今回は、高時給で効率的に稼ぎやすいことで知られる「個別指導塾講師」の仕事を紹介します。

はじめに個別指導塾のおおまかな仕事内容や講師に求められる役割を確認した後、求人情報でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、よく取り上げられる疑問点について解説していきます。

個別指導塾講師の仕事に興味を抱いている方は、求人探索の前にまずは、この仕事の全体像を簡潔に把握しておきましょう。

個別指導塾のおおまかな仕事内容

個別指導塾はその名の通り、講師が担当生徒に対して、ブースなど隔離されたスペースで「個別」に授業を行う形態の学習塾です。

講師一人につき生徒一人の「1対1」の授業を行う塾が多いですが、中には「1対2」などの形式をとっている教室もあります。

一般的な学習塾のように集団授業を行うのではなく、少人数制を採用して生徒一人ひとりに対する手厚いサポートを売りにする、という点が特徴と言えます。

おおまかな仕事内容

はじめに、個別指導塾における講師の仕事内容をおおまかに理解しておきましょう。

講師として登録をしたら随時担当生徒の案件を紹介され、週1回60分などの頻度で授業を行います。

講師としての稼ぎを多くするためには、一人の生徒に対する週あたりのコマ数(授業数)を増やすこともできますが、より現実的には、担当する生徒数自体を増やすことで収入アップを図ることが多いです。

ちなみに、個別指導塾での働き方には、講師の他に教室全体のマネジメントを担う「教室長」として働く方法もあります。

この場合は基本的に新規契約の獲得や全生徒のフォロー、講師に対するサポートといった業務がメインになりますが、講師が足りないときには自ら授業を行うこともあります。

個別指導塾はどういう役割を求められる?

個別指導塾で講師として働く場合には、どのような役割を求められるのでしょうか。

ここでは生徒の年齢別に、求められる役割を3つに分けて紹介しておきます。

小学生向け

教育熱心なご家庭では、お子様が小学生の頃から、遅い時間まで学習塾に通わせることもあります。

私立中学、特に難関校に進学を目指すご家庭では昔から塾通いは一般的でしたが、最近の傾向として、単純に学校の授業のサポートという目的でも学習塾を利用される方が増えているようです。

そのため、個別指導塾講師として小学生のお子様を担当することも十分あり得ます。

小学生を担当するケースでは、学力向上はもちろん、勉強することの大切さや楽しさ、さらには将来の夢について語り合ったりなど、より「人間的」な側面が求められるでしょう。

少しイメージとは異なるかもしれませんが、個別指導塾にもこのような「人間としての成長」をサポートする役割が求められているのです。

中学生向け

中学校の生徒を担当する場合は、中学1年生や2年生を担当する場合と、3年生の授業を行う場合とで求められる役割が異なります。

1年生・2年生は主に授業のサポートや定期テスト対策がメインになりますが、3年生は当然高校受験に向けた苦手克服や過去問対策など、より具体的内容に踏み込んだ授業をすることになります。

また、中学生の頃から「理系・文系」といった分類で授業を進める人もいますが、中学生の頃からはっきりと自身の得意・不得意が把握できている生徒は多くありません。

なるべく苦手科目を作らないよう、まんべんなく指導するスタイルが適していると言えるでしょう。

高校生向け

担当する生徒が高校生の場合は授業のサポート、定期テスト・実力テストや模試対策、そして大学受験に向けた授業を行います。

小学生や中学生向けの授業では講師が授業に適した教材を用意することも多いですが、高校生の授業を担当する場合は、生徒自身が教材を持参してくることも少なくありません。

指導内容は必然的に難解になっていくので、講師自身の学力や指導能力がより一層試されるケースだと言えるでしょう。

個別指導塾でよくある求人の募集内容とは?

