「看護大学教員」ってちょっとイメージしづらい職業ですよね。

看護師を養成する際、以前は専門学校での教育がほとんどでしたが、現在は大学での看護師養成が主流になってきています。

その分、看護大学教員の需要も増え、現在は様々な大学が「看護学科」を新たに創設し、教員の募集を行っています。

看護師のキャリア形成のひとつとして選択肢に上がりやすくなってきた「看護大学教員」について、その募集内容や求人のポイントについて解説していきます。

看護大学教員のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

看護大学とは、看護師の養成を大学の教育過程で行う場のことをいいます。

看護師の養成課程には、主に大学での「講義」と現場での「実習」があり、これは看護師の国家資格を管理する厚生労働省が定めているものです。

ですので、看護大学教員としては「講義」と「実習」の教育を担当する必要があります。

またその他に、「研究」と「大学運営」に携わる必要があります。

「研究」はその名のとおり、研究を実施し、論文作成を行う仕事です。

「大学運営」とは入試や学生対策、地域との連携や学生の国家試験対策など、委員会やプロジェクトチームなどに属し、役職に応じて運営に関わっていく仕事のことをいいます。

看護大学教員は大学でどういう役割を求められる?

「大学教員」というのは一般的に「教育職員免許状」、いわゆる教員免許を持っている必要がありません。

つまり多くの大学教員は、「教員」として採用されているわけでなく、「研究者」として大学に採用されています。

看護大学教員はまず、看護に関する「研究成果」を上げていくという役割が大学から求められ、その「研究成果」により大学の知名度や社会への貢献度に寄与していく役割が期待されています。

その上で、自身の研究や研究テーマに根差しつつ、学生に対して「講義」や「実習」を行い、看護師を養成していく役割を担っています。

看護大学教員求人にはどんな種類があるの?

看護大学教員の求人の特徴は、「常勤」と「非常勤」に分けての募集が多いことです。

一般的な企業と同様に、「常勤」と「非常勤」とでは求められる業務や給与面など待遇が異なります。

その上で「職位」と「専門領域」の2種類の求人募集があります。

「職位」とは、教授、准教授、講師などといった、一般的な大学教員の組織における地位に当たるものです。

基本的にどの職位にも、常勤・非常勤があります。

働き方(待遇や給与面)が変わるだけなので、例えば教授で非常勤の方もごく希にですが、いたりします。

しかし、領域のトップが非常勤というのも信頼等に関わりますので、基本的に「教授」「准教授」「講師」の管理、運営も担う職位の方々はほぼ常勤で働いているようです。

一方「助教」「助手」といった、いわゆる実働が多い若手教員については、「大学側の金銭的あるいは教員数の都合」や「個人の実績が足りない」などの理由で、非常勤の方も多くいます。

