大手から中小企業、さらには個人の経営まで至る所にある英会話教室。

一つの街でもたくさんの教室があり、それぞれ特徴を持っています。

英会話教室は小さな子供向けのものからビジネスマン向けのものまでその業種も様々で、業態によって仕事内容も少しずつ変化してきます。

日本人は英語が不得手だと言われており、英会話派人気の習い事として定着しています。

皆さんの中には「英語が得意なわけではないけれど、英会話教室でバイトをしてみようかな?」と考えている方もいるでしょう。

英会話教室でのバイトはある程度の語学力が必要なもの、まったく必要としないもの両方が存在します。

今回は英会話教室でバイトをしてみたいと考えている方に向けて、その仕事内容やよくある募集内容、おすすめの求人ポイントなどをご紹介していきましょう!

英会話教室のバイトってどんな仕事?

まず、英会話教室のバイト内容を見ていきましょう。

バイト内容は教室の業態によって変化します。

例えば、子供向けの英会話教室であれば受付業務を始めとし、保護者とコミュニケーションを取って営業活動を行ったり、講師ともコミュニケーションを取って教材の準備や資料のコピーなどがメインの仕事になるでしょう。

外国人の講師がいる教室であれば、子供向け教室に一緒に参加して教室のサポートを行うこともあります。

大人向けの英会話教室であれば、予約の受付や講師のスケジュール管理、新規入会者に教室の説明、教材や資料の準備などがメインとなり教室に直接関わることは少なくなります。

都市部になると繁華街や駅前で英会話教室のチラシをもらったことがあるかと思いますが、教室の宣伝活動もバイトが行う場合もあります。

英会話教室のバイト求人でよくある募集内容とは?

続いて英会話教室のバイト求人でよくある募集内容を見ていきましょう。

企業での経営と個人経営である場合は仕事内容や求められる能力、労働条件も差があります。

ご自分の働きやすい環境や英会話教室のバイトを通して身につけたい能力などを考慮し、職場を選ぶようにしましょう。

職種

大学生や主婦のアルバイトの場合は受付や日程の管理などの「事務業務」が主になるでしょう。

教室内での仕事がメインで、生徒さんの予約を取ったり金銭の管理、レベルに合わせた授業や教材の紹介などのカウンセラー的な役割もこなします。

授業で使う教材の準備などを行うこともあるでしょう。

また、教室によってはパート・アルバイトでも営業活動が含まれることもあります。

教室外で各ご家庭を訪問しての勧誘などは正社員が行うことがほとんどですが、駅前でのビラ配りや体験教室に来られた方へ継続して通われることをおすすめしたりと他人とコミュニケーションを取る仕事内容は多々あります。

