塾講師といえば、生徒たちに教科指導を中心とした学習指導を行うことが一般的な仕事となりますが、実はそれ以外にも多岐にわたる仕事が存在します。

今回は、塾講師の仕事をお考えの皆さんに、塾講師求人でよくある仕事がどういったものなのかを詳しくご紹介したいと思います。

塾講師にはどんな種類があるの?

塾講師といっても、やるべき仕事、種類は多岐にわたります。

ここでは、まずは概要に関してご説明をしていきます。

塾講師の募集でよくある施設や事業形態のパターン

教室での勤務

一般的に塾の仕事といえば、所属している校舎で授業を行うことが1番メインの仕事となります。

所属している教室の授業を受け持ち、それに付随する業務を行っていきます。

外部会場での勤務

時には外部会場での勤務をすることもあります。

外部会場で実施される保護者会を中心とした企画では、普段所属している校舎以外の方々と一緒に仕事をする機会もあります。

塾講師の募集でよくある職種

集団授業の講師

「塾講師」として、皆さんが1番イメージするのは、集団授業でしょう。

塾によっては定員もまちまちで、少人数制を謳っている学習塾では4〜6人くらいの少人数での授業を行うこともありますが、大手塾で大規模なクラスであれば20名〜30名で授業を行っていることもあります。

ただし、後述する個別指導とは違い、一斉授業で行うため、人数が少なくとも多かろうとも授業に対しての予習、準備量は変わりません。

個別授業の講師

個別授業といっても、宿によっては指導人数が、先生1人:生徒1人〜先生1人:生徒6人くらいまで、比較的幅広く存在します。

ただし、多くの学習塾においては、先生1人:生徒2人という指導形態が多いです。

「個別授業=塾講師の入り口」と考える方も多いようですが、実は個別授業の方が難しい側面も存在します。

詳しくは後ほど詳しくご紹介致します。

テスト監督などの付帯業務(付帯業務のみで、採用募集することはあまり多くはありませんが・・。)

 学習塾では、授業以外にも色々な業務を行うことがございます。

代表的なものとしては、塾内で行われる模擬試験の監督や、生徒対応をするチューター生徒などです。

実際、集団授業や個別授業を受け持ちながらも多くのスタッフが、付帯業務に関わりながら教室運営に関わってまいります。

塾講師になりどんな仕事をしたいか決まっていますか?

塾講師をやろうとと思った理由は何でしょうか?将来学校の教員になりたいから、時給が良いから、子どもたちの将来に関われる仕事にやりがいを感じそうだからなど、実に皆さん色々な考えを持って塾講師の門を叩きます。

指導形態をどのように考えるのか?

前述しましたが、まずはどのような指導形態を考えていくのか、明確に自分の考えを持っておくことが必要です。

集団授業の講師を目指すのか、個別授業を目指すのか、自分なりの方向性を考えていくことは重要です。

ただし、私自身、今まで数百人の講師と関わってまいりましたが、個別授業を考えていた講師でも、いざ模擬授業をしていくと、集団授業向きなのではないか。

また、集団授業を考えていた講師でも、性格的に集団は向いていないのではないかといったことは多々ありました。

どの教科を教えていきたいのか?

指導可能教科の幅が広いことは、担当する授業を増やしていく意味でも非常に重要なポイントとなります。

生徒が受講されている教科は、小学生では算数、国語が多く、中学生では数学、英語が圧倒的に多いです。

ですので、指導可能な教科が幅広ければ、その分授業を受け持つことができる可能性が増えていくわけです。

採用の面接の際に、無理に背伸びをしてできない教科をできると言ってはいけませんが、指導可能教科が多いと、所属する校舎でも重宝されます。

理系の人であれば、算数(数学)、英語、理科、文系の人であれば、国語、社会、英語といったようにある程度幅広く指導できるといいですね。

塾講師募集でよくある募集内容とは?

