子供たちが毎日通い、10代までの人生の大半を占める学校生活。

その生活を導くのが教員です。

「学校の先生はブラック」なんて言われてしまうこともありますが、思春期真っ盛りの子供たちの成長にあゆみよる責任感もあり、面白みのある教員の仕事。

「中学校の先生になりたい!なるにはどうすればいいの?」の疑問に答えていきます。

中学教師になるには?

「先生になりたい!」という熱い気持ちはもちろん必要ですが、教員になるためには資格が必要です。

さらに、資格を持っているだけでは教員にはなれませんので、採用試験を受け、合格しなければなりません。

詳しく見ていきましょう。

中学教師になるために必要な資格は?

必要な資格は各都道府県の教育委員会から付与される「教員免許」です。

免許状取得のためには、大学の教職員養成課程をすべて受講し、単位を取得しなければなりません。

教員免許状の種類には普通、特別、臨時の3種類があります。

「普通免許状」には、小、中、高、特別支援学校及び幼稚園の教諭並びに養護教諭及び栄養教諭の免許状があり、それぞれ専修、1種、2種(高等学校教諭の免許状は、専修及び1種)に分かれています。

高校卒業後に進学できる学校のうち、教員免許が取得できるのは主に大学・短大・大学院です。

大学では一種免許、短大などでは二種免許、大学院では専修免許を取得することができます。

一種免許と二種免許では教えられる科目や仕事の内容などの違いはありませんが、取得単位数が異なります。

二種免許で採用されたのち、必要単位を取得して一種免許を取るのが一般的です。

専修免許は、修士号を取得した人が得られる免許で、教えられる科目や仕事の内容は一種・二種・専修のどの免許でも同じです。

社会的経験のある者が推薦される「特別免許状」と助教諭に与えられる「臨時免許状」は、授与された都道府県内の学校のみが有効範囲です。

ここからは、「普通免許状」について、詳しく書いていきます。

受験資格

大学の教職員養成課程をクリアする必要があるので、まずは教職員養成課程を持つ大学に入学し、養成課程を漏れなく受講することが、教員免許申請への受験資格と言えるでしょう。

資格取得ルート

「教員免許状を取得するためには、取得したい免許状に対応した教職課程のある大学・短期大学等に入学し、法令で定められた科目及び単位を修得して卒業した後、各都道府県教育委員会に教員免許状の授与申請を行うことが必要です。」と文部科学省HPにあります。

つまり簡単に言えば、「大学へ入学し、教職員養成課程の必修科目全ての単位を取得し、申請する」です。

大学にも取得できる教科にも多くの種類がありますので、詳しくみてみましょう。

ルート1、2はこれから大学を受験しようと思っている方向け、ルート3、4は社会人向けです。

資格取得ルート1

  • ①「教育学部」のある大学を受験し、合格する。
  • ②入学後、「教職員養成課程」を漏れなく受講し、単位を得る。
  • ③全ての単位を取得したら(取得できる見込みができたら)、各都道府県の教育委員会に申請する。
  • ④教員免許状を受け取る。

大学によって、教職員養成課程に卒業論文が必修になっていたり、教員採用試験を受験することが必須になっていたりします。

よく耳にする「教育実習」は、教職員養成課程の中で一番重要ともいえる必修科目になっています。

また、教育学部の中でも何科を専攻するかは受験時に決めておく必要がありますので、漠然と教員になりたいという人は、「専門科目」を決めて受験します。

上手く必修科目を受講していけば、何科目も免許を取得することも可能です。

例としては、「数学科と理科」「理科と家庭科」「保健体育科と特別支援」などです。

資格取得ルート2

  • ①教育学部ではないが、「教職員養成課程」のある学部を受験し、合格する。
  • ②入学後、「教職員養成課程」を漏れなく受講し、単位を得る。
  • ③全ての単位を取得したら(取得できる見込みができたら)、各都道府県の教育委員会に申請する。
  • ④教員免許状を受け取る。

もちろん教育学部ではなくても、「教育実習」は、教職員養成課程の中で一番重要ともいえる必修科目になっています。

教育学部ではなく、教職員養成課程がある学部の例をいくつか紹介しておきます。

  • 文学部 → 国語科
  • スポーツ科学部 → 保健体育科
  • 人間福祉学部 → 家庭科
  • 理学部 → 理科
  • 国際教養学部 → 英語(外国語)科
  • 社会学部 → 社会科

