大学生に人気のアルバイトの一つに、塾講師があります。

家庭教師と違い、多くの生徒と触れ合う機会が多いため、子供が好きな方や教職を目指している方におすすめのアルバイトです。

また多くの学生が飲食店でアルバイトをする中で、100円〜500円ほど高い時給で雇用されるので、コストパフォーマンスが良いアルバイトとして家庭教師と並び大学生に人気です。

そんな人気のアルバイトの一つである塾講師ですが、塾講師以外のアルバイトと違い、辞める時に気をつけなければいけない点がいくつかあります。

円満退社をするためにも、どのような辞め方が良いのか紹介していきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「塾講師 バイト」の仕事例をチェック

塾講師の辞め方の3個の注意点

円満退社をするためにも、辞める時に気をつけるポイントを紹介していきます。

繁忙期を避ける

生徒である学生が長期休暇に入る間、塾は忙しくなります。

春期講習・夏期講習・冬期講習が主な繁忙期です。

通常は夕方から夜にかけての業務ですが、繁忙期は丸1日様々な学年やクラスを受け持つことになります。

また、その時期に備えて売り上げを上げるために、塾は間口を広めて新規生徒の募集にかかります。

それにより、生徒数が増え、クラスを受け持つ負担もその分大きくなってきます。

また受験シーズンに辞めてしまうのも避けましょう。

教育方針やカリキュラムが変わってしまうことは、受験を控えた生徒にとってストレスになる上、何より生徒のモチベーション下がってしまう恐れがあります。

生徒や親さんが納得できるタイミング

塾講師のアルバイトは、お金を頂いている以上、生徒の成績アップに対して責任感を強く持つ必要があります。

生徒の親も成績アップを望んで月謝を払っているので、生徒とその先にいる親のことまでしっかり考えて退職をしましょう。

生徒の親が働いたお金が自分の給料に直結していることを忘れないようにしましょう。

業務の引き継ぎ

アルバイトとは言え、指導方針などある程度裁量を任せられているのが、塾講師のアルバイトの良い点でもありますが、辞める時には足枷になってしまう場合もあります。

個別指導にしても集団指導にしても、ある程度何度も授業をしていると生徒に合った指導方法や授業の雰囲気作りなどが自然に見えてくるものです。

単に勉強を教えることだけが講師の仕事ではなく、生徒が勉強しやすい環境を整えるのも講師の仕事です。

後任の講師が授業を任せるには頼りない人であったり、厳しすぎたりすると、今まで慣れ親しんだ環境の中で勉強してきた生徒にとってはストレスになったり、怠惰になってしまったりします。

自分がどのように指導を行っていたのか、指導にあたって気をつける点などをしっかりと後任の講師に引き継ぎをしておくべきです。

また中高生は思春期真っ只中です。

それぞれの生徒の性格や特徴などもしっかり伝えておくことで、後任の講師も授業がしやすいと思います。

塾講師バイトを辞める理由とは?

大変割の良い塾講師のバイトですが、辞めるに当たってどんな理由があるのでしょうか。

学業を優先する場合

基本的に塾講師のアルバイトをしているのは大学生です。

他のアルバイトと違い、生徒が通塾する曜日や時間が固定されているため、出勤シフトを自由に組めません。

例えば、4年生になるとアルバイトよりも就職活動を優先する必要があったり、理系の学生であれば研究室に配属されると、文系の学生では考えられないほど忙しくなる状況も出てくるので、塾講師のアルバイトを辞めなければならないこともあります。

この理由で本当に辞めてしまう前にできることは?

卒業と同時に辞めてしまうのは避けられないことですが、就職活動や学業で忙しくて辞める必要性が出てきたときは、出勤日の変更を相談してみましょう。

他の講師との予定が合えば、担当する学年やクラスを変えてもらえるかもしれません。

タイミングとしては、新学年が始まる前月の3月の初頭までに相談しておくと、引き受けてもらいやすいかもしれません。

大学卒業と就職

大学を卒業すると共に就職する方がほとんどなので、アルバイトを辞める必要性が出てきます。

この理由で本当に辞めてしまう前にできることは?

