ここ数年で日本の生活環境が大きく変化してきています。

大きな原因は、日本がグローバルマーケットで競争していることだけでなく、昨今の世界的な旅行ブームにより訪日客が増えたことや東京オリピック開催に伴い、英語が必要になってきているところです。

その環境変化に伴い、今まで日本語だけでよかった生活環境が大きく変わり、仕事をする上で英語を少しでも話せることが必要となってきていますし、大手企業などへ就職するのにあたり、英語が話せて当たり前の環境になってきました。

日本にいながら英語を練習したい場合、多くの人は、英会話スクールに通います。

英会話スクールに通う生徒が増えると英会話講師の需要が増えます。

英会話講師の仕事は、ネイティブの外国人だけでなく、日本人でも英会話講師の仕事をしている人がいます。

英会話スクールに通う生徒や学生から見て英会話講師は憧れる仕事の一つというケースもあります。

今回は、英会話講師への転職についてまとめてみました。

英会話講師への転職で狙い目な職場の特徴とは? 

英会話講師へ転職するのに狙い目の職場はどのようなものがあるのでしょうか?

英会話講師を目指す人からすると職場は大手の英会話学校を洗濯しがちです。

もちろんそれが間違いではありません。

大手英会話学校は生徒がしっかり確保されているのと授業のインフラが整っているため働きやすいことは間違いないかと思います。

ただ、大手英会話学校でなくても英会話講師になるために狙い目の職場があります。

ここでは英会話講師として転職するのにおすすめの職場を紹介します。

オンライン

ここ数年、英語や外国語を学習するツールとして浸透してきているのがスカイプなどのSNSを活用したオンラインスクールです。

オンラインスクールで英会話講師になることは、英会話スクールに必ずしも出向く必要はなく、出勤対応可能な時間帯で講師をすることができるため、狙い目の職場です。

基本的にオンラインで生徒を相手にするため、職場で待機することもなく、自宅で勤務することも可能です。

子供向け英会話講師

大人の英語のニーズは高いですが、ある程度知識を持っている人を教えると細かな質問に疲れる人もいます。

もっと楽しく英語を教えたいと考えている人におすすめなのは子供向け英会話講師です。

英会話の基礎の基礎を子供に楽しく教えながら英語を好きになってもらう、英語に抵抗をなくしてもらうように工夫するなどやりがいのある職場なので狙い目です。

個人対象英会話講師

もう一つの狙い目は、個人対象英会話講師です。

英会話スクールの個人レッスンとは違い、個別で生徒とカフェやレストランなどで英会話レッスンを行うタイプです。

ネイティブ講師の割合が高いですが、英会話講師として比較的時間に融通の利いて働く場所を選べることから狙い目の職場です。

英会話講師への転職方法

英会話講師になりたいと思ったら、英会話講師に憧れたら、どうやってなっていいのか気になります。

しかし、英会話講師になるためにはどうしたらいいのか具体的にはわかりません。

転職サイトをチェックして応募すればいいのか、転職エージェントに相談すればいいのか、それとも自ら英会話学校のHPで採用情報をチェックするのかどうすればいいのか悩みどころです。

もちろんどれも正解ですが、ここではせっかくなので英会話講師になるための転職方法を紹介していきます。

どのような英会話講師になりたいかイメージを作り上げる

まず、漠然と英会話講師になりたいと思っても具体的にどういう英会話講師になりたいのかイメージする必要があります。

もちろん、英会話講師になりたいと思って応募することも間違いではありませんが、英語をこれから生徒に対して教えていくため、自分自身がどういう英会話講師として英語を生徒に教えていきたいか具体的にイメージしておくことで次のステップが明確になります。

まずはどのような英会話講師になりたいのかについてイメージしてみましょう。

求人募集をチェックする

どういう英会話講師になりたいのかイメージが出来上がったところで次は実際に求人募集をチェックすることです。

英会話講師の経験があれば問題ないのですが、他の仕事をしていて英会話講師に転職したいケースは、未経験者を受け付けてくれる英会話スクールや運営会社でなければなりません。

まずは求人募集をチェックしてどういう条件の英会話講師の求人があるのかについて調べてみましょう。

転職エージェントに相談する

求人募集をチェックしていてもどの募集がいいのかなかなかわからない、決められない人は少なくありません。

特に他の仕事しかしてこなかったけど、これから英会話講師になりたい人はどの求人が自分に向いているか頭を悩まします。

また、現在の仕事をしながら英会話講師へ転職活動をする場合は、時間がかなり限られるため、思い切って転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントが代わりに適した英会話講師の求人を探してくれますので時間や手間を削減して効率よく英会話講師の仕事を探すことができます。