学部の名称は各大学によって異なってくるので、教員になりたくて教育学部以外を受験する場合は、その学部でどの科の免許を取得できるのか調べておく必要があります。

資格取得ルート3

  • ①教員養成課程を通信教育で受講する。
  • ②全ての単位を取得したら(取得できる見込みができたら)、各都道府県の教育委員会に申請する。
  • ③教員免許状を受け取る。

こちらは、大学や短期大学の卒業者でも、高校を卒業した人でも、たいていの通信大学の場合、書類審査を通れば入学できます。

通信教育課程を持つ大学では、ほとんどの大学がスクーリングを設けているようです。

そして、教員になるからには、通信教育課程でも教育実習や介護実習は必須です。

資格取得ルート4

  • ①大学や短期大学を卒業する。
  • ②科目のみの履修ができる大学へ入学する。
  • ③取得したい免許状のために、それぞれ必要となる科目のみを履修する。
  • ④全ての単位を取得したら(取得できる見込みができたら)、各都道府県の教育委員会に申請する。
  • ⑤教員免許状を受け取る。

自分に合わせた教員免許取得ルートを探すためには、大学のホームページを見てみたり、資料請求をしたり、オープンキャンパスに行って先輩の話を聞いてみたりするとイメージが付きやすいと思います。

中学教師になるために必要な勉強は?

大きく分けて3つです。

1つ目は、大学に入学するための勉強で、2つ目が大学で単位を取得するための勉強です。

そして大事になってくるのが、3つ目の教員採用試験に向けての勉強です。

大学に入学するための勉強

ここで多くを語るよりは、高校生なら高校の授業をしっかり受けて進路の先生に相談しましょう。

塾に通ってもいいかもしれませんし、入試対策の書籍を買って自分で勉強してもいいかもしれません。

受験する大学にどんな教科や知識、経験が必要で、どんな対策が必要なのか情報収集を行い、挑戦します。

大学で単位を取得するための勉強

大学に入学後は、教職員養成課程を受講します。

自分で、どの科目が必要なのか調べて漏れのないように受講する必要があります。

何種類かの免許を取得しようと考えている方は、重複するものもあれば、「教科教養」というそれぞれの科目専門の教科もあるため、漏れなく受講しましょう。

講義をまじめに受講するのはもちろんのこと、先輩や友達とのつながりを強くして試験対策をすると良いと思います。

教員採用試験に向けての勉強

教員採用試験とは

教員採用試験は、各都道府県や政令指定都市ごとに受験します。

1次試験と2次試験がありますが、各都道府県ごとに出題の仕方は大きく異なります。

よって、受験することを決めた都道府県の情報収集が大切なので、ここでも先輩からのアドバイスがもらえるといいと思います。

一般的なのは、1次試験がマークシートのある筆記試験で、合格者が2次試験で実技試験を受けるというものです。

1次試験から実技試験がある県もありますし、マークシートではなく、記述式というものもあります。

実技試験では、模擬授業であったり、グループディスカッションがあったりもします。

教員採用試験の受験

日程が重ならなければ、いくつかの都道府県や市で受験することができます。

どうしても合格したいからどの自治体でも良いと考えていくつも受験してもいいですし、どうしてもこの県で教員になりたいという思いがあれば、留年を覚悟で受験してもいいと思います。

留年した場合、非常勤講師や臨時採用教員を3年経験した人には、1次試験が免除されるという制度を設けている自治体もあります。

教員としての採用

上記に、非常勤講師や臨時採用教員という言葉を書きました。

教師となるには、採用試験に合格し、都道府県か政令指定都市の教育委員会に雇用される正規の教師以外に、各自治体や学校から直接の採用を受ける非常勤講師や臨時採用教員があります。

臨時採用教員

常勤講師とも呼ばれ、月給制です。

毎日フルタイムで学校へ行き、正規の教員とほとんど同じ勤務をします。

採用された中学校によっては、学級担任や部活動の顧問を担うこともあります。

役割や子ども達に対する責任は同じように担っていても、正職員とは給与に差があるため、労働環境としては厳しいところもあります。

採用試験合格を目指し、現場で実績を積んでおきたい人や期間限定でしか教員ができない方が臨時採用教員には多いようです。

企業で例えれば、「契約社員」といったところでしょうか。

非常勤講師

こちらは、企業で例えれば、「パートタイマー」です。

採用された学校に、決められた科目の時間のみ勤務します。

例えば、保健体の免許状を持って中学校に採用された場合、2年生2組と3年生1組の保健体育の授業を受け持ったとすれば、1年生や3年生2組目の授業のある時間に出勤する必要はありません。