これは仕方のないことですので、できる限り業務を全うして気持ち良く辞めましょう。

卒業旅行の計画や、卒業前から短期留学や実家に帰省するなど、様々な卒業前の都合もあるでしょう。

その辺りの予定を含めて早い段階で運営側への相談をしておくことをおすすめします。

給料

時給が高くて割の良いアルバイトですが、苦学生にとってはあまり良いアルバイトではないかもしれません。

例えば、通塾する層が多いとされる中学生は、晩御飯を食べて19時くらいから授業がスタートしますが、22時くらいで授業が終了します。

親が塾の送り迎えをするケースも多いですが、自転車や徒歩などで通う生徒は夜遅くに徘徊すると補導対象にあたります。

つまり1日で働ける時間が少ないということです。

時給1,200円ならば、3時間勤務で3,600円の稼ぎになります。

仮に居酒屋でアルバイトをした場合、時給900円で5時間働いたとすれば4,500円となり、労働時間を苦と思わなければ日給は塾のアルバイトよりも良いわけです。

この理由で本当に辞めてしまう前にできることは?

時給についての相談をしてみましょう。

もちろん、自分が見ている生徒の成績アップが結果として表れていれば・・・というのが前提ではあります。

また、中学生を教えるよりも高度な知識が必要ですが、高校生を指導するというのも視野に入れて見ましょう。

中学生を教えるよりも時給が良いケースがほとんどです。

シフトを土日に集中させて1日中バイトをするというのも日給を上げる一つの方法です。

そうすれば、平日は掛け持ちで他のバイトをすることもできます。

生徒の成績が上がらない

これは筆者自身の経験ですが、できる限りの指導を行っても生徒の成績が上がらず、生徒とその親に罪悪感を抱いてしまうことがあります。

この理由で本当に辞めてしまう前にできることは?

勉強というものは、結局のところ本人のやる気に左右されてきます。

純粋に勉強を教えるのではなく、時には生徒と他愛のない話をしたり、悩み事を聞いたり勉強方法を指導したりなど、生徒の学習意欲を上げること努めましょう。

指導方法の合致だけではなく、生徒とのコミュニケーションは非常に大切です。

思春期の生徒は、先生との信頼関係ができていないと先生に反発したりその教科が嫌いになったりして学習意欲が低下してしまいます。

筆者も生徒から学校の先生への不満を沢山耳にしました。

知識不足を感じる

中学生を指導していると、自分が忘れてしまったことなども出てくるのが正直なところです。

また国の教育方針が変わり、ゆとり教育を受けてきた筆者にとっては、今の子供たちの方が難しい内容を学んでいることもあり、時には自分が学ばなかったことさえ教えなければなりません。

そんな時、このまま自分が教えて良いものだろうかと悩んだこともありました。

この理由で本当に辞めてしまう前にできることは?

自分の知識が足りなことは恥ずかしいことですが、素直に受け入れて勉強しましょう。

授業の前に予習をして、どんなことをポイントに教えるか考えてから授業に臨めば大丈夫です。

案外、勉強し直してみると教養がつきますし、自分の大学の勉強の基礎に活きてきたりして一石二鳥です。

また、生徒から訊かれたことに対して分からなかった場合は素直に「分からない」と認め、解説書があれば解説書を見るのも良いですし、反対に「先生も次回までの宿題にして良いかな?」ときちんと説明を約束するのも一つの方法です。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

自分に合った塾講師バイトの見つけ方

勤務日

先ほど紹介した通り、接客業と違い、ある程度出勤する曜日や時間が決まっています。

大学での自分の時間割と上手く折り合いをつけられそうな塾で働くのが良いでしょう。

また大学の授業は教授の都合などで休校になった際に、他の1限〜4限の授業と干渉しないよう、特例で5限に振替の授業が入ることもあります。

大学から塾までの移動時間が30分くらいかかってしまうことになると、担当の授業に間に合いません。

その際に、代わりに他の講師を充ててもらうなどして、学業が優先できるかどうかというのも面接などで確認しておく方が良いかと思います。

自分が教えたい教科に特化できるか

例えば、理科が苦手なのに教えないといけない場合、モチベーションが上がりませんよね?

