、こちらの記事を参考に!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



英会話教室求人についてもっと深堀りした情報を見る

英会話教室の時給ややりがいは?やって良かった3個のことやそこで身につく力とは?

2019年の訪日外国人数は3,100万人を突破し、過去最多となりました。街を歩くと、外国人観光客や在日外国人の数が増えたと感じるかもしれません。日本を訪問する観光客や日本で働く外国人の増加に伴い、ビジネス面で英語が必要とされる機会が増えています。そこで思い付くのが「英語を勉強し直してみよう」ということではないでしょうか。英語を勉強する選択肢の一つに、英会話教室への通学が挙げられます。もうすでに、通われているという方もいらっしゃるでしょう。大手でも個人経営であっても意外と身近にあるのが英会話教室で、調べてみるとその数の多さに驚きます。英会話教室は、ネイティブの先生の他に事務や経理などの運営を担当

英会話教室の仕事辞めたい…と言う人の3個のよくある理由とその対策とは?

国際色豊かな職場で自分の英語力を磨きたいと思って入社したものの、英語を使わない経理部門に配属されて退職してしまった、という残念な例があります。それとは対照的に、希望通りにスクールの運営を任されてバリバリ働いているという恵まれた例もあります。この差は一体どこにあるのでしょうか。会社では希望通りの人事配置は珍しいくらいですから、人事への不満を理由に退職すべきか、考え直す余地があるかもしれません。そこで、今回は英会話教室を辞めたいと思ういくつかの理由とその対策について、英会話スクールの事情を踏まえて考えてみましょう。英会話教室の仕事を辞めたい…よくある3個の理由と対策退職の理由①【希望通りではない人

英会話教室正社員の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

英会話教室の正社員で働きたいと思っている方は必見です。英語を活かせる職場で働きたいという方は、英会話教室の求人を探していることが多いのではないでしょうか。そこで、今回は英会話教室での正社員の働き方や年収までご紹介していきたいと思います。英会話教室といえば「講師」のイメージですが、その他の職種も様々なので「語学力はないけれど、英語に携わりたい」という方にもおすすめな情報が沢山です。ぜひ仕事探しや転職の参考にしていただければと思います。はじめに英会話教室では実際どんな人が働いているのでしょうか。当然のことながら、「教える人」が働いていますね。その「教える人」である講師は外国人講師と日本人講師に二分

英会話教室の仕事に向いてる人の特徴をご紹介!自分にも向いてるか確認してみよう!

2020年の東京オリンピックが間近に迫り、日本への旅行客が増えています。国際化が進むにつれ、英語の必要性をひしひしと感じて英会話教室に通い始めた、という方もいるのではないでしょうか。勉強ということもあり、行くまでは英会話教室に少し固いイメージを持つかもしれませんが、いざ出かけてみると楽しく英語を学ぶことができ、もっと早く通い始めれば良かった!と感じるに違いありません。このグローバルな時代、お子さんに英会話を習わせたいと考えている方も多いでしょう。英会話の学習が人気を集める近年、英会話教室の求人が増えていることにお気づきでしょうか?英語の指導をする講師のみならず、営業、受付などその職種も多岐にわ

英会話教室バイト求人の募集内容は?おすすめ求人のポイント教えます!バイト選びの参考に

大手から中小企業、更には個人経営に至るまで様々な業態で広がる英会話教室。一つの街にも沢山の教室があり、それぞれ特徴を持っています。英会話教室は小さな子ども向けからビジネスマン向けのクラスまで授業内容が豊富であり、業態別に仕事の内容が異なります。英語で話すことへの憧れと英会語を上達させたい願望から学習意欲のある人が増え、英会話は人気の習い事として定着してきました。皆さんの中には「英語は得意ではないけれど、英会話教室でバイトをしてみようかな?」と考えている方もいるでしょう。英会話教室でのバイトに求められる語学力には、かなりのばらつきがあります。こうした情報も含め、今回は英会話教室でバイトをしたい方