英語関連の資格試験を受験しておく

英会話講師になりたい人は、英語関連の資格試験は一通り受験して資格を取得しておくことが大切です。

英会話講師を募集する際、応募の段階で英語力に条件をつけるところがほとんどです。

言語は何も証明するものがないので「できます」だけでは信憑性がなく、書類選考で落とされてしまう可能性が高いため、何か証明となる英語関連の資格試験を取得しておくべきです。

ただし、英語関連の資格といってもマニアックなものではなく、TOEIC、TOEFLや英検など知名度の高い資格試験の取得がおすすめです。

実際に求人に応募して採用試験を受験する

英会話講師になるためにはまず、求人に応募しなければ何も始まりません。

下準備が終わって気になる求人がいくつかあるなら一つ一つ応募していきましょう。

面接などの採用試験を実際に受けていく中で「ここで働いてみたい」と思うこともあれば、「イメージしていたのと違うからここではなく他にしようかな」など自分なりに考えや結論が出る可能性もあります。

ある程度準備ができているならどんどん積極的に採用試験にトライしていきましょう。

会社の研修を受講する

英会話講師に転職するためには、採用試験に合格したら終わりではなく合格後実際に生徒へ授業するまでに会社の研修を受ける必要があります。

会社の研修をしっかり学習して英会話を教えるノウハウを身につけてから生徒に英会話を教えていくことで英会話講師としての第一歩を踏み出すことができます。

英会話講師への転職で準備・勉強しておくべき5個のこと

英会話講師へ転職するために何をやっておけばいいのでしょうか?

英会話講師になりたい、転職したいと思っても何から始めていいのかわからないことがあります。

先ほどは英会話講師の転職方法について紹介しました。

英会話講師の転職方法はわかって頂いたかと思いますが、ここではもう少し具体的に英会話講師へ転職するためにするべき準備などについて紹介していきます。

英語関連の資格試験を取得しておく

英会話講師になるためにネイティブでない限り、英語力の証明が必要になります。

特にTOEICもしくはTOEFLの点数は応募時にほぼ確実に聞かれるため、事前に英語関連の資格試験を受験し、資格取得しておくと後々役立ちます。

また、実際に生徒を受け持つと生徒から英会話講師がどのような資格を持っているのかについて聞かれることがあります。

生徒との会話のためにも資格取得はおすすめです。

なぜ英会話講師に転職したいのかを自問自答する

英会話講師以外の仕事をしている人が英会話講師に転職する場合、今一度なぜ英会話講師になりたいのかを考えてどういう英会話講師になりたいのかイメージしておく必要があります。

具体的なイメージを描いて英会話講師になりたい理由を明確化することで英会話講師になるための目標がはっきりしますし、なるまでの道のりを明確にすることができます。

加えて明確なイメージや考えを持つことで英会話スクールの方針と共感するようなところがあれば比較的転職希望先が探しやすくなります。

転職が決まったら現職の引き継ぎの準備をする

英会話講師の仕事が決まったらそこで終わりではありません。

転職の場合は、現職の仕事を他の人に引き継がなければなりません。

英会話講師の経験がなく、英会話講師に転職すると準備することや勉強することが多いため、現職をないがしろにしてしまいがちですが、今までお世話になったところにきちんとけじめをつけれないようでは英会話講師として成功することは難しいといえます。

それは一つの仕事を最後までしっかりできない人が英会話講師として生徒一人一人としっかり向き合うことができない可能性が高いからです。

転職が決まったら引き継ぎのスケジュールを始め、引き継ぎ準備をしっかりとしましょう。

退職までの過ごし方をスケジュール化する

英会話講師の仕事が決まったら退職までの過ごし方をスケジュール化する必要があります。

英会話講師になるためには準備することや勉強することが他にもあり、忙しくなりますが、スケジュールを作らず闇雲に目の前のタスクをこなしていても埒があきませんし、効率が悪くなります。

退職までに何を優先して何を後回しにするのかしっかりとスケジュールに落とし込むことで退職までの時間を有意義に使うことが可能です。

自主的に英語を教える方法について考える、学習する

英会話講師の仕事が決まったら、転職する日までに自主的に英語を教える方法について考えたり、学習したり準備しておくと転職後の活動がスムーズになります。

英語を教えることは簡単なようで難しく、自分が思うように進みません。

それは生徒の習熟度や目標が人によって違うため、考えもしなかった要望や目標があったとしても柔軟に対応しなければなりません。

また、英語が話せるからイコール英語がきちんと教えれるとは限らないため、英語教育の基礎を自分なりに学習しておくことは大切です。

英会話講師への転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

英会話講師へ転職した際、年収を少しでも上げるためにやるべきことはあるのでしょうか?