保健体育は週に3回授業があるので、時間割に合わせてですが、週に3日の出勤になります。

近隣校でも保健体育の非常勤講師を募集している場合、掛け持ちで担当することもできます。

家庭科や美術・技術・音楽の授業は週に1~2回なので、いくつかの中学校を兼任している講師が多くいるようです。

パートタイマーと同じように時給制ですが、授業準備時間や宿題を出した場合のチェックする時間、生徒から休み時間に質問があった場合の対応時間には、時給が付きません。

ボランティア時間だと割り切ることが必要になります。

中学教師の適性、向いてる人と向いていない人

冒頭にも書きましたが、学校生活は10代までの人生の大半を占めています。

中学生と言えば、思春期の真っ只中であり、何でも吸収できる柔軟さとまだまだ世間知らずの行動力がありながら、社会人としての基礎知識やルール作りの土台となる時期でもあります。

その生活を導く教員として、「生徒たちへの責任感」は必ず大切だと思います。

どんな人に向いているか

生徒たちへの責任感を持つ人

何度も書きますが、人生の基礎作りとなる中学校時代を過ごす子どもたち。

教える教科の勉強はもちろん、進路相談や友人関係の話、恋愛相談も親の次に「身近な大人」と言える先生に聞いてもらいたい生徒はたくさんいます。

一人一人、また一つ一つの問題に真摯に向き合ってあげることで、いわゆる「不良」少年少女が減っていくかもしれません。

教えることが上手い人

当然ながら、中学校教員の大きな仕事は教科の指導です。

苦手な教科も教え方次第では、好きな教科になるかもしれません。

テスト勉強や一緒に宿題をしているときに「教え方、うまいね」なんて言われたことがある人は向いているかもしれません。

中学教師が向いている人については、こちらの記事も参考に!

どんな人に向いていないか

子どもが苦手な人

朝から晩までずっと子どもを相手にする仕事ですから、子どもが苦手という人にはお勧めできません。

何度同じ注意しても繰り返し同じ間違いをしたり、責任を人に押し付けようとしたり、何かと言い訳をするのが子どもです。

そんな態度もかわいいな、と思えるくらいでないと毎日が疲れてしまいます。

事務作業が苦手な人

意外にも、事務作業が多いのが教員の仕事です。

宿題チェック、出席確認、テスト作成、成績付け、プリントの印刷や配布、保護者向けの連絡事項の記入、職員会議の資料作成やまとめなど机上の仕事もたくさんあります。

子どもと接してばかりではいられないのが教員の現状です。

中学教師の大変な点は?

責任感

なんと言っても、責任の重さです。

教員の発した何気ない一言が、その生徒の一生の傷になることも、一生の宝物になることもあります。

子どもは素直なので、よーくよく大人の言動や行動を見聞きしています。

保護者対応

「モンスターペアレンツ」という言葉があるくらい、保護者は自分の子どもを見てもらうために必死です。

担任を持つと家庭訪問や保護者面談もあります。

生徒の家から電話がかかってくることもあります。

「大人」への対応は生徒以上に気遣うものかもしれません。

中学校教師に多い悩みは、こちらの記事を参考に!

中学教師のやりがいは?

繰り返しになりますが、人生の基礎作りとなる中学校時代を過ごす子どもたちの「身近な大人」である教員。

責任の分だけやりがいも大きいです。

生徒の成長を感じられる

一年間、同じ生徒に接することがほとんどなので一年前はできなかったことができるようになると、できた本人以上に嬉しくなるものです。

私は保健体育の講師として、1年生を担当したことがあります。

つい最近まで小学生だった生徒は話を聞かない、時間に集まらない、声が小さいなど「体育」の前に学校生活の基礎が全く身についていない状態でした。

話を聞いていないとケガにつながる怖れがあるため、説明だけで半分以上を使うこともありました。

集団行動の大切さをわかってもらおうと、授業内容を変更したこともありました。

そんな甲斐があって、3月には話をきちんと聞き、きびきび動き大きな声と笑顔があふれる授業になり、本当に嬉しく、やりがいを感じました。

中学教師の仕事に興味がある方へ(まとめ)

「教員は休みがない」とか「ブラック部活動」という働き方への動きの中で、教員には負のイメージが付きがちです。

しかし、子どもの素直さ、かわいさ、若くて一生懸命なパワーに触れ、今後の将来を生きていく子どもたちに大きな影響を与えうる教員は本当にやりがいのある仕事です。

興味を持ったら、教職員養成課程のある大学を一度調べてみたり、中学校の先生と触れる機会があればお話を聞いてみるのも良いと思います。

素敵な子供たちを育てていきましょう!!