ここからは、個別指導塾の求人でよくある募集内容をいくつか取り上げていきます。

以下の内容をざっくり確認してみて、興味を抱いた方は実際に求人探索をしてみましょう。

給与相場

個別指導塾の給与水準は、比較的高めに設定されていることが多いようです。

おおまかな給与相場は1コマ1,200円~1,500円程度と考えられます。

1コマの授業は60分ですので、そのまま時給1,200円~1,500円が相場と判断することができます。

経験の有無や担当科目、運営会社や個々の教室によっても時給相場は変動しますが、時給が1,000円を下回るような教室はあまり目にしません。

勤務時間や休日、残業

勤務時間帯は16時~22時の範囲であることがほとんどです。

個別指導塾は学校の放課後の時間帯から開校することが通常なので、当然と言えば当然ですが、たとえば浪人生を担当する場合などは13時や14時など昼過ぎ時間帯での授業もあり得ます。

勤務に関しては基本的にシフト希望制であり、生徒と相談して授業曜日と時間を決めるので、授業のない日がそのまま休日になります。

また、残業つまり授業時間をオーバーした授業・指導は原則としてありません。

もし発生しても10分以内に収まるはずです。

教室側から見ても過度の残業は生徒の保護者にご迷惑をおかけすることになるため推奨していません。

福利厚生

個別指導塾の仕事には教室長職を除き、多くの場合アルバイトとして勤務することになります。

そのため福利厚生に関してそれほど多くは望めないでしょう。

交通費の支給や定期的な懇親会の開催などについては提供されることも多いですが、その他この仕事に従事しているがために得られる金銭的な特典などはほぼ期待できません。

勤務場所

勤務場所は授業を行う各教室です。

業界大手で全国的にチェーン展開しているような教室では、地域ごとに支店や事務所を構えていることもありますが、講師としてそのような場所に赴く機会は、少なくとも私の経験では一度もありませんでした。

しかしながら勤務場所や自宅、自身の通う学校などから近い距離にある他教室にヘルプで入ったり、その教室で別案件の授業を担当したりということは考えられます。

求められる人物像

個別指導塾の講師職は、教育関連業界の他職種同様、身だしなみやマナーなどについて比較的しっかりとルールを順守しなければならない職種で、以下のような人物が求められていると言えます。

まじめ・実直であること

個別指導塾講師には、生徒に勉強を教えることに加え、人間的な成長をサポートする役割も求められています。

そのため「まじめさ」や「実直さ」といった観点で、講師の採用・不採用を判断する教室が多いようです。

過度に意識する必要はありませんが、最低限のマナーや大人としての態度・身だしなみができるかどうかは、採用基準の重要な部分を占めていることは把握しておきましょう。

丁寧な指導ができること

「丁寧な指導」というと抽象的ですが、簡単に言うと自分よがりの一方的な指導ではなく、生徒の立場に立ち一人ひとりの学力を考慮した最適な指導をできるかどうか、という点が講師の評価基準になります。

単純に学力が高いだけの講師よりも、挫折した経験や勉強嫌いを克服してきた講師の方が、実際に生徒からの人気が高いケースが多いのは、より生徒の心境を理解できる、ということも一つ大きな要因でしょう。

