子供英会話講師求人が気になっている方は必見です!

子供の英会話教室の講師は人気の職業なので、目指している方はここで知っておきたい情報をご覧いただければと思います。

英会話教室求人での気になる業務内容や種類、雇用形態での違いなど気になる疑問について詳しく解説していきたいと思います。

大手の子供英会話講師として働いた私の経験からお話しさせていただきますので、皆さんの参考になれば幸いです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「英会話講師」の仕事例をチェック

子供英会話講師のおおまかな仕事内容

子供英会話講師の仕事と聞いて、どんなイメージを描くでしょうか。

子供たちと楽しく歌を唄ったり英語の本を読んであげている様子を想像するかもしれません。

しかしそれだけではなく、実は他にも多くの仕事をこなしています。

おおまかな仕事内容

まずはレッスンをすることが一番重要な仕事です。

そのために教材の準備をしたり授業の予行練習をしたり歌やダンスを覚えたり、といったことが必要になってきます。

また、宿題の確認、保護者向けのレポートと成績表を作る作業もありますし、自分自身のスキルを磨くための研修参加や勉強もなくてはならない業務の一つと言えるでしょう。

また、スクール専属の講師であれば、スクールへの報告書作成や、ベテラン講師は新人のフォローを任されることもあります。

子供英会話講師はどういう役割を求められる?

子供英会話講師は、その子供が初めて英語を習う相手になる可能性が高く、子供の将来にとって非常に大切な役割を担っています。

子供に好かれる人柄であることはもちろん、ただ甘やかすだけでなく、道理をわきまえて授業ができるモラルある人物であることが求められます。

子供が着実に力を伸ばしていけるように、それぞれの個性を見ながら適切な指導をし、子供にとって信頼できる先生となることが理想です。

そして保護者に対しては、礼儀正しく適切な対応ができることが望まれます。

子供英会話講師にはどんな種類があるの?

子供英会話講師にはどのような働き方や職種があるのでしょうか。

具体的に挙げてみましょう。

大手英会話スクール

英会話スクールに採用されて働くパターンです。

正社員、契約社員、パートタイムなど、様々な雇用形態があります。

詳細なマニュアルと研修が充実していて、初心者でも安心して働くことができます。

ホームティーチャー

自らスクールを開講します。

大手スクールのフランチャイズとしてマニュアルや研修などのフォローを受けるのか、完全に個人で運営するかでは、全く教え方は違ってきます。

自分の自由を確保できる一方、全ては自分の責任で実行しなければなりません。

オンライン講師

最近急速に広がっているオンライン英会話レッスンにも注目したいところです。

利点は、自宅でスキマ時間を使って働けるので気軽にできることでしょうか。

オンライン英会話のスクールも増えてきていますが形式にばらつきがあるため、安定したスクールを探せるかが大事なポイントになるでしょう。

塾や個別指導講師

塾の中には、英語専門塾などがあります。

最近は、受験用の詰め込み型だけでなく、帰国子女向けであったり会話重視の塾も増えています。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

子供英会話講師でよくある募集内容とは?