予習も入念に行う必要があります。

人に教えるということは想像をしているより難しいです。

小・中学生は独特な目線で質問を投げ掛ける場合もあります。

その質問に答えようとすると、学校で得た知識が更にブラッシュアップされている必要があります。

自分が得意で、自信を持って教えられるという教科を優先的に担当させてもらえる環境の方が、アルバイトをしていても楽しいです。

個別指導か集団授業か

塾という単語から、集団授業のイメージを持つ方も多いと思いますが、最近では個別指導の塾も増えてきています。

ほぼ生徒は自習状態で、勉強して分からない点を講師が教えるというスタイルです。

筆者は両方経験し、どちらも良し悪しがありますが、自分の指導スタイルに合った方を選ぶことが大切です。

個人的には集団授業をすることをおすすめします。

集団授業を行いつつ、自習している生徒の質問に個別で答えるなど、集団も個別もどちらも経験できるからです。

募集する生徒のレベルに制限があるか

塾の中には良い高校や大学への進学実績を作って集客に繋げるため、あまりにも学力が低い生徒をお断りをするという塾もあります。

非情に感じるかもしれませんが、学力レベルが高いクラスに、学力レベルが低い生徒が入った場合、落ちこぼれのレッテルを貼られて勉強する意欲を失ってしまうこともあるため、合理的と取れる部分もあります。

また講師の目線から見ても、生徒のレベルにばらつきがあると、個別指導なら問題はないものの集団授業だと授業の組み立てが非常に難しくなってしまいます。

純粋に子供が好きでやりがいを感じたいということであれば、生徒の募集が広い間口の塾に行って成績を急激に上げられるように努めるのも良いと思います。

また、単に仕事と割り切って楽にお金を稼ぎたいということであれば、ある程度のレベルに達している生徒の割合が多い塾でバイトをするのが良いでしょう。

迷惑がかからない辞めるタイミングとは?

9月初旬〜中旬

9月という具体的な数字を出しましたが、これは何故でしょうか。

それには、2つの理由があります。

1つは、大学の後期が始まって、授業と勤務日が合わないという点です。

もう1つは、小学生から高校生までこの時期は運動会や文化祭など学校行事に意識が向いている時期という点です。

学校行事の練習や準備などで、塾に来ても疲れてウトウトしてしまったり、意識が学校行事の方へ取られてしまったりするため、学習のモチベーションが低くなってしまう時期でもあり、生徒への迷惑を最小限に抑えることができます。

先述した通り、生徒の長期休暇の最終やその直前や受験シーズンは、塾側の人員配置の問題と生徒のモチベーションの観点から避けましょう。

受験が終わった直後

小学6年生、中高3年生の受験が遅くとも3月の中旬頃に終わるはずです。

それが終わると塾は春期講習のために準備になってきますが、生徒の受験が終わった後から春期講習が始まる前までなら、辞めるタイミングを見つけやすいと思います。

もちろん急に辞めるのではなく、必ず事前に運営側と相談をしてから辞めましょう。

この時期に関しても、辞める理由は何であれ、自身の学業も新年度を迎えるので「来年は忙しくなりそうで」という理由なら伝えやすいと思います。

辞めようと思ってから実際に退職するまでの流れは、こうするのがおすすめ!

最後に、今現在塾講師のアルバイトをしていて、「辞めよう」と思っている方のために、辞意を固めてから実際に退職するまでの流れを簡潔に示しながら、こうするのがおすすめ、と私が考えている方法をお伝えしておきます。

参考までに一度目を通してみてください。

具体的な日にちを決める前に、まずは周りに伝えておく

塾講師のバイトを辞めようと考え始めた時にまず覚えておきたいのは、事前にまわりの同僚に伝えておくと辞めるまでの流れがスムーズにいきやすいということです。

塾講師の仕事は授業自体を自分一人で行う職場なこともあり、一人一人の講師が独立して仕事をこなすイメージを持っている方もいらっしゃると思いますが、実際には生徒情報や受験・試験情報の共有や引き継ぎ、授業内容に関するアドバイスなどを通して、講師同士でコミュニケーションをとって、生徒にとってより有益な授業にしていくことが大切になります。

例えば、私が勤めていた個別指導塾の教室でも、授業はそれぞれの講師が個別ブースに入って生徒と1対1で行っていましたが、複数の教科を受講している生徒のケースなどでは、複数の講師で一人の生徒を担当することもあります。

そのようなケースでは、それぞれの授業における生徒の様子や学外における活動の有無など、授業の質向上に関わることはなるべく全て把握するようにしていました。

塾講師の仕事をやめようと決断した際には、まず周りの講師の方々、とくに同一の生徒を担当していたり同じ教科を指導している同僚には、辞めようと考えていることを伝えて、なるべく早く引き継ぎ等の作業を始めることが大切になります。