答えはもちろんあります。

英会話講師としてキャリアをスタートさせるなら誰もが少しでも年収を上げるための方法を模索します。

ここでは英会話講師へ転職する際、年収を少しでも上げるための方法について紹介していきます。

TOEICやTOEFLの点数を上げる

TOEICやTOEFLは英語学習者にとってはメジャーな資格で世界的に役立つ資格です。

最近はほとんどの日系企業でも昇進の条件にTOEICの点数がある程度なければ昇進できなくなってきています。

そのため、英会話スクールに通う人の中にもTOEIC対策をしたいと考えている人は少なくありません。

TOEICやTOEFLの点数をあげておくことでTOEIC対策やTOEFL対策ができることをアピールできますし、通常の授業とは違う対策クラスを受け持たせてもらえることで給料をプラスしてもらえる可能性があります。

自分にあった英会話講師の求人の選び方や注意点

最後に英会話講師の求人で注意点や選ぶ方についてまとめてみました。

雇用待遇

雇用待遇は、英会話講師募集欄できちんとチェックする必要があります。

特に残業手当があるか、交通費は全額支給されているか、有給が取れるか、賞与があるかどうかなど待遇面のチェックはしっかりとしましょう。

雇用形態

どの雇用形態で英会話講師をしたいのかも大切なポイントです。

英会話講師をしてみたい英会話スクールが契約社員しか募集していなかった場合、雇用待遇は正社員と異なってきます。

どの雇用形態がいいのか、どの雇用形態で募集されているのかはしっかりとチェックしておきましょう。

まとめ

今回は英会話講師への転職を成功させるためのポイントを色々と紹介してきました。

他の仕事から英会話講師に転職する場合は、英語力や指導力を問われますので未経験の場合、最初は仕事に慣れるまで苦労するかもしれません。

また、他の仕事から転職の場合は、英会話講師になりたい動機を今一度明確にしておく必要があります。

途中で挫折してしまったり、英会話講師の仕事を辞めたくなったりしないように目的や動機を明確にしておくことで将来のステップアップにもつながります。


関連キーワード

英会話講師求人

英会話講師求人についてもっと深堀りした情報を見る

英会話講師の年収の相場は?年収を上げるためにやるべきことも紹介します

英会話講師になりたいとか英会話講師のように英語を話せるようになりたいと思ったことはありませんか?英会話講師は学校によって外国人講師と世間話や、仕事の話をしている姿を見かけて憧れている人や憧れたことがある人は少なくないと思います。英会話講師の仕事に憧れている人や英会話講師の仕事をしてみたいと考えている人はいるかと思いますが、英会話講師が一体どれくらい給料をもらえるのか知りたいところです。英会話講師の給料って実は知っているようで知らない人が多いのではないでしょうか?今回は、英会話講師の給料事情についてまとめてみましたので紹介します。英会話講師の給料の相場はどのくらい? 英会話講師の給料って意外と知

子供英会話講師求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

子供英会話講師求人はどのようなお仕事なのでしょうか。人気の職業ですが、目指している方たちにとって気になることは色々あるでしょう。大手英会話スクールの子供英会話講師として働いた経験から、私が疑問について詳しく解説します!子供英会話講師のおおまかな仕事内容子供英会話講師のお仕事というと、どんなイメージを描くでしょうか。やはり、子供たちと楽しく歌を歌ったり、英語の本を読んであげている様子を想像する方が多いと思います。しかしそれだけではなく、実は多くの仕事をこなしています。おおまかな仕事内容まずはレッスンをすることが一番重要な仕事です。そのために、事前に教材の準備をしたり、予行練習をしたり、歌やダンス

英会話講師が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?子供向け英会話の場合に必要な素養も解説!

子どもの英語教育に対する関心が高まっています。また、東京オリンピック開催に向けて、英語の勉強のやり直しをしている大人も急増中というニュースも目にします。そんな中、自分も英語教育に携わりたい!と思っている方も多いでしょう。私は大手英会話スクールで子ども英会話講師をするようになって数年経ちますが、やりがいを感じると共に自身の力が足りないと思うことも多く、毎日が勉強です。決して誰もが簡単につとまる仕事ではないことは事実です。では、どういう人が英会話講師に向いているのか、必要な英語レベル・素養について解説します!英会話講師の仕事内容英会話講師の仕事というと、もちろんレッスンを行うことが一番の仕事となり

英会話講師の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

英会話講師というとどういうイメージを持ちますか?英会話講師になりたいけれど、自分に向いているのかと悩んでいる人もいるでしょう。では、どんな人が英会話講師の仕事に向いているのか、実際に働いた経験から解説します。英会話講師はどんな仕事?英会話講師とは、文字通り英会話を教えるお仕事です。主に英会話スクールや、学校、塾、自宅などで生徒に教えます。英会話講師の大まかな仕事内容英会話講師の仕事内容とは実際どのようなものなのでしょうか。まずイメージするのは、生徒相手に授業を行っている姿だと思います。英会話講師は、授業を行うことがまず大きなお仕事です。しかし、それだけではありません。その授業を行うための事前準