子供英会話講師の募集内容はどうなっているのでしょうか。

詳しく見ていきます。

給与相場

給与相場は、時給で言うと1,000円〜2,500円ほどが多くなっています。

これは、レッスンに対する時給であることが多く、準備時間や家での作業時間は含まれないことを頭に入れておきましょう。

そしてもう一つ注意すべき点は、時給額だけで判断せず、一日に可能なレッスン数を加味した上で月収の概算を計算することです。

勤務時間や休日、残業

勤務時間や休日はスクールによって様々ですが、子供たちがスクールに通いやすい週末や放課後の時間帯は忙しくなります。

平日の日中働いて土日完全休みという働き方を求めるなら、職探しは難航するかもしれません。

レッスンは時間通りに終わるので、スクール内での残業はさほど発生しないでしょう。

そして、レッスン準備や後片付け、自宅での作業時間は残業とみなされないことが一般的です。

福利厚生

正社員や、アルバイトでも条件を満たせば、スクールから福利厚生を受けることができます。

子供英会話講師のほとんどはパートタイムや非常勤なので、福利厚生(特に健康保険)を受けることができる条件を確認しておくと良いでしょう。

他の優遇措置として、私が勤めていた大手英会話スクールではレッスン割引、提携会社の優待券など、パートタイム講師も使える特典が数多くありました。

勤務場所

勤務場所はどういった場所があるのでしょうか。

スクール内の教室

英会話スクール所属になれば、スクール内の教室で働くことになるでしょう。

通常、大手英会話スクールは駅前などアクセスの良い場所にスクールを構えています。

都内や大きな都市であればスクールの数が多いので、勤務先を探すことはそれほど難しくないはずです。

自宅

ホームティーチャーであれば、自宅か自分で借りる教室が勤務場所になります。

自宅で教えるということは細かい気配りを要する面もありますが、移動の手間が省けるので便利です。

地方都市では自宅で教える割合が多いようです。

幼稚園や保育園など

幼稚園や保育園のアクティビティに講師として派遣されることも増えています。

例えば、放課後保育中に英語学習をするプログラムは保護者に大変人気があるので、これからも需要は高まるでしょう。

大手英会話スクールに登録して、依頼を受けた幼稚園に派遣されるというシステムが大多数となっています。

求められる人物像

英会話講師には、どんな人物像が求められるのでしょうか。

子供に好かれる人であること

子供にとって「大好きな先生」になることが理想的です。

先生が大好きだから、先生に褒めてもらいたいから、と英語を一生懸命勉強してくれたら、英会話講師冥利に尽きますね。

しかし、ただ甘やかせば良いということではありません。

子供に一度ナメられてしまうと後から取り返すことが難しく、クラスをコントロールすることができなくなり、せっかくのレッスンが台無しになってしまいます。

これが子供英会話講師の一番難しいところで、優しさと厳しさを使い分けて子供の信頼を得ることが求められます。

保護者への対応がきちんとできること

英会話講師にとって、保護者への対応は恐い存在と言えるかもしれません。

大手スクールの研修には「保護者対応」という項目が存在し、クレームの多い保護者への対処法もて丁寧に指導されます。

保護者に不快な感じを与えず適切に対応ができる人であることは、非常に重要です。

子供一人一人の様子をきちんと見てあげること

子供はそれぞれが違う個性を持っています。

マニュアル通りの授業に集中すると、子供が授業についてこなくなることがあります。

それぞれの子供をよく観察して、適切な指導することが肝心です。

そういった意味で子育てや保育士の経験は、子供と接する時に非常に役に立つことでしょう。

必要なスキルや資格、経験

子供英会話講師になるには、どのような資格やスキル、そして経験があると良いのでしょうか。

TOEICや英検

実力を証明できるので、英語力を計るテストは受けておくと良いでしょう。

大手の子供英会話講師の募集要項を見るとTOEIC700点以上と記載されており、それほど高い基準ではありません。

TOEIC800点以上を設定しているスクールもあるので得点は高いに越したことはありませんが、英語力以外に人柄や子供への適応能力などが審査されます。

英語教員資格

中・高英語教員資格は必須ではありません。

もちろん持っていれば大きな強みになりますが、私が知る子供英会話講師は教員資格保持者はほとんどいないのは現状です。

海外在住経験

海外在住経験があると非常に強みになります。

私自身もアメリカに在住し現地で子育てをしていたことが、最大のアピールポイントになりました。

海外に住んだころがあれば発音も良いはずですから、海外在住経験者なら、本物の英語に触れていた事実を積極的に面接でアピールしましょう。

海外在住経験がなければ、日本にいながらどのように英語力を伸ばしたのか、その努力をアピールすることは大事です。

保育士、幼稚園教諭

子供を相手にする仕事ですので、保育士や幼稚園教諭の経験は非常に役立つと言えるのではないでしょうか。

子供のクラスでは、子供たちをいかに上手にまとめることができるかがポイントです。

私は英会話講師を始めてから保育士の資格を取得しましたが、その知識は非常に有益でした。

子供英会話講師のおすすめ求人のポイント

子供英会話講師の求人を探すなら、ぜひ確認してほしいポイントを解説します!