塾を選ぶポイントとなる様々な注意点をご紹介します。

給与相場

一言で言えば、塾によってまちまちです。

集団授業では、時給2000円〜3000円の学習塾が多く、個別授業では、時給1200円〜2500円あたりが多いです。

塾によっては、クラスの生徒人数によって若干時給が変動したりする塾もあるようです。

また、時給には授業の予習の時間が含まれていないこともありますので、実質の時給を考えると、上記金額より低くなるとも言えるでしょう。

勤務時間や休日、残業

多くの学習塾では17:00以降の勤務が一般的です。

低学年向けのクラスでは17:00より早く授業を行っていたり、土日で昼から授業を行う校舎もあります。

授業時間は学年やクラスなどにもよりますが、授業時間が短いクラスでは50分前後から、長いクラスだと90分近いこともあり、校舎によっては、17:00から小学生の授業を受け持ち、19:00から中学生の授業を受け持つといったこともあります。

中学生の授業は遅くとも22:00には終わります。

シフトは基本的には毎週固定となります。

集団授業であろうと個別授業であろうと、一旦授業を受け持つと、その曜日は基本的には動かすことは難しいものです。

残業は、塾によって、または、校舎によって大きく変わるようです。

授業後の部屋の清掃、校舎長への指導報告、生徒の質問対応など、授業が終わってからすぐに帰宅できるかというと、それは難しいかもしれません。

残業代の扱いに関しても塾によって変わりますので、塾講師を考える上で、その点しっかり下調べをしておくべきです。

福利厚生

大手の学習塾であれば、ある程度福利厚生が整っています。

インフルエンザにかからないよう、インフルエンザの予防接種に補助を出す塾もあります。

正社員のみならず、講師の方々にも適用されることも多いと聞きます。

勤務場所

基本的には配属された校舎で働くことがメインですが、時々他の校舎にヘルプで手伝いに行ったりすることもあります。

求められる人物像

責任感が強い人

高いお月謝を支払って、塾に通ってくるわけですから、求められる期待(成績アップ、志望校合格)に向けて、責任感を強く持つことは非常に求められます。

難しい質問を受けたとしても、わかるまで徹底的に対応してあげることも時にはあるかもしれません。

生徒に親身になって相談に乗ってあげれる人

生徒の悩みを聞き、その解決に向けて相談に乗ってあげ、解決させていく、塾講師の仕事はある意味では、お医者さんと一緒かもしれません。

苦手な教科があるのならどうしていくべきなのか、志望校に悩んでいるのであれば、どうしてあげるのが良いのか、そういった相談に乗ってあげることは、もしかしたら授業をする以上に大切なことなのかもしれません。

必要なスキルや資格、経験

必要な資格や試験はありません。

ただし、多くの生徒や保護者を相手にするわけですから、ある程度のコミュニケーション能力は求められるでしょう。

塾講師のおおまかな仕事内容

学習指導

1番メインとなるのは学習指導(授業)です。

集団授業であろうと個別授業であろうと、学習指導を外して学習塾指導を考えることはできません。

授業の予習をきっちり行い、毎回の授業に臨むことになります。

ただ、個別授業の場合は、授業日に生徒が持ってきた問題集や分からない問題に取り組むこともあるため、事前の予習、授業準備ができないこともあります。

その点個別授業の方が難しい、または臨機応変な対応が求められるといえるでしょう。

採点業務

宿題のチェックや小テストなどの採点業務も必ずといってよいほど存在します。

毎回の授業の小テストを行うことで、学習の理解度を確認し、個々に解き直しなどのアドバイスを行ってまいります。

テスト監督、テスト対策などの企画の対応

毎月に行う塾内模試の試験監督や、中高生を対象とするテスト対策などの企画を対応することもあります。

土日を中心として行われることが多く、毎週固定シフトで行うわけではないので、単発で勤務できるものになります。

生徒対応、保護者対応(面談)

学習の状況のご報告や進路相談のために、生徒面談、保護者面談を行います。

これは、皆さんが1人でやるというよりは、校舎長や学年主任と一緒に保護者面談を行うことが多いです。

生徒面談は授業の前後に志望校の話をしたり、テストの結果の振り返りを行ったりします。

生徒面談や保護者面談に積極的に関わり、信頼関係を構築できると非常に仕事もしやすくなります。

塾講師についてよくある疑問

塾講師の仕事について色々とご説明を書きましたが、塾講師の仕事がどんなものかわかりましたでしょうか?この後は、塾講師についてよくある質問に関してお答えいたします!

応募方法は?