必要なスキルや資格、経験

個別指導塾の講師になるにあたって、特に必要とされる資格はありません。

スキルや経験に関しては、指導スキルや接客スキル、業界経験などがあればプラスに働くこともありますが、ほとんどの人が未経験から始めています。

求人に応募する際には、資格・スキル・経験などは特に気にする必要はないでしょう。

個別指導塾のおすすめ求人のポイント

個別指導塾の求人は、求人誌やネット上の求人情報を見てもとても多く掲載されています。

ここではそれらの求人情報から最適なものを探す際のヒントとなるように、おすすめ求人のポイントを2つ紹介しておきます。

シフトの自由度が比較的高い

個別指導塾で働くことのメリットの一つは、比較的シフトを「自由に組みやすい」という点です。

なぜなら、指導曜日・時間に関しては生徒と相談して決めるのが原則なので、講師自身の都合を加味してスケジュールを組み立てることが可能だからです。

もちろん優先すべきは生徒の都合になりますが、講師と生徒が互いに都合の良い日・時間でなければ、そもそも授業が成立しません。

求人探索の際にはこのメリットを最大限に生かせる教室をピックアップするべきです。

具体的には開校時間が長かったり土曜日にも開校していたりで、授業日・時間帯の選択肢が多い教室などが狙い目になるでしょう。

効率的に稼げる

個別指導塾で働いている人の多くが「効率的に稼げる」という点に魅力を感じたことを求人応募の理由にあげます。

たしかに時給相場は高めなので間違いではありませんが、一日に1コマだけ、それも週1の授業では、一週間の収入は1,000円ちょっとです。

そのため、本当に効率性を求めるのであれば、授業数を増やすことが重要です。

この条件を満たすためには、生徒数が多い教室を選ぶ必要があります。

求人情報だけで教室の規模や生徒数を把握することは簡単ではありませんが、たとえば一般的に名の知れた教育業界大手が運営する個別指導塾などは、その知名度を頼りにするお客様も多いと考えられます。

そのような大手の求人に応募することも一つの方法でしょう。

個別指導塾の求人についてよくある疑問

最後に、個別指導塾の求人についてよく耳にする疑問・質問を2つ取り上げ、私自身の経験をもとにした解説・解答を記しておきます。

希望通りの働き方ができるのか

たとえば「週〇日、1日〇コマ授業を担当して、月収で〇万円くらい稼ぎたい」といった希望をもって求人に応募したのはいいものの、現実にそんな希望通りの働き方ができるのか、といった疑問は多くの人が抱いていると思います。

実際のところ、働きはじめてみないとわからない部分は多いですが、少なくとも面接時に自分は週にどれぐらい授業に入れて、いくらぐらいの収入を期待している、ということはしっかり伝えておくべきでしょう。

どの科目を担当したいか、難関校受験の生徒を受け持つことも可能か、といったことを伝えることも重要ですが、あらかじめ教室長に自身の働き方についての希望をしっかり伝えておくことが、希望通りの働き方を実現するためには欠かせません。

私自身もおおまかな週スケジュールと、この仕事から得られる想定収入はいくら、ということを面接時や授業前後などの空き時間に頻繁に教室長に伝えていたので、概ね自身の希望通りの働き方ができていました。

生徒の質問に答えられない場合はどうしたらいいのか

講師として担当する生徒は、あらかじめそれぞれの講師の指導可能科目やスケジュール、学歴等を考慮した上で割り振られることになりますので、基本的には授業内容に関する質問を生徒から受けた際に、答えに窮するようなケースはありません。

しかし、生徒によってはこちらが予想もしていなかった観点からの鋭い質問をしてきたり、授業とは関係のない科目の質問をしてくることもあります。

このような場合にどう対応すればよいのかは、判断に迷うところです。

私が勤務していた教室は「あいまいな解答をしない」「わからなければ教室長や他の講師に相談する」といった指導を講師にしており、同業他社においても同様の指導をしていると思われます。

なぜなら、講師として最も避けなければならないのは「間違ったことを教える」ことで、とっさに答えが浮かばず次回までの自身の宿題にしたり、教室長や同僚にヘルプを求めることはそれほど悪いことではないからです。

もちろん、生徒の質問にすべてすらすら答えられるのは理想であり信頼もされますが、瞬時に答えられない場合は、その旨を正直に生徒に伝えることも大切です。

より重要なのは「わからないままにしない」こと。

時間をかけたり他人の力を借りることになったとしても、最終的にはしっかりとした解答をするように心がけましょう。

まとめ

今回は個別指導塾講師の仕事に焦点を当てて、その求人にまつわる情報を中心に解説していきました。

興味のある方は、ここで取り上げたよくある求人募集の内容やおすすめ求人のポイントを参考に、求人検索を始めてみてください。

また、最後にこの仕事に関してよく耳にする疑問点を2つ紹介しましたが、これ以外にも不安に感じることや疑問に思っていることがあるかもしれません。

面接時にそれらをクリアにすることが、真に充実した仕事につながるということも付け加えておきます。


関連キーワード

学習塾求人

学習塾求人についてもっと深堀りした情報を見る

塾講師の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

塾講師として勤める人の経緯は様々です。まず、学業と両立してアルバイトとして働くケースや、塾に就職して社員として働くケースがあります。また、塾で勤めた経験の有無に問わず、空き時間を活かしたい主婦が塾講師として働くケースや、異業種で勤めていた人が転職して塾講師になるケースなど、働き方は様々あります。そこで今回は、塾講師の転職事情に焦点をあてて、転職を考えるようになる原因や成功するために必要なことを紹介します。塾講師が抱える不満の原因塾講師の仕事は、実は働く人に不満が多い高い仕事でもあります。その要因は様々ですが、大きく三つあります。一つ目は労働環境、二つ目は精神的プレッシャー、三つ目は賃金の低さで