生徒にも伝えて円滑な引継ぎをする

「立つ鳥跡を濁さず」で円滑に塾講師のバイトを辞めるためには、自分と関係している塾講師の同僚や教室長に、あらかじめ辞意を表明しておくことに加えて、担当している生徒にも、自分が辞めるということを伝えておくことが重要です。

もちろん、生徒に何も言わず辞意を伝える機会を持たずに急に教室に来なくなる、という事態はありえないとしても、生徒に担当講師が交代することを伝えるタイミングはしっかり考える必要があります。

あまり早すぎてもその後の授業の緊張感がなくなってしまいますし、ギリギリのタイミングで伝えるのも生徒の気持ちの整理や切り替えといった面で好ましくありません。

一つの目安としては、具体的な日にちを決める前に周りの同僚に相談した後、辞意を固めて教室長に辞める旨を伝え、正式に退職日が決まったタイミングで生徒に伝えるのが良いでしょう。

また、教室長から担当生徒本人や保護者の方に先に講師交代の連絡をすることになると思いますので、その後に生徒に講師本人からも伝える、という流れになるでしょう。

大切なのは、塾講師の仕事における顧客は「生徒」でありその「保護者」であることを理解することです。

本来、講師や会社の都合で担当講師が変わることは望ましくありません。

そのため、自分が辞めることで「イレギュラー」な対応になってしまうこと、その分引き継ぎにはしっかり時間をかけて、授業の進捗がスムーズにいくように対処すること、などを確実に生徒に伝えましょう。

もし機会があるのであれば、保護者の方にも同じことをしっかり伝えることは言うまでもありません。

まとめ

塾のアルバイトを辞める時の注意点についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

筆者自身の体験になりますが、大学生の頃、塾のアルバイトをしていたことがあります。

大学を中退し、海外留学をするという理由で辞めたのですが、大学進学を目指している高校生に大学を中退したという話はネガティブだと感じていました。

辞める際にそのことには触れず、最後の授業でお別れだけを告げました。

辞めた時期は、確か冬期講習が始まる前だった気がします。

もちろん事前に運営側には相談をしていたので、極力迷惑をかけることなく辞めたつもりではいました。

しかし、私は中学1年生から高校3年生まで担当していましたが、我が子のように親身に指導を行っていましたので、突然姿を消してしまったことを後悔しています。 

皆さんも筆者のようにならないためにも、この記事を参考に円満に辞める方法を見つけてみてください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




塾講師バイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

塾講師のバイト面接で聞かれる4個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

塾講師のアルバイトは時給も高く、大学生からはかなり人気のバイトになっています。では、実際に塾講師のアルバイトはどんな仕事なのか、詳細をご存知でしょうか?アルバイトの面接はどんなことを訊かれるのか、また採用に必要な学力テストはあるのか、また、塾講師のアルバイトの求人情報で確認しておかなければならないことや知っておくべきことなどを実際の経験に基づいて書いてみました。今から塾講師のアルバイトを始めてみたいと思っている人は、ぜひ一度読んでみてください。塾講師バイトの仕事内容塾講師アルバイトの仕事内容は、個別指導と集団指導で異なる部分がありますが、仕事内容としては大きく3つが挙げられます。教える内容の予

塾講師バイトのやりがいとは?経験者の私が感じる4個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

塾講師バイトのやりがいって皆さんはどんな事だと思いますか?塾講師は大学生のアルバイト先として人気がある職種であり、また将来教員を目指す人が塾で経験を積むために塾講師を選んでいるということもあります。塾には講師以外にも様々な職種がありますが、この記事では「講師」のやりがいについて経験者がお話しさせていただきます。また、この職業で身に付くスキルや必要な資格、向いている人の特徴についてもご紹介していきたいと思います。学習塾に通う子どもの割合やデータある調査データによると、学習塾の総数は全国に約49,000校あり、これは全国の小中学校の総数よりも多いそうです。また中学3年生の通塾割合は、全国の中学3年

塾講師バイトの時給の相場はいくら?給料をアップさせるための求人の選び方教えます!