大手学習塾であれば、希望する学習塾のサイトや、人材会社からの登録のパターンが多いようです。

勤務したい校舎に電話しても、まずはサイトや登録サイトへの案内をされることが多いです。

個人塾においては、直接電話などでも対応して頂けるところもありますのでご希望の塾にお問い合わせいただくと良いかと思います。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

指導教科について

1教科しか指導できない方よりは複数教科指導できる方の方が採用されやすいです。

指導できないのに指導できると偽ってしまうことは絶対にあってはなりません。

ですが、現時点では1教科しか指導できなくとも、それ以外の教科についても勉強しますと答えられれば、採用の可能性も増しますし、ご自身の指導の幅も増え、授業を受け持つチャンスが増えることでしょう。

勤務日数について

週1日希望となってしまうと、採用されたとしても希望する校舎で空いている授業がなく、授業を受け持つチャンスを逃してしまう可能性があります。

また、少ない日数ですと、勤務をスタートした後でも、スタッフのつながりが薄く、仕事の楽しみがなかなか感じられないままとなってしまいますので、最低でも週2日以上は勤務できると採用側としても、勤務する側としても良いのではないかと思います。

未経験でも応募できる?

もちろん、可能です。

ほとんどの方が指導経験がないところからのスタートです。

未経験で塾講師の仕事を始めるときは、こちらの記事を参考に!

会社の雰囲気は?

塾によって全く異なります。

バリバリスパルタで指導していく体育会系の塾もあれば、その逆の塾もあります。

ご自身の性格も含めて、どのような塾に合うのかを吟味する必要があります。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

それぞれで募集があります。

正社員の場合は、各塾のHPを確認していくと、募集の有無がわかります。

派遣社員については、派遣会社を通して人材を派遣するため、非常に人件費が高くなり、最近はあまり多く採用されていないとの話をよく聞きます。

アルバイトは、定期的に募集をしておりますが、学生バイトを採用している塾であれば、2〜3月で勤務を終了する職員が多いため、1〜5月あたりの期間での採用が多いです。

シフトの自由度ってどうなの?

シフトの自由度は非常に低いです。

前述しましたが、一旦授業を受け持つと曜日が固定されてしまいますので、なかなか変更することは難しくなります。

何よりも自己都合で授業が入れないとなってしまうと、通っている生徒に迷惑をかけてしまう形になりますので、注意しなければなりません。

そういった意味で、既卒で比較的時間の融通が聞きやすい方は、重宝される傾向にあります。

資格って必要なの?

特に資格は必要ありません。

ですが、通っている生徒の学習指導をするわけですから、当然ある程度の学力は求められます。

多くの学習塾では、採用試験の際に、面接に加え、2〜3教科の学力試験を課されます。

まとめ(塾講師の仕事を目指す皆さんへ)

塾講師の仕事の概要はお分かりいただけましたでしょうか?

塾講師の仕事は、生徒たちの将来の一端を担う非常に大切な仕事です。

受験生であれば、第一志望の学校へ合格するのか、第二志望校になってしまうのか、それによって人生を左右するといっても過言ではありません。

もちろん、大変なこともいっぱいありますが、その分やり甲斐が大きい仕事です。

ここだけでは書ききれないこともまだまだありますが、塾講師としての第一歩を踏むことになりましたら、お預かりする生徒のために全力で指導してもらいたいと思います。

実際に求人を探す時は、こちらの記事も参考に!


関連キーワード

学習塾求人

塾講師求人についてもっと深堀りした情報を見る

塾講師の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

塾講師になった人の経緯は様々です。教職を目指している学生や時給の高さにひかれた学生が、学業と両立して働くケース。学生時代にアルバイトで塾講師をしていた人が、塾に就職して社員として働くケース。空き時間を活かしたい主婦が塾講師として働くケース。他の職業を経験した人が転職して、塾講師になるケース。各々のケースで求める環境や給料、働き方は違います。また一言に塾といっても、個人が経営する塾と大手塾、補習中心の塾と進学塾、小学生対象の塾と高校生対象の塾などその規模や種類は様々です。加えて、その塾が講師に求める仕事内容も異なります。勿論、どこの塾でも教科を教えるというのはありますが、塾によっては保護者面談、

塾講師バイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

この記事に興味を持ってくださったあなたへ。あなたはきっと塾講師のバイトをどうしようか迷っている方ではないでしょうか。これから塾講師のバイトをしようと考えている方にはきっとお役に立てる情報がたくさんあると思います。是非最後まで読んでみてくださいね。今回は誰もが知りたい塾講師のバイトの時給についての内容の記事になっています。塾講師のバイトの時給、時給の相場、時給の決まり方、昇給するには…などなど、塾講師の仕事をするなら知っておくべきことばかりの内容です。これを知ると知らないでは雲泥の差があります。この記事に興味を持ってくださったあなたは賢い塾講師を目指してくださいね。塾講師のバイトの給料の相場はど