結果的に、非常勤の求人は、ほぼ「助教」か、多くは「助手」の職位での募集が多いです。

また「専門領域」とは、「基礎看護学」や「急性期看護学」「小児看護学」などの看護の分野によって、求人の種類が分けられています。

看護大学教員求人の募集でよくある職位

看護大学教員の求人は、基本的に「紹介・スカウト」が多い業界です。

特に教授や准教授などの高い職位は、あまり求人募集に載ることはなく、一般的に求人募集に載るのは、助教や助手、あるいは非常勤の募集が多くなります。

そのほか、人手が必要であったり、新たに創設されたりした「専門領域」は比較的募集が多い傾向にあります。

例えば、採血や点滴などの基本的な手技を学習する「基礎看護学」や、昨今注目されている在宅医療の分野である「在宅看護学」などの領域が当てはまります。

参考までに、看護大学教員の各職位について、以下で簡単に解説します。

教授

「基礎看護学」や「急性期看護学」「小児看護学」などといった各専門領域でそのトップを務める職位で、一般的にひとつの領域に教授は一人しかいません。

大学運営にも深く関わり、「教授会」といったような大学や学科の意思決定を行うような会議のメンバーでもあります。

教授になるには、大学院で「博士過程」を修了していること、論文を5~10本以上発表していることなどが必要になってきます。

准教授

教授に次ぎ、領域のナンバー2を務める職位です。

教授が大学や学科全体運営に携わるのに対して、准教授は領域運営の中を担うことが多く、例えば、実習先との契約や交渉、講義のスケジュールの作成などを担当します。

ポスト教授といった立場で、教授に向けての準備期間のような職位でもあり、准教授になるには教授とほぼ同様の条件が必要になります。

講師

准教授がいない領域では、講師が准教授の役割を担う場合が多いです。

准教授になるための条件(大学院の「博士過程」の修了、論文の5~10本以上の発表等)は整っていないが、着実にその達成に向けて実績を積んでいる人などが講師の職位に就くことが多いです。

助教

教授、准教授、講師のサポートを自律的に行う役割がある職位です。

看護大学教員の「若手」といったところで、講義や実習の担当の他に、教授等の指示のもと、領域運営の実働を行います。

助教になるためには、一般的に大学院の「修士課程」の修了と、最低1本以上の論文発表が必要です。

助手

教授、准教授、講師、助教のサポートを行う役割がある職位です。

場合によっては、実習や講義を担当することもあります。

助教になるための条件(大学院の「修士課程」の修了、最低1本の論文発表)は整っていないが、病院などでの豊富な実践経験などが評価されて助手になる人が多いです。

非常勤教員

常勤の看護大学教員のサポートを行う役割がある職種です。

仕事の内容は助手とほぼ同様の内容で、場合によっては実習や講義を担当することもあります。

大学や領域の運営に関わることは少なく、責任を負わされるような業務は少ない分、雇用形態は時期毎の契約となるので、不安定な部分もあります。

公立大学と私立大学による違い

看護大学教員は、職種だけでなく働く場の種類でも違いが出てきます。

一般的な公立大学と私立大学の大きな違いは「大学教員の数」です。

公立大学は私立大学に比べて大学教員の数が少なく、その分一人の大学教員が担わなければならない役割が多い傾向にあります。

その一方、入学してくる学生のレベルが高いため手がかからない学生が多く、大学教員の本来の業務である「研究」に費やす時間が比較的多い傾向にあります。

私立大学は公立大学に比べ大学教員の数が多い分、講義や実習などの「教育」に力を入れている傾向が強く、「教育」が手厚い分、「研究」に費やす時間が圧迫されるといった傾向にあります。

「研究」をとるか「教育」をとるか、自分が特に力を注ぎたいことを実践できる勤務先を選択することが、看護大学教員の求人募集へ応募する際に必要になってくると思います。

看護大学教員求人でよくある募集内容とは?

看護大学教員の職位や勤務先によって、働き方や仕事内容が異なってくることについて解説を進めてきたところで、次は気になる給与や休日に関して解説を行っていきます。

給与相場

給与は、先に解説した「職位」によって相場が異なってきますが、一般的に看護大学教員の給与は「前職の給与を担保する」ことが多いです。

例えば、病院勤務や他の大学での勤務等、前職の給与が600万円であった場合、看護大学教員になった際の給与が600万より低く設定されることは少ない傾向にあります。

これは、「紹介」や「スカウト」が多い大学業界において、大学教員を確保するための仕組みの一つでもあると言えます。

参考までに、各職位の給与の平均を以下にあげます。

教授

平均1000~1200万円前後

准教授

平均800~900万円前後

講師

平均600~700万円前後

助教

平均500~600万円前後

助手

平均400~500万円前後

非常勤教員

時給1500~2000円前後

勤務時間や休日、残業

看護大学教員は、基本的に暦通りの勤務・休日となりますが、勤務した大学の講義や実習の仕方によっては、土日や祝日の出勤もありえます。

また、看護大学教員の特徴的な働き方のひとつとして、「裁量労働制」である、ということがあります。

「裁量労働制」とは、簡単に言えば「働くペースを自分で決める」働き方です。

例えば、9時が出社時間で17時が定時の終業時刻である、といったような実労働時間で働くのではなく、忙しい時は終電近く、あるいは泊まり込みで仕事をするが、比較的仕事が落ち着いているときは早めに帰宅する、といった働き方を指します。

