英会話講師というとどういうイメージを持ちますか?

英会話講師になりたいけれど、自分に向いているのかと悩んでいる人もいるでしょう。

では、どんな人が英会話講師の仕事に向いているのか、実際に働いた経験から解説します。

「英会話講師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

英会話講師はどんな仕事?

英会話講師とは、文字通り英会話を教えるお仕事です。

主に英会話スクールや、学校、塾、自宅などで生徒に教えます。

英会話講師の大まかな仕事内容

英会話講師の仕事内容とは実際どのようなものなのでしょうか。

まずイメージするのは、生徒相手に授業を行っている姿だと思います。

英会話講師は、授業を行うことがまず大きなお仕事です。

しかし、それだけではありません。

その授業を行うための事前準備、授業後の片付け、必要な知識を得るために研修に参加したりといった授業以外の業務も数多く存在します。

また所属先によっては、イベントを主催したり、報告書作成や生徒管理などの事務的な作業もあります。

仕事上の役割とは?

英会話講師の役割とは、生徒に英語を話せる能力をつけさせることです。

メソッドなどは色々と存在しますが、最終的に生徒が必要としている英会話能力が備わっていくように、手助けをするのが英会話講師の仕事です。

英会話講師の仕事はどんな人に向いている?

英会話講師は、実際どういった人たちに向いてるのでしょうか。

具体的に挙げていきます。

教えることが好きな人

自分ができるということと、教えるということは違います。

いい講師になるには、まず教えることが好きでなければ続けるのは難しいでしょう。

できない人に寄り添って、辛抱強く教えるという作業は、想像以上に忍耐力が必要です。

英会話講師のお仕事は、教えることに楽しさとやりがいを感じることができる人に向いていると言えます。

人と関わることが好きな人

生徒さんや、生徒さんの保護者、スクールの関係者など、多くの人と関わるお仕事です。

まず、生徒さんと向き合って一緒に進めていくことが必要ですので、人とのコミュニケーションが好きな人に向いています。

人と話すのが苦手、一対一で目を合わせて会話するのが苦痛という人には、このお仕事は厳しいでしょう。

明るく笑顔の多い人

英会話講師というと、明るく朗らかなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

会話を教えるということは、同時に話し方や態度も教えることになります。

明るい雰囲気で笑顔が多いと生徒さんも安心して授業を受けることができ、人気講師となる可能性が高まります。

「英会話講師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

英会話講師の仕事で活かせる経験

英会話講師は、どんな仕事経験を活かすことができるのでしょうか。

転職者の多い業界なので、全く違う業界からの転職もよく聞きます。

具体的に挙げてみます。

外資系企業勤務

仕事で英語を日ごろから使っていた経験を活かせます。

実際に仕事場でどういった英語が役に立っていたか、身をもって経験しているので、ビジネス英語を学びたい人に的確なアドバイスができます。

保育士、幼稚園の先生

主にジュニア英会話講師として、経験が活かせます。

私はジュニア英会話講師をしていましたが、実際に現場で必要なのは、高い英語力よりも子供達をいかにまとめるかという能力です。

まず子どもたちが集中してくれないと、授業になりません。

私は必要性を感じ、保育士の資格を取得しました。

そこで得た知識が実際の授業にとても役立ちました。

接客業

高いコミュニケーション能力が必要な仕事ですので、接客業の経験があれば活かすことができるでしょう。

接客業の経験があれば、生徒から信頼される人気講師になるために必要な要素の一つを身につけていると言えます。

英会話講師として働くメリットとは?

生徒が成長していく手助けができる

講師という仕事のやりがいを感じる瞬間というのは、生徒さんの成長を身近で感じられる時ではないでしょうか。

自分が教えることで生徒さんが英語を習得いていく姿を見ることができ、一緒に喜び合えるのは最高のメリットです。

色々な人と出会える

英会話講師という仕事を通して、色々な人間関係の輪が広がるでしょう。

生徒だけに限らず、研修で他の講師と知り合うこともあります。

私の経験から、英会話講師をしている人や英会話に関わってる人には、ちょっと面白い経歴の人が多くいます。

自信の能力をのばせる

英語講師を目指す人の多くは、仕事を通して自身も勉強できると考えるのではないでしょうか。

自分は英語が話せても、教えるということは簡単ではありません。

授業をするためには常に自分も勉強し続けなければなりませんから、自身を向上させるお仕事として、英会話講師はとてもおすすめです。

「英会話講師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

英会話講師としてキャリアアップしていくには、人気講師になることです。

人気がでれば給料も上がるでしょう。

人気講師としてキャリアを積む事によって、場合によっては教材開発に関わったり、キャリアアップにつながっていくチャンスが広がります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