研修やフォローがあるかどうか

大手スクールは、研修にかなりの時間をかけます。

また、教務担当社員が必要に応じてアドバイスや指導をしてくれます。

初めて子供英会話講師をする場合にはとても心強いものです。

どこまでが時給に含まれるのか

求人に載っている時給が高いからといって飛びつくのは危険かもしれません。

どの業務を給与に含むかという線引きは、スクールによって異なります。

レッスン以外の雑務にどのくらいの時間を要するのか、それに対する給与は支払われるかなど、しっかり確認して起きましょう。

勤務地

やはり勤務地は大切なポイントです。

私は大手スクールの英会話講師として働いていましたが、勤務先が沢山あり、どこに配属されるか入社した時点では分かりませんでした。

もちろんスクールに希望を聞いてはもらうことはできますが、人気の都心エリアは講師職の空きが出ず、自宅からかなり遠くの教室に勤務している講師もいました。

私の場合は片道50分ほどの距離でしたが、希望とは異なる全く馴染みのないエリアでの勤務でした。

子供英会話講師として働かせてもらえるのならどこでも行きます!

という方もいるかと思いますが、長く通い続けることを考えると、勤務地はよく検討する要素の一つですから、通勤に無理のない範囲で探しましょう。

子供英会話講師の雇用形態による違い

パートタイム

主婦や子育て中の講師は多く、パートタイムという働き方は人気です。

福利厚生の面ではあまり期待できませんが、扶養控除の範囲内で働きたい人にも好都合でしょう。

自分の担当レッスンだけをこなし、スクール内の庶務やマネージメントに関わることはありません。

正社員

大手英会話スクールの正社員は、講師であっても雑務を担当することがよくあります。

もしくは、スクール内の運営関連部署に所属しながらレッスンもいくつか担当するという話をよく聞きます。

安定性があり実力を示せば給与アップも見込めてやりがいを感じる一方、こなす業務が多いので、事務能力だけでなく体力も必要であると聞きます。

契約社員・非常勤

限られた期間や勤務時間の中で働く契約社員や非常勤という雇用形態もあります。

基本的には時給制で働いた分だけ給与を支給されますが、昇給はそれほど期待できないでしょう。

自由な働き方を求める人には向いていると言えます。

子供英会話講師についてよくある疑問

子供英会話講師を始めるにあたって、みんなが思っている疑問点を見ていきましょう。

応募方法や条件、面接で訊かれること、実際に働いてみて苦労したことなど、詳しく解説します!

経験やスキルがないと難しい?

子供英会話のレッスンは、歌やダンスや遊びを通して子供に英語を身につけてもらうスタイルが多く、さほど高いレベルの知識や経験が講師に求められるわけではありません。

ただ、発音に問題があったり、子供の相手が苦手であると厳しいでしょう。

ある程度の英語力と、子育ての経験や保育士資格を持っていると有利です。

面接ではなにを訊かれるの?

こちらは私の経験から答えることにします。

面接では、英語に関する過去の経験や、人間性を観察する質問が多くありました。

実際に英語で質問されたり、クレーム対応シュミレーションが行われたことを覚えています。

子供英会話講師の大変なことってなに?

保護者対応で苦労している講師が多くいます。

脅かすわけではありませんが、いわゆるモンスターペアレンツに出会うともあり、泣かされている講師もいました。

中途採用でも大丈夫?

子供英会話講師はほとんどが中途採用です。

転職の多い業界でもありますので、新卒でないことを気にすることは全くありません。

どうやって募集を探して応募するの?