これは、様々な時間帯や季節、場所で行う「研究」を主な仕事のひとつとしている大学教員ならではの働き方であると思います。

一見、「仕事のペースを自分で決められるなんて自由でいい!」と思うかもしれませんが、明確な出退勤時間が無くなる分、実労働時間に応じた残業代が発生しないため、働いている時間に対して給料が見合わない、といった問題も生じることがあります。

柔軟に働き方を変えられる分、仕事の配分や効率性を考えないと、ワーカホリックに陥りやすいリスクもある働き方であると思います。

また、実習期間中などは、実習時間に合わせて出勤する必要があるため、年間を通して自由に出退勤時間を調整できるわけではありません。

福利厚生

福利厚生も勤務する大学によりますが、大学は保養所や関連施設を有している場合が多く、その施設を使用できるメリットがあります。

また、大学の夏休みなどの休業期間は、比較的勤務時間が調整しやすいので、有給休暇も比較的取りやすい職種であると思います。

勤務場所

「講義」の際は大学、「実習」の際は実習病院や施設、「研究」の際は研究施設、など看護大学教員が勤務する場所は仕事の内容によって様々ですが、基本的な勤務の拠点は「大学」になります。

看護大学教員が扱う仕事の内容はパソコンで処理するものが多く、且つ個人情報が含まれているものが多いです。

なので外部で仕事をする、といったよりは主な仕事は大学のデスク、あるいは研究室で行うことになります。

求められる人物像

自分が「やりたいこと、探求したいこと」がはっきりしている人

看護大学教員は「研究」が主な仕事になっていきます。

ゆえに、科学的、論理的な思考はもちろんですが、何より探究心や看護に対する熱意といった、仕事をするエネルギーを秘めていることが大切です。

自分の意見を伝えられる人

多くの看護大学教員は、それぞれに自分の大切にしていることや考え方をもっています。

そのような環境では、うまく周りに染まったり流されることによる評価は得られにくく、自分の意見を主張できることが重要とされます。

必要なスキルや資格、経験

看護大学教員に必要なのは、看護の「実務経験」と「研究能力」です。

一般的に「実務経験」は、病院などの現場で3~5年以上の勤務経験が必要とされることが多いです。

「研究能力」は大学院の「修士課程」の修了が最低限求められます。

教授、准教授などの高い職位は「博士課程」の修了が必須となってきます。

看護大学教員のおすすめ求人のポイント

「職位」に見合った募集内容であること

看護大学教員の業界は、なり手が不足している傾向にあります。

一方で国は看護師養成に力を注いでおり、看護大学は年々増加している傾向にあります。

このような状況の中で、簡単にいうと、「なりふり構わない」求人も散見されます。

例えば、「准教授」の求人であるのに「博士課程」の修了を求めていない内容や、「助手」の求人で「実務経験」が1年や2年でも良いと記載されているような求人は、相当の人手不足が生じている大学である可能性があります。

そのような大学に勤務した場合、想定以上の仕事量を任されてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

求人を出している大学の該当領域に、教授が在任していること

トップがいない領域は、相応の混乱が予想されます。

求人への応募を考える際は、その該当領域に、ちゃんとした上司がいるかどうか調べるようにしましょう。

また、教授、准教授、講師・・・、といったようにひとつの領域で、様々な職位の応募が出ている求人は注意が必要です。

その領域が新設でない場合には、教授を筆頭にまるまる全員退職している可能性があり、ゆえに混乱が予想される職場である可能性が高いので、自分が希望する職位以外の求人もよく見ることが重要です。

自分に合った看護大学教員の求人の選び方や注意点

【選び方①】雇用形態から探す

先にも述べましたが、常勤、非常勤の雇用形態で待遇や給与は大きく変わってきます。

一般的に非常勤での雇用は、常勤のサポート役となる場合が多く、「看護大学教員としての実務経験」としてカウントされない場合も多いです。

生涯の職業として看護大学教員を目指す場合、常勤の求人をオススメします。

【選び方②】職位から探す

自分の「実務経験」と「研究能力」を考慮しながら、目指せる職位を考え、求人を探すようにしましょう。

【選び方③】担当領域から考える

自分が経験してきた「実務経験」や「研究のテーマ」などから担当領域を考え、求人を選ぶようにしましょう。

例えば、「実務経験」の多くは小児看護を実践してきた場合、「小児看護学領域」が応募しやすい求人となると思います。

【選び方④】エリアから考える

主な勤務地は大学となりますが、実習などでは遠方のエリアに出勤する可能性がでてきます。

大学の場所だけでなく、どのようなエリアに実習に行っているかも注意して求人を探すことをオススメします。

看護大学教員求人についてよくある疑問

看護大学教員についての疑問にお答えします。

応募方法は?