英語力とコミュニケーション能力を活かして他業種への転職という道もあります。

営業職や接客、また英語を活かして外資系企業などの幅広い選択肢があるでしょう。

自分にあった英会話講師の求人の選び方や注意点

英会話講師の求人は数多くあります。

後悔しないために、どういった点に注意して仕事探しをすれば良いのでしょうか。

【選び方①】雇用形態から探す

正社員、パート、契約社員など、働き方は様々です。

決まった時間や期間だけ働きたい人にはパートなどがいいでしょう。

しっかり稼ぎたい人は正社員など、自分に合った働き方を探してみましょう。

【選び方②】給与や雇用条件から考える

給与も時給制や月給制、授業のコマ数制など様々です。

よく確認して考えましょう。

【選び方③】プライベートやオンラインなど、レッスンの形態から考える

教え方も多様化しています。

自宅でスカイプなどを使ってスキマ時間に教えるという方法もあります。

プライベートレッスンオンリーのスクールもありますので、自分がやってみたいレッスン形態から探してみるのも良いでしょう。

【選び方④】エリアから考える

自分の住んでいる地域や、働いてみたいエリアから探す方法です。

英会話スクールは数多くあるので、まずはエリアをしぼるのはおすすめです。

【選び方⑤】好きなスクールから考える

スクールのイメージだったり、周りの人からの評判で好感を持っているスクールに応募する方法です。

好きなところで働くというのは、やる気にもつながりますから、いいなと思うスクールがあれば、求人が出ているかチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

英会話講師を目指したけれど、自分に合っているかわからない人も多いかと思います。

大変なお仕事ではありますが、熱意があればきっとやりがいを感じられるはずです。

ぜひがんばってみてください!


関連キーワード

英会話講師求人

英会話講師求人についてもっと深堀りした情報を見る

英会話講師として転職を成功させるために!狙い目な職場の3個の特徴と上手に転職するための注意点

ここ数年で日本の生活環境が大きく変化してきています。大きな原因は、日本がグローバルマーケットで競争していることだけでなく、昨今の世界的な旅行ブームにより訪日客が増えたことや東京オリピック開催に伴い、英語が必要になってきているところです。その環境変化に伴い、今まで日本語だけでよかった生活環境が大きく変わり、仕事をする上で英語を少しでも話せることが必要となってきていますし、大手企業などへ就職するのにあたり、英語が話せて当たり前の環境になってきました。日本にいながら英語を練習したい場合、多くの人は、英会話スクールに通います。英会話スクールに通う生徒が増えると英会話講師の需要が増えます。英会話講師の仕

英会話講師の年収の相場は?年収を上げるためにやるべきことも紹介します

英会話講師になりたいとか英会話講師のように英語を話せるようになりたいと思ったことはありませんか?英会話講師は学校によって外国人講師と世間話や、仕事の話をしている姿を見かけて憧れている人や憧れたことがある人は少なくないと思います。英会話講師の仕事に憧れている人や英会話講師の仕事をしてみたいと考えている人はいるかと思いますが、英会話講師が一体どれくらい給料をもらえるのか知りたいところです。英会話講師の給料って実は知っているようで知らない人が多いのではないでしょうか?今回は、英会話講師の給料事情についてまとめてみましたので紹介します。英会話講師の給料の相場はどのくらい? 英会話講師の給料って意外と知

子供英会話講師求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

子供英会話講師求人はどのようなお仕事なのでしょうか。人気の職業ですが、目指している方たちにとって気になることは色々あるでしょう。大手英会話スクールの子供英会話講師として働いた経験から、私が疑問について詳しく解説します!子供英会話講師のおおまかな仕事内容子供英会話講師のお仕事というと、どんなイメージを描くでしょうか。やはり、子供たちと楽しく歌を歌ったり、英語の本を読んであげている様子を想像する方が多いと思います。しかしそれだけではなく、実は多くの仕事をこなしています。おおまかな仕事内容まずはレッスンをすることが一番重要な仕事です。そのために、事前に教材の準備をしたり、予行練習をしたり、歌やダンス

英会話講師が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?子供向け英会話の場合に必要な素養も解説!

子どもの英語教育に対する関心が高まっています。また、東京オリンピック開催に向けて、英語の勉強のやり直しをしている大人も急増中というニュースも目にします。そんな中、自分も英語教育に携わりたい!と思っている方も多いでしょう。私は大手英会話スクールで子ども英会話講師をするようになって数年経ちますが、やりがいを感じると共に自身の力が足りないと思うことも多く、毎日が勉強です。決して誰もが簡単につとまる仕事ではないことは事実です。では、どういう人が英会話講師に向いているのか、必要な英語レベル・素養について解説します!英会話講師の仕事内容英会話講師の仕事というと、もちろんレッスンを行うことが一番の仕事となり