まずは、自分がどういった形で働きたいのか、希望をしぼって求人を探しましょう。

そして、勤務地や時給などの条件が合うスクールに応募します。

採用までの流れは?

英語力や適性を見るため、採用までの面接やテストが複数回にのぼることも少なくありません。

採用決定までに時間がかかるということを理解して応募しましょう。

私は面接とテストで半日、そのあと研修兼適性検査で3日ほどスクールに通ってから採用されました。

まとめ

いかがでしたか?

子供英会話講師のイメージが湧きましたか。

楽しいことばかりではありませんが、子供が好きで英語が好き、という人にとっては夢のような職業で、子供の未来のために手助けできるという大きな手応えがあります。

ぜひ、自分に合った働き方で、夢の仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

英会話講師求人

英会話講師求人についてもっと深堀りした情報を見る

英会話講師として転職を成功させるために!狙い目な職場の3個の特徴と上手に転職するための注意点

ここ数年で日本の生活環境が大きく変化してきています。大きな原因は、日本がグローバルマーケットで競争していることだけでなく、昨今の世界的な旅行ブームにより訪日客が増えたことや東京オリピック開催に伴い、英語が必要になってきているところです。その環境変化に伴い、今まで日本語だけでよかった生活環境が大きく変わり、仕事をする上で英語を少しでも話せることが必要となってきていますし、大手企業などへ就職するのにあたり、英語が話せて当たり前の環境になってきました。日本にいながら英語を練習したい場合、多くの人は、英会話スクールに通います。英会話スクールに通う生徒が増えると英会話講師の需要が増えます。英会話講師の仕

英会話講師の年収の相場は?年収を上げるためにやるべきことも紹介します

英会話講師になりたいとか、英会話講師のように英語を話せるようになりたいと思ったことはありませんか?外国人講師との世間話や、仕事の話をしている姿を見かけて、英会話講師に憧れる人も少なくないでしょう。英会話講師の仕事に憧れている、また英会話講師の仕事をしてみたいと考える人にとって、英会話講師の収入は興味のあるところですね。そこで今回は、英会話講師の給料事情についてまとめてみました。英会話講師の給料の相場はどのくらい? 英会話講師の給料事情は意外と知られていないため、気になる人も多いことでしょう。もしくは、英会話講師は、給料面などで雇用条件が不明瞭な職業と考えられているかもしれません。実際、英会話講

英会話講師が向いている人の5つの特徴や必要なスキル・適正とは?子ども向け英会話の場合に必要な素養も解説!

子どもの英語教育に対する関心が高まっています。また、東京オリンピック開催に向けて英語の勉強のやり直しをしている大人が急増中というニュースも目にします。そんな中、自分も英語教育に携わりたい!と思っている方も多いでしょう。私は大手英会話スクールの子ども英会話講師になって数年経ちますが、やりがいと共に自身の力不足を感じることも多く、毎日が勉強です。決して誰もが簡単に務まる仕事ではないことは事実です。では、どういう人が英会話講師に向いているのか、必要な英語レベル・素養について解説します!英会話講師の仕事内容英会話講師の仕事というと、もちろんレッスンを行うことが一番の仕事となります。しかし、それだけでは

英会話講師の仕事内容をご紹介!向いてる人の特徴や活かせる経験についても教えます!

英会話講師にはどのようなイメージを持っていますか?英会話講師になりたいけれど、自分に向いているだろうかと悩んでいる人もいるでしょう。では、どんな人が英会話講師の仕事に向いているのか、また具体的な仕事内容はどんなものか、実際に働いた経験から解説します。英会話講師はどんな仕事?英会話講師とは、文字通り英会話を教える仕事です。主に英会話スクールや、学校、塾、自宅などで生徒に教えます。英会話講師の大まかな仕事内容英会話講師の仕事内容とは実際どのようなものでしょうか。まず頭に浮かぶイメージは、生徒相手に授業を行っている姿かもしれません。まさにその通りで、英会話講師は授業を行うことが一番大きな仕事です。し