養護教諭とは、小中学校や高等学校、特別支援学校などに勤める「保健室の先生」の正式な職業名です。

ここでは、養護教諭の仕事内容について項目ごとに詳しく解説します。

養護教諭の仕事は大きく5個の役割に分けられる

養護教諭の仕事は、「保健管理」「保健教育」「健康相談」「保健室経営」「組織活動」の5つに大別されます。

この分類は、学校保健安全法という法律をもとにしたものです。

項目ごとに詳しく見ていきましょう。

保健管理に関する仕事

保健管理も、「心身の健康管理」と「学校環境の管理」に分けられます。

心身の健康管理とは、救急処置や健康診断の実施、個人及び集団の健康問題の把握、疾病の予防と管理のことを指します。

学校環境の管理とは、学校環境の衛生管理や校舎内外の安全点検のことを言います。

保健教育に関する仕事

保健教育は「保健指導」「保健学習」「啓発活動」の3つに分けられます。

保健指導は、個人や集団に対して心身の健康に関する内容を指導することです。

保健室で行う場合もありますし、学級担任の先生と共同して学級で行う場合もあります。

保健学習は、保健体育の授業や総合的な学習の時間における保健に関する内容に参画することを指します。

啓発活動とは、お便りや掲示物などを通じて児童生徒や教職員、保護者や地域の方の健康に関する意識向上にアプローチすることを言います。

健康相談に関する仕事

健康相談とは、児童生徒の心身の健康課題への対応を行います。

内容によっては、教職員や保護者、医療機関などと連携して対応を考えることになります。

保健室経営に関する仕事

保健室経営とは、保健室経営計画を作成したり、保健室の設備や備品の管理を行ったり、諸帳簿等の保健情報の管理を行ったりすることを指します。

組織活動に関する仕事

組織活動とは、児童生徒の保健委員会を組織して指導することや、地域学校保健委員会を組織運営し、関係機関や大学等と連携を図ることを指します。

保健管理に関する4個の業務

救急処置活動

保健室の先生の仕事として一番イメージされやすいのが、この「救急処置」でしょう。

ケガや体調不良のために保健室に来室した児童生徒に対応します。

保健室で手当てをしたり休養をさせたりするだけでなく、病院受診や家庭での休養の判断も行います。

命にかかわるような意識消失や大出血があった場合にも、心肺蘇生法や救急法の手技を生かして対応します。

健康診断の実施

学校種によって違いがありますが、内科健診や歯科健診などの健康診断は年度ごとに1回、視力・聴力検査や身体測定などは学期ごとに1回程度実施されます。

養護教諭は、その計画や準備、測定、結果の整理などを一手に引き受けています。

健康診断の結果は個人ごとに記録をし、家庭に通知したり健康情報として集約したりします。

健康診断の集中する4~6月や9月、1月は養護教諭にとって繁忙期といえるでしょう。

疾病の予防・管理

子どもたちが集団で生活をしている学校は、感染症が流行しやすい環境です。

養護教諭は、地域の感染症流行状況を確認し、教職員や児童生徒、各家庭に注意を呼びかけます。

また、感染性胃腸炎の流行期には教室や手洗場、トイレの消毒を行い、学校内で感染症の流行が拡大するのを未然に防ぐよう、努めているのです。

学校環境衛生の管理

学校保健安全法という法律において、学校の環境衛生基準が定められています。

例えば、飲料水の残留塩素濃度は0.1~1.0ppm内であること、教室内の二酸化炭素濃度は1500ppm以下であること、教室の気温は10度以上30度以下であることといった具合です。

養護教諭は、この基準に照らし合わせ、校内が衛生的で安全な環境に保たれているように管理しています。

年に何度かは、学校薬剤師の先生とともにプール水の衛生や教室の空気、照度などの測定も行っています。

保健教育に関する4個の業務

個別の保健指導

個別の保健指導では、児童生徒個人の抱える健康課題についてアプローチします。

例えば、睡眠時間が短く体調を崩しがちな生徒に適切な睡眠のとり方や生活習慣の改善を指導したり、望まない妊娠や性感染症に感染する危険があるような交際をしている生徒に、避妊の重要性や性感染症のリスクを指導したりします。

集団への保健指導

集団への保健指導は、学級活動や小学校の生活科などの時間に、各教室で行われることが多いです。

テーマは、歯科保健であったり感染症予防であったり、その季節や学級の実態、担任の先生の要望などによって様々です。

その他にも、宿泊学習の事前指導で、登山中の衛生害虫やケガのリスクなどについて、学年集会で話をするという場合もあります。

保健学習への参画

保健学習は、保健指導とは異なり、学習指導要領に則った内容について指導を行います。

端的に言うと、保健体育の授業を行うことを指します。

養護教諭の場合は、担任の先生や体育科の先生と共同して、ゲストティーチャーやティームティーチング形式で参画することが多いです。

筆者の経験上、特に思春期の心身の変化の単元は、依頼が多くありました。

体育科の先生は男性が多く、思春期の女子生徒からは抵抗感が強い内容について指導する場合でも、養護教諭が参画した方が、ソフトかつ専門的に指導ができると評価されていました。

健康増進のための啓発活動

保健室の前の廊下に、養護教諭自作のポスターや教材が貼ってあるのを見たことがありませんか?