学習塾講師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

皆さんは、小さい頃に塾に通った経験はありますか?塾の先生は学校の先生とは違って、成績重視、学習重視だったと思いますが、進学指導にも長けていて、もしかしたら憧れを抱いた方もいるのではないでしょうか。今回はそんな「学習塾講師」の仕事に焦点を当てて、求人の募集内容でどこがポイントなのかなどについて紹介していきたいと思います。学習塾講師のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容学習塾の講師のおおまかな仕事は以下の通りです。個別授業、グループ授業保護者を交えての三者面談広報活動受講生へのフォローアップ電話試験監督教室整備(掃除等)授業の準備勉強合宿学習塾講師はどういう役割を求められる?授業中や三者面談、試験

学習塾パート求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

学習塾パート求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します。あなたは“学習塾パート”と聞いて、何を思い浮かべますか?「子どもに勉強を教えるだけ?」「サービス残業とかないの?」「スキルは必要?」個人指導の学習塾パートをしていた私が、あなたの疑問を解決します!少しでも気になったら、今すぐ学習塾パートに応募しましょう!学習塾パート求人のおおまかな仕事内容とは?ここでは、学習塾パート求人の仕事内容をご紹介。生徒に勉強を教えるという基本的なことから、授業前の準備、授業後の清掃などあなたがイメージしている学習塾パートの内容とは違うこともあるかもしれません。以下、大きく3つに

塾講師バイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

この記事に興味を持ってくださったあなたは、恐らく塾講師のアルバイトを始めようかと迷っている方ではないでしょうか。この記事には、塾講師のアルバイトを始めようと考えている方に役立つ情報が沢山あると思います。是非最後まで読んでみてください。今回は誰もが知りたい塾講師のバイトの時給についての内容の記事になっています。塾講師のバイトの給料の相場はどのくらい?塾講師の給与の相場は?基本的に塾講師の時給は、他のアルバイトに比べて高く設定されています。特殊なスキルは必要ありませんが、ある程度の学力が必要になるからです。このことから、学力が低い方には務まらない仕事になっています。塾講師の仕事は誰にでもできる仕事

塾講師募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

将来、学校の先生を目指す皆さんの中には、大学生の時に塾講師のアルバイトや家庭教師をやってみようと思った方も少なくないと思います。私は大学生で塾講師のアルバイト経験があり、学校の先生になりたいという思いを持った上で塾講師のアルバイトを始めてみようと思いました。加えて、アルバイトを始めるなら、時給が高い方が良いという考えもありました。実際に働いてみて、給与以外にも塾講師の仕事に魅力を感じ、4年間塾講師のアルバイトを続けることができました。今回は、私の体験も踏まえて、塾講師の魅力や求人の見分け方などを紹介します。塾講師の仕事とはどんな仕事?通われる生徒の通塾目的に沿って、学習指導を行うことがメインと

大阪塾講師バイト求人の募集内容や時給の相場は?おすすめの塾会社や向き不向きややりがいなどを解説!