大学生に人気のアルバイトである塾講師。家庭教師のアルバイトと肩を並べる高待遇バイトとして、コストパフォーマンスが良いことで人気のアルバイトの一つです。多くの大学生が飲食店などでアルバイトをする中で、塾講師のアルバイトをするメリットはやりがいと給料の高さだと思います。今回は塾講師のアルバイトの給料についてご紹介します。塾講師バイトの給料の相場はどのくらい?塾講師アルバイトの給与事情について見てみましょう。相場を知っておくことで、求人の選別をしやすくなります。給与の相場は?塾講師のアルバイトの時給は約1,200円程度が相場です。飲食店の時給相場は900円程なので、金額面で比べるとかなり待遇が良いこ

塾講師のバイトはブラックなの?!大変な点や良い点を経験者がすべてお話しします!

ここ最近では、アルバイトを劣悪な環境で働かせるなどの「ブラックバイト」がメディアで取り上げられることが増えました。そのブラックバイトの中には塾講師も含まれており、ニュースで報道されるなど話題になりました。では、塾講師のアルバイトがブラックバイトかと言われると、そんなことはありません。最近のメディアなどで、塾講師のアルバイト=ブラックバイトだと報道されたことが拡がっていき、塾で勤めることはブラックだというイメージが付いてしまったのかもしれません。しかし実際は、塾講師のアルバイトは、「価値のある仕事」の代表例とも言えるでしょう。今回、塾講師のアルバイト経験者である私の経験に基づいて紹介します。私の

塾講師バイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

この記事に興味を持ってくださったあなたは、恐らく塾講師のアルバイトを始めようかと迷っている方ではないでしょうか。この記事には、塾講師のアルバイトを始めようと考えている方に役立つ情報が沢山あると思います。是非最後まで読んでみてください。今回は誰もが知りたい塾講師のバイトの時給についての内容の記事になっています。塾講師のバイトの給料の相場はどのくらい?塾講師の給与の相場は?基本的に塾講師の時給は、他のアルバイトに比べて高く設定されています。特殊なスキルは必要ありませんが、ある程度の学力が必要になるからです。このことから、学力が低い方には務まらない仕事になっています。塾講師の仕事は誰にでもできる仕事

塾講師バイトがおすすめなのはこんな人!アルバイト経験から考える向き不向き

塾講師のバイトのおすすめポイントとはいったいどんな内容なのでしょうか?私は塾講師を3年勤めてきましたが、その経験から塾講師のバイトに向いている人・向いていない人の特徴を詳しく解説していきたいと思います。また、正社員とアルバイトの違いまで説明していきますので、求人探しの際はぜひ参考にしてみてください。子供と目標に向かって学業を高めれる、そんなやりがいの持てる塾のバイトは本当におすすめですよ。塾講師の仕事塾講師の仕事は生徒に勉強を教えることであり、生徒が抱える目標に向かって前進できるようサポートすることでもあります。アルバイトの大まかな仕事内容アルバイトの主な仕事内容は、授業をすることややテストの

大阪塾講師バイト求人の募集内容や時給の相場は?おすすめの塾会社や向き不向きややりがいなどを解説!

大阪塾講師バイトに興味がある人、是非やってみたいと思う人に少しでもプラスになる情報を提供したいと思います。今回は大阪の塾講師求人について分かりやすく簡単に説明していきます。この記事を読んで、少しでも学習塾の仕事のイメージが明確になれば幸いです。大阪塾講師アルバイトに興味のある方は、この記事でやりがいについてや自分に向いているのかを知って、ぜひ求人に応募をしてみてくださいね!大阪の塾講師求人の仕事塾講師のメインとなる業務は、塾に来た子供に勉強を教えて、問題を解けるようにフォローをすることです。塾の指導形態に多少の違いはありますが、基本的に塾講師の仕事が大きく異なることはありません。ここで言う塾の

塾講師アルバイト求人でよくある仕事内容とやりがいポイント&向いてる人

塾講師のアルバイトにおける業務内容は「授業」ですが、それ以外にも塾によって様々なやるべきことがあります。 では、実際にどのような業務があるかを今回はまとめてみましたので、ぜひ最後まで読んでいただければと思います! 塾講師のアルバイトだからこそ大変なところや、やりがいを感じるポイントも必見です。 今後、教員を目指したい方は、まずはアルバイトで経験を積んでみてはいかがでしょうか?塾講師アルバイトの仕事内容授業塾講師の主な業務となる授業は、集団指導と個別指導の2タイプに分かれます。集団指導は5名以上の塾生に一斉に指導を行います。理解度が異なる担当塾生に理解させる指導が求められるので、個別指導よ