パート・アルバイトであっても授業に直接関われる職種もあります。

特に自信が英語が得意であったり、TOEICの点数など必要な条件を満たしている場合希望すれば講師として活躍することもできます。

近年は特に子供向けの英会話教室が充実しており、アルファベットの読み方など初歩から教えるクラスも存在します。

パート・アルバイトが講師として働く場合はきちんと研修があるので、希望する方は「英会話講師」で検索してみましょう。

たくさん見つかりますよ。

給与相場

受付や教室の運営補助の場合、時給は1000円前後の場合が多くなるでしょう。

同じ英会話教室でも講師となると時給は跳ね上がり、1500円から2000円と高時給のところもあります。

時給ではなく受け持つ授業の数で給与が決まるところもありますね。

全国展開しており、誰もが知る英会話教室の方が個人教室よりも時給は高い傾向にあります。

勤務時間や休日、残業

大学生や主婦など、働ける時間に制約のある方は勤務時間帯や残業のある無しも気になりますよね。

パート・アルバイトの場合は週に3回程度の出勤で良いところが多いでしょう。

たくさん稼ぎたい方や安定した給与を得たい方はパート・アルバイトよりも短時間正社員を選んだほうが良いと思います。

短時間正社員の場合は週に5回勤務、労働時間は5時間ほどで見つけられます。

勤務時間帯は教室の事業内容にもよりますが、子供向けをメインとしている教室では昼の12時頃から夜の9時頃の間になるでしょう。

子供が学校から帰ってくる夕方の3時頃から夜の8時頃までが一番忙しい時間帯です。

大学生にとっては働きやすい時間帯と言えるでしょう。

大人向けの英会話教室の場合はもう少し勤務時間帯が遅くなります。

とは言え一日中営業をしているところも多いので、朝晩のシフト勤務になるところがほとんどです。

主婦の方や子育て中の方は午前中からのパート勤務も可能になるでしょう。

福利厚生

アルバイトなので基本的には福利厚生は条件を満たしている場合にのみ加入対象となります。

福利厚生は会社によりけりなので一概に言うことは出来ません。

フリーターとして勤務する場合でも、正社員の4分の3程度の労働時間であることや一週間の労働時間が20時間を超える、雇用期間が31日以上であるなどの条件を満たせば社会保険や雇用保険に加入できます。

短時間正社員の場合は、正社員と変わらない福利厚生を受けることができますので、長時間は働けないけれど労働条件はしっかり整えたいと言う方にはぴったりです。

求められる人物像

英会話教室の求人で求められるのは「コミュニケーション能力の高さ」や「接客技術」「事務処理能力」などです。

講師として働く場合はもちろん英語能力も求められます。

英検やTOEICなど履歴書に記載できる資格の取得をおすすめします。

しかし、最初から必ず英語が話せないといけないわけでもありません。

勉強中の大学生であったり、販売接客の経験が豊富であったりすれば採用される確率はぐっと上がります。

英会話教室のバイト求人のおすすめのポイント

英会話教室のバイトはたくさんありますので、どこが働きやすい職場なのか?と迷ってしまいますよね。

求人を見る際に必ずチェックして欲しいポイントをご紹介して行きましょう。

マニュアルはきちんとあるのか

大手の教室であればマニュアルはきちんと完備されています。

求人に「未経験歓迎」や「職歴・学歴問わず」と記載されている会社であれば新人教育もしっかりと行っているところと思って間違いありません。

教室の雰囲気を知ることが大切!

英会話教室と一言で言っても、メインとなる客層によって雰囲気が異なります。

子供向けの教室であれば季節ごとに様々なイベントが用意され、「みんなで楽しく英語を学びましょう!」と言う雰囲気。

堅苦しくなく、保護者の方との関わり合いも深くなります。

一方、社会人・ビジネスマン向けの英会話スクールであれば、事務的な作業が増えたり生徒へのフォローが増えたりします。

決して堅苦しくはありませんが、子供向けの教室ほどフレンドリーな職場でもありません。

プライベートと仕事をきっちり分けたい方向けの職場です。

働く側も自分に合った教室かどうかを事前に見極めましょう。

正社員への登用はあるのか

今はアルバイトでも、将来は正社員として働きたいと考えている方も多いでしょう。

英会話教室での仕事は正社員への登用制度が整っているところも数多くあります。

今は子供が小さいけれど、ある程度手が離れたらもう一度正社員として働きたいと言うママさんたちも多数活躍しています。

英会話教室で働いて良かったこと!