そういった掲示物を通して、健康増進を訴えたり、月ごとに保健だよりを発行して各家庭に呼びかけたりすることを啓発活動といいます。

季節や感染症の流行状況によってテーマは変化します。

例えば5月であれば「健康診断の受け方と結果の見方について」、6月は「歯と口の健康習慣について」、7月は「水泳学習前の健康管理と水の事故」といった内容を扱っていました。

健康相談に関する2個の業務

心身の健康課題への対応

近年は、学校における子どもたちの心のケアの重要性が叫ばれています。

最近ではスクールカウンセラーが非正規ながら公立学校にも配置されるようになってきましたが、子どもたちにとってカウンセリングルームはやや敷居が高い場所と言えます。

そのような場合に、悩みを相談する入り口となるのが保健室です。

養護教諭は、「健康相談活動」という名目で児童生徒の心身の相談に乗ります。

その場での傾聴や問題の明確化によって、悩みが解決する場合もありますが、深刻な場合には保護者や他の先生方とも連携しながら対応に当たります。

支援に当たっての関係者との連携

養護教諭が健康相談活動において連携する相手は、保護者や教職員だけではありません。

前述の通り、スクールカウンセラーが対応するのが適切と判断した場合には、相談の予約を取るようにします。

また、地域の警察や医療機関の協力が必要なケースでは、管理職に相談しながら外部機関とも繋がります。

いじめや虐待など、深刻なケースにおいては、今や学校だけで問題を抱え込むのではなく、様々な機関と手を携えながら解決を目指すことがスタンダードになっています。

保健室経営に関する3個の業務

保健室経営計画の作成

保健室経営計画とは、平成20年の中央教育審議会答申において「当該学校の教育目標及び学校保健目標などを受け、その具現化を図るために、保健室の経営において達成されるべき目標を立て、計画的・組織的に運営するために作成される計画である」と述べられています。

難しい単語が多く、ちょっと分かりにくいですね・・・。

噛み砕いていうと、保健室として学校をよくするために何ができるかを考え、目標を立て、その実現のための具体的な指導方法などを示した計画を作ることです。

計画を立てるだけでなく、PDCA(Plan/Do/Check/Action)サイクルに則り、実行や振り返りなども行います。

現場では、年度ごとに計画を作成し、振り返りを行う場合が多いです。

例えば、むし歯の罹患率が高い学校であれば、むし歯の罹患率の低下や歯科医受診率の向上を目標に掲げ、そのための方策を示す計画を作成することになります。

保健室の設備備品の管理

保健室には様々な備品があります。

冷蔵庫や洗濯機、体重計といった家庭にもあるようなものから、デジタル身長系、水銀柱式血圧計やパルスオキシメーター、滅菌機など高価な専門器具も置いてあります。

それらは勝手に購入したり廃棄したりすることはできません。

備品台帳という記録を作り、毎年現有数の確認を行っています。

公立学校であれば、備品を購入する公費は税金で賄われていますので、その扱いは厳重です。

また、購入してほしいものがあるときは自治体の教育委員会に申し立て、予算をつけてもらわなくてはなりません。

「あれが欲しい」と思ってから購入できるまで、1年近くかかることもあります。

諸帳簿等の保健情報の管理

養護教諭は、様々な帳簿の管理を行います。

特に重要なのが、「健康診断票」です。

他にも「学校医・学校薬剤師執務記録」や「学校環境衛生検査記録」「保健日誌」「学校事故記録」などが挙げられます。(名称は自治体や法人によって異なります。)

中には、5年間や10年間といった保存年限が定められていて、耐火金庫で保管しているものもあります。

特に公立学校であれば、「公簿」の取り扱いになりますので、最近政治をにぎわせているニュースのように、勝手に廃棄したり改ざんしたりすることはご法度です。

あってはならないことですが、もし生徒がいじめにより自殺をしたり、後遺症が残るようなケガをしたりといった事故や事件が発生した場合には、養護教諭が管理している諸帳簿が証拠として扱われることもあります。

組織活動に関する2個の業務

児童生徒保健委員会の指導

子どものときに保健委員会をやっていたという方はいませんか?