塾講師の仕事に興味がある人、是非やってみたいと思う人に少しでもプラスになる情報を提供したいと思います。今回は大阪の塾講師のバイト求人について分かりやすく簡単に説明します。この記事を読んで、少しでも学習塾の仕事のイメージが明確になれば幸いです。大阪の塾講師求人の仕事塾講師のメインとなる業務は、塾に来た子供に勉強を教えて、問題を解けるようにフォローをすることです。塾の指導形態に多少の違いはありますが、基本的に塾講師の仕事が大きく異なることはありません。ここで言う塾の指導形態とは、集団指導、個別指導、グループ指導などを指します。大阪塾講師バイト求人の大まかな仕事内容基本的な仕事は主要五教科(英語・数

塾講師の仕事はどんな人に向いている?向いている人の3つの特徴やキャリアについて解説します

子供に勉強を教える塾講師の仕事は、やりがいを何より大切にしています。生徒一人一人に寄り添い、成績が上がった時や受験で合格した時は、生徒と一緒に喜びを分かち合います。長く生徒と関わりを持っていきますので、生徒と塾講師の間に信頼関係も生まれます。授業準備は大変ではありますが、それ以上の喜びややりがいを感じられる仕事です。塾講師はどんな仕事?学校での普段の授業の予習・復習・補習に加え、中学・高校・大学への受験合格を目指す生徒には、受験対策の学習指導を行っていきます。それだけでなく、学習面以外でもコミュニケーションを取りながら生徒との会話を増やし、モチベーションを向上させていきます。授業形態は主に個別

塾講師正社員求人で働くメリットとは?バイトとの違いや責任、タイプ別の向き不向きを解説します

塾講師というと正社員で勤務している方もいますが、人数で考えれば、多くの学習塾においてアルバイトや派遣講師として働いている方の方が多いです。教員を目指す学生や、既卒で塾講師を専任で勤務する方など、学習塾には様々な講師が勤務しています。そこで今回は、塾講師の正社員の勤務内容、アルバイトや派遣講師の違いなどを中心に解説いたします。塾講師の正社員で働くメリットどの業種でも言えるかもしれませんが、基本的には正社員で働く方が当然安定した収入を得られます。また、それ以外にもメリットはいくつもあります。まずは、正社員で働くメリットについて詳しく解説します。安定した給与まずは何と言っても安定した給与が挙げられる

塾講師年収の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

様々ある職種において、正社員、派遣社員、アルバイトと、雇用形態も多用にあります。それは塾講師も例外ではなく、雇用形態によって給与体系などに違いは出てきます。そこで今回は、塾講師経験のある筆者が、様々な雇用形態における塾講師の給与体系、年収アップなど、入社してから分かったことなども含め詳しく解説します。ズバリ!塾講師の給料の相場はどのくらい?正社員の塾講師における給料の相場は、勤務する会社や役職によっても大きく異なります。正社員で新卒入社した場合の塾講師の給料相場新卒で入社の場合、決して高いとは言えません。キャリアを積み重ねていくことで少しずつ給料が上がっていきます。会社にもよりますが、私が勤め

塾講師求人でよくある募集内容や気になる疑問について答えます

塾講師と言えば生徒に学習指導を行うことが一般的な仕事となりますが、授業以外にも多岐にわたる仕事が存在します。今回は、塾講師の仕事に就こうと考えている方に、求人情報に見る塾講師がどのような仕事なのかを詳しく紹介します。塾講師の勤務形態や業務内容まずは塾講師の求人に関する概要を説明します。塾講師の募集から分かる施設や事業形態教室での勤務一般的に塾の仕事と言えば、所属している校舎で授業を行うことがメインの仕事となります。勤務する教室に出勤し、その日に担当する授業を行うだけでなく、授業以外に付随する業務を行います。外部会場での勤務不定期にはなりますが、外部会場での勤務をすることもあります。例えば、塾生

塾講師バイト求人でよくある業務内容と求人の選び方を紹介します

アルバイトを探そうと考えた時、飲食店やコンビニなどの接客業が頭に浮かぶと思います。今回紹介する塾講師などの教育関係も接客サービスを行うアルバイトの一つです。「塾講師のアルバイトを希望しているけれど、初めてなので不安だ」「塾講師のアルバイトをしているけれど、今働いている塾が合わない」と感じている方もいるかもしれません。そこで今回は、塾講師のアルバイトを探す時に役に立つ情報を集めてみました。塾講師の業務内容塾講師なので塾で授業をするのは当然ですが、授業をすること以外にもすべき業務があります。例えば、チューターとして塾生の進路相談を受けたり、保護者との面談を行ったり、事務的な仕事をしたりするなど様々