英会話教室の仕事の良い部分を見ていきましょう。

明るく楽しい職場が多い

英会話教室はその業種から、外国人の方もたくさん働いていますし留学経験者などもとても多く所属しています。

そのため、日本のオフィスとは全く違う、少しラフでフレンドリーな雰囲気の職場が多く働きやすいのも特徴です。

もちろん、良いことばかりではなく時間にルーズな従業員がいたり、文化の違いに戸惑ったりすることもあります。

文化の違いにイライラせず、楽しむことのできる方におすすめのアルバイトです。

英会話能力が身につくことも

外国人講師が常に在籍している教室では、英語での会話が求められることももちろんあります。

仕事上でコミュニケーションを取ることで本当に使える、通じる英語が身につきます。

中には従業員には割引価格、もしくは無償で授業を受けさせてくれる制度の整った教室もあるので、英語能力を身に付けたい方には持って来いの職場ですよ。

コミュニケーション能力が身につく

外国人講師とのコミュニケーションだけではなく、生徒さん、さらには生徒の親御さんとの関わり合いも発生します。

授業を受けているのが小さな子供である場合付き添いのお母様たちに今日の授業の説明をしたり、これからも通っていただけるように教室の説明をしたり、授業の様子を一緒に見に行ったりと人との関わりの多い職種です。

コミュニケーション能力はかなり磨かれますし、接客技術も向上して行きます。

英会話教室バイト求人についてよくある疑問

最後に英会話教室で働いてみたい!と思う方が感じる疑問を解決して行きましょう!

疑問を解決しておくことで安心して働き出すことができます。

英語は話せないといけない?

まず、一番多い疑問が「英語は必ず話せないといけないのか?」と言うことでしょう。

これは、英会話教室の中のポジションによります。

まずは、パート・アルバイトにとって一番オーソドックスな「受付」業務。

受付を担当する方は必ず英語が話せないといけないわけではありません。

英会話能力よりも、コミュニケーション能力の高さや接客能力が求められます。

続いて「講師」。

これは言うまでもなく英会話能力が求められます。

しかし、TOEICの点数で制限を設けているところもありますし、簡単な日常会話ができれば良いとしている会社もあり基準はまちまちです。

社会人向けの授業を行っているところでは高い語学力が求められますが、子供向けの教室が中心のところでは日常会話で十分の場合もあります。

さらに「講師」も一人で授業を行うところもあれば、外国人講師の補助であったりする場合も。

子供たちが楽しく授業を受けられるように、日本語で簡単な通訳をしたり、ゲームのルールを説明したりするのが日本人講師の仕事でもあります。

パソコンは使うの?

今やどの職種でも求められる「パソコン」に不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

英会話教室でも授業の予約や教材の管理などをパソコンで行っているところがほとんどです。

しかし高い技術は必要とせず、ワード・エクセルで文字を打つなどの簡単な作業が中心です。

パソコンで文字を打てれば大きな心配はいりません。

また、パソコンの技術を持っている方であれば教室のホームページやブログの更新を任されることもあります。

バイトでも授業を行うの?

アルバイトでも授業を行うの?と心配な方もいるでしょう。

これは本人の希望によりけりですので安心してください。

例えば、大学生のアルバイトで将来は英語の教師を目指している方、今増えている英語保育の保育士を目指している方などは、授業を補助する仕事も希望すれば行えます。

講師の仕事を希望しない方であれば、社会人向けの英会話教室を中心に探すと良いでしょう。

営業活動があるの?

営業活動は基本的には正社員が行います。

しかし教室の見学に来られた方へ料金体系を説明したり、教室の利益の大きくなるクラスを勧めたりと言った業務内容は、もちろんこなさなければ行けません。

もともと興味のある方への説明ですから、飛び込みの営業職のように大変な思いをすることはありませんし、マニュアルに揃っているところがほとんどなので特にコミュニケーションが得意でなくでも大丈夫です。

強引な勧誘などはあるの?

営業活動と言うと強引な勧誘をしなければいけないのでは?

と思いがちですが、そのようなことは全くありません。

週に何度くらいから始められる?

パート・アルバイトでの雇用であれば週に3、4回から始めることができます。

勤務時間帯や勤務日数も希望制ですから相談してみましょう。

まとめ

今回は「英会話教室」の求人についてお話をしました。

日本中至るところにある英会話教室は、安定した雇用と正社員への道も拓ける職場です。

日本に居ながらにして海外の雰囲気を味わえる職場ですので、異文化交流に興味のある方はぜひ応募してみてください。

楽しく働ける毎日が待っていることでしょう!


関連キーワード

英会話教室求人