塾講師募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

将来、学校の先生を目指す皆さんの中には、大学生時代に塾講師のアルバイトや家庭教師をやってみようと思う方は多いのではないでしょうか?実際、私や私の友人もそのように考え、大学生時代に塾講師のアルバイトを経験しました。将来、学校の先生になりたいという考えがあり、塾講師のアルバイトをやろうと思ったのはもちろんなのですが、正直、バイトをするなら時給が良い方がいいなという考えも少しありました。しかし、働くにしたがって、給与以外のこの仕事の魅力を感じ、4年間塾講師のバイトを続けることができました。今回は、その当時のことを振り返りながら、この仕事の魅力とは何か、塾講師の募集で、良い求人や悪い求人の見分け方など

大阪塾講師バイト求人の募集内容や時給の相場は?おすすめの塾会社や向き不向きややりがいなどを解説!

塾講師の仕事に興味がある人、是非やってみたいと思う人に少しでもプラスになる情報を提供したいと思います。今回は大阪の塾講師のバイト求人について難しくなく簡単に説明したいと思います。少しでも学習塾の仕事のイメージが明確になれば幸いです。大阪の塾講師求人の仕事はどんな仕事?塾に来てくれた子供たちに勉強を教えることです。そして、教えたことをできるようにさせることです。集団指導、個別指導、グループ指導などと別れています。塾によって指導方法が変わるのが特徴です。大阪塾講師バイト求人の大まかな仕事内容基本的な仕事は主要5教科(英語・数学・理科・社会・国語)の勉強を教えることです。塾専用のテキストを使用して勉

塾講師の仕事はどんな人に向いている?向いている人の3つの特徴やキャリアについて解説します

人にものを教える塾講師の仕事はやりがいを何より大切にしています。生徒一人一人に寄り添い、成績が上がったときや受験で合格した際は生徒と一緒に喜びます。長く生徒とかかわりを持っていきますので信頼関係も生まれます。授業にかける準備は大変ではありますが、それ以上の喜び、やりがいがある仕事です。塾講師はどんな仕事?学校での普段の授業の予習・復習・補修に加え、中学・高校・大学合格を目指す生徒には受験対策の学習指導を行っていきます。それだけでなく学習面以外でもコミュニケーションをとりながら生徒との会話を増やし、モチベーションを向上させていきます。授業形態は主に個別指導と集団授業かあります。個別指導は先生一人

塾講師正社員求人で働くメリットとは?バイトとの違いや責任、タイプ別の向き不向きを解説します

塾講師というと、正社員で勤務している方もいらっしゃいますが、人数で考えれば、多くの学習塾において、アルバイトや派遣講師として勤務されている方々の方が多いです。教員を目指す学生さんや、既卒で塾講師を専任で勤務する方々など、学習塾には色々な方々が勤務しております。その中で、今回は、塾講師の正社員の勤務内容、アルバイトや派遣講師などどの違いなどを中心に解説いたします。塾講師の正社員で働くメリットどの業種でも言えるかもしれませんが、基本的には、正社員で働く方が当然安定した収入を得られます。また、それ以外にもメリットはいくつもあります。まずは、正社員で働くメリットについて、詳しく解説いたします。安定した

塾講師年収の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

今回は、塾講師経験のある筆者が、正社員、派遣、アルバイトを含めた様々な雇用形態における給与体系から、塾講師の年収アップなど、入社してからでないと分からなかったことも含め詳しく解説いたします。ズバリ!塾講師の給料の相場はどのくらい?正社員における給料の相場は、会社によって正直まちまちですし、役職によっても大きく異なります。正社員で新卒入社した場合新卒で入社の場合、決して高いとは言えません。キャリアを積んでいくことで、少しずつ給料が上がっていきます。会社にもよりますが、手取りで月収20万円を下回っていたと思います。ただし、長く勤務を続ける中で、役職が上がるにつれ徐々に給料は上がっていきました。校舎

塾講師バイト求人でよくある業務内容と求人の選び方を紹介します

アルバイトを探そうと考えた時、すぐに思いつくのが飲食店やコンビニなどの接客業、次に浮かぶのが塾講師や家庭教師などの教育関係ではないでしょうか。接客業も塾講師などの教育関係もどちらも人を相手にするアルバイトです。特に塾講師は塾生、塾生の親、塾で働く人々と年齢も立場も違う様々な人と係わっています。また、塾という業界の特殊事情があるので、アルバイトを探すにあたってはそのような事情も押さえておきましょう。塾講師のアルバイトをお探しの方へ「塾講師のアルバイトを希望しているけれど、初めてなので不安だ。」だとか「塾講師をしているけれど、今働いている塾は自分にはあわない。」と感じている方もいるかもしれません。


塾講師求人に関するコラム

塾講師の仕事は人気なの?人気な理由から大変なことまでご紹介!