保健委員会では、トイレや流しの衛生管理や健康観察板の配達、保健室での雑事の手伝いなどが仕事として割り当てられていることが多いです。

また、保健委員会の児童生徒を、子どもたちの健康推進のリーダーとして位置づけ、各教室で歯磨きや手洗といったテーマについて発表させたり教えたりさせることもあります。

小学校では、保健集会という集会行事があり、保健委員の子どもたちが健康を呼びかけるための劇を行う場合もあります。

養護教諭は保健委員会の顧問になることが多いので、児童生徒の指導を行います。

学校保健委員会の組織と運営

学校保健委員会とは、学校における健康課題について協議し、健康づくりを推進する組織のことをいいます。

メンバーは、養護教諭や保健主事を中心に、教職員、保護者、学校医、学校薬剤師、学校栄養士などが挙げられます。

校内だけではなく、各家庭や地域、関係機関と学校がともに連携をして、児童生徒の問題解決を目指すという方針のもと行われています。

年に一回程度、会議や講演形式で実施されることが多いようです。

養護教諭のやりがいや面白いポイントとは?

ここでは養護教諭の仕事内容についてまとめてきましたが、改めて、養護教諭の職務は多岐にわたっているなと感じました。

きっと、子ども時代に養護教諭と関わっていた人も、これだけ多くのバリエーションに富んだ仕事内容は見えていなかったのではないでしょうか。

養護教諭は保健室でのんびりお茶を飲んでいて、児童生徒が来たときだけ相手をする、暇な職業というイメージを持たれている場合も多いです。

漫画やドラマなどでも、そういう描写をよく見かけます。

しかし実際には、傷病の対応だけでなく、事前の健康管理や健康教育、地域との連携などによって、学校全体の健康を推進することを目標に職務に当たっているのです。

養護教諭のやりがいは、職務の幅が広いことにあると思います。

例えば病院では、どんなに腕のいい医師でも、子どもたちに関わることができるのは傷病が起こった後になります。

しかし、養護教諭は健康な状態の子どもたちと普段から関わることができるので、健康を損なうことがないように予防したり、傷病の被害が最小限で済むようにサポートしたりすることが可能なのです。

まとめ

養護教諭は、管理や教育、組織活動など様々な仕事を行うことで、児童生徒の健康をサポートする仕事です。

学校に一人で務めることが多い専門職なので大変なことも多いですが、やりがいを感じられればとても面白い仕事だと思います。


関連キーワード

養護教諭仕事

教員求人についてもっと深堀りした情報を見る

教員補助員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

教員補助員というお仕事を知っていますか?小中学校などに配置されており、学校の先生の補助をするお仕事です。補助と一言に言っても、その仕事内容は多岐にわたっています。この記事では、教員補助員求人のお仕事について詳しく解説していきます。教員補助員求人の仕事内容とは?現在、学校現場で活躍されている小中学校の先生方はとても多忙な日々を送っています。本来、先生の仕事の中核は教材研究をし、より良い授業を行うことで子ども達の学力を向上させ、安心して過ごせる学級経営をし一人一人の子ども達をの学校生活を尊重することです。しかし、配付物を印刷したり、集金を数えてお釣りを用意したり、廊下に貼る掲示物を作成したり、テス

看護大学の教員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「看護大学教員」ってちょっとイメージしづらい職業ですよね。看護師を養成する際、以前は専門学校での教育がほとんどでしたが、現在は大学での看護師養成が主流になってきています。その分、看護大学教員の需要も増え、現在は様々な大学が「看護学科」を新たに創設し、教員の募集を行っています。看護師のキャリア形成のひとつとして選択肢に上がりやすくなってきた「看護大学教員」について、その募集内容や求人のポイントについて解説していきます。看護大学教員のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容看護大学とは、看護師の養成を大学の教育過程で行う場のことをいいます。看護師の養成課程には、主に大学での「講義」と現場での「実習」が

小学校教員の転職はどうすればいい?方法と転職成功のためにやるべき3個のことを紹介します

小学校に限らず、教員からの転職を考えている人は多いようです。しかし、安定した職を捨てて新しい職種へチャレンジするのですから、かなりの勇気と思い切りが必要です。そのために、いろんな情報をしっかり下調べしておかなければなりません。そんな皆さんのお役に立てるよう、教職からの転職成功のための方法などを紹介します。教職を辞めて、新しい仕事を始めるとしても、できれば教壇に立っていた経験をそのまま生かせる職種がいいですよね。実際に教職から他の職へうまく転職できた例として、民間の塾の先生、家庭教師、教材会社のスタッフ、児童相談員、学童保育員、学習支援員などがあります。事務室の先生や、コツコツと正確に事務仕事を