基本的には「紹介」や「スカウト」が多い業界ではありますが、求人サイトなどに掲載されている場合も多いです。

「紹介」や「スカウト」は、大学院の在籍中にその機会があることが多いです。

面接でよく聞かれることは?

面接で多く聞かれることは、「研究」についてです。

研究成果が出世にも関わってくる職種ですので、研究テーマについてや、現在の研究の実績などについての内容を多く聞かれます。

未経験でもできる?

「助手」や「助教」といった職位なら、未経験から始めることができます。

講義や実習などの教育については、就職後に経験し、力をつけていくことを期待されることが多いです。

一方、研究については、大学院の修了や、在籍中でありその能力を養っていることを求められることが多いです。

まとめ

以上、看護大学教員について、その仕事内容や、求人の募集内容、求人のポイントについて解説しました。

一見、「教育」に重きがありそうな職種ですが、その仕事内容の主なものは「研究」になります。

そして「頭の良さ」を求められそうな職種のイメージもあるかと思いますが、一番重要なのは、看護に対する探究心や好奇心、教育などへの「熱意」を持っていることだと思います。

その「熱意」は、研究をする上でも重要なエネルギーになります。

社会的にも必要とされている職種のひとつだと思いますので、多くの方が仕事に就けることを願っております。


関連キーワード

教員求人

教員求人についてもっと深堀りした情報を見る

教員補助員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

教員補助員というお仕事を知っていますか?小中学校などに配置されており、学校の先生の補助をするお仕事です。補助と一言に言っても、その仕事内容は多岐にわたっています。この記事では、教員補助員求人のお仕事について詳しく解説していきます。教員補助員求人の仕事内容とは?現在、学校現場で活躍されている小中学校の先生方はとても多忙な日々を送っています。本来、先生の仕事の中核は教材研究をし、より良い授業を行うことで子ども達の学力を向上させ、安心して過ごせる学級経営をし一人一人の子ども達をの学校生活を尊重することです。しかし、配付物を印刷したり、集金を数えてお釣りを用意したり、廊下に貼る掲示物を作成したり、テス

小学校教員の転職はどうすればいい?方法と転職成功のためにやるべき3個のことを紹介します

小学校に限らず、教員からの転職を考えている人は多いようです。しかし、安定した職を捨てて新しい職種へチャレンジするのですから、かなりの勇気と思い切りが必要です。そのために、いろんな情報をしっかり下調べしておかなければなりません。そんな皆さんのお役に立てるよう、教職からの転職成功のための方法などを紹介します。教職を辞めて、新しい仕事を始めるとしても、できれば教壇に立っていた経験をそのまま生かせる職種がいいですよね。実際に教職から他の職へうまく転職できた例として、民間の塾の先生、家庭教師、教材会社のスタッフ、児童相談員、学童保育員、学習支援員などがあります。事務室の先生や、コツコツと正確に事務仕事を

養護教諭の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

学校の保健室に在中し、児童生徒の心身の健康をサポートする「養護教諭」。ドラマや漫画でもよく登場する職業ですが、いったいどのような仕事をするのか、どのような人に向いているのか、詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。ここでは、養護教諭の仕事内容について解説しながら、どんな人に向いているお仕事なのか考察したいと思います。「養護教諭」が自分に向いているか診断するにはこちら →養護教諭の仕事ってどんな仕事?養護教諭は、児童生徒の心身の健康のために、健康診断の計画や傷病の救急処置、健康相談やカウンセリングなどを行う仕事です。「教諭」と示されているように教育職で、中学や高校での「保健科」の授業を担