「塾講師の仕事」と聞いて何を思い浮かべますか?アルバイトであれば高時給の仕事であったり、教師を目指している人から人気の仕事であったり、様々なことが思い浮かぶかもしれません。では、実際に塾講師の仕事は人気なのでしょうか?ここでは、塾講師が人気である理由や、大変な理由を順番に解説をしていきます。塾講師の仕事についておさらいしておこう塾講師の仕事について、実際にどんなことをするのかまとめてみました。塾講師の仕事自体は、大きく3つに分けられます。1. 授業の事前準備2. 授業を行う3. 保護者への連絡アルバイトで塾講師をしている場合は、基本的にこの3つのみですが、正社員で働いている場合は、生徒の進路面

塾講師のバイト面接で聞かれる4個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

塾講師のバイトは時給も高く、大学生からはかなり人気のバイトになっています。では、実際に塾講師のバイトはどんな仕事なのか、詳細をご存知でしょうか?バイトの面接はどんなことを聞かれるのか、また学力テストはあるのか、そして、塾講師のバイトの求人情報で確認しておかなければならないことや、知っておいた方がいいことなどを実際の経験を元に書いてみました。今から塾講師のバイトを始めようかと思っている人は、ぜひ一度読んでみてください。塾講師バイトの仕事内容塾講師バイトの仕事内容は、個別指導と集団指導で変わってくる部分がありますが、内容としては大きく3つに分けられます。1. 教える内容の予習&授業の構成

塾講師は未経験でも出来る!未経験でもスムーズに仕事に就く方法をご紹介します

塾講師の仕事は、勉強を教えることだけではありません。もちろん中心になるのは「授業」であることは確かです。苦労も多い職場ですが、しかし様々なスキルを学び、活かすことで、自分の成長が促される。そんなやりがいある仕事であると感じています。今回は塾講師のお仕事について紹介します。未経験の方もぜひ参考にしてみてくださいね。塾講師の仕事とは?塾講師は「先生」ですので、中心となる業務は「授業」になります。たとえば都心部などの大規模学習塾や予備校であれば、受付や事務の担当職員がおり、先生は授業とその準備のみに集中することも多いかと思います。しかし小規模の塾においては授業以外に実に多くの業務が付随してきます。今

塾講師が向いてない人の5個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

塾講師の仕事、学生時代にアルバイトで経験したことがあるという方もいるかと思います。私は塾のアルバイト講師として4年間働きました。個別指導塾、集団指導塾を大手から地域密着の個人経営まで幅広く経験した私は、正社員、アルバイトで働く塾講師を数多くみてきました。その中で、塾講師は、向いてる人と向いてない人の差がはっきりするなと感じました。今日は、塾講師が向いていないなと感じる人の特徴を挙げながら、その乗り越え方をまとめます。塾講師の仕事とはどんな仕事?まず塾講師の仕事といえば、「教科を指導するだけでしょ」と思われる方が多いかと思います。実は、働く会社や塾の規模によっては、それ以外の仕事を任せられる可能

塾講師として働くメリット6選。私が感じた良いところをまとめました

教師を目指しているので腕試しに、教員免許を持っているけれど教師は荷が重い、夜に働きたい等、様々な理由で塾講師という職業が気になっている方がいらっしゃるかと思います。今回は、塾講師の仕事内容や、塾講師として働くことのメリットやデメリット、塾講師のやりがいを感じる瞬間や塾講師に向いている人についてご紹介します。塾講師の仕事とはどんな仕事なの?塾講師の仕事は、夕方から夜にかけて学習塾にて、小学生から高校生の、主には受験のための勉強を教える仕事です。教師とは違い、子どもに社会で生きる力を身に着けさせるのではなく、学業の面のみを伸ばしていくことが業務となります。だいたい学校が終わった